• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2017.02.14 トリーター:小形

2017/02/14 ペンギンたちの恋事情

ハクとセサミ
ハクとセサミ

みなさんこんにちは!
今日はバレンタインデーにちなんで、えのすいのペンギンたちの
恋愛事情をチョコっとご紹介します。

通常、野生のペンギンたちはオスとメスでペアを組み、番(つがい)となりますが、今現在、当館ではメスの方が多いため、メス同士でペアとなり仲良くしているペンギンたちもいます。その中でも私が見ていて特に絆が深いと感じるのは、「ハク♀」と「セサミ♀」のメス同士のペアです。
いつも一緒に居るのはもちろんのこと、お互いの体を羽づくろいする「相互羽づくろい」がいちばん多く見られるのもこの2羽です。閉館間際、一泳ぎしてからお互いの体を羽づくろいし、就寝準備に入るのがこの2羽のお決まりのルールです。

その一方で、1羽のオスをめぐって時々紛争が起きる、三角関係のような構図になっているペンギンたちもいます。「ムーン♂」、「フク♀」、「コハク♀」の3羽です。
元々は、「ムーン♂」と「フク♀」で仲が良く、一緒に過ごしていることが多かったのですが、「コハク♀」と仲が良かった「ノゾミ♂」という個体が、繁殖を目的として豊橋動植物公園へ移動したことをきっかけに、「コハク♀」は徐々に「ムーン♂」に近付くようになりました。それが気に入らない「フク♀」は、何でもない時でも、近くにコハクが居るだけで「あっち行け!」と言わんばかりに突いてコハクを追い払います。
一方、「ムーン♂」はというと、フクにもコハクにもいい顔をしているため、フクと居る時はフクの味方につき、コハクと居る時はコハクの味方につくといったことをしています。
しかし、最近はどちらかというとコハクの方が優勢なようで、コハクと居る時間の方が長いように思います。夜もコハクと寄り添って寝ていることが多くなってきました。

さて、この恋の三角関係はこれからどうなっていくのでしょう・・・?
乞うご期待です!

ペンギン・アザラシ


このエントリーをはてなブックマークに追加
見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!