• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2017.09.07 トリーター:北田

2017/09/07 クラゲで海のお月見


9月は「ク(9)ラゲの9月」、館内各所にてクラゲのイベントが始まりました。
テーマ水槽も伊藤トリーターが紹介(2017/08/31 ヒメツバメウオ、相模湾へ)した通り、いつもの見た目とはだいぶ異なっています。

正直、この6つの水槽をクラゲで埋めるのは大変で、特に下段の水槽はどう展示すれば良いのか悩みました…。クラゲのお月見水槽というイベントは決して珍しくありませんが、えのすいの月見水槽は他と違うところがいくつかあります。

まずは、マニアックなミズクラゲの展示について。えのすいのバックヤードでは、海外産ミズクラゲのポリプを何種類か飼育していますが、常設展示に並ぶミズクラゲのなかまは近海のミズクラゲとキタミズクラゲの2種類しかいません。これは、クラゲ担当のリーダーが、見た目があまりに似ている個体はなるべく展示から避けるようにとしているためです。ならば、逆にテーマ水槽の出番がくる時までに溜めておこうと思い、期間限定の展示としてみました。


今回えのすい初展示のアウレリア・ラビアータは2010年にバンクーバー水族館からポリプをいただき、7年経って展示となったわけです。その他、東南アジア産のミズクラゲも展示していますが、こちらも期間限定展示です。全体的に紫色っぽいミズクラゲはタイ産、黄色っぽいミズクラゲはフィリピン産です。あくまでも個人的な感想ですが、日本産の繁殖個体よりも東南アジア産の方が触って痛い気がします…。
ミズクラゲはどれも同じように見えてしまうかもしれませんが、全体的な色合いや口腕などのつくりをよく見比べてみると、いくつか違いがありますので、是非この機会に観察してみてください。

そして、もう一つのおすすめは「食べる月見」の水槽です。
月見そばや月見うどんに欠かせないのが卵の存在。今回は「食べる月見」に見立てたクラゲ展示もあります。別名目玉焼きクラゲとしてコティロリーザ・ツベルクラータが食品サンプルとともに登場しています。常設とは違ったクラゲたちもお楽しみください。

若干やりすぎた感もでていますが、生体は全てえのすい生まれの繁殖個体と真面目に準備をしておりました。いつもと違った9月限定のクラゲ展示、是非ご覧ください。

テーマ水槽


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!