• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 航海・採集日誌

航海・採集日誌

2016.11.25 トリーター:杉村

2016/11/25 西部北太平洋調査航海(16)
航海日誌16日目

快晴の朝
快晴の朝
期間:2016年11月10日~11月25日
場所:西部北太平洋
目的:「海洋酸性化の進行とその影響に関する研究」及び「海底電磁気観測による津波の早期警戒」


ついに下船の朝、昨日とは打って変わって晴れた非常に天気の良い朝です。
朝食の後、晴れた甲板の上には昨日から準備していたボックスパレットが次々と並べられていきます。


陸揚げを待つ荷物たち

JAMSTEC横須賀本部に「よこすか」が着岸すると水族館から北嶋トリーター、鈴木トリーターが出迎えてくれました。


いよいよ水族館へ帰ります。

積み込み日と同じように巨大なクレーンで次々と荷物が陸揚げされていきます。
全ての荷物が陸揚げされるまでほぼ半日はかかり、午後には研究者のみなさんもそれぞれの研究室に戻っていきました。
「よこすか」のみなさんに挨拶をすませ、私も鈴木トリーターの運転するトラックに揺られ、久しぶりに水族館へ帰ってきました。
2週間ぶりに見る水族館はちょっと新鮮でした。ちょっと何か良い展示案でも浮かびそうです。

この16日間、過ぎてしまえばあっという間だった気がします。
ほとんどが波に揺られ翻弄された航海でした。
と、同時に海洋観測調査の難しさや厳しさを痛感した航海でもあり、研究者のみなさんも十分な観測が出来ず大変だったと思います。
航海の間に 10個以上の低気圧に見舞われ、最終的な調査地点まで行き着くことすら出来ませんでした。
特に冬期の北太平洋はとても天候が変わりやすく予想もしにくい中、キャプテンや航海を取り仕切る首席研究員の藤木さんの心労たるや計り知れなかったことと思います。
この海域の冬季の調査データは観測の記録が少なく研究上重要なため、調査が出来るように毎日朝早くからブリッジで協議されていました。
北緯 48度付近の目的地までは到達することが出来ませんでしたが、それでも北緯 44度辺りまで北上し、1度でも観測にチャレンジ出来たことは幸運でした。
残念ながら当初の目的を達成することは出来ませんでしたが、少ないですがプランクトンを収集が出来ただけでも感謝です。
全く観測の出来ていない方もいるくらいですから。

悪天候の中、事故の無いように我々を助けていただいたキャプテンを始め船員のみなさん、機関部のみなさん、おいしい食事を作ってくれた司厨部のみなさん、ありがとうございました。
首席研究者の藤木さんをはじめ乗船研究者のみなさん、ありがとうございました。

これまでの調査航海とはちょっと違う航海で戸惑いましたが、いろいろ私自身としては収穫の多い航海でした。
どこかで、本航海のお話が出来る機会があったらいいなと思っています。

今日での航海日誌はおしまいです。
16日間お付き合いいただきありがとうございました。

展示飼育部 魚離チーム 杉村 誠


乗船者全員で記念撮影!!


JAMSTEC(海洋研究開発機構)YK16-16 西部北太平洋「海洋酸性化の進行とその影響に関する研究」及び「海底電磁気観測による津波の早期警戒」を目的とした調査航海

新江ノ島水族館は、海洋研究開発機構(JAMSTEC)と深海生物の長期飼育技術の開発に関する共同研究を行っています

深海Ⅰ-JAMSTECとの共同研究-


このエントリーをはてなブックマークに追加
2016.11.24 トリーター:杉村

2016/11/24 西部北太平洋調査航海(15)
航海日誌15日目

霧の合間のJAMSTEC横須賀本部
霧の合間のJAMSTEC横須賀本部
期間:2016年11月10日~11月25日
場所:西部北太平洋
目的:「海洋酸性化の進行とその影響に関する研究」及び「海底電磁気観測による津波の早期警戒」


