• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2018.06.23 トリーター:冨永

2018/06/23 あじさい水槽 あと1週間!

海中のあじさい水槽
海中のあじさい水槽

そうです、「海中のあじさい水槽」の展示期間は、6月30日までと残すところあと1週間!
昨年に引き続き、今年も樋口トリーターと私で担当しました。
あじさい水槽が始まって、まだ日誌を書いていなかったので、今日は水槽の見どころなどをご紹介します。

今年のあじさい水槽は、昨年以上に色々と悩んだように思います。
どんなイメージにしようか、生物の種類は、花の色はどうするか、などなど、、、
2ヶ月ほど前から少しずつ決めて準備にとりかかりました。
今回のイメージは水の中で“咲く花”を一つのキーワードにしました。
それは水の中であじさいを咲かせるということだけではなく、一つ一つの生物が花のように美しく咲く姿をご覧いただこうと思いました。

水槽の生物をご紹介すると、まずは中央で大きな花のように咲いている サンゴイソギンチャク

サンゴイソギンチャクは、体内に褐虫藻をもっていて光合成をおこないます。
ですから光が大好き。ですが、水槽全体を明るくしてしまうと、より良い場所を探して色々と動き回ってしまうことも、、見やすい場所にいてもらうために、今回はスポット照明を設置し、光が強く当たる場所をつくりました。
サンゴイソギンチャクの中をよく見ると、クマノミがくらしているので、ぜひ探してみてください。

そしてもう一つ、美しく咲いているのが ムラサキハナギンチャク
ムラサキハナギンチャクは砂の中に棲管を伸ばしてくらしています。
飼育下では、砂が気に入らないと出てきてしまうことも。。
現在展示している個体は、バックヤードで展示の一ヶ月ほど前から砂に入れて、ようすをみていまいた。
触手が全開にひらいているときには、本当に綺麗です。
ただ、棲管の中に全て入ってしまっていることもあるので、ご了承ください。

その他にも、小さなお花のようなオオエダキサンゴやピンクの花びらのように泳いでいるキンギョハナダイなども展示しています。
みなさん ぜひ、今年ならではの「海中のあじさい水槽」を見に来てください!

環境水槽


2018.06.22 トリーター:杉村

2018/06/22 今週のおすすめ

小さなタカアシガニ
小さなタカアシガニ

タカアシガニ・・・と脱皮殻
沿岸水槽・深海タカアシガニ水槽

えのすいで展示中のタカアシガニが、脱皮しました!!
しかも・・・2匹続けて!!

先週の金曜日~土曜日にかけて、大小2個体のタカアシガニが続けて脱皮しました。
※えのすいでは、レッグスパンで1m以上のタカアシガニと50cm未満の小型のタカアシガニ(タカアシガニ大水槽の1つ前の水槽)を2か所に分けて展示しています。

脱皮から1週間が経って、動きも良くなってきて最近ではよく体を起こして、脚を伸ばして立っています。
体の色もほんのり紅いので、ほかのタカアシガニとは区別ができます。
※大きな個体は、水槽の中で2番目はさみの大きなオスです。
小さい個体は、右側の脚が2本短い(前回の脱皮の時にうまく脱皮ができず、自切してしまいました)ので、違いが良くわかると思います。


大きなタカアシガニ

えのすいでは、脱皮した後の殻は捨てずに2次利用しています。
脱皮殻は取り上げた後に、塩分を抜いてから形を整えて乾燥させます。
そして・・・深海ll~しんかい2000~ へ!
「しんかい2000」のすぐそばで、見る(展示)ことができます。
脱皮殻の乾燥標本の展示を始めた当初は、ただ脚を広げただけの標本でしたが、最近では海底を歩いているように動きをもたせた標本を作って、展示していますのでちょっと注目してみてください!
※しんかい2000に展示中のカニたちは、全て本物の脱皮殻です。

今回の脱皮殻の乾燥標本は、新人トリーターのN君が挑戦中です。
果たして、うまくできるでしょうか?!
近々、深海llにお目見えすると思いますので、お楽しみに!


