• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2017.02.09 トリーター:櫻井

2017/02/09 ハリセンボン2匹でハリニセンボン?

ハリセンボン
ハリセンボン

雪というかミゾレが降っています。寒いですね。目の前の相模湾も、一年でいちばん水温が下がる時期です。
あぁ…でも潜りたい。冬の海は透明度が一年でいちばん良く、とても澄んでいるのです。冬の空のように。
そんな寒さにも負けず、水槽内では魚たちが元気に泳いでいます。それもそのはず。私の担当は太平洋 暖かい海の水槽。水温は常時23~25℃です。常夏ですね。

さて、何かと話題の海藻水槽。ちなみにこの海藻は、ウミブドウならぬウミゴーヤと言います。最近特産品として市場に出回ってきたようです。ウミブドウとは商品名で、標準和名をクビレズタと言いますが、新登場のウミゴーヤもクビレズタの近縁種です。

この水槽に、何気にハリセンボンが2匹暮らしています。ハリセンボンは好奇心が旺盛です。先日サカサクラゲをこの水槽に収容した時はずっと見ていました。もう、ずっと。気になって仕方が無いのですね。かわいい…。


サカサクラゲ収容直後


2時間後


5時間後

さすがにばかなのかな?と思いましたが、おばかな魚は本当にかわいいのです…。
ハリセンボンという名前ですが、針、というか棘は千本あるのでしょうか? ハリセンボンが2匹でハリニセンボン?
これはよく言われていますが、だいたい350本前後と言われています。個体差があるので400本近くあるかも。千本も無いんですね。騙されましたね。世の中そんなものだと思います。鶴も千年生きませんしね。名前に騙されず少し深く追究しながら生きていきたいものです。ハリセンボンに学ぶ人生論ですね。

ちなみに…。サカサクラゲは只今海藻水槽での展示はありません。環境を整え再度リベンジします…っ!こうご期待です。

太平洋


このエントリーをはてなブックマークに追加
見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!