今朝から本土は寒いですね。
既に東京湾に入っているはずですが、海上は霧で何も見えませんでした。
昼頃には霧の間から JAMSTECの横須賀本部の建物が見えるようになりました。
この寒さでは、調査海域の気温とあまり差がないですね。
八王子では雪が降ったとか・・・ それは寒いわけです。

午後からは下船の準備が始まりました。
今日のように片付けの出来る日が 1日あると、下船の朝にバタバタしなくてとてもいいですね。
※天候のせいで早く東京湾に入った訳ですが・・・。
波の静かな停泊中に、出来るだけ荷物を格納庫内へ集めます。
天井のクレーンや船内エレベーターを使って次々と荷物が集められ、ボックスパレットの中に詰まっていきます。


片付け中

調査や分析用の機器、試薬にサンプル瓶、インキュベーター(恒温機)、実験用の純水を作る機械、顕微鏡、採水用ポリタンクなど本当にさまざまです。
格納庫に集まった荷物を見渡してみると、とてもたくさんの荷物が積まれていたことに改めて驚きました。


集まったたくさんの荷物・・・ の一部

明日は、これらの荷物の他にCTDや引き上げた海底電磁計などの大型の調査機器はもちろんのこと、機器を操作する巨大な通信用ケーブルワイヤー、我々が使っていた冷蔵コンテナもすべて船外に運び出されます。
乗船時より増えていますね・・・ (>_<)
乗船前の積み込み作業を思い出しますね・・・ またあの巨大なクレーンが出動するわけですね。

後は、明日の下船を待つばかりと最後の夕飯を食べに食堂に行くと!
今夜のメニューは・・・ にぎり寿司です!! おいしい夕食をいただきました。


夕飯「にぎり寿司」

みんな食堂で、いつもよりゆっくりと今回の航海の話などをしながら過ごしました。
明日は作業が一杯です。航海の余韻に浸っている時間はきっと無いでしょう。
今夜は、長かった航海を振り返ってちょっと気持ちが寂しくなりそうです。

さて、明日から水族館へ戻ります。
水族館の生き物たち元気でいてくれているでしょうか。
明日会えるのが楽しみです。

それでは、明日最後の航海日誌で!!


JAMSTEC(海洋研究開発機構)YK16-16 西部北太平洋「海洋酸性化の進行とその影響に関する研究」及び「海底電磁気観測による津波の早期警戒」を目的とした調査航海

新江ノ島水族館は、海洋研究開発機構(JAMSTEC)と深海生物の長期飼育技術の開発に関する共同研究を行っています

深海Ⅰ-JAMSTECとの共同研究-


このエントリーをはてなブックマークに追加
2016.11.23 トリーター:杉村

2016/11/23 西部北太平洋調査航海(14)
航海日誌14日目


期間:2016年11月10日~11月25日
場所:西部北太平洋
目的:「海洋酸性化の進行とその影響に関する研究」及び「海底電磁気観測による津波の早期警戒」


今朝起きて船の窓から海上を見ると・・・
ついに陸地が見えるようになりました。「よこすか」は順調に南下中です。
そろそろ携帯電話も繋がりそうで、徐々に「下船」の二文字が頭をよぎるようになります。

朝食をとり、一息ついた頃。
ついに・・・ 「洋上セミナー」の時間です。
本航海では、今日を含めて洋上セミナーは2回行われます。
前半の1回目は我々研究者だけでしたが、今日はなんと「よこすか」のキャプテンをはじめとする船員さんも・・・ 食堂に集合です。
全員で 25人程でしょうか、たくさん集まっていただきました。
水族館のお話と言うこともあって、首席研究者の藤木さんの計らいで船員さんにも声をかけてくれたそうです。
題目は「新江ノ島水族館と深海」。
水族館の仕事から私の担当している深海生物の飼育や調査、潜航映像などについて紹介させていただきました。


洋上セミナーのようす

1時間ほどのセミナーでしたが、とてもよく聞いていただきセミナー中やその後の食事の時間などで多くの質問をしていただけました。
船員さんや研究者のみなさんの何人もの方が「この間、えのすい行ったよ。」とか「子どもが好きでよく行くよ。」と声をかけてくれました。
とても嬉しかったと同時に、みなさんに支えられて水族館が成り立っていると改めて感じました。
また、それだけにJAMSTECのみなさんに見られているというプレッシャーも同時に感じました。
下船後は、さらに頑張らねばなりませんね!

