• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2017.07.09 トリーター:北嶋

2017/07/09 グソクムシ


水族館では人気が高く、展示から外せない生き物がいくつかいます。
そんな生き物のひとつに「グソクムシ」の仲間がいます。
子どもの友だち「ダンゴムシ」や磯の嫌われ者「フナムシ」の仲間です。

武者が着る鎧の足に付ける部分「具足(ぐそく)」が名の由来で、見るとなるほどな、という姿形です。
気持ち悪いけど気になる、と言って水槽の前にはよく人だかりができています。
日本最大級の「オオグソクムシ」と世界最大級の「ダイオウグソクムシ」は、えのすいにもいますが、おそらく日本のほとんどの水族館で見られるのではないでしょうか。
このグソクムシの仲間を新たに展示始めました。
グソクムシの仲間には「ウオノエ」とか「タイノエ」という、魚などに憑りつくタイプがいくつかいるのですが、「ウオノエ」などは夫婦で魚の口の中にいる面白い生活をおくっています。
新しく展示に出した種は、時々魚の体表に憑りついて体液を吸う生活を送るタイプです。
この種の名前は、はっきりしていません。
昔々に学名も和名もつけられたようなのですが、海外の種とごちゃごちゃしており、正確な名前はこれです、と言えない状況なのです。
新しい名前がそのうち付けられるのではないでしょうか。
黒いアイマスクをつけているような目が印象的です。
深海 l でみなさまをお待ちしています。

新着生物
ユニークな顔立ちの「グソクムシの仲間」展示開始

深海Ⅰ-JAMSTECとの共同研究-


このエントリーをはてなブックマークに追加
見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!