• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 展示 > 相模湾ゾーン

紅葉の「川魚のジャンプ水槽」


10月1日(火)~10月31日(木)

相模湾の母となる相模川でくらす生き物たちの生態や行動を紹介している「川魚のジャンプ水槽」。
この時期ならではの紅葉に染まる相模川のようすをお楽しみください。


世界初!カタクチイワシの繁殖展示「シラスサイエンス」


2014年4月、湘南・江の島の特産品でもある「シラス」の生体の常設展示を世界で初めて行って以来、累代繁殖にも成功した「世界初!シラス展示への挑戦」。
とても身近な生き物ながらも、シラスの時期の生態については分からないことが多い生き物です。
展示開始から約3年間、常設展示を行いながら、飼育・研究して分かったことを詳しく解説。シラス水槽も新たに増やし、2017年3月 拡大リニューアルいたしました。
“えのすい”でしか見られない、生まれたばかりのシラスから、食卓に上るシラスまでの成長過程をぜひご覧ください。


世界に誇る相模湾

相模の海を知る事は世界の海を知る事。
暖流と寒流がぶつかる外洋の近くにあり、深海、岩場から砂浜、干潟までさまざまな生態環境を持つ相模湾は世界に類を見ない多様な生物の宝庫です。

地球が創り出した世界にも類をみないほどさまざまな環境がわたしたちのすぐ目の前に広がっています。
そこに生息する多様な生物たち。
そのひとつひとつの命の尊さをいつまでも大切にし、伝え続けることが“えのすい”の使命です。

季節来遊魚水槽、海流マップ

相模湾は水深が非常に深いため、湾内にはいくつかの水が層状に入り込んでいます。
湾を構成する主要な水は3つあります。
浅いところは「黒潮(暖流)」の影響を強く受けています。
水深約250m~1,000m付近には、「親潮(寒流)」を起源とする中層水があります。
それよりさらに深いところには、「深層水」が循環していると考えられています。
相模湾には一年中見られる温帯系の魚の他に、南北からの海流に乗ってやってくる熱帯系、冷水系の魚などが、季節や海況によって現われます。

季節来遊魚水槽と海流マップ季節来遊魚水槽と海流マップ

岩礁水槽

ゆらめく海藻の森、そこにひそむ者のけはいを感じるでしょう。
海の植物である海藻は、海のうねりで体をゆらしながら、海中のミネラルを吸収し、太陽のエネルギーで成長します。
この森には、海藻をすみ家とする者や、卵を産みに来る者、海藻を食べる者、そしてそれらの生物を食べようと狙いに来る者など、さまざまな生き物たちの命が息づいているのです。

岩礁水槽岩礁水槽

川魚のジャンプ水槽

相模湾の豊かさは、相模川に代表される多くの川によっても守られてきました。
森、川、海はつながっていて、そこにくらす多くの命を支えあっています。
川でくらす魚は、産卵場所や餌を求めて川を移動するほか、水流や水位、水温などの微妙な変化を感じ取り、よりくらしやすい環境を求めて川を遡ったり、下ったりする移動を繰り返しています。
この水槽は、相模川でみられる魚たちの命の躍動する姿を再現しました。

川魚のジャンプ水槽川魚のジャンプ水槽

海岸水槽

実際に相模湾に存在する「干潟」「アマモ場」「逗子沖サンゴ」「漁港」の環境を再現しました。
相模湾のどの地点を再現しているのかがすぐにわかる地図と写真が加わりました。

海岸水槽海岸水槽

相模湾キッズ水槽

自ら興味をもって楽しく観察できるよう一部に開閉式の覗き窓を設置した、えのすい初のキッズ向け展示水槽。小さな生き物たちをじっくり観察してください。

相模湾キッズ水槽相模湾キッズ水槽

相模湾の潜水調査

えのすいトリーターが海に潜り、相模湾調査の記録映像を公開しています。
新江ノ島水族館では2018年4月より、江の島を拠点に生物や環境保全のための調査を行っています。

