• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 展示 > 新着生物

新着生物

北の海のニューアイドル!!
「コンペイトウ」登場!

展示開始日:2020年5月31日(日)~

コンペイトウ (金平糖)

学名:Eumicrotremus asperrimus
英名:Siberian lumpsucker
スズキ目 ダンゴウオ科
全長: 約 3cm(2020年6月現在)、大きくなると約 10cm
展示場所:太平洋


北海道沿岸やオホーツク海、山口県以北の日本海沿岸の水深 20~900mに生息します。
コブ状の突起で覆われた体は、まさに和菓子の金平糖のようです。
現在知られている日本のダンゴウオ科 10種の中でも、特に突起が細かく全身に密に散在するのがコンペイトウの特徴です。
フウセンウオとホテイウオを展示している水槽の中に1匹だけいます。よく探してみてください。
上越市立水族博物館のご協力で当館にやって来ました。


えのすいトリーターが釣り上げました!
黄色の模様が美しい「ヒメハナダイ」展示中

展示開始日:2020年5月31日(日)~

ヒメハナダイ (姫花鯛)

学名:Tosana niwae
英名:Threadtail anthias
スズキ目 ハタ科
全長: 約 10cm
採集地: 江の島沖 水深 80mにて釣り採集
展示場所: 相模湾ゾーン 沿岸水槽


富山県以南の日本海、相模湾以南の太平洋、東シナ海の水深 150m前後のやや深場に生息します。
口の先から尾にかけて、体の中央を走る黄色の線が特徴の美しい魚です。
長く伸びた尾びれをひらひらさせて泳ぐ姿は、とても華があります。

今回“えのすい”にやってきたヒメハナダイは、2019年 12月に 江の島沖でアマダイ釣りをしていたところ、偶然釣り上げた個体です。
採集の後 丁寧なケアを施し、水槽の環境にも慣れ、餌をいっぱい食べて大きくなりました。
まだまだ大きく成長します。
実はかなり珍しいヒメハナダイ、ぜひご覧ください。


丸くてかわいいキラキラきれいなアジの仲間
「マルコバン」展示中

展示開始日:2020年5月31日(日)~

マルコバン (丸小判)

学名:Trachinotus blochii
英名:Snubnose pompano
スズキ目 アジ科
全長:約 7cm(大きくなると:50cm)
採集地: 片瀬西海岸
展示場所: 相模湾ゾーン 沿岸水槽


食卓に並ぶ身近な魚の代表ともいえるアジの仲間で、中でもマルコバンは非常に美味であるといわれています。

丸い体と、伸びた背びれと尻びれが特徴で、成長すると 50cmにもなります。
南日本からインド洋、太平洋に広く分布し、夏、稚魚を岸近くでも見ることができます。
今回お披露目したマルコバンは、“えのすい”の前の波打ち際で 2019年の夏ごろ、手網で採集されました。
採集時は 約 2cmでしたが、今では 7cmほどに成長しました。
まだまだかわいいサイズのマルコバンたちは、水槽の上の方を群れて泳いでいることが多いので、ぜひ探してみてください。


新江ノ島水族館初
人工授精でバンドウイルカの赤ちゃん誕生!

展示開始日:2020年4月21日(火)~

バンドウイルカ

学名:Tursiops truncatus
新江ノ島水族館生まれ
体長 約 130cm/体重 約 30kg
性別 オス

母親「シリアス」(奥)と一緒に元気に泳ぐ赤ちゃんイルカ(手前)
母親「シリアス」(奥)と一緒に元気に泳ぐ赤ちゃんイルカ(手前)

4月21日(火) 午後8時54分、人工授精により妊娠していたバンドウイルカの「シリアス」が、赤ちゃんを出産しました。新江ノ島水族館での人工授精によるバンドウイルカの誕生は初めてです。

誕生した赤ちゃんはオスで、母親の「シリアス」と一緒にブリーディング・プール(イルカショースタジアム/メインプール横)で元気に泳いでおり、これまでのところ母子ともに健康です。
赤ちゃんの父親は、下関市立しものせき水族館「海響館」の個体「ダン」です。

当館では飼育動物の命を繋げていく技術を確立するため、2017年より本格的に人工授精による繁殖への取り組みを開始、同年より海響館との共同研究がスタートしました。
2019年4月、「シリアス」に「ダン」の凍結精子による人工授精を実施し、6月に超音波検査で胎児を確認。引き続き母体の健康管理を行っていたところ、4月21日、無事出産いたしました。

えのすい公式YouTube
バンドウイルカの赤ちゃん誕生!


平家の怨念? イズヘイケガニ

展示開始日:2020年2月13日(木)~

イズヘイケガニ

学名:Ethusa izuensis
十脚目 ヘイケガニ科 ヘイケガニ属
甲長: 8mm
採集場所: 駿河湾 水深200m~300m
展示場所: 深海l


ヘイケガニの仲間の甲羅には、人が怒ったような鬼面模様があります。
この鬼面模様は、壇ノ浦の合戦で敗れ、海に落ちた平家の怨念が乗り移ったものだという言い伝えがもとになっています。
イズヘイケガニは、甲羅の大きさが 1cm前後ととても小さいカニですが、よく観てみると鬼面模様を観ることができます。
また、この仲間は深海の砂地から砂泥底で生活していて、海底に落ちた木片などを背中に背負っていることが多いので、普段は鬼面模様を隠して生活しています。
底曳き網漁で混獲されることがありますが、よい状態で採集されることの少ない深海性のカニです。

水槽内でも、水底に落ちている朽木の破片や貝などを背負って、身体を低くうずくまりながら物陰に潜むようすを観ることができます。
少し観察しずらいですが、ぜひ探してみてください。


ノドグロと呼ばれるいわずと知れた高級魚、
「アカムツ」初展示!!

