• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2018.11.16 トリーター:鈴木

2018/11/16 今週のおすすめ

アオリイカ
アオリイカ

沿岸のイカ水槽

こんにちは、鈴木です。
沿岸水槽の一角にこれから旬を迎えるイカたちが集まっております。

アオリイカ

夏の終わりから10㎝程度の小さいものが入り始め、現在1.5倍くらいに成長しました。
この種は過去に展示したことはありましたがいずれも短期で、ここ数年展示はありませんでした。今回は恐らく初めて小さいものをうまく収集・展示できたので期待大です。

コウイカ

以下、3種はお寿司屋さんではモンゴウイカ(紋甲イカ)と呼ばれる種類のイカたちです。
どれも似ているので見分け方をご紹介。注目は背中の模様です。コウイカは背中がうっすらと波だったような模様なのが特徴です。よく墨をはくことで、別名「スミイカ」とも呼ばれます。


シリヤケイカ

胴の先端(尻?)が黒く、焼けたように見えることからこの名前が付きました。
背中の模様はガサガサとしたモザイク模様なのが特徴です。この辺りで獲れるシリヤケイカはコウイカやカミナリイカに比べるとサイズが小さいです。


カミナリイカ

春先から初夏の雷の多い時期によく獲れることからこの名前が付いたようです。コウイカやシリヤケイカより獲れる時期は遅いはずなのですが、本日地元の定置網に入り展示に至りました。背中に「キスマーク」のような模様が多数あり、英名では「Kisslip cuttlefish」と呼ばれます。


いかがでしょうか、透き通ってきらきらと色が変わる体色に加え、知能の高さを感じる動きの面白さ、ずっと見ていてもまったく飽きないイカたち・・ 現在この辺りで獲れる種が多くそろっておりますので、特に今週がおすすめです!
ただし、種は多いですが喧嘩をしないように数多くは展示しておりませんのであしからず。
ぜひ今週はそんな沿岸のイカ水槽を見にいただけたら嬉しいです。

相模湾ゾーン


2018.11.16 トリーター:島森

2018/11/16 昨日の出来事


寒さが辛くなってきましたねぇ。トリーターの中では、少し前に風邪が大流行。
私もちゃっかり流行の先端にのってしまいました。
みなさまも、風邪にお気をつけください。

さて、トリーター日誌に何を書こうかなと悩んでいたところ、昨日胸キュンな出来事が起こりました。

屋内獣舎でおばあちゃんアザラシと体温測定をしていました。
すると、隣の部屋から熱い眼差しを送り続けている個体がいました。
その子の正体はオタリアの「ヤヨイ」です。

かまってもらうのが大好き。
誰かが通ったり、近くで作業をしていると決まって前肢を扉の隙間から出して猛アピール。
前肢を出しても気付かないと、振ってみたり、声を出して呼んでみたり。
そのアピールに、ついつい捕まってしまう私です。

その「ヤヨイ」が、出せるだけ顔と前肢を全力で出し熱い眼差しでこちらを見ていたんです。
可愛すぎて胸キュンでした。
可愛いけど、挟まって抜けなくなったり怪我をしないかがちょっと心配・・・。

その時の写真が撮れなかったのは悔やまれますが、別の時間に撮った「ヤヨイ」の写真を一緒にアップしておきますね。

「ヤヨイ」、時間がある時はたくさん遊ぼうね!!

イルカショースタジアム


2018.11.15 トリーター:伊藤

2018/11/15 思い出のロウニンアジ登場


みなさまこんにちは。
新着生物情報にあるとおり、このたび、東海大学海洋科学博物館さまのご厚意で大型に育ったロウニンアジを数個体、搬入しました。
[ 釣り師の憧れGT 「ロウニンアジ」展示開始 ]

実は入り口の「出会いの海」に少し前から幼魚がいたり、過去に一度、江の島定置網から成魚が入ったことがあるのですが、今回は状態も良いですし、大きく育ててみたいところです。

私にとって思い出深い存在でもあります。
大学時代に、主に釣り目的で繰り返し小笠原諸島に遠征していました。
[ 2009/08/15 思い出のネムリブカ登場 ]

同行の友人らは何万円もする頑丈な釣竿と、大きなリールにPEラインという丈夫な糸を装備し、10㎝以上あるルアーを携えていました。彼らの第一目標の一つが、本種だったわけです。

本種は巨大で引きが強く、一部の巨大魚釣りファンからは英名からGT(ジーティー)の名で呼ばれます。普通は専門の釣船から狙うのですが、彼らは陸っぱりから釣る!という制約を自らに課し、兄島瀬戸に突き出した岩の上から、夜な夜なルアーを投げていました。

