• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2018.05.18 トリーター:加登岡

2018/05/18 続・水中遊び

水中での尾鰭保持
水中での尾鰭保持

前回の日誌から約1ヶ月が経ちました。
[ 2018/04/22 水中遊び ]
その後のセブンのトレーニングの進捗状況を報告します。
前は水中で胸鰭を掴んだりしていましたが、今は尾鰭を掴むこともできるようになりました。
尾鰭はセブンにとって動力源です。これを掴まれると言うことは主導権を握られてしまうことに近いです(人も足を掴まれたら上手く身動きがとれませんよね)。
しかし、セブンはこれにも落ち着いて持たせてくれます。あの怖がりなセブンからは想像もできないくらい、初めからスムーズに持たせてくれました。

さらに胸鰭を掴む延長で、胸鰭を掴んだまま一緒に泳ぐトレーニングも行っています。
私が両手を前に出すと、胸鰭を出してきて、それに掴まって一緒に泳ぐのです。
えのすいではスクーターという名前の種目です。イルカたちが泳いでくれて、それに掴まっているだけで、プールの中をどこまでもいけるすごく気持ちのいい種目です。
しかし、セブンの場合は少し違います。写真では分かりにくいのですが、セブンは泳がず、僕が泳いでいます。セブンは身を任せて脱力した状態です。僕が泳ぐのをやめると止まってしまい、そのまま水面まで浮いてしまいます。まさに逆スクーターです。
ちょっとは自分で進んでくれないかなと願いますが、まだまだこの思いは伝わらず。次は自分から進んでくれるようにトレーニング方法を考えていきます。
時間がかかりそうですが、また進展がありましたら報告しますね。


両手を前に出し


胸鰭を掴んで


泳ぐ!

イルカショースタジアム


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!