• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 展示 > 新着生物

新着生物

日本初展示!成長すると蓑をまとったような姿になるクラゲ
『ミノクラゲ「蓑水母」(仮称)』

展示開始日:2017年12月5日(火)~

ミノクラゲ 「蓑水母」(仮称)

学名:Lobonemoides robustus

ミノクラゲ(仮称)
ミノクラゲ(仮称)

「ミノクラゲ」は、成長すると傘の直径が 50cm程になり、傘の上面には毛のような多数の突起が現れます。この姿が、ミノムシやミノカサゴのように蓑をまとったように見えることから「ミノクラゲ」と名付けられました。
タイやフィリピンなど東南アジアに生息し、現地では食品加工用に本種を対象とした漁が行われており、重要な水産種となっています。

展示個体はタイのブラパ大学バンセン海洋科学研究所と当館との海洋科学における協力協定および、北里大学とブラパ大学との学術協定のもと、2016年にポリプを譲り受け、2017年7月に当館で生まれ、育てたものです。
現在、傘の直径は 5cmほどになり、傘の上面からは少しですが突起が出始めました。
大型になるクラゲですが、エフィラ幼生は非常に小さく、餌の種類や水温、水流などの飼育環境に工夫を凝らし、このたび日本初の展示に至りました。なお、本種の野生個体の展示はバンセンアクアリウム(タイ)などでの事例がありますが、繁殖個体の展示は世界初となります。
今後の成長を観察しながら傘の突起がどのように現れるのか確認したいと思います。

なお、今回の展示は、北里アクアリウムラボ(北里大学海洋生命科学部)との同時公開で、日本初となります。

[参考]


蓑をまとったように傘の上に
多数の突起が現れる「ミノクラゲ(仮称)」
(現地調査で撮影した野生個体)


[展示公開協力]
協力研究機関:ブラパ大学バンセン海洋研究所(タイ)
Institute of Marine Science, Burapha University
Vorathep Muthuwan、Khwanruan Srinui、Nattawut Luang-oon、Supaattra Taleb、Doungtiip Oungern

[共同研究]
「フィリピンにおけるクラゲ類の分類・生態に関する研究、特に生活史と共生生物群集について」
科研費研究代表者:大塚攻(広島大学)

基盤研究B(海外学術調査)」課題名「共生系における大型クラゲ類の生態的機能」
大塚 攻代表(課題番号 25304031) 2013-2015年度

「東南アジアで大量発生するクラゲ類の集団遺伝学と生活史戦略」
文部科学省科学研究費 課題番号 26304030 科研費研究代表者:西川淳(東海大学)

平成28年度北里大学学術国際交流計画「ブラパ大学海洋科学部におけるクラゲ展示飼育技術の開発」
研究代表者:三宅裕志(北里大学)


このエントリーをはてなブックマークに追加

ベテラントリーターも見るのは初めて! 1属1種の珍魚「トビハタ」初展示

加茂水族館の協力により“えのすい”初展示 「リクノリーザ・ルサーナ」展示開始

“えのすい”生まれのトラザメの赤ちゃんと卵

オホーツク海で見つかった新種のクリオネ 「ダルマハダカカメガイ」展示!

冬の妖精「クリオネ」展示中!

日本初展示!成長すると蓑をまとったような姿になるクラゲ 『ミノクラゲ「蓑水母」(仮称)』

久々に展示成功。 魅惑のメタリックパープル「ミナミハタンポ」展示開始

全ての脚に毛がフサフサ。 “すね毛ガニ”こと「トゲアシヒライソガニモドキ」展示開始

相模湾では珍種!「スジモヨウフグ」

相模川から再確認。ハサミにフサフサを持つ希少種 「タイワンヒライソモドキ」展示開始

巻貝ですが・・・ 伝説の大盗賊!? 変わった深海貝「クマサカガイ」展示

ユニークな顔立ちの「グソクムシの仲間」展示開始

念願の繁殖に成功! クラゲの人気種「ブルージェリー」繁殖個体を展示開始

謎に満ちた深海の白いウニ

珍しい相模湾産ジョーフィッシュ。 「アゴアマダイ」の展示を始めました。

バンドウイルカの「シリアス」が出産! 5月7日(日)、元気な赤ちゃんが誕生しました!

胸毛で育てたバクテリアを食べる「ゴエモンコシオリエビ」

ゴマフアザラシ「ココ」が仲間入りしました

貴重な深海生物「ホネクイハナムシ」の累代繁殖個体を公開

相模湾産は初展示! 1科1属1種の珍魚チョウセンバカマ展示開始

イサキと名の付くハナダイの仲間 「アカイサキ」えのすい初展示!!

相模湾初記録! 大きな口と赤褐色の斑紋が特徴的な南方系ハタの仲間

鮮やかなトロピカルカラー「モンガラカワハギ」展示開始

おちょぼ口でクリっとした眼が愛らしい「ベニカワムキ」

冬が旬!「キンメダイ」展示中

群れでの展示はえのすい初、イボダイ展示中

真っ赤な体に大きな目「チカメキントキ」展示開始

えのすい初!なかなか市場に出回らない 知る人ぞ知る高級魚「アラ」展示公開中

バンドウイルカの「ミュー」が出産! 元気な赤ちゃんが誕生しました!

長く平たい剣状の吻をもつ「ノコギリザメ」展示飼育開始