• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2018.02.23 トリーター:冨永

2018/02/23 砂をモニュモニュ

ヒメジ
ヒメジ

カタクチイワシの水槽の底で人知れず砂をモニュモニュしている魚たちがいます。その名は、ヒメジとオジサン。

ヒメジの仲間は下あごにあごひげがあり、これを使って砂の中の餌となる生き物を探します。あまり水中を泳ぎ回らずにいつも下のほうでモニュモニュせっせとあごひげを動かしています。この姿、よ~く観察していると面白いです。ひげは感覚器になっているので何か見つけると口を砂の中に入れてみたり、砂を吹いてみたり、何もなければまたモニュモニュの開始です。

同じヒメジの仲間でも名前がユニークなオジサン。このユニークな名前から一度は聞いたことがある方も多いかも知れませんね。体色は変化しやすいですが、お腹の方が白くて、背中に黒い帯状の模様があるのが特徴です。


オジサン

同じ水槽のヒメジと見分けるのはヒゲの色が分かりやすいのかなと思っています。ヒメジのあごひげはよく目立つ黄色をしています。それに比べてオジサンのひげは淡い黄色です。みなさんぜひ観察してみてください。
ちなみに日本でオジサンと呼ばれていますが、英名ではヒメジの仲間はgoatfishと羊がついています。そう言われてみると、正面顔はヒゲのある羊にみえてきませんか?


みなさん是非、ちょっと目線を下に向けて、砂の上を一生懸命モニュモニュしている魚たちを探してみてください!


カタクチイワシ

相模湾ゾーン


このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.02.23 トリーター:伊藤

2018/02/23 今週のおすすめ

ウェルカムラウンジ
ウェルカムラウンジ

江の島と烏帽子岩

私らしくないチョイスです。
当館の入り口すぐのウェルカムラウンジは広範囲ガラス張りで、空気の澄んだこの時期は特に、鮮明な風景がご覧頂けます。いつもなら、マニアックな隠れキャラをいちばんに紹介する私ですが、雄大な自然を俯瞰的に眺め、癒されたい時もあったりします。また、この時期、野外ではスギ花粉が猛威を振るいます。花粉症の方には、室内からのこの眺め、おすすめです。
続きまして、生き物も紹介しますね。

スナビクニン
「ダンゴウオの親分」ふたたび。
凄腕の同業者さまから譲り受けました。私たちがダンゴウオ採集を行う場所の近くで、たった一人で採集してきたそうです。採集の過酷さを知る身としては、大事にしなければなりません。
今回の個体はカラフルなしま模様があり、アクリル面に張り付くようすは魚というより、ウミウシのような雰囲気です。そして、展示してすぐにタマゴらしきものを産んでいます。発生が進むかどうか、見守っていきます。

シラス(カタクチイワシの前期仔魚
シラスサイエンスの真ん中の水槽です。先日、育ち上がった幼魚を別の水槽に移して、新しく育成を開始しました。全ての個体が「飼育下6世」です。
生後約10日目で、まだ小さいですが、よく見るとお腹が白く見えます。食べられた餌(ワムシ)が、透けて見えているのです。右の水槽にいる、シラスから幼魚になりかけている個体たちと、見比べてみても面白いですよ。

番外・ニホンウナギ?
「岩礁水槽にウナギがいる」というウワサが、トリーターの間で以前からありました。私はあまり信じていなかったのですが、つい先日、いつものように給餌を行っていると、見慣れないニョロニョロが食べに出てきているではないですか。しかし、現・水槽担当者の私はもちろん、先代、先々代の担当者に聞いても、展示に追加した覚えがないのです。
体は丸々と太っており、今までも人目を避けながらもたらふく食べていたことがうかがわれます。そして体の色、黒味が強い!これが銀毛化なのかも知れません。この後、飼い続けたら、雌なら卵を持ったりするのでしょうか。
謎に満ちた海ウナギの暮らしが、水槽内でその一端でも見られるかと思うと、わくわくしますが…さて、次に目にする日は来るのでしょうか。


このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.02.22 トリーター:加登岡

2018/02/22 小道具

カマイルカ「セブン」
カマイルカ「セブン」

水族館の道具は外部の業者に制作をお願いする場合もありますが、飼育員が自分で作製することが多いです。
今回私も簡単な小道具を作成しました。
何かというとイルカの体長を測るための道具です。現在セブンの体長測定するトレーニングをしています。

当館でイルカの体長を測るときは陸場に上がって来てもらい、床に吻先と尾鰭の二か所の部分の印を付けて、その2点の長さを計測しています。
しかし、セブンを飼育しているプールには陸場が少なく、この方法が取れません。
他にもこういった理由で体長が測れない個体は、水面でお腹を上にした状態で浮かんでもらい、メジャーを這わせるようにしています。

セブンもこの方法で何度か測定は出来ていたのですが、メジャーが怖くてなかなか上手く測れませんでした。
メジャーにならすトレーニングを同時にしつつ別の方法も検討しました。
それが今回作成した道具です。
まず最初に作ったのは竹の棒に白い四角のブロックを付けた物です。


この白い部分に吻先を付けるようにトレーニングし、姿勢が真っ直ぐになるように誘導します。

そして次に作ったのは塩ビのパイプ2本にメジャーを巻き付けた物です。


これにも白いブロックを付けておき、一本は吻先に、もう一本は尾鰭に当てて、そのままメジャーで測定しました。メジャーの長さの調整は一方の塩ビをくるくる回して巻き付けて調整していました。しかし、柔らかいメジャーを使ったので、たるんでしまい、巻き付けてもずれてしました。大失敗でした。


そこで改良です。今度は金属製のメジャーを使用しました。また自動で巻き取ることもできるようになっているのでたるむこともなく使用できます。これで測定の精度が上がります。
あとはセブンがこの道具に驚かないようにすることです。



実際に使用してみるとセブンもメジャーをお腹に這わせるよりもこっちの方が落ち着いてくれています。あとは回数を重ねてもっとならすだけです。
不定期にトレーニングをしていますが、タイミングが合えばみなさんにも見てもらえるかもしれません。

イルカショースタジアム


このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.02.21 トリーター:岩崎

2018/02/21 相模湾旬の魚図鑑 その2 キンメダイ

キンメダイ
キンメダイ

冬の相模湾では高級魚のキンメダイ釣りが最盛期。
水深200m~800mの深海に生息しているキンメダイを求めて、真冬の厳しい海へと釣り人たちは繰り出して行きます。
相模湾では、三浦半島先端の城ケ島沖や真鶴半島周辺、初島沖などが釣りのポイントとして知られています。
えのすいでは、2015年の冬からキンメダイ展示に取り組んできました。
湯河原福浦港の釣り船「天恵丸」さんに協力しいていただき、初島沖でキンメダイの釣り採集を実施。
2015年2月にキンメダイを初展示することができました。
2017年2月まで実施した採集の様子は、採集日誌で詳しく紹介していますので、そちらをご覧ください。

[ 2015/02/10 湯河原 キンメダイ乗船採集 キンメダイ採集日誌/岩崎 ]
[ 2016/02/26 湯河原 キンメダイ乗船採集 採集日誌/北嶋 ]
[ 2017/02/14 初島沖 キンメダイ乗船採集 キンメダイ採集/岩崎 ]

2月の初島沖は、季節風の影響で荒れた海況の日が多く、最初の2年間はかなりの苦戦を強いられました。
昨年は海況に恵まれ、3年目にして初めて目標採集数を確保することができました。
現在相模湾ゾーン最後の水槽に、タカアシガニやツボダイなどといっしょに展示しています。
赤い体に大きな目、中性浮力を保ってゆったり漂うように泳ぐその姿をお楽しみください。


飼育は順調なので、今年は採集の予定はありません。
キンメダイは大きなもので体長50cm、20年以上生きる個体もいるそうなで、これからの成長が楽しみです。

キンメダイは、刺身では濃厚な脂の旨みを堪能でき、鍋や塩焼きでも美味しくいただけます。そして、なんといっても煮付けは絶品で、煮汁だけでご飯を何杯もおかわりできてしまうほど。
この季節は、魚屋さんでもキンメダイを目にする機会が多く、比較的手頃な値段で入手することができます。
旬の今、“冬の味覚”キンメダイにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

