• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2018.05.01 トリーター:北嶋

2018/05/01 本日もカメ日和


みなさん春の大型連休楽しんでいますか。
今日は平日の中休みですが、有給をとって長期休暇にしている人も多いようで、本日もたくさんのお客さまが来て下さいました。

天気がいいので外に出たくなりますよね。
私は朝からウミガメの浜辺で掃除にいそしみ、のんびりしているカメたちをみていました。
ウミガメたちの個性の違いは見ていて飽きません。
プールに長靴をつっこむとわらわらと寄ってくるウミガメたち。
ですが、なかなか来ないコもいます。

奥のスロープの浅瀬で寝ているレッド、砂浜にあがって日光浴でリラックス中のクロ。
そして、警戒心の強いシロとその子どもの5ばん。
先日潜ってコケ取り掃除をしたときも、この2頭は逃げるようにワタワタ端の方へ端の方へと泳いでいました。

シロはさすが大人という感じで、これ以上は端に行けないぞというところでスーッと方向転換を上手にして逃げる。
チビの方はその先は行き止まりなのに、まっすぐしか逃げられない(笑)ちょっとかわいいとおもってしまいました。
前回、佐野さんが潜ったときよりはいろいろ学習したみたいですが。

9ばんは、物おじせずに近づいてきて余裕の表情です。
こういうカメ模様を見ながら掃除など作業をしているとあっという間に時間が過ぎてしまいます。

仕事柄、個々の体調管理のためにもこういう個性をちゃんと見分けておくことは重要ですが、魚では難しい面もあります。
イワシなどは多くて動きが速いので見分けるのが難しいですし、個ばかり見ていると全体を見忘れがちです。
それでも、よくよく見てみるとちゃんと個性があるのが分かります。
それはダイビングショーでも紹介していますが、どんな生き物も、その個性に気づけるとぐっと親近感がわいて、たぶんまた会いたくなるはずです。
家族とか友達とか近い存在はすぐに見分けられますからね。
わたしもだんだんカメや魚に近づいているのでしょうか。。。

写真は潜水掃除中慌てふためく5ばんと余裕の顔の9ばん。




ウミガメの浜辺


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!