しんかい2000


2018.06.21 トリーター:櫻井

2018/06/21 ハナビラクマノミ


サンゴ礁水槽改修工事に伴い、収容されていたハナビラクマノミが移動しました。カクレクマノミがもともといた水槽にお引越しです。

ハナビラクマノミは、名前の通り可憐でおしとやかな性格の、いつもおっかなびっくり、おどおどしている種類のクマノミ・・・ かとおもいきや! このハナビラクマノミときたら、先住魚のカクレクマノミをすごい剣幕で威嚇しています。
お気に入りのセンジュイソギンチャクとともにお引越ししてきたため、絶対に奪われたくないのでしょうか。
カクレクマノミはハナビラクマノミのセンジュイソギンチャクを奪う気など毛頭なく、平和に他のイソギンチャクの中を出たり入ったり、楽しい生活を満喫しているだけなのに。

ハナビラクマノミはイソギンチャクの依存度が高い種ではありますが、前サンゴ礁水槽の住民たちはみんな強かったので、お引越ししたことによって周りをとりまくパワーバランスという環境に変化が生じ、ちょっと落ち着かない時期なのかも知れません。
少し ようす見ですね。

同じクマノミの仲間でも、種類が違うとこんなにも習性が異なるんだな、というのが一つの水槽を見ていてよくわかります。

[ 新展示「トロピカル水槽」オープン!]

太平洋


2018.06.20 トリーター:加登岡

2018/06/20 飛べ!回れ!スピンジャンプ!!

カマイルカ「セブン」
カマイルカ「セブン」

伴野トリーターの日誌『回れ!飛べ!スピンジャンプ!!』で、バンドウイルカ「シリアス」のスピンジャンプのトレーニングが紹介されていました。
実はスピンジャンプの練習しているのは「シリアス」だけではありません。
カマイルカの「セブン」も今練習をしているところです。
伴野トリーターの日誌にあったスピンジャンプのスケジュールを抜粋してみましょう。

1. くるくると回転する
2. 回転しながら上に伸び上がる
3. 回転しながら水中から勢いよく飛び出す
4. 助走を取って回転しながら高く飛ぶ
5. 飛ぶ位置の調整

トレーニング方法は「シリアス」と同じです。
しかし、重点をどこに置いてトレーニングを進めていくのかは、「セブン」と「シリアス」では少し異なります。
ターゲットを提示するとクルクルと回転しながら、吻先でタッチしようと伸び上がるトレーニングは「セブン」も「シリアス」も同じです。
その後に、「シリアス」は回転する意識を持ってもらうために、低い位置で回転し続けながらタッチし続けることをトレーニングに取り入れました。
「セブン」はと言うと、勢いよく伸び上がることを意識してもらうために、高い位置に提示されたターゲットに向かって伸び上がることに重点を置き、トレー二ングしました。
高さを出すと回転が少なくなってしまうのですが、全身が水中から出るようにトレーニングしています。

ターゲットに向かって回転しながら伸び上がる






「シリアス」は回転に重きを置き、「セブン」は高さに重きを置いてトレーニングしています。
最終的には、高くて回転の多いスピンジャンプを飛ぶという、ゴールは同じでもアプローチの仕方が違うのです。
このように同じ種目でも、トリーターの考え方や動物によって、トレーニング内容が変わってきます。
「シリアス」同様、「セブン」ものんびりとトレーニングを進めています。
どちらの方法が早く完成するかな、と伴野トリーターとこっそり勝負をしながら、楽しく練習です。
タイミングが合えば二頭の練習が見られるかもしれませんよ。

関連日誌
2018/06/14 回れ!飛べ!スピンジャンプ!!

イルカショースタジアム


2018.06.18 トリーター:小形

2018/06/18 恋が急接近!!

(奥)「ブラウン」と、(手前)「コンペイ」
(奥)「ブラウン」と、(手前)「コンペイ」

みなさん、こんにちは!
この頃不安定な天気が続いていますね。
空が曇っていると、なんとなく気分もどんよりしてしまいがちです。
しかしながら、ペンギンチームには思わずほっこりしてしまう、嬉しいできごとがありました!!

先日、朝出勤してからいつも通りペンギンたちのようすを見に行くと、かねてからお見合いを続けてきたフンボルトペンギンの「ブラウン」と「コンペイ」が同じ巣箱に2羽で一緒に入っていました!!

初めは、10歳以上も年下の雄の「ブラウン」に、全く興味を示さなかった雌の「コンペイ」。
「ブラウン」が少しずつ地道にアプローチを続け、ようやくお互いの体を羽づくろいし合うようすが見られるようになりました。

それから約4ヶ月。ついに同じ巣箱に!!
中をそっと覗くと、「ブラウン」が一生懸命「コンペイ」の体を羽づくろいをしようとしていました。
その日以降も、朝の清掃時は2羽で巣箱に入っている日が多くなり、突然の急接近に私たちトリーターも驚いていますが、とても嬉しいです!!

