• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2018.10.31 トリーター:岩崎

2018/10/31 相模湾旬の魚図鑑 その10 アカカマス


アカカマス(Sphyraena pinguis)は南日本から東シナ海、南シナ海の沿岸に生息している魚で、体長は50㎝くらいにまで成長します。
大きな群れで水深100m前後の岩礁周りを回遊しながら、鋭い歯で小魚やイカなどを捕まえて食べています。
相模湾では、主に定置網漁や刺し網などで漁獲されています。
最近では歯の鋭いカマス専用のサビキ仕掛けを使った船釣りや、ルアー釣りの対象魚としても人気があります。
秋から冬にかけて旬を迎えるアカカマスの塩焼きは、香ばしさと脂ののった旨味がびっくりするほどおいしいです。

よく似た種類でヤマトカマス(Sphyraena japonica)という魚がいます。
ヤマトカマスは“水カマス”とも呼ばれ、アカカマスに比べると水っぽくて味が落ちると言われていますが、食べてみるとけっこうおいしい魚です。
旬のアカカマスがあまりにもおいし過ぎるので、ヤマトカマス比べられてちょっと損をしているのではないかと思ってしまいます。
ヤマトカマスは、水分を飛ばして身を締めた干物に適していると言われています。

ヤマトカマスとアカカマスは、背びれと腹びれの位置関係で見分けることができます。
ヤマトカマスでは、背びれと腹びれが背側と腹側で同じくらいの位置にありますが、アカカマスでは、腹びれに比べて背びれが少し後ろにずれた位置にあります。。
両種をまとめて“カマス”として売られている場合もありますので、お魚屋さんで見比べてみてください。

えのすいでは、アカカマスを沿岸水槽で展示しています。
少し前までアカカマスは、餌を食べてくれなかったり、搬入する時の傷が元で弱ってしまったりと、なかなか飼育が難しい魚でした。
ここ最近長期飼育に成功していますので、ぜひ生きた姿をご覧ください。

バックナンバー
2018/01/30 相模湾旬の魚図鑑 その1 マダイ
2018/02/21 相模湾旬の魚図鑑 その2 キンメダイ
2018/03/30 相模湾旬の魚図鑑 その3 メバル
2018/04/28 相模湾旬の魚図鑑 その4 カサゴ
2018/05/30 相模湾旬の魚図鑑 その5 マアジ
2018/06/29 相模湾旬の魚図鑑 その6 イサキ
2018/07/31 相模湾旬の魚図鑑 その7 スズキ
2018/08/29 相模湾旬の魚図鑑 その8 シロギス
2018/09/28 相模湾旬の魚図鑑 その9 カワハギ

相模湾ゾーン


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!