• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 展示 > 新着生物

新着生物

相模川から再確認。ハサミにフサフサを持つ希少種
「タイワンヒライソモドキ」展示開始

展示開始日:2017年9月3日(日)~

タイワンヒライソモドキ (台湾平磯擬き)

学名:Ptychognathus ishii
甲幅:0.7 cm
展示場所:相模湾ゾーン 相模湾キッズ水槽


江の島でおなじみのイソガニ類によく似た形ですが、甲らの縁にあるくぼみの数が少なく、足の付け根に毛が生えていること、オスのはさみの外側だけに毛がフサフサと密生しているといった違いがあります。

淡水と海水が入り混じる汽水域に生息します。
関東中部からインドネシアまで広く分布しますが、安定した生息地は限られており、日本ベントス学会による「海岸ベントスのレッドデータブック」で、準絶滅危惧種に指定されています。

神奈川県では、相模川の河口域において、2009年に行った当館の調査で初めて報告されており、現在も本種の分布の東限記録となっています。
今回、相模川の再調査を行った際に、再び本種の生息が確認されましたので、一部を研究用に採集し、展示することにしました。

※生物の状態により、短期間の展示となる可能性があります。
※本種の生態から、隙間に潜んで見えにくい時があります。予めご了承ください。


関連発表
相模川河口域で観察されたカニ類-特にタイワンヒライソモドキ Ptychognathus ishii Sakai, 1939(モクズガニ科)の初記録とコメツキガニ Scopimera globosa (de Haan, 1835)(コメツキガニ科)の再記録-

関連日誌
2017/08/19 相模川カニ類調査(2)


春本番!おめで鯛「キダイ」を展示開始!

<展示終了> ポリプの時期を持たないクラゲ「ツヅミクラゲ」展示開始

硬そうな名前ですが、実はとても柔らかい 「ツノクラゲ」展示開始

ヒゲダイが身だしなみを整えた?「ヒゲソリダイ」展示開始

“蛇腹ホース”が動く!?「ミョウガガイ」

ポコポコ泳ぐかわいらしいクラゲ 「キャノンボールジェリー」展示開始

まるで福笑いのような顔「ダルマガレイ」展示開始

北の海のアイドル! “えのすい”生まれの「フウセンウオ」たち

冬のアイドル 小さなお団子みたいな魚「ダンゴウオ」展示開始

ベテラントリーターも見るのは初めて! 1属1種の珍魚「トビハタ」初展示

加茂水族館の協力により“えのすい”初展示 「リクノリーザ・ルサーナ」展示開始

“えのすい”生まれのトラザメの赤ちゃんと卵

オホーツク海で見つかった新種のクリオネ 「ダルマハダカカメガイ」展示!

冬の妖精「クリオネ」展示中!

久々に展示成功。 魅惑のメタリックパープル「ミナミハタンポ」展示開始

全ての脚に毛がフサフサ。 “すね毛ガニ”こと「トゲアシヒライソガニモドキ」展示開始

相模湾では珍種!「スジモヨウフグ」

相模川から再確認。ハサミにフサフサを持つ希少種 「タイワンヒライソモドキ」展示開始

巻貝ですが・・・ 伝説の大盗賊!? 変わった深海貝「クマサカガイ」展示

ユニークな顔立ちの「グソクムシの仲間」展示開始

念願の繁殖に成功! クラゲの人気種「ブルージェリー」繁殖個体を展示開始

謎に満ちた深海の白いウニ

珍しい相模湾産ジョーフィッシュ。 「アゴアマダイ」の展示を始めました。

バンドウイルカの「シリアス」が出産! 5月7日(日)、元気な赤ちゃんが誕生しました!

胸毛で育てたバクテリアを食べる「ゴエモンコシオリエビ」

貴重な深海生物「ホネクイハナムシ」の累代繁殖個体を公開

相模湾産は初展示! 1科1属1種の珍魚チョウセンバカマ展示開始

イサキと名の付くハナダイの仲間 「アカイサキ」えのすい初展示!!

相模湾初記録! 大きな口と赤褐色の斑紋が特徴的な南方系ハタの仲間

鮮やかなトロピカルカラー「モンガラカワハギ」展示開始