• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2019.12.13 トリーター:山本

2019/12/13 エダアシクラゲ水槽


1か月ほど前、なぜか急に「エダアシが大量にいる水槽作りたいなー」と思い、コツコツと大量のエダアシクラゲを育て、ようやく大きくなってきましたので展示に出してみました。
クラゲサイエンスにある「エダアシクラゲ」の水槽が素敵な感じになっています。

エダアシクラゲはこんなクラゲです。


ぱーっと触手を伸ばすととても美しい・・・。神々しさすらあります。
5㎜くらいですけど。

今回、水槽の底にちょっとゴロゴロした石を敷き、偽海藻を入れてより自然の海っぽい感じにしてみました。
普通クラゲの水槽には何か物を沈めたりすることはありません。それは、クラゲが漂っている時にぶつかって、弱ってしまうのを防ぐためです。
しかし、エダアシクラゲやカギノテクラゲは、海の中でずっと漂っているわけではなく、海藻などにくっついて生活しているため、こんなレイアウトの水槽にすることができるんです。
うじゃうじゃ感を求めて、エダアシクラゲを水槽に普段入れないくらいには大量に入れてみたのですが、みんなそれぞれ好きなところにくっついており、思っていたよりうじゃうじゃ感は出ませんでした。
みんなどこに行ったのかな。
本来なら偽海藻にくっつくはずなのですが・・・
やはり生き物相手だと思っていた通りにはいかないですね(笑)。

自然さながらちゃんと偽海藻にくっついているやつもいれば

石の上にくっついているやつ。

水槽面にくっついているやつ。

水が出るパイプにくっついているやつ。

それぞれが好きなようにくっついています。
水流にあわせて触手を伸ばしており、みんながバンザイをしているみたいでかわいいです。
エダアシクラゲがどこにいるのか探すのも楽しいですよ。

今回この水槽を作ってみて、クラゲを展示する時に「環境を再現する」という視点は今まで無かったなあと思いました。
実際の海にはこんな風景が広がっているんだ!ということをみなさまにお伝えするため、このエダアシクラゲ水槽をきっかけに色々新しいことを考えてみようと思ったのでした。

クラゲサイエンス


2019.12.12 トリーター:森田

2019/12/12 サワとの遊び


最近、サワが楽しんでくれる遊びがあります。
それは「口の中を触る」ことです。
一言に触るといってもいろいろあります。

例えば

・舌をつんつん
・歯を指で撫でる
・人でいう唇?にあたる部分をこする

でも、特に楽しそうなのが「上あごの中を触る」こと!!

普通はショーやトレーニングでイルカたちを褒める時に魚をあげるんですが、サワは魚を見せても口を開けないことがあります。さらに、その魚をバケツにしまって両手を見せると口を開けるんです。

どんだけ触って欲しいの?笑

と思いつつ、きょうもサワと楽しく遊んでいます!

イルカショースタジアム


2019.12.11 トリーター:北嶋

2019/12/11 おススメ


相模湾キッズ水槽のハリセンボン

かわいい! かわいすぎる!
巨峰サイズのハリセンボン。
目がきらきら、身体の色も鮮やかな山吹色で綺麗です。
好奇心旺盛なので、水槽前で覗き込むとやってきてくれるかも?

深海Ⅰのヒレタカフジクジラ

おととい、三浦海底谷で釣ってきたフジクジラから誕生した子ザメが泳いでいます。
今朝、釣りに一緒に行ったトリーターと水槽を見ていたら発見。
フラフラ泳いでいるフジクジラがいて、あれ? こんなちいさいの釣ってないですよね? と話して、もしかしてお腹が大きいのがいたので生まれたんじゃあ?!
急いで深海担当を呼んで、救出。
救出したわけは、同じ水槽にエビスダイやキントキダイといった大きな魚を丸のみにしちゃう魚がいたからです。
泳いでいる子ザメが狙われていました。
危ないところでしたが、無事、安全な水槽に移動できました。
フジクジラは胎生だというのを初めて知りました。
大きく育ってほしい!
光にとても弱いサメですので、いつまで展示水槽にいられるか分かりません。
ご覧になりたい方はお早めに!