残すところあと 2日、この航海もカウントダウンに入りました。
明日午後には横須賀沖に到着するようです。
そろそろ荷造りを始めなければ・・・ 。

当然、採集された生物たちのお世話もしっかりと。
ではまた明日。

セミナーも無事?!終わって良かった・・・。


JAMSTEC(海洋研究開発機構)YK16-16 西部北太平洋「海洋酸性化の進行とその影響に関する研究」及び「海底電磁気観測による津波の早期警戒」を目的とした調査航海

新江ノ島水族館は、海洋研究開発機構(JAMSTEC)と深海生物の長期飼育技術の開発に関する共同研究を行っています

深海Ⅰ-JAMSTECとの共同研究-


このエントリーをはてなブックマークに追加
2016.11.22 トリーター:杉村

2016/11/22 西部北太平洋調査航海(13)
航海日誌13日目

期間:2016年11月10日~11月25日
場所:西部北太平洋
目的:「海洋酸性化の進行とその影響に関する研究」及び「海底電磁気観測による津波の早期警戒」


朝方、福島県沖で大きな地震がありましたね。
昨夜遅くから船の上でもBSテレビは見られるようになっていましたので、朝から船内でもニュースが流れていました。
「よこすか」は八戸方面に向かって航行中で、船自体はまだ沖合いにいるので地震や津波の影響はありませんでした。
いつもと変わらず、うねりで大きく揺れています。
震源の水深自体は 150~200mくらいで浅い場所だそうです。
震源の深さは 30kmと聞きました。
地震の原因は断層が原因で、本土が若干北西にずれたと海底電磁気観測の研究者の方に少しですが伺いました。
テレビでは、津波や原発のニュースが午前中いっぱいは流れていましたが、大きな事故などが起きていないよう祈るばかりです。

今日はテレビのおかげで地震の情報が我々にも早く伝わりましたが、普段は居室やラボにあるテレビは航路情報や船内の作業甲板の映像が映るだけです。
一部船員さんの娯楽用にDVDが流れています。
ブリッジに行けば、船の安全な航行の為に衛星通信で天候情報などは随時入手されています。
衛星アンテナの向きなどによってインターネットも繋がったり繋がらなかったりしていますが、通信速度が非常に遅いのでメールやテキストデータ以外はほとんど使い物になりません。
本土や大きな世界情勢などの情報はただ唯一、食堂にだけほぼ毎日共同ニュースで知ることが出来ます。


共同ニュース

両面印刷で3枚ほどの簡易新聞ですが、私にとっては毎日の朝食後の楽しみです。
・・・先日のサッカーのWorld Cupの予選の結果や、テニスの錦織選手の結果は読みました・・・ 観たかった・・・ (T_T)。
あまり外の情報が入らない分、じっくり実験のまとめなど時間を使う事が出来てそれはそれで良いですね。

外の情報が入り始めるとそろそろ帰るんだなという気になり出します。
帰港まであと3日です。
おっと、明日の洋上セミナーの準備せねば。

ではまた明日・・・ どんなセミナーになるのやら。


波が高いので、格納庫にはシャッターが閉まっています。


JAMSTEC(海洋研究開発機構)YK16-16 西部北太平洋「海洋酸性化の進行とその影響に関する研究」及び「海底電磁気観測による津波の早期警戒」を目的とした調査航海

新江ノ島水族館は、海洋研究開発機構(JAMSTEC)と深海生物の長期飼育技術の開発に関する共同研究を行っています

深海Ⅰ-JAMSTECとの共同研究-


このエントリーをはてなブックマークに追加
2016.11.21 トリーター:杉村

2016/11/21 西部北太平洋調査航海(12)
航海日誌12日目

期間:2016年11月10日~11月25日
場所:西部北太平洋
目的:「海洋酸性化の進行とその影響に関する研究」及び「海底電磁気観測による津波の早期警戒」


今日は特に揺れていますね・・・ 今まで一番かもしれません。
揺れていない日は本当に無いです・・・ 北の海は侮れません。
ちょうど気圧の谷間にいるそうで、天候は良く青空が見えていますが風が強いせいで波が高いようです。
絶え間なく波が船底を叩く衝撃が伝わってきます。


