• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2018.12.13 トリーター:伊藤

2018/12/13 リュウグウノツカイを見た朝


みなさまこんにちは。
突然ですが、今朝早くに突然電話が鳴りまして、飛び起きました。
こういう場合、水槽が割れちゃったとか、停電だとか、ついダークな方に考えてしまうのですが、今朝は違いました。超朗報です。

江の島定置網の漁師さんから第一声「生きたリュウグウノツカイが採れたよ!」

これはすぐに行かねばなりません。しかし、私の家から会社までどう頑張っても30分はかかります。こんな時は、当直者頼み。
水族館では、こういう時?のために、何名か職員が泊まり込んでいるのです。今宵はイルカ担当の池光トリーター。急いで電話で起こし(当直者も寝ている時間なのです)、市場に直行してもらいました。

その後、ドタバタと水族館に到着すると、すでに魚は搬入されていました。残念ながら、魚体の後ろの方が切れてしまっていましたが、まだ生きています。状態は良いとは言えませんが、そもそも、本種の生きている挙動自体、見るのが初めてですので、大興奮です。
例えば、鰓ブタはバフバフと動かしながら、口はほとんど閉じっぱなしだったり、鰭の動きはカワハギやギムナルクスのように滑らかに波打たせる、といったところです。元気に海で暮らしていた時の動きを想像することができます。

残念ながら、日が昇るころには絶命してしまったのですが、今後、綺麗な標本などに仕上げて、深海コーナーなどでお見せできればと考えております。




以上、展示のない話題だけだとアレなので、いくつか別の話題も書きたいです。

担当している相模湾ゾーンに新生物がいくつか登場しています。
川魚のジャンプ水槽にソウギョ、湘南港水槽にマダコ(再登場)、相模湾キッズ水槽にアサヒガニ、そしてシラスサイエンスです。

真ん中で新たに育成を始めた個体たちは全て、飼育下7世です。昨年の今頃に生まれた飼育下6世たちが成魚になり、ついに卵を産んでくれたのです。相変わらず育成に苦労がつきまといますが、元気に育つようすをお見せしたいところです。


マダコ


アサヒガニ


シラスサイエンス

相模湾ゾーン


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!