2019.12.10 トリーター:小形

2019/12/10 傷だらけの手のわけは。

みなさんこんにちは!

突然ですが、私の手の写真をご覧ください。


傷跡だらけのお見苦しい手でごめんなさい。

最近、今年の5月に生まれた「フク」の子どものペンギンと閉館後によく遊んでいます。少し前までは人にまだ警戒心を見せていましたが、最近は人に興味が湧いてきたのか、髪の毛を引っ張ってみたり、足の上に乗ってみたり、かまってほしいような仕草をたくさん見せてきます。かと言って抱っこしてあげたり体を触ると、思いっきり手を噛んできたり、噛んで離さなかったりします。おかげで手が傷だらけです。

私の手を見た人からは、手袋しないの!?などとよく聞かれます。もちろん手袋をしていたらここまで傷つかないのですが、手袋や何かを介して動物と触れ合うのが、どうも納得いかないというか、嫌なのです。やはり素手で触れ合ったりしたいと思ってしまいます。おそらく他のペンギン担当者もそうなのではないかと思いますが、、、私だけかもしれません!

そして現在3歳の「グット」の小さい頃もそうでしたが、まだ1歳にも満たないペンギンはとにかく手から長靴から突いたり噛んだりしてきます。まだ、それが噛んで良いものなのか、噛んで面白いものなのかさえも分かっていないのだと思います。「グット」は成長するにつれてだんだん手などを噛むことが減ってきて、今では抱っこして膝の上に乗せても大人しくしています。

なのでフクの子どものペンギンとも、もっともっと仲良くなるべく、少しの傷は付き物だと思って(!?)これからもたくさん遊ぶ時間を作っていきたいなと思っています! もし私が噛まれているところを見かけた方も、心配しなくて大丈夫ですよ!

「グット」が小さい頃にできた傷はまだ手に残っています。こうやって新しいペンギンが増えていくにつれて手の傷も増えていくのかと思うと、数年後の自分の手がどうなっているのか少し不安ですが、私にとってはこれも良い思い出です。
たくさん遊んで、大きくなっていってほしいなぁと思います!!


ペンギン・アザラシ


2019.12.09 トリーター:今井

2019/12/09 タッチプールにてお子さまに学ぶ


ヤドカリ

「サザエの殻にはイシダタミヤドカリが入っています。
成長するにつれ、ハサミで貝殻のサイズを測りながら、より大きなものに引越しをしていきます。」(私)
間髪入れず
「あっ! 今、引越しした!」(お子さま)
(またまた調子いいんだから~♪ こんな賑やかな時にするのかな~?)
そう思いつつも覗き込んでいると・・・。
「!!」
人目も憚らずヒョイッと、また引っ越しました。
同じ個体か分かりませんが、何匹か動き回っています。
新しく展示した個体が、環境の変化を感じて引越しをしたらしいのですが、他の個体もそれに触発されたようなようすでした。

教訓:思い込みを改めよう!


イシダタミヤドカリ

ウミウシ

「散らばっている海藻はアオサといいます。タツナミガイというウミウシの仲間のごはんなんです。口元に軽く当てますと・・・、ほら、吸い込むように食べてしまいますよ~。」(私)
すると、いきなり鷲掴みにして裏返し、口に押し付けるようにアオサを・・・。(お子さま)
「あーっ! あんまり驚かすと(食べなくなっちゃうから)!」(私)
「!!」
しっかり食べています。
つられて3人のお子さまが、やさしく赤ちゃんにミルクを飲ませるように、アオサを食べさせ始めました。
(意外に警戒しないで食べるもんだな・・・。)
しばらく、その手付きを眺めていました。

教訓:やってみなけりゃ分からない!