2羽の雰囲気を邪魔しないようにしながらも、最近は、時々巣材として小さく切った人工芝などを床に置いています。
まだ集めたりするようすはありませんが、陰ながらサポートできれば、、と思うので、これからさまざまな巣材を試してみようと思っています。

ゆっくりではありますが、着実に距離を縮めている2羽にぜひ会いに来てください!!



ペンギン・アザラシ


2018.06.17 トリーター:佐野

2018/06/17 夏に向けて


6月も半ばに入り、えのすいでは夏に向けての準備が超急ピッチで進められています。
ウミガメの浜辺の1階部分には大きな囲いが出来て、カピバラを迎える工事が昼夜を問わず進められています。
日々変わってゆく現場に、夏がそこまで来ているのを感じます。

太平洋のサンゴ礁水槽も、ただいまリニューアルに向けて閉鎖中です。
今回のリニューアルでは、暖かい海の色鮮やかな魚たちをご覧いただく水槽に変わる予定です。



レイアウト制作や、たくさんの魚を収容するための設備づくりに接してみると、こんなに複雑なものを見事に作りあげる海は、やっぱりすごいなと思ってしまいます。
本当の海のように、広大な空間に魚の群れがひしめくようすは夢物語かもしれませんが、なんとか暖かな海の世界観をみなさまにお伝えできるよう、担当者みんなで頑張っています。
リニューアルオープンまでの間、シートが貼られた水槽の中では、作業する人の影が動いているのが見えるかもしれません。
他にも夏に向けて多くのコンテンツを準備中です。いましばらくお待ちください。

太平洋


2018.06.16 トリーター:遠山

2018/06/16 遊びまくる!!


オタリアの『マルコム』と『ディラン』がえのすいに仲間入りして1ヶ月が経ちました。
体重も51㎏でしたが、今は57㎏と1ヶ月で6㎏増え、順調に成長しています。生後11ヶ月で 57㎏、だいぶ大きくなってきています。

私たちも色々な取り組みをしており、今トリーターの中で流行っているのが遊びの時間です。
餌である魚を一切使わずに、おもちゃを使って彼らと遊びます。
朝の掃除やお昼に、時間を作って彼らと遊んでいます。
遊び道具は、その日によって色々変えています。
氷で遊んだり、紐を振ったり、氷も大きな氷から砕いた氷までさまざまな物を使っています。
シャボン玉や輪っかなど、本当にたくさんの遊び道具を作りました。
最近では遊びの時間を使って、色々な所にも遊びに行ったりしていて、2頭とも楽しいそうにしています。
今後、この遊びがどのように発展してくのか、今から楽しみで仕方ありません。
この遊びの時間は、いつも朝の9時半~10時過ぎまで、もしくは12時半前後で実施しています。
タイミングが合えば、トリーターと遊んでいる所が見られるはず。

これからも、彼らとのコミュニケーションの時間を大事にしていこうと思います。

関連日誌
2018/06/10 「ディラン」と「マルコム」
2018/05/09 新しい仲間がやってきました

イルカショースタジアム


2018.06.15 トリーター:西川

2018/06/15 目指すは魚のお医者さん

マツカサウオ
マツカサウオ

こんにちは!新人トリーターの西川です。
今年は既に梅雨のない北海道を除いてすべての地域で梅雨入りが報告されましたね。
梅雨のような じめっとした季節では体調を崩しがちです。みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

私たち人間と同じように、魚たちも環境の影響で体調を崩してしまいます。
急な水温の変化やpHの変動、有毒なアンモニアや酸素濃度などが影響し、病気になってしまったりもします。
それは細菌症であったり寄生虫や眼球突出などさまざまです。

私たちは体調が悪くなると自分で病院に行きますが、魚はと言うともちろん自分では病院に行けないですし、どこが痛いとか苦しいとか言ってくれないんです。
それでもトリーターは、微妙にいつもと違う行動や少しの傷から病気の魚を見つけ出し、バックヤードに連れて行き治療してあげたり、その場で薬を与えたりします。
その姿はまさに魚のお医者さんです。

えのすいでは病気の魚を治療・予防する係があり、今年度私はこの係をさせていただくことになりました。
学生時代も魚の病気を専門とする研究室に所属していましたが、生きている魚を観察し治療することはあまりなかったので、毎日先輩トリーターから病気について治療についてを学んでいます。
私自身、もっと勉強して魚にとってお医者さんのような存在になれるよう頑張ります!