私はと言えば、彼らほど釣りへの情熱が強くないので、一晩釣ったら(私が釣るのは全長30㎝強のハタやミナミイスズミ止まり)、がっつり寝て、内陸や川をほっついて本土では見られない生き物を探していましたね。
当時はご禁制になっていなかった外来種のグリーンアノールやオオヒキガエルを採集して飼ったこともあります。20年近く前でも、これら2種の数はすさまじく、父島中央部~南部では草むらや荒れ地を一歩歩けば、両種が数個体飛びのく、みたいな感じになっていました。
数ある外来種の各種が「どのくらいヤバいのか」を比較するのは容易ではないですが(陸と水中でも違うでしょうし)、学生の素人目からしても、これらへの対策は優先的かつ集中的に行わないと不味そうだなと感じましたし、今も思います。

お話がそれましたが、結局、私が同行した5回(1回2週間滞在)で、ギンガメアジとカスミアジが釣れていたものの、ロウニンアジは釣れなかったと記憶しています。後日、陸っぱりはあきらめ、船釣りにてゲットしたと聞いています。

というわけで、淡々と思い出しながら書いてみましたが、私の学生時代の数年間は、ずっと本種の名が脳裏にあったわけで、思い出補正もかかりつつ、いつかは展示してみたい種となっていたのでした。

自然を模した当館の水槽内での本種の挙動は、釣りファンには別の興味深さを感じさせるかもしれません。「出会いの海」での幼魚の挙動(荒波、サラシの使い方)、深さのある大水槽での用心深い動き(深い場所をゆっくりと泳いだり、定位する)は、他のアジ類とはやはり違うように思えます。ぜひご覧ください。

相模湾ゾーン


2018.11.14 トリーター:伴野

2018/11/14 採尿始めました

みなさん、こんにちは。

今日は最近バンドウイルカの「シリアス」と一緒に挑戦中のことをご紹介します。

それは採尿です。
えのすいでは尿が採取できている個体は尿検査を実施しています。
尿検査は疾病の早期発見や健康管理に役立つのでとても大切です。
人間も健康診断で尿検査を行いますよね。

「シリアス」はこれまで採尿を行っていませんでした。
採尿は、健康管理はもちろんのこと、性周期の把握に役立ちます。
今後子育てを終えて、新たに繁殖を考えた際に性周期を把握していることは大切だと思い、採尿のトレーニングを開始しました。

では、どのようにおこなっているかご紹介。


まず、アクリルガラス面で尾鰭を保持します。


次に膀胱付近を手で圧迫して刺激を与えます。

そして尿が出た際に魚をあげて、それが正解ということを伝えながらシリンジで尿を吸います。

結果、少量ですが、尿が採れました。

まだまだ採れる頻度は高くないですが、安定して採れるようにトレーニングしていきたいと思います。

それでは本日はこの辺で!

イルカショースタジアム


2018.11.13 トリーター:角張

2018/11/13 何に似てる?

ユウレイクラゲ
ユウレイクラゲ

先日、クラゲサイエンスのクラゲたちにごはんをあげていると、こんな声が聞こえました。

「このクラゲ、なんかティッシュみたいじゃない?」

むむ! ティッシュだと?! 聞き捨てならぬ・・・!! と思い、どのクラゲのことか確認してみると、ユウレイクラゲでした。

ううむ・・
たしかに似てないとも言いきれない。笑
白色で、平たい傘と口腕のふんわりとした感じがティッシュに似ている気がします。

普段の生活の中であまり馴染みのないクラゲたちでも、身近な物の形と似ていたりすると親近感が湧きませんか?
例えば、ミズクラゲは満月のようですし、エダクダクラゲは上から見るとヘタ付きのミニトマトに似ています。

クラゲたちの姿が何に似ているのか考えながら見てみると、今までとはまた違った魅力も見つけられるかもしれないので、ぜひみなさんもやってみてくださいね。

※「ユウレイクラゲ」の展示は2018年11月16日をもって終了しております。


エダクダクラゲ

余談ですが、クラゲサイエンスの裏側は、みなさんのいるスペースと繋がっています。
ごはんをあげる時は裏側に入りますので、暗がりに急にトリーターが現れたり、話しかけてくることがあるかもしれませんが、びっくりしないでくださいね(笑)


2018.11.11 トリーター:岩崎

2018/11/11 ヒョウモンダコ展示中です。

ヒョウモンダコ
ヒョウモンダコ

ヒョウモンダコを展示中です。
9月に江の島の磯で採集されました。
相模湾キッズ水槽で展示していますのでご覧ください。

ヒョウモンダコは成長しても 10cm程度の小さな可愛らしいタコですが、唾液に猛毒があるので注意が必要です。
興奮すると頭や腕に青い線や丸い模様が浮かびあがるので、すぐに見分けることができます。
フグ毒と同じ成分の呼吸困難を引き起こす神経毒なので、咬まれると危険です。見つけても手で触れないようにしてください。
また、最近筋肉にも毒があるといった研究結果が発表されていますので、おもしろがって食べないようにしてください。

