• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 展示 > クラゲサイエンス

クラゲの研究コーナー「クラゲサイエンス」

クラゲの“えのすい”がアカデミックにクラゲをご紹介するクラゲの研究コーナー。
常時約30種のクラゲを飼育展示しながら、不思議な生態や生活史、給餌の様子などを詳しくご紹介します。
えのすいのクラゲ飼育の歴史や最新のクラゲトピックスなど、クラゲ情報も満載です。

また、実際にクラゲ担当トリーターが飼育作業をしている様子もご覧いただけます。

クラゲサイエンス

クラゲの一生

ほとんどのクラゲにはイソギンチャクの姿をした「ポリプ」の時代があります。
クラゲを一年中展示するためには、ポリプの飼育が欠かせません。

ミズクラゲのポリプ

クラゲの記録

クラゲはゼラチン質のプランクトンで、体の90%以上が水分です。
また、海にすむクラゲのほとんどは小さく、成長しても全長1cm未満のものばかりです。
繊細で小さいクラゲを研究してゆくためには、標本や映像記録がとても大切なのです。

クラゲの標本
エダアシクラゲ エダアシクラゲ
エボシクラゲ エボシクラゲ
コモチカギノテクラゲ コモチカギノテクラゲ
アミガサクラゲ アミガサクラゲ
ベニクラゲ ベニクラゲ
ヤワラクラゲ ヤワラクラゲ
コブエイレネクラゲ コブエイレネクラゲ
シロクラゲ シロクラゲ
ウラシマクラゲ ウラシマクラゲ

※展示するクラゲは変動します。

風とともに現れるブルードラゴン

消化管に空気を貯めて水面を浮遊し、カツオノエボシやギンカクラゲに付いて移動すると同時に、それらを餌としても利用しています。
さらにそれらのクラゲの刺胞を体内に取り込み、自らの防御のために.. 続きを読む

<展示終了>海面を漂う銀貨「ギンカクラゲ」

銀色の平たい円盤状の盤部が、その名の通り銀貨のような美しいクラゲです。
直径 4cmほどになる盤部から、刺胞をもつ感触体と、餌を食べたり生殖にかかわる栄養体などがぶら下がっています。続きを読む

青く美しい危険なデンキクラゲ
「カツオノエボシ」展示中

青く美しい烏帽子状の気泡体(浮き袋)が特徴で、風に吹かれて移動します。
役割の異なる個虫によって群体が形成されています。
触手はとても長く、強烈な毒をもつ危険なクラゲで、通称.. 続きを読む

展示マップ
見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!