• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 展示 > 深海Ⅰ~JAMSTECとの共同研究~

日本初!深海生物の長期飼育に挑戦する
深海l~JAMSTECとの共同研究~

深海は、水深200m以上の深い海。
太陽の光が届かないため真っ暗で、水温も低く、高い水圧がかかります。
目の前に広がる相模湾が駿河湾や富山湾とあわせて深海底をもつ内湾として世界的にも有名なことから、ここ「深海l~JAMSTECとの共同研究~」を通じて、世界の海の95%を占める深海の不思議な世界を紹介します。

また当館は、JAMSTEC(国立研究開発法人海洋研究開発機構)と協力し、日本で初めてとなる深海生物の長期飼育法に関する共同研究を実施中。この「深海l~JAMSTECとの共同研究~」では、共同研究を実施するための研究室を設け、これまで難しいとされてきたさまざまな深海生物の長期飼育技術開発を行うと共に、そのようすを逐次公開、深海研究の最前線を紹介します。

深海l~JAMSTECとの共同研究~深海l~JAMSTECとの共同研究~
深海l~JAMSTECとの共同研究~
JAMSTECとの共同研究

化学合成生態系水槽
― 世界初!深海生物の長期飼育のために深海の環境を再現 ―

深海の中でも極めて特殊な「化学合成生態系」で生きる深海生物を飼育研究する水槽です。この中には有人潜水調査船や無人探査機を使用しないと採集できない深海生物を飼育しています。
ここでは深海底で見られる3つの特殊な化学合成生態系(湧水域、鯨骨生物群集、熱水噴出域)を再現しています。

湧水域

地震がよく起こる地域に形成されます。地殻のプレートが沈み込むときに、プレートの上に積もった泥から硫化水素やメタンがしぼりだされます。

鯨骨生物群集

クジラが一生を終えると海底へ沈んでゆきます。海底に沈んだクジラは、カニやサメなどによって肉を食べられ、大きな骨が残ります。この骨は脂を多く含み、やがて腐敗して硫化水素が発生します。

熱水噴出域

マグマによって熱せられた海水が、周りの鉱物などを含んで熱水として噴きあがってきます。熱水は300℃以上にもなりますが、周りの冷たい海水で急に冷やされます。このとき、溶けていた鉱物が結晶となり、積もってチムニーを作ります。

化学合成生態系水槽化学合成生態系水槽
湧水域湧水域
鯨骨生物群集鯨骨生物群集
熱水噴出域熱水噴出域

JAMSTEC(国立研究開発法人海洋研究開発機構)について

JAMSTECは、日本における海洋科学技術の総合的な研究機関です。
有人潜水調査船「しんかい6500」や地球深部探査船「ちきゅう」など、世界でもトップクラスの研究設備を使って、広い海を調べ、その結果をもとに海や地球のなぞを解明するための研究に取り組んでいます。

超貴重!ジャグジー付き海底温泉にくらす
「タイワンホウキガニ」展示開始

展示個体は、広島大学生物生産学部 附属練習船「豊潮丸」により 2019年11月1日~8日、薩南海域で行われた「海底温泉に生息する生物群調査」に乗船し、潜水調査で採集したものです。
本種は.. 続きを読む

超希少!深海ザメ「ヒレタカフジクジラ」
成魚・稚魚、同時公開!!
赤ちゃんの水槽内出産・展示は世界初公開!?

日本からオーストラリア、ニュージーランドの西太平洋に広く分布。水深238m~860mに生息しています。
フジクジラの仲間は体に発光器を持ち、暗闇で光るサメとしても知られ、英名にlante.. 続きを読む

ヒレタカフジクジラの稚魚ヒレタカフジクジラの稚魚

発光する深海のナマコ「ハゲナマコ」

本種ハゲナマコ Pannychia moseleyi virgulifera (専門家のご協力を得て、同定いたしました)は、今年8月に行われました、JAMSTEC主催「ハガキにかこう海.. 続きを読む

大きな頭にブヨブヨな体の“ヤマトコブシカジカ”

2007年にカエルアンコウなどとともに、種名が “セッパリカジカ” から今の “ヤマトコブシカジカ” に変更されました。
南は山口県、北は北海道の日本海と千葉県銚子沖より北の水深 250.. 続きを読む

プヨプヨ美肌の“サケビクニン”

身体の色がピンク色で、コンニャクウオの仲間というだけあって触るととてもプヨプヨしていて、ウロコをもちません。
胸ヒレが変化して髭のようになった鰭条部分では、味蕾(味覚を感じる器官)が集中.. 続きを読む

クリッとした眼が愛らしい“ヨコスジクロゲンゲ”

体色は濃灰色で、眼は比較的大きくクリッとして愛らしい印象です。
体側に6本の白色帯が目立つ深海魚です。
底曳き網漁などで採集されているようですが、食用にされず流通はほとんどあ.. 続きを読む

“ボタンエビ”と呼ばれているけど、“ボタンエビ”じゃない?!
「トヤマエビ」展示開始

日本海・東北から北海道の寒海の水深 100~400m付近に生息する深海エビで、市場では、主に“ボタンエビ”の名で流通していますが、正式な標準和名は「トヤマエビ」です。
「ボタンエビ」とは.. 続きを読む

背中の大きなトゲは怪獣のよう!?
“ゴジラエビ”と呼ばれる「イバラモエビ」展示開始

山陰地方から北海道にかけての水深 200~300mの海底に生息しています。
頭胸部のゴツゴツした殻の中央には大きなトゲがあり、腹部には外側に向かって小さなトゲが多く並んでいます。
続きを読む

透明なストローから顔を出す姿がかわいい
「ナナテイソメ科の一種」

釣り餌として認知度の高い「イソメ」と同じなかま(多毛類)で、ナナテイソメ科は浅海から深海まで広く報告があります。
なんとなく気持ち悪いイメージがつきものの多毛類ですが、今回採集されたツノ.. 続きを読む

「アマエビ」と呼ばれる、赤くておいしい深海エビ!!
「ホッコクアカエビ」

日本海、オホーツク海、北海道の太平洋岸からベーリング海などの冷水帯の深海200m~1,000m付近まで分布が確認されている、赤くて美しい深海エビです。
国内市場で広く流通している北大西洋.. 続きを読む

展示マップ
見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!