タツナミガイ

ネコザメ

「捻じれたコンブのようですが、ネコザメの卵の殻です。」(私)
たくさんのお客さまに触られるので、プールには中身の無い殻しか入れてません。
「あれ! 今、卵からサメが生まれた! こっちの卵!」(お子さま)
(う~ん、有り得ないが・・・、非日常的な体験を通して幻想が映ったのかも知れない・・。)
「すごいね~!! いや~良いところ見られたね~!! どんなふうに出てきたの!?」(私)
そこへ、申し訳無さげに・・・。
「よしなさい! 嘘は!」(叱ってくださる親御さん)

教訓:とりあえず共感してみよう??


ネコザメの卵の殻

タッチプール


2019.12.08 トリーター:池光

2019/12/08 「ディラン」の表情


オタリアの「ディラン」は2歳の男の子!
“えのすい”に来た時は体重が 54kgでしたが、現在は 75kgになりました!!


「ディラン」はのんびり屋さんで、私はそんな「ディラン」によく話しかけながら遊んでいます。
「ディラン」は言葉はわかっていないのですが、私が話しかけながら合図を出すと、「あ~あ~これね」みたいな感じでゆっくりと応えてくれたり、よしっ!走るぞっ!と言って私がダッシュすると、「はいっ!」という感じで勢いよくついてきたりしてくれます。
話しかけた後のその表情がとても愛嬌があって、私の好きな時間です!



いろいろな表情を見せてくれるところがとても可愛らしいのですが、今日は「ディラン」のあまり撮らない姿をみなさんにお届けしたいと思います!


後ろ姿!

意外と後姿が綺麗な曲線で毛づやがツルっとしていて良かったので、みなさんにも見てもらいたいと思いました!!
少しマニアックでしたか?!!

みなさん「ディラン」に会いに来てください♪

イルカショースタジアム


2019.12.07 トリーター:番長

2019/12/07 EFP(2)

それでは前回の続きをご紹介します。

カジメの種をつけるために、採ってきたカジメの葉を1~2時間陰干しします。


そしてこれを種付け用のネットと石と一緒に一夜漬けして準備完了です。


翌日、開けるといいだしの色が出ていました。笑
早速、海中に取り付けていきます。
2日目の海況も穏やかで天気も晴れでした。潜るのにはうってつけの天気です!



今回は総勢20名ほどだったので、タンクもすごい数です。
まずはネットをつけます。


続いて石を設置します。


種付きの石と分かるようにマーキングして岩のすき間に置きます。
作業をしている途中で・・・


サザエや


ウツボもいました!


そして・・・


一番びっくり、館長が!!
えのすいのウェットスーツが見えて、ようすを見に来てくれたそうです。

そんなこんなで無事に2日間、予定していた作業が終わり美味しいご飯をいただいたら、最後はミーテイングです。
設置したカジメが無事に成長することを祈って・・・。

“えのすい”の岩礁水槽にもカジメがあるのですが、このカジメは風が強く吹いた日や台風前後で海藻が流れ着いていそうなタイミングを狙って拾いに行っているんです。
なのでタイミングが悪ければ全然拾えない・・・ なんてことも。
でも、もし水槽内でカジメが成長してくれたらいいですよね!
今回、せっかくノウハウを教えていただいたので岩礁水槽のカジメからも種を出してネットを取り付けてみました!

