• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 展示 > 新着生物

新着生物

謎多き深海の発光するナマコ「ハゲナマコ属の一種」

展示開始日:2018年8月24日(金)~

ハゲナマコ属の一種

学名:Pannychia sp.
棘皮動物門 ナマコ綱
採集場所: 駿河湾 水深約 975m
全長: 約 20cm
展示場所: 深海 l


このナマコは、JAMSTEC(国立研究開発法人海洋研究開発機構)主催の 第20回 全国児童「ハガキにかこう海洋の夢コンテスト」の入賞者に向けた体験乗船(詳しくは、JAMSTECホームページをご覧ください)の深海調査体験において、無人探査機「かいこう」によって生きたまま採集され、新江ノ島水族館で長期飼育の研究を行うことになりました。
深海のナマコの仲間は、体が非常に柔らかい種が多いことから状態良く採集されることは非常に稀です。そのため、その生態については未だ謎に包まれています。
採集された個体を観察することで、今まで映像からだけでは分からなかった、例えば体はプルプルで鮮やかなピンク色であることや体表には細く伸びたいぼ足が多数あると言う事が分かり、実際に管足で歩くようすや刺激を受けると発光することも観察されました。
今後も可能な限り飼育を続け生態を明らかにしていきたいと思います。

JAMSTEC
JAMSTEC「ハガキにかこう海洋の夢コンテスト」


茹でてないのに真っ赤。 原始的なカニ「アサヒガニ」展示開始

名前はブリでもブリじゃない。 一属一種の珍種「アイブリ」展示開始!

おさかな界の真っ赤なルビー「ホウセキキントキ」展示開始

まるでトカゲ?ワニ?ヘビ? 爬虫類のような魚「マエソ」展示開始

イワシの名を持つ和製レインボーこと「トウゴロウイワシ」展示開始

岩登りが好きな黒い触手のナマコ 「クロエリナマコ」えのすい初展示

釣り師の憧れGT 「ロウニンアジ」展示開始

体色を自在に操る小魚ハンター「アオリイカ」展示開始

青い斑紋が浮かび上がる 美しい猛毒ダコ「ヒョウモンダコ」展示中

成魚は人を襲うことも。「バラクーダの幼魚」展示開始

白くて巨大なハサミが目立つ「ハクセンシオマネキ」展示開始

泳ぐ姿は海の中のツバメ!?

謎多き深海の発光するナマコ「ハゲナマコ属の一種」

「ウミガメの浜辺」でアオウミガメの子が生まれました。 8月20日(月)より 子ガメの展示を開始!

珍種ガニ よくよく見たら超珍種 「ツブイボショウジンガニ」展示開始

隠れた高級魚「メダイ」展示開始

海の中にもハチがブンブン?

鬼に金棒!?「オニカナガシラ」初展示

春本番!おめで鯛「キダイ」を展示開始!

ヒゲダイが身だしなみを整えた?「ヒゲソリダイ」展示開始

“蛇腹ホース”が動く!?「ミョウガガイ」

ポコポコ泳ぐかわいらしいクラゲ 「キャノンボールジェリー」展示開始

北の海のアイドル! “えのすい”生まれの「フウセンウオ」たち

冬のアイドル 小さなお団子みたいな魚「ダンゴウオ」展示開始

ベテラントリーターも見るのは初めて! 1属1種の珍魚「トビハタ」初展示

加茂水族館の協力により“えのすい”初展示 「リクノリーザ・ルサーナ」展示開始

“えのすい”生まれのトラザメの赤ちゃんと卵

冬の妖精「クリオネ」展示中!

相模湾では珍種!「スジモヨウフグ」

謎に満ちた深海の白いウニ