本航海一番の波!!・・・ たぶん

大きく揺れる中、各ラボでは先日の観測で採取した海水の分析やその準備が行われています。
ラボを覗くと採取した海水を分析しやすくするため、専用の機器を使って数十倍に海水を濃縮したり、光に当てて植物プランクトンの培養を行ったりしていました。
別のラボでは薬品を混ぜて滴定分析も行われていました。
サンプルが新鮮なうちの分析や準備などに時間のかかるものから始められていきます。
また、採集されたプランクトンの中から調査対象種だけを選別する作業も引き続き行われ、顕微鏡を覗きながら非常に細いピペットを使って種を単離して分析用のパレット(たこ焼き機を小さくしたような形)に入れていきます。
そして、パレットごとインキュベーター(恒温機)で生きたまま保管します。
このような手間のかかる分析の積み重ねによって、調査海域の基礎生産量や海水組成などが分かるようになっていくんですね。


夜遅く大変な分析の合間のひととき

私は、私で飼育を始めたクラゲやオヨギゴカイなどの水槽の換水や用意したエサを与えるなどの飼育実験を 2℃に設定した冷蔵コンテナで行っています。
水槽の中でどのように浮遊しているのか、餌は食べているのかなど小型のウェアブルカメラを使って観察しています。
ちなみに調査海域の水温は 3℃でした。
コンテナの照明を消して水槽だけを照らして撮影すると、まるでミニ水族館のようになり、研究者のみなさんもたくさん見に来てくれました。


飼育実験記録中

帰港までは、まだ4日程ありますが航海中にもう一つのミッションが待っていました。
明後日に予定されている「洋上セミナー」です。
研究者のみなさんだけではなく、船員さんも聞くとのこと・・・ ヒェ~。
航海終盤に差し掛かってのプレッシャー・・・ セミナーの準備をしなくては・・・ 。

ではまた明日。


JAMSTEC(海洋研究開発機構)YK16-16 西部北太平洋「海洋酸性化の進行とその影響に関する研究」及び「海底電磁気観測による津波の早期警戒」を目的とした調査航海

新江ノ島水族館は、海洋研究開発機構(JAMSTEC)と深海生物の長期飼育技術の開発に関する共同研究を行っています

深海Ⅰ-JAMSTECとの共同研究-


このエントリーをはてなブックマークに追加
2016.11.20 トリーター:杉村

2016/11/20 西部北太平洋調査航海(11)
航海日誌11日目

期間:2016年11月10日~11月25日
場所:西部北太平洋
目的:「海洋酸性化の進行とその影響に関する研究」及び「海底電磁気観測による津波の早期警戒」


みなさん、おはようございます。
とっ・・・ もうお昼になってますね、午前一杯寝てしまいました。
結局、昨夜ベットに入ったのは午前 3:00、既に今日になってましたね。

今日は、昨夜の採集でされた生物をいくつか紹介しましょう。
水深 200m~表層まで間口が直径 45cmのプランクトンネットで海中を鉛直に曳くと、多くのプランクトンが採集されました。
特に目立ったのはヤムシの仲間で体は細長く透明、大きさは 1cm前後で、一見するとウナギの子どものようにも見える毛顎動物の仲間です。
体は透明で殻がほんのり赤いオキアミの仲間、よく泳ぎ回る触角の長いカイアシ類やツリガネ型のクラゲ、数個体ですがクリオネなどの翼足類も採集されました。
他には、大きさが 1mmにも満たない浮遊性の有孔虫というとっても綺麗なプランクトンも採集されました。


カイアシ類の一種


オヨギゴカイの一種


オキアミの仲間

研究者の方々は採集されたプランクトンの一部を生きたまま持ち帰り、色々な条件下での飼育を行って、海洋の酸性化の影響を研究するそうです。
揺れるラボの中で顕微鏡を覗くのはなかなか大変な作業です。