[ 2018/01/30 相模湾旬の魚図鑑 その1 マダイ ]

相模湾ゾーン


このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.02.20 トリーター:島森

2018/02/20 最近のビーナと私6

ハナゴンドウ「ビーナ」
ハナゴンドウ「ビーナ」

久しぶりにこのシリーズを書こうと思います。
最近のビーナと私は、ビーナの苦手なステージにランディングすることを練習しています。

シチュエーションによってできる時とできない時があります。何気ないトレーニングの時間にはできるんですが、ショーの時間になると、なぜかビーナは応えたくないと沈んでしまったり、離れていってしまったりと…寂しい状況によくなります。

なんとか打破したいと今日も挑戦してみたんですが、結果は惨敗…

目の前から離れはしませんでしたが、一人で違うことして遊び始めてしまいました。
こんな時、ビーナとの間の絆もまだまだ深まっていないことを実感させられると同時に、ビーナにとってもっと楽しい存在になりたいという気持ちが大きくなるばかりです。

ビーナ、次こそショーの中で成功させようね!!


[ 2017/10/10 最近のビーナと私5 ]

きずな/kizuna


このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.02.18 トリーター:倉形

2018/02/18 なわばり


えのすいで飼育しているフンボルトペンギンは、全部で22羽います。
このペンギンたち、それぞれになわばりがあります。ほぼペアでなわばりを主張します。
ペアでなわばりを主張すると言いましたが、全部がオスとメスのペアでは無く、メスとメスの仲良しペアもいます。
朝まだ開館する前、私たちトリーターが掃除を始めるまでは、大体全羽自分のなわばりで休んでいます。
掃除が始まり出すとペンギンたちも仕方なく自分たちのなわばりを離れ、しぶしぶプールに入り、水中で羽繕いを始めます。
現在、陸場の中央付近に設置している巣箱では、卵を1個抱いているペアがいます。
朝の掃除時、離れたところからそっと覗くと2羽で仲良く巣箱でいる時もあれば、どちらか1羽が卵を抱いている時とそれぞれです。
当然、魚が貰える時間になるとペアで卵を交替で抱いて魚を食べに来ます。
時々お腹が空き過ぎてしまい、1羽が抱いていた卵を放置して巣箱から出て来てしまうことがありますが、先に魚を食べ終わった親ペンギンが慌てて卵を抱くような場面もあります。
卵を抱いている親ペンギンたちは、日頃よりも神経質になっているため、他のペンギンたちや私たちトリーターが巣箱に近寄り過ぎると巣箱から身を乗り出して嘴で突いて近寄らないでくださいと言わんばかりに警告して来ます。
普段、穏やかペンギンたちでも卵を抱いた瞬間から親としての自覚が芽生え、必死で卵を孵化させ、子育てをしようとする姿勢に人間である私たちも見習うべき部分があるように思います。

ぜひみなさん、卵を温めているペンギンたちのようすや、ペンギンショー「ペングィーン!」を見に来てください。

ペンギン・アザラシ


このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.02.17 トリーター:笠川

2018/02/17 食いっぷりがいい!

ミズクラゲ
ミズクラゲ

もりもり食べてくれると、実に気持ちがいいものですよね。
また、もりもり食べて、喜ばれたことがある人も多いはずです。
もりもり食べられるということは、元気である証拠です。

これは、人間だけの話ではなく、動物たちも同じです。食べるということは、生きるということにつながります。
私たち飼育員は、飼育動物たちの摂餌、エサ食いなどをよく観察して、日々の体調を把握しています。健康管理をする上で、とても大事な観察になります。
やはり調子を崩し始めると、ごはんをあまり食べなくなり、ひどくなると全く食べなくなってしまいます。こうなってしまうと本当に大変です。私たちは、どうにかして食べさせようとあらゆる方法を行います。