水族館で展示している中にも、怪我や病気から回復した魚たちがたくさんいます!
一匹一匹をよく見てみると、治療の跡などが分かるかもしれません。
例えば、こちらは病気から回復したマツカサウオです。
尾びれが短いのですぐに分かります。
尾びれがしっかりあるマツカサウオも館内にはたくさんいますので、ぜひ見比べに来てください!

相模湾ゾーン


2018.06.15 トリーター:足立

2018/06/15 今週のおすすめ


ご存知の通り、節足動物は脱皮して成長します。単に体が大きくなるだけではなく、変態も伴い、体の構造が少しずつ、時には脱皮の前後で大きく変わります。「内臓まで脱皮する」なんて、どんな感覚なんでしょう?
今これを書きながら、もし自分が脱皮しなければならないとしたら…とちょっと想像してしまっているのですが、どうしても自分の感覚でしか想像できないので、ものすごく緊張してきてしまいました。
「脱皮」って、ただただ、すごいと思います。
今回は「脱皮」する生物たちをおすすめします。

深海Ⅰのダイオウグソクムシ
6月13日~14日にかけて、1匹が脱皮しました(詳細は、2018/06/14 えのすい初!! ダイオウグソクムシの脱皮を確認!! をご覧ください)。
一部のダンゴムシやフナムシの仲間と同様に、体の半分ずつ脱皮するようです。後ろが先に抜けて新品になりましたが、前半分はまだ古い装甲です。色が違うので、よく見ると見分けがつきます。あと半分がいつ抜けるかわかりませんので、半分白い…半分脱いでる、ツートンカラーの大王様を観るのは今がチャンスです!

クラゲサイエンスのジェリーフィッシュライダー
広島大学の若林研究室からいただいた、ウチワエビのフィロゾーマ幼生ですが、5月24日に展示を開始してから、何度か脱皮をし、だいぶ大きくなりました。( 2018/05/25 クラゲとの共生2018/06/07 乗り物変えました!? もご覧ください。)
いずれは着底して底性生活を始めますが、一生の中の一時期をクラゲなどに乗って浮遊して生活します。底性生活のポリプから遊離して、一生の中の一時期を浮遊生活で送るクラゲ類と、一時的に交わるところが面白いですね。クラゲにとっては、たぶん迷惑千万ですが。
ジェリーフィッシュライダーのクラゲサイエンスでの展示は、ウチワエビが着底してしまう前までの期間限定です。浮遊生活をしている間にぜひご覧ください。
※ジェリーフィッシュライダーの展示は6月19日で終了いたしました


ジェリーフィッシュライダー


2018.06.14 トリーター:伴野

2018/06/14 回れ!飛べ!スピンジャンプ!!

スピンジャンプ練習風景(写真だと回転が分からない!)
スピンジャンプ練習風景(写真だと回転が分からない!)

みなさんこんにちは!
本日は、前回の日誌 [2018/05/20 海獣類ニュース] で紹介したバンドウイルカの「シリアス」と挑戦中のスピンジャンプについてご報告です。

スピンジャンプとは、フィギュアスケートの選手のようにくるくると回転しながら飛ぶジャンプです。

では、どのように作っていくか簡単にスケジュールを考えてみましょう。

1. くるくると回転する
2. 回転しながら上に伸び上がる
3. 回転しながら水中から勢いよく飛び出す
4. 助走を取って回転しながら高く飛ぶ
5. 飛ぶ位置の調整

ざっとこんな感じでしょうか。

トレーニングはまず、ターゲットに対して回転しながら、吻先でタッチすることから始めました。
ここまでは簡単に出来ましたが、問題はここからです。
ターゲットの呈示位置を少し高くするとタッチしようと伸び上がるだけで回転しなくなりました。
そこで「シリアス」に回転する意識を持ってもらうために低い位置で 回転し続けながらタッチし続けること をトレーニングに取り入れました。
少しずつですがターゲットの呈示位置を高くしても回転しながら伸び上がるようになって来ましたよ。
今の「シリアス」の進捗状況は 2~3の間くらいですね!
まだまだ先は長そうですが「シリアス」とのんびり楽しみながら取り組みたいと思います。


息子の「パーシー」が気になって見に来ました
このあと見よう見真似でスピンジャンプを飛んでいました(笑)

イルカショースタジアム


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!