昨日の昼から今朝にかけて低気圧の合間に観測調査が出来た事は幸運なことでした。
この日誌を綴っている時点で、もう既に「よこすか」は陸に向かって進路を取っていました。
あと 1回くらいはネット調査をしたかったところですが、残念です。
自然の力には勝てません。
無理をすると今度は帰れなくなってしまいます。
本当に海洋調査って難しいですね。
ワンチャンスの調査でしたが、実施出来て本当に良かったです。
観測調査に踏み切っていただいたキャプテンと首席研究者の藤木さんに感謝です。

そういえば、格納庫内で荷物の整理をしていたら小鳥が数羽飛び交っていました。
海までエサ探しに来て、疲れて船で休んでいるのでしょうか?
こんな陸から遠く離れた場所にも小さな鳥たちがやってくるんですね。
種類はいったいなんでしょうね?
船内にあった野鳥図鑑をお借りして探してみましたが、よく分かりませんでした・・・
ウミツバメの一種のような気がするのですが、やっぱりよく分かりません。
魚のようにはいかないですね・・・ (^_^)


格納庫で休憩中?の鳥類

さあ、明日からプランクトンのお世話が始まります。
船内に持ち込んで培養しているワムシやブラインシュリンプ、クロレラなどを駆使して無事生かして水族館へ持ち帰りたいと思います。

ではまた、明日。


JAMSTEC(海洋研究開発機構)YK16-16 西部北太平洋「海洋酸性化の進行とその影響に関する研究」及び「海底電磁気観測による津波の早期警戒」を目的とした調査航海

新江ノ島水族館は、海洋研究開発機構(JAMSTEC)と深海生物の長期飼育技術の開発に関する共同研究を行っています

深海Ⅰ-JAMSTECとの共同研究-


このエントリーをはてなブックマークに追加
2016.11.19 トリーター:杉村

2016/11/19 西部北太平洋調査航海(10)
航海日誌10日目

期間:2016年11月10日~11月25日
場所:西部北太平洋
目的:「海洋酸性化の進行とその影響に関する研究」及び「海底電磁気観測による津波の早期警戒」


朝、目が覚めてみると・・・ なんか揺れてる!!!
でも、今日は早朝から調査開始の予定だったはず・・・。
午前 6:30作業の準備をして1ラボまで降りていくと・・・
ホワイトボードにはまさかの「待機」の二文字が・・・
今日も待機ですか・・・ (>_<)。

そんな中にもちょっと感動的なこともありました。
ブリッジに上がると船の左舷側にたくさんのイルカがいるではありませんか。


「よこすか」のそばを泳ぐイルカ

体の大きさや体色からカマイルカのようでした。
40~50頭はいるでしょうか、こんなに大きなイルカの群れを見たのは初めてで、つい見入ってしまいました。
天候は雨、表層水温は約 7℃、波高 4m、風速 20mという中でもイルカたちは船のまわりを元気に泳ぎ回っていました。
逞しいですね、ちょっと得した気分でした。


こんな波の中でもイルカたちは元気!

イルカが幸運を運んでくれたのでしょうか、午後 1時を過ぎた辺りからしだいに風が弱まり始め、波も少し落ち着いてきました。
すると首席研究員の藤木さんから、「CTDスタンバイです!」の声がかかりました。
その声を聞くやいなや、“待ってました”とばかりにみんな一斉にラボを飛び出しました。
手際よく観測準備が終了すると、CTDは海中に消えていきました。
観測を終えてCTDが上甲板に降ろされると、みんなで一斉に採水に取りかかります。
※CTDには 12本のニスキンという採水器が取り付けてあります。


測定用の海水を採水中です

ニスキン1本につき採水瓶だけでざっと 10種類以上はあったでしょうか。
海水中の溶存酸素量や栄養塩の測定など・・・ 測定する内容によってフィルタを通したり、空気を混ぜないように瓶に移したりとなかなか大変そうです。
それだけ、測定には多くの測定項目や手間もかかると言うことなんですね

