• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 歴史

歴史

平成30年(2018年)3月3日
えのすいに新しい仲間がやってきた! 新展示「カワウソ ~木漏れ日のオアシス~」 オープン!

コツメカワウソが生息する東南アジアの水辺の環境を再現。メイン展示室は、強い水流のある小川、岸辺の岩盤、岩場から染み出る岩清水、隣接する森の大木、そこに設けた巣穴など、カワウソたちがくらしやすいよう工夫しました。
メイン展示室は、3つの面からご覧いただける構造で、カワウソたちの愛らしい行動を思う存分観察できます。


平成30年(2018年)1月26日
北の海のアイドル! えのすい生まれの「フウセンウオ」たち

2016年に北海道から搬入した「フウセンウオ」が、2017年3月頃より複数回産卵し、産卵より 50~60日後に全長 5mmほどの稚魚が孵化しました。
展示水槽に入れられる大きさ(全長 4~5cm)になるまでバックヤードで 9ヶ月ほど大事に育成してきました。
体の色や模様には個体差があり、環境によって変わることもあります。
大きな水槽で悠々と過ごす、まだ小さな可愛らしい「フウセンウオ」たちをご覧ください。