• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 展示 > 新着生物

新着生物

沖縄からやってきた海の守備職人?
「カワテブクロ」展示中

展示開始日:2020年6月10日(水)~

カワテブクロ (皮手袋)

学名:Choriaster granulatus
英名:Granulated sea star
アカヒトデ目 コブヒトデ科
大きさ: 9.5cm(体の中心から腕の先までの長さ)
展示場所: 太平洋


インド洋から西太平洋の熱帯、亜熱帯に広く分布し、水深 40mまでの浅い海に生息します。
日本では沖縄の浅い場所で見ることができ、展示個体も沖縄からやってきました。

じっとしていることが多いのですが、動く時には裏側の溝に並ぶ真っ赤な管足を使います。
形は名前の通り、野球のグローブを連想させます。腕の先端が丸みを帯びているのも特徴的です。

人の手よりも大きいので、アクリルガラス面にへばりついていたら、自分の手と比べてみてください。


えのすい初展示 岩陰に潜むサンゴの悪魔「タナバタウオ」展示開始

初の長期飼育に期待大!ヤマトカマス展示開始!

大群で水面をおおう「オヨギピンノ」展示開始

もうすぐ七夕!星に願いを!! 「シモフリタナバタウオ」展示中

風とともに現れるブルードラゴン

海面を漂う銀貨「ギンカクラゲ」展示中

沖縄からやってきた海の守備職人? 「カワテブクロ」展示中

青く美しい危険なデンキクラゲ 「カツオノエボシ」展示中

天狗?ユニコーン? 額に角を持つ魚「ヒメテングハギ」展示中

育ててみたら思わぬ珍種 「オシャレコショウダイ」展示開始

北の海のニューアイドル!! 「コンペイトウ」登場!

えのすいトリーターが釣り上げました! 黄色の模様が美しい「ヒメハナダイ」展示中

丸くてかわいいキラキラきれいなアジの仲間 「マルコバン」展示中

新江ノ島水族館初 人工授精でバンドウイルカの赤ちゃん誕生!

平家の怨念? イズヘイケガニ

超貴重!ジャグジー付き海底温泉にくらす 「タイワンホウキガニ」展示開始

ノドグロと呼ばれるいわずと知れた高級魚、 「アカムツ」初展示!!

ハサミの先がひづめの形「ヒヅメガニ」展示開始

発光する深海のナマコ「ハゲナマコ」

大きな頭にブヨブヨな体の“ヤマトコブシカジカ”

クリッとした眼が愛らしい“ヨコスジクロゲンゲ”

背中の大きなトゲは怪獣のよう!? “ゴジラエビ”と呼ばれる「イバラモエビ」展示開始

透明なストローから顔を出す姿がかわいい 「ナナテイソメ科の一種」

“えのすい”の注目の的!「マトウダイ」展示開始

えのすい初! 細くて赤くて何だか違和感「ハチビキ」の幼魚、展示開始

江の島に深海魚「リュウグウノツカイ」現る リュウグウノツカイの標本公開

おめでたい「ホテイウオ」を展示開始

おさかな界の真っ赤なルビー「ホウセキキントキ」展示開始

釣り師の憧れGT 「ロウニンアジ」展示開始

白くて巨大なハサミが目立つ「ハクセンシオマネキ」展示開始