ヒョウモンダコは、サンゴ礁があるような暖かい海が主な生息域ですが、相模湾でも生息が確認されています。
当館には、毎年ではありませんが、5月~6月と9月~11月の初夏と秋に、漁師さんが刺し網漁やタコ壺漁で漁獲したものや、磯遊びや釣りで捕獲されたものが搬入されています。
調べてみたところ、今年を含めたここ6年間で、10個体のヒョウモンダコが搬入されました。
今年は11月に入って先日1個体、そして今日も1個体を逗子の漁師さんから譲り受けました。
夏の猛暑の影響で海水温が高いので、ヒョウモンダコの活動がまだまだ活発なのかも知れません。
磯採集に適した季節ではありませんが、まれに釣れることがありますので、今年の秋は特に注意した方が良さそうです。

ただしヒョウモンダコは毒があるからといって、悪いタコではありません。
生存競争の激しい自然界で生き残るための戦略として、毒を持つようになったと考えられます。
触ったり食べたりしなければ害はありませんので、むやみに恐れず憎まないでいただければと思います。
出会った時には注意が必要ですが、小さくて美しい海の生き物を大切にしてください。

相模湾ゾーン


2018.11.10 トリーター:鷲見

2018/11/10 「セシ」と目指せ! きずな/Kizunaデビュー!!

練習中の風景
練習中の風景

みなさんこんにちは。
今年もあと2か月。少しずつ寒くなってきましたね。
でも動くとまだ暖かいので、ウエットスーツ半袖で頑張っています。
ウエットスーツの長袖は温かいですが、半袖の方が動きやすいので、半袖はやめられません。
さて、今年はいつまで頑張れるか・・。。

さあ、今回は最近「セシ」と一緒に目指しているものをご紹介します。
「セシ」はメスのミナミアメリカオットセイです。(詳しい情報は「鷲見(スミ)目線で紹介します!part.10」をご覧ください)
「セシ」とコンビを組んで2ヶ月くらいが経ちました。
始めは「セシ」も私もお互い緊張していて、よそよそしく、ぎこちない感じがありました。
「私の膝に乗っていいよー」と誘導しても、腰が引けていて「セシ」との距離を感じていました。
ですが、一緒に遊ぶときにたくさん目を合わせるように意識をしていると、「セシ」が少しずつ私に集中してくれるようになり、今までやったことのない遊びでも「なになに?」と付いてきてくれるようになりました。
だんだんと腰が引けるのもなくなってきて、距離が縮まっていることが嬉しくニヤニヤしてしまいます。
そして、「セシ」と今目指しているのは きずな/kizuna というショーのアシカパートデビューです!!
このパートは「セシ」と楽しむのはもちろん、他に登場するアシカたちともタイミングを合わせなければなりません。
たまに私が先走ってしまうことがありますが、「セシ」と息が合っている姿を早くみなさんに見ていただけるようにさらに練習します!

練習している姿を見つけた時は、温かい目で見守っていてください(笑)

関連日誌
2018/09/02 鷲見(スミ)目線で紹介します! part.10

きずな/kizuna


2018.11.09 トリーター:北田

2018/11/09 今週のおすすめ

デンキウナギのecoツリー点灯
デンキウナギのecoツリー点灯

11月に入り「えのすいクリスマス」が始まりました。
もうクリスマスイベントですよ。早いですね、と言いながらもちゃんと毎年準備しちゃっているのですが…、それでは今週のおすすめです

デンキウナギのecoツリー点灯
毎年恒例のデンキウナギのecoツリー。いつもは青を基調とした装飾でしたが、今年は赤になっています。クリスマスプレゼントの箱のようなデザインでいつものより全体が温かく感じます。装飾も新しくなったクリスマスツリーと併せてデンキウナギの点灯をお楽しみください。
[ デンキウナギのecoツリー点灯 ]

幻想的なクラゲのグラスツリー
ここ数年、クラゲサイエンス横で開催していましたが久々に水族館入って右(相模湾ゾーン 出会いの海横)に登場となりました。今年は雪のような床も光っていますのでちょっと遠くからはグラスツリーが浮かんでいるかのようにも見えます。グラスツリー全体の雰囲気を楽しむのも良いですが、ぜひグラスの中のミズクラゲもしっかり観察してくださいね。
[ 幻想的なクラゲのグラスツリー ]


