• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2010.12.10 トリーター:伊藤

2010/12/10 再々登場!ヘコアユの群れ


3日間の休館日を経て、水族館の最後にある水槽(通称:環境水槽)を一新しました。
やってきたのは、水族館に3度目のおでましとなるヘコアユです。7年前の開館時から、しばらくはガンガゼと一緒に暖かい海コーナーにおり、その後、2年のブランクを経てクマノミ水槽に短期間だけ登場してからは、なりを潜めていました(実際はバックヤードや暖かい海の一角にちょっといました)。

ヘコアユは変わった魚です(どう変わっているかは、その辺の本などですぐ分かるので割愛します)。
変わり者すぎて、かえって水族館やテレビなどで紹介されるので、「変わり者としてありふれた魚」という感じです。
南の海のサンゴの隙間に群れて暮らすイメージがありますが、実際は漁船がとまっているような漁港のヘチなどに大群で生息することもあります。
波が穏やかで、エサとなるプランクトンが豊富な場所を選んでいるのでしょう。
実は相模湾からも記録があり、案外、身近な環境に適応しているかもしれません。

水槽のレイアウトも漁港のイメージで飾ってみました。
また、今回は自然さながらの大群としてご覧頂きたいと思い、ある「ノスタルジックな方法」で大群感に拍車をかけようと試みています。
群れの動きを見ていますと、まるで個々が個性を持っているかのような動きを見せます。
また、常に水槽内に餌のプランクトンを入れてありますので、口先をピンピン動かして食べています。

見ていて飽きないヘコアユ。
水族館との一時の別れ際に会って行って下さい。

環境水槽

ヘコアユ




見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!