江の島の海中相模湾の潜水調査

魚の食卓

マイワシの餌って何?魚たちが食べている餌の正体を拡大してご紹介します。

魚の食卓魚の食卓

沿岸水槽

相模湾沿岸の深さに合わせ、そこにくらす多様な生物を紹介します。スロープに合わせてだんだん深くなっていく展示水槽は、リアルな相模湾を体感していただけます。

沿岸水槽沿岸水槽

相模湾大水槽

館内の水槽では最大規模となる「相模湾大水槽」は、できる限り自然のままの環境に近づけるように2つの造波装置を設置し、絶えず波を発生させています。
岩場にぶつかる波の音を聞きながら、波の下で雄大に泳ぐ魚たちの生態や水深に応じて魚たちの種類が変わっていくようす、相模湾の岩礁や沖のようすを目の前で観察することができます。

相模湾は国内でも有数のイワシの漁場として知られていますが、その生態は普段見ることが出来ません。そんな海の中を再現し、銀色に輝きながら、うねり泳ぐ約8,000匹のマイワシの大群は最大の見所となっています。

相模湾大水槽相模湾大水槽
マイワシの群れマイワシの群れ

大きいの?小さいの?
「オオヒメベニツケガニ」展示開始

相模湾から紀伊半島にかけての日本沿岸と、オーストラリア沿岸から記録があります。
大きいことを表す「オオ」と、小さいことを表す「ヒメ」の両方が入る、不思議な和名になっています。これは、ヒメ.. 続きを読む

強気で活動的なオレンジの鉄砲蝦
「フタミゾテッポウエビ」展示開始

東京湾からアフリカ東岸にかけての西太平洋とインド洋に分布します。
全身オレンジ色の美しいテッポウエビです。
眼と眼の間のツノ(額角)の両脇に、くっきりと深いみぞがあるのが和名.. 続きを読む

“えのすい”の注目の的!「マトウダイ」展示開始

日本では青森県以南の太平洋の水深 100m~400mに生息します。
体の側面にある的のような黒い斑点が特徴的で、名前の由来にもなっています。大きくなると 90cmほどになります。
続きを読む

えのすい初!
細くて赤くて何だか違和感「ハチビキ」の幼魚、展示開始

西太平洋(東アジア沿岸からアフリカ東岸)に広く分布し、日本では青森県より南で記録があります。
最大で 40cmほどになります。
マアジのような体形ですが、“血引”の名の通り、.. 続きを読む

おさかな界の真っ赤なルビー「ホウセキキントキ」展示開始

ルビーのように鮮やかな赤い色が名前の由来で、キントキ(金時)も赤を意味します。
主に暖かい海の水深 100m前後に生息しますが、水深 250m付近でも見られます。昼間は暗い岩穴などに隠れ.. 続きを読む

イワシの名を持つ和製レインボーこと「トウゴロウイワシ」展示開始

相模湾からインド洋にかけて分布します。
最大全長 20cmほどになる魚で、群れで泳ぎ回る性質と細長く銀色に輝く体はマイワシやカタクチイワシといった「ニシン目のイワシ」とよく似ていますが、.. 続きを読む

釣り師の憧れGT 「ロウニンアジ」展示開始

インド洋から南太平洋に分布します。
全長 1.5m以上、体重50kg以上にもなる世界最大のアジです。

多くが釣りの対象となっているアジ類の中でも、巨大でパワフル.. 続きを読む

白くて巨大なハサミが目立つ「ハクセンシオマネキ」展示開始

相模湾から九州、種子島、朝鮮半島、中国、ベトナムに分布します。
日本から 9種類ほどが知られるシオマネキの仲間では最も北まで分布し、三浦半島の小網代湾(神奈川県三浦市)が北限生息地となっ.. 続きを読む

珍種ガニ よくよく見たら超珍種
「ツブイボショウジンガニ」展示開始

2018年7月26日、迫る台風12号に備えて江の島の定置網が陸揚げされた際、作業中の漁師さんから漁具に付いていたカニを数個体譲っていただきました。
それらを調べてみたところ、日本ではわず.. 続きを読む

隠れた高級魚「メダイ」展示開始

真っ黒な体と、名前の由来にもなっている大きな眼が特徴的です。
成魚は 100~400mの深場にいますが、幼魚は海面近くを漂う流れ藻についています。
非常に良く食べて成長が早く.. 続きを読む

展示マップ
見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!