展示開始日:2019年12月10日(火)~

アカムツ (赤鯥)

学名:Doederleinia berycoides
英名:Blackthroat seaperch
スズキ目 ホタルジャコ科 アカムツ属
採集地: 相模湾沖 水深 約250m
展示場所: 深海l


青森県および北海道以南の西太平洋、東部インド洋の水深 60~600m付近に生息します。
多く魚獲される日本海側では、口の中が黒いことからノドグロと称され、キンキ(キチジ)と並ぶ高級魚として知られています。

12月10日、相模湾沖で釣りにより採集されましたが、この魚が海面に姿を現した瞬間に、船中の取り扱いが食材モードに変わりました。
タモですくわれ、デッキを滑らされ、そのままクーラーへ・・・
「ちょっと待った!」と急いで養生生簀に収容したほどです。
現在は深海lの大型水槽に、同じく美味なキンメダイとともに展示中です。
これからの季節、ご賞味される方も、されない方も、ぜひ生きた姿をご覧ください!


ハサミの先がひづめの形「ヒヅメガニ」展示開始

展示開始日:2019年11月9日(土)~

ヒヅメガニ (蹄蟹)

学名:Etisus laevimanus
十脚目 オウギガニ科
採集場所: 伊豆半島東部(富戸地先)
展示場所: 相模湾ゾーン 相模湾キッズ水槽


東京湾からインド洋西部にかけて分布します。
やや大型のオウギガニで、比較的滑らかな甲らの前縁には、鋭いトゲが備わっています。
ハサミ(鉗脚)の先端がふくらんでスプーンのようにえぐれており、これが馬のひづめに見えることが和名の由来になっています。


岩礁やサンゴ礁の潮間帯から潮下帯浅所に生息するほか、岩が転がる河口や干潟に現れることもあります。
小動物を中心に色々なものを食べますが、ハサミの「ひづめ」を使って、岩にへばりつくカイメンを器用にはがして食べる行動が知られています。

展示個体は、伊豆半島東部で操業する漁師さんに採集していただきました。
それほど珍しい種ではありませんが、当館では初展示であり、水族館で展示されることが多くない種と言えます。ぜひご覧ください。

※生物が砂に潜って見えにくいことがあります。予めご了承ください。


大きな頭にブヨブヨな体の“ヤマトコブシカジカ”

展示開始日:2019年9月13日(金)~

ヤマトコブシカジカ

学名:Malacocottus gibber
カサゴ目 ウラナイカジカ科
全長 約 15cm
展示場所: 深海l
採集地: 岩手県宮古沖 水深 530m
※JAMSTEC主催「ハガキにかこう海洋の夢コンテスト」入賞者乗船体験にて採集されました


2007年にカエルアンコウなどとともに、種名が “セッパリカジカ” から今の “ヤマトコブシカジカ” に変更されました。
南は山口県、北は北海道の日本海と千葉県銚子沖より北の水深 250~1,200mの冷たい海に生息している深海魚です。
体はブヨブヨとしてウロコがないことが特徴的で、大きな口で甲殻類などを一飲みしてしまいます。
日本海側では、底曳き網などで漁獲されますが、流通は非常に少ないそうです。


クリッとした眼が愛らしい“ヨコスジクロゲンゲ”

展示開始日:2019年9月13日(金)~

ヨコスジクロゲンゲ

学名:Lycodes hubbsi
スズキ目 ゲンゲ科
全長 約 15cm
採集地: 岩手県宮古沖 水深 530m
※JAMSTEC主催「ハガキにかこう海洋の夢コンテスト」入賞者乗船体験にて採集されました


体色は濃灰色で、眼は比較的大きくクリッとして愛らしい印象です。
体側に6本の白色帯が目立つ深海魚です。
底曳き網漁などで採集されているようですが、食用にされず流通はほとんどありません。
特に障害物の無い海底で、ROV(遠隔操作型の無人潜水機)が近づいても逃げるようすもなく、ポツンと佇んでいるようすが今回の潜航調査で観察されました。


背中の大きなトゲは怪獣のよう!?
“ゴジラエビ”と呼ばれる「イバラモエビ」展示開始

展示開始日:2019年9月4日(水)~

イバラモエビ (茨藻海老)

学名:Lebbeus groenlandicus
十脚目 モエビ科
採集地: 富山沖
展示場所: 太平洋
大きさ: 10~15cm


山陰地方から北海道にかけての水深 200~300mの海底に生息しています。
頭胸部のゴツゴツした殻の中央には大きなトゲがあり、腹部には外側に向かって小さなトゲが多く並んでいます。
このトゲだらけの体の特徴から、“オニエビ”や“ゴジラエビ”と呼んでいる地方があるそうです。
その他の変わった特徴として、トゲトゲの腹部を反り返らせて、「海老反り」をすることができます。

モエビの科の中では、大型の種で数少ない食用にもなる深海エビです。
春に漁獲されることから“サツキエビ”ともよばれますが、流通量としては少ないため、目にする機会はそれほど多くはない種です。
のとじま臨海公園水族館のご協力で、当館にやってきました。