第8回 えのすい主催 水槽コンテスト
今年は「未来」をテーマに11月15日より募集を開始いたします。中学生・高校生のみなさん、「斬新な」アイデアをお待ちしております。
個人的な意見も入ってしまいますが、ぜひ水槽で表現していただきたい内容は「自然環境の作り込み」よりも「トリーターが使わないような材料、作らないような装飾を中心とした学生さんのイメージを優先した展示」です。これまで最優秀賞を受賞された方もこのような傾向がありますので、ぜひ参考にしてみてください。
[ 中学生・高校生対象 「第8回 えのすい主催 水槽コンテスト」参加者募集 ]


昨年の水槽コンテストのようす


2018.11.09 トリーター:今井

2018/11/09 久々のテングダイ


朝方、定置網に面白い魚が入ったとの連絡を受け駆けつけると、大きさ20㎝ほどのテングダイでした。
茶褐色と黄色の独特のしま模様で、下あごには細かいヒゲ(皮膚の突起なのでザラザラ感はありません)がたくさん生えています。

ふつう、漁師さんから頂いた魚の多くは、予備水槽で擦り傷などの消毒と餌付けを行ってから展示水槽に移動するのですが、本種の食性は特殊でウミシダなどの棘皮動物を好むため、用意しやすいアサリやエビ等の餌に慣れるまで時間がかかります。そのため、一通りの静養を終えたら、移動先の展示水槽内で餌付けをする場合もあります。

現在展示中の個体は約1年半前に同じような状況で搬入したもので、大きさは30㎝ほどあります。トリーターに餌をねだるほど慣れているので、新しい個体もその真似をして餌を突くようになれば良いのですが。
どんな工夫をすれば、どんなものを食べてくれるか? 飼育冥利に尽きる思いです。

相模湾ゾーン


2018.11.07 トリーター:山本

2018/11/07 カツオノエぼうしの作り方

最近は南風が吹く日が少なくなり、私の大好きなカツオノエボシがすっかり見られなくなってしまいました(と思ったら最近葉山の方で見られたとかなんとか・・・!)。
さみしい。カツオノエボシのことを書きたいのにネタが無い。
・・・と言うことで、今回は「カツオノエぼうし」の作り方をご紹介します。
カツオノエぼうしとは、この夏私が作った手作りの帽子です。夏のイベントで何度か使っていました。


カツオノエボシが流れてこない、そんなさみしい季節にピッタリのアイテムです。これを被れば、あなたもあっという間にカツオノエボシ!
作りながら体の構造も学べます(ここ重要!)ので、お子さまの冬休みの宿題なんかにいかがでしょうか!

それでは作り方です。
とはいっても、クラゲ生産室にあった物を適当に使って作りましたので、みなさまで自由に工夫して、もっとハイクオリティなものをお作りください!
材料は、透明な大きい袋を何枚か、青い布or青いビニール、針金、黄色いテープ、結束バンド、両面テープ。こんな感じでしょうか。

1, 結束バンドを繋げて頭に巻き、とりあえず自分に合う大きさに調整してください。結束バンドですので、後から調整できますよ。


2, 調整したバンドを中心に、透明な袋を被せていきます。左右非対称にすることで、ちょっとリアル感が増しますよ。気泡体のふっくら感を出すために、テープを使って形を整えながら袋を何枚も重ねていきます。
ちなみに、この袋の色は青がいいという意見もありましたのでお好みで。リアルを求めたい方は、気泡体の上のしわしわの部分も針金やペンなどを使って作ってみましょう。


3, 感触体(=触手)と栄養体(=口と胃)を作ります。
青い布やビニールを感触体の形に切って、先ほど作成した帽子部分に貼りつけましょう。長い物を1本(=主感触体)作り、それよりも短い物をたくさん作りましょう(ちなみに、この中に針金を入れると、コイル状にしたりちょっと曲げたりと、自分の好きな形にすることが出来るという、ちょっとどうでもいい機能を付けることができます)。
作ったうちの何本かは先端に黄色いテープを貼り、栄養体の口を表現しましょう。
これでほとんど完成ですが、こだわる方は綿などを使って生殖個虫を表現してみてください。



完成――!!


いかがでしょうか。
素材や色など、こだわりたいところはまだまだありますが、これを被ればあなたもカツオノエボシ。これ一つ作るために、詳しく観察したり、勉強したりとすごくためになりました! 使い勝手もとてもいいので、みなさんもぜひ作ってみてください!
これを作っていて思いましたが、他のクラゲでもやってみたら面白そうですね。そのうちやってみます。街中がクラゲの格好をした人であふれる日が来たらいいのにな。


カツオノエボシ

クラゲサイエンス


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!