続いては、いよいよ我々プランクトン採集チームの出番です。
「しんかい6500」を支える巨大なフレームに、大きさ 1m前後のプランクトン採集ネットが吊されます。
何とも豪華なクレーンですね、ちょっと異様な感じがしました。


Aフレームにプランクトンネット

そうこうしているうちにネットは上げられ、プランクトンが採集されてきます。
集められたプランクトンは海水ごとビーカーに集められ、直ぐさまソーティング(選別)されていきます。
作業が終了した今・・・ 既に時計の針は午前 0時をまわっています。
もうちょっと、残務がありますのでもう一仕事してから今日は就寝です。

やっとのことで長い 1日が終わります。
と、いうことで今日のお話はここでおしまい。
どんな生物が採集されたかは、明日のお楽しみという事にいたしましょう。

では、お休みなさい。


JAMSTEC(海洋研究開発機構)YK16-16 西部北太平洋「海洋酸性化の進行とその影響に関する研究」及び「海底電磁気観測による津波の早期警戒」を目的とした調査航海

新江ノ島水族館は、海洋研究開発機構(JAMSTEC)と深海生物の長期飼育技術の開発に関する共同研究を行っています

深海Ⅰ-JAMSTECとの共同研究-


このエントリーをはてなブックマークに追加
2016.11.18 トリーター:杉村

2016/11/18 西部北太平洋調査航海(9)
航海日誌9日目

研究者ミーティングのようす
研究者ミーティングのようす
期間:2016年11月10日~11月25日
場所:西部北太平洋
目的:「海洋酸性化の進行とその影響に関する研究」及び「海底電磁気観測による津波の早期警戒」


昨夜、緊急の研究者ミーティングが行われました。
乗船している研究者が全員、上甲板にある第1ラボラトリー(通称1ラボ)に集合しました。
これまで荒天続きで調査現場に行けず、唯一出来た作業が予定を前倒しした海底電磁気計の回収でしたが、どうやら船が動けるようになったようです。
当初4日目に観測を行う予定だった調査海域に向かうとのこと。
さらに北にあるもともとの調査地点は、低気圧の抜けが悪く調査時間がほとんどとれないということで、このような決定になったそうです。

ミーティングから一夜明け、「よこすか」は早くから調査海域に向かってやっとのことで走り出しました。
今日の私は朝から体調があまり優れず、ダウン状態でした。
いつもの調査なら、そろそろ下船の時ですが今回はやっと折り返したばかりです。
連日の大きな揺れの影響でしょうか、ちょっと疲れが出たようです。
午前中はちょっと休ませてもらいました。

午後には何とか回復して明日からの調査の準備を始める事が出来ました。
ワムシのお世話に水槽の海水の用意、換水など・・・。
体を動かし始めるとそれはそれで、体がすっきりしてきました。

研究者のみなさんも明日からの観測調査の準備をしていました。
観測器具にフィルターやセンサーを取り付けていました。
今回の調査航海は、海洋の酸性化の状況を把握するために翼足類などのプランクトンの採集の他に、海水のサンプリングも行われます。
海水の中のさまざまな成分を測定することで、海洋の状況を分析するためです。
採水した海水を濾過してその中のクロロフィル量の測定をしたり、栄養塩などを計測するそうです。
可能な限り毎年の観測を行って、データを蓄積することで海洋にどのような変化が起きているかを調べると言うわけです。
こうやって行われる地道な観測がとても大切なのですね。


只今準備中!

さあ!明日からやっと本格的な観測調査が行われます。
どうか、無事に観測が行えますように!!

朝 7:30には観測が始まります。
今日は明日のため早く休まなくては・・・
今朝のようなことが無いように備えなくては・・・。

ではまた明日。


今日は天気がいいかも!