“えのすい”のカジメのようすも よかったら見てみてくださいね。


バックナンバー
2019/11/25 EFP(1)


2019.12.06 トリーター:加登岡

2019/12/06 夏に向けて

バンドウイルカ「ミュー」
バンドウイルカ「ミュー」

あの暑かった夏が恋しくなるような、寒い冬となりましたね。
日中の日差しがありがたいです。

気温は低くなりましたが、それと逆行するような種目の練習をミューとしています。
それは「ベリービート」という種目です。
どんな種目かというと、ジャンプした後に腹打ちで着水する種目です。大量の水しぶきを上げながら連続して飛ぶのが特徴です。

今年の夏休み前には一回ジャンプして、腹打ちで着水する「バンザイ中央」というジャンプを飛ぶことが出来るようになっていました( 2019/06/24 バンザーイ 参照)。
これを応用して連続で飛ぶように練習中です。

初めは一回飛んだら終わりと思っていたため、なかなか連続する考えに向かいませんでした。
そこで、ターゲットと呼ばれる目標物を呈示することで、「こっちでも飛んで」と水面を叩いて誘導しました。
繰り返しすることで、なんとなく連続で飛ぶんだなということを伝えることができました。

その次の段階として、ターゲットの呈示を徐々に無くしていきました。今ではターゲット無しでも4回連続で飛ぶことができるようになりました。

完成形はプールを1周しながら連続で飛ぶことです。
来年の夏にかけて今から準備中です。
水がかかると冷たいのでみなさんは逃げてくださいね。

イルカショースタジアム


2019.12.05 トリーター:櫻井

2019/12/05 クリスマスヴァージョン


ただいまクリスマスヴァージョンの演出を行っています。毎年おなじみとなってまいりました、相模湾大水槽でのショー前に行われる泡の演出です。
[ 相模湾大水槽クリスマス演出 ]

この演出、これから始まるショーが頭に入って来ないのでは、と思ってしまうほどきれいです。でも心配ご無用です。いざ、うおゴコロ、フィンズが始まると、そういえばショー前の泡の演出も綺麗だったね、となっているはずです。演出はあくまで演出であり、主役を押しのけてしまってはいけませんからね。

ショーを通して、生き物たちの魅力を存分に感じてください。

相模湾ゾーン


2019.12.04 トリーター:矢作

2019/12/04 「ヨモギ」と「E.T.」

突然ですが、きょうは「E.T.」の日。1982(昭和57)年のきょう、アメリカのSF映画「E.T.」が日本で公開されたことから記念日として制定されたそうです。この映画について、宇宙人と少年が指先を合わせる場面は、多くの方が思い浮かべるイメージだと思います。
そこで、お父さんカワウソの「ヨモギ」と再現してみました。

いかがでしょう。この写真では少しわかりにくいかもしれませんが、コツメカワウソの指先には名前の通り、2~3mmの小さな爪が生えています。そして、なぜか力が入って小指もピーン!と立っているのも「ヨモギ」らしく、かわいらしいです。


ヨモギ

ちなみに小森トリーターと「ミサキ」にもやってみてもらいました!
どうでしょう。ちょっと惜しいですね。
「ミサキ」は指先をしっかり握ってくれるんです。


ミサキ

最近、朝晩の冷え込みがグッと厳しくなってきました。
乾燥を感じることも多くなってきたのではないでしょうか。
体調に違和感があったり、周りにマスクをしている人が多いな、なんていう方。
風邪予防には、こまめな手洗いとうがいが大切です。
カワウソたち、うがいはできませんが、キャットフードを食べているようすはうがいをしているようにも見えますね!


キャットフードを食べているようす

さて、2019年もラストスパート、12月になりました。
12月1日(日)に初回が終了していますが、7日(土)、8日(日)、14日(土)、15日(日)、21日(土)~25日(水)には、12時40分より「見てみよう!コツメカワウソのごはん~クリスマス編~」を開催します。
一日の多くを寝て過ごすカワウソたちのとっても貴重な姿をご覧いただける時間です。カワウソたちいつも寝てばっかり・・・ と思われる方、特にオススメです。
「ヨモギ」と「ミサキ」のごはんのようすを中心にご覧いただきながら、担当トリーターがコツメカワウソの魅力をたっぷりお伝えします。
カワウソたちからみなさんへ、特別な「クリスマスプレゼント」もあるかもしれませんのでぜひご覧ください。


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!