JAMSTEC(海洋研究開発機構)YK16-16 西部北太平洋「海洋酸性化の進行とその影響に関する研究」及び「海底電磁気観測による津波の早期警戒」を目的とした調査航海

新江ノ島水族館は、海洋研究開発機構(JAMSTEC)と深海生物の長期飼育技術の開発に関する共同研究を行っています

深海Ⅰ-JAMSTECとの共同研究-


このエントリーをはてなブックマークに追加
2016.11.17 トリーター:杉村

2016/11/17 西部北太平洋調査航海(8)
航海日誌8日目

期間:2016年11月10日~11月25日
場所:西部北太平洋
目的:「海洋酸性化の進行とその影響に関する研究」及び「海底電磁気観測による津波の早期警戒」


いよいよ折り返しです。
今回の航海は荒天の影響で回避航行が多く、船内で過ごす事が多くなっています。
今も荒天回避中です。
そこで、今日はちょっと船内を探索してみました。

「よこすか」といえば・・・ 1日目の日誌に書きましたが「しんかい6500:以下 6K」の支援母船ですよね。
6Kの格納庫はとても天井が高く、天井には巨大なクレーンが設置されていました。
どんなものを吊すのでしょうか?
きっと 6Kの整備用クレーンなのでしょうね。

格納庫の一番奥には直径が 3cmほどあるワイヤーが 2本、現在冷蔵コンテナの乗っている台座を船尾から格納庫内へ収納するワイヤーです。
巨大なドラムに巻き取られていました。
格納庫の直ぐ横には「 6Kチーム」の事務所があります。
ちょっと失礼して覗いてみると(もちろん船員さんの許可をもらって)、これまでのテレビ取材の色紙や宇宙飛行士の毛利さんのサイン入り写真が飾ってありました。
(毛利さんは宇宙と深海の両方に行った方ですよね・・・ すごい方ですね、改めて思いました。)
2階に上がってみると搭乗用のはしごが引き上げられ、奥の方には半透明のサクションホースが積まれていました。


6K搭乗に使うはしご

スラープガン(生物などを収集するための水中掃除機)に取り付けるホースですね。
※えのすいに展示されている「しんかい 2000」にもスラープガンが搭載されてますよ。


スラープガンに取り付けるサクションホース

その横には、泥などを採取するコアラーがコンテナに仕舞われていました。
これらを使って一昨年は世界 1周の調査航海をしてきたのですね!!
私がいつも参加するハイパードルフィンの調査によく搭載されている機器なので、何となく嬉しい気がしました。

船内に足を向けると、ダイバーチームの準備室が(6Kを揚収する際はダイバーさんが揚収金具を取り付けます)もありました。
ブリッジには総合司令室があり、所狭しとモニタが並んでいます。
船員さんに話を聞くと「よこすか」は AUVの「うらしま」の母船も兼ねているので、半分は「うらしま」に使われているのだそうです。
その他にも海底地形図が現れるモニタなど、最新鋭の機器がそろっていました。


総合司令室(うらしま用のモニタ)

いつもと違う調査船に乗ってみると、いつもと違う風景に出会えて面白いですね。
今度は実際の「しんかい 6500」の航海を体験してみたいものです。

ではまた明日。
好展開を期待して!!


JAMSTEC(海洋研究開発機構)YK16-16 西部北太平洋「海洋酸性化の進行とその影響に関する研究」及び「海底電磁気観測による津波の早期警戒」を目的とした調査航海

新江ノ島水族館は、海洋研究開発機構(JAMSTEC)と深海生物の長期飼育技術の開発に関する共同研究を行っています

深海Ⅰ-JAMSTECとの共同研究-


このエントリーをはてなブックマークに追加
2016.11.16 トリーター:杉村

2016/11/16 西部北太平洋調査航海(7)
航海日誌7日目

波に打ち付けられる「よこすか
波に打ち付けられる「よこすか
期間:2016年11月10日~11月25日
場所:西部北太平洋
目的:「海洋酸性化の進行とその影響に関する研究」及び「海底電磁気観測による津波の早期警戒」


晴海埠頭を出港してから早くも 1週間が経ちました。
「よこすか」は変わらず荒天回避中です。
昨夜から海上のうねりがひどく、船の揺れも左右に大きくなってきました。
居室のベッドで横になっているとゴロゴロ転がりそうで、なかなか寝付けないほどです。
不思議と酔いはなく、大きく揺れる船内で平衡を保つのに四苦八苦。
とても疲れます。


波に打ち付けられる「よこすか」

ブリッジに上がってみると「よこすか」の眼前には、大きくうねった太平洋が広がっていました。
天候は昨日と打って変わって雨空です。
キャプテンからは小型の低気圧の真ん中辺りにいて、波の高さは約 4m、風速 25mを越えているそうです。
(これ以上南下してしまうと、目的海域に着けなくなってしまうということ・・・ ヒェ~)
天気予報で波の高さが 4~5mと表示をみたりしますが、実際に体験してみるとかなり高いものですね。
時折、船首が沈んだかと思うと波に乗って今度は上に大きく跳ね上がります。
水平線が見えなくなるほどです。
次の瞬間!船首が下がると同時に船底が波に打ち付けられ、ドーッンとものすごい衝撃が船内に響きます。
船の底に穴でも空くんじゃないかと思うほどです。
あまりの衝撃と揺れで、備え付けのコップが落ちて割れてしまいました。

水槽をセットしてある冷蔵コンテナの中が心配になり、覗いてみると・・・ 特に問題はありませんでした。
セットされた水槽も海水もそのままです。「良かった・・・ (^_^)」
どうやら、冷蔵コンテナのある上甲板の格納庫内が一番揺れの少ない場所のようです。
私の居室は 1つ上の階にありますが、階が 1つ上がるだけで揺れ方がこんなにも違うんですね。


「よこすか」の船内図

こんなに海が荒れたときでも、コンテナ内のワムシをお世話はちゃんとやってますよ。
ワムシのお世話の後は、格納庫と同じ階にあって比較的揺れの少ない(と言っても机からマウスが落ちくらいは揺れてますけど・・・)第 1ラボでこれまでに溜まった実験データをまとめることもやっています。
研究者のみなさんの中には、空き時間を使って論文を執筆している方もいるようです。

予報では 72時間後くらいには調査海域の低気圧が一旦は抜けそうです。
低気圧のおかげで大幅に予定を変更していますが、予報の通り何とか先に進めることを今日も祈るばかりです。

では、また明日。


JAMSTEC(海洋研究開発機構)YK16-16 西部北太平洋「海洋酸性化の進行とその影響に関する研究」及び「海底電磁気観測による津波の早期警戒」を目的とした調査航海

新江ノ島水族館は、海洋研究開発機構(JAMSTEC)と深海生物の長期飼育技術の開発に関する共同研究を行っています

深海Ⅰ-JAMSTECとの共同研究-


このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/11/25 西部北太平洋調査航海(16)

2016/11/24 西部北太平洋調査航海(15)

2016/11/23 西部北太平洋調査航海(14)

2016/11/22 西部北太平洋調査航海(13)

2016/11/21 西部北太平洋調査航海(12)

2016/11/20 西部北太平洋調査航海(11)

2016/11/19 西部北太平洋調査航海(10)

2016/11/18 西部北太平洋調査航海(9)

2016/11/17 西部北太平洋調査航海(8)

2016/11/16 西部北太平洋調査航海(7)

2016/11/15 西部北太平洋調査航海(6)

2016/11/14 西部北太平洋調査航海(5)

2016/11/13 西部北太平洋調査航海(4)

2016/11/12 西部北太平洋調査航海(3)

2016/11/11 西部北太平洋調査航海(2)

2016/11/10 西部北太平洋調査航海(1)

2016/05/09 相模湾初島沖調査航海(5)

2016/05/08 相模湾初島沖調査航海(4)

2016/05/07 相模湾初島沖調査航海(3)

2016/05/06 相模湾初島沖調査航海(2)

2016/05/05 相模湾初島沖調査航海(1)

2016/02/26 湯河原 キンメダイ乗船採集

2015/11/10 湯河原 キントキダイ乗船採集

2015/10/09 湯河原ソコイトヨリ採集(3)

2015/10/09 湯河原ソコイトヨリ採集(2)

2015/10/09 湯河原ソコイトヨリ採集(1)

2015/08/07 中部沖縄トラフ調査航海(12)

2015/08/06 中部沖縄トラフ調査航海(11)

2015/08/05 中部沖縄トラフ調査航海(10)

2015/08/04 中部沖縄トラフ調査航海(9)