水族館にいるイルカやペンギン、魚などは、普通に食べにきてくれるものがほとんどなので、エサへの食いつきがすぐ見てわかります。
ただ、クラゲはそうはいきません。基本、触手を伸ばし、自分に触れたものに反射的に反応して、エサを得ます。自分で狙いを定め、近寄り、食いつくということはありません。
クラゲたちのエサ食いを見るためには、時間が必要です。水中に漂うエサを触手で捕まえ、口に運び、胃に入れる。ここまで経つと、エサ食いがわかります。
ほとんどのクラゲは、透明、半透明であるため、胃がスケスケです。ばっちり食べたもの、量が把握できます。エサの量の調整や、状態の良し悪しはここでしっかりチェックしています。

どのクラゲもよく見ればわかりますが、特に、ミズクラゲや、今でいうと、リクノリーザ・ルサーナやキャノンボールジェリーなどは、本当に食いっぷりがいいです。
根口クラゲの仲間は、食いっぷりがいいと、エサが口から胃へ上がっていく過程も分かります。ぜひ、ご注目を!

給餌は、一日3回。朝・昼・夕方とあげています。開館してすぐ、お昼頃、閉館前などがわかりやすいかと思います。(ただ、何時と決めているわけではないので、多少のズレはご了承ください。)
みなさんも、ぜひ、一緒に、クラゲたちの食いっぷり、エサ食いチェックをしてみてはどうでしょうか。お時間がある方は、経過も観察してみてください。


リクノリーザ・ルサーナ


キャノンボールジェリー

クラゲファンタジーホール


このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.02.16 トリーター:伴野

2018/02/16 シリアスの体重は!?

「シリアス」体重測定できました!
「シリアス」体重測定できました!

皆さん、こんにちは!
前回のトリーター日誌で、ブリーディングプールで生活しているバンドウイルカの「シリアス」が体重測定を目指してトレーニングをしていることをご紹介しました。
[ 2018/01/28 目指せ体重測定! ]

その後、どうなったか・・・

2月10日、体重測定できましたーーー!!
その体重は236.5kg。
正直もう少し体重があると思っていました。
「シリアス」は現在、育児真っ最中。
母乳を作るなど子育てには相当なエネルギーを使うのでしょう。

体重が分かったことにより、「シリアス」の健康管理にも役立てることができるようになりました。
まず、給餌している魚のカロリーを大幅に上げました。
カロリーを上げてから5日目の体重は238.0kg。
すこしずつ体重は上がってきましたよ。

そして体重測定とは別に最近、本格的に行っていることがあります。
それは搾乳です。


搾乳風景

「シリアス」のお乳がどれくらい出ているのか詳しく知るため、本格的に始めました。
実は最近、搾乳をしても少しにじむ程度であまりお乳が出ない日々が続いていました。
そこで本日乳腺の周りをマッサージしてから搾乳をおこなったところ、すごい勢いでお乳が出てきました!!
マッサージの影響なのか、カロリーを大幅に上げた影響なのか、はたまた別の要因なのかさだかではありませんが、これほど勢い良くお乳が出たところは初めて見ました。
今後も引き続き調べていきたいと思います。

「シリアス」親子が健康に過ごせるよう、できることを考えて実践していきたいと思います!

イルカショースタジアム


このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.02.16 トリーター:櫻井

2018/02/16 今週のおすすめ


今週のおすすめは水槽コンテストです。地元の中高生たちが斬新なアイディアをひねり出し、高クオリティな展示を作りました。
コンテストというからには、当然投票を行い最優秀賞を決定します。これは日頃のメンテナンスにも力が入りますね! 学生さんは授業が終わると各々の予定でメンテナンスに来ています。

では全5つの水槽を簡単にご紹介していきます。

エントリー№1 南極の神秘

これは素晴らしい。流氷のレイアウトも素晴らしいですが魚とクラゲの混泳チックな発想が金メダル。

エントリー№2 Submarin Volcano
火山だ! 火山を真っ赤なエビが登っています。迫力もありますが赤で統一された魚種選定センスに金メダル。

エントリー№3 魚たちの深海大冒険
深海に続くかのような、底砂の傾斜が素晴らしすぎる。表現力の金メダル。

エントリー№4 山水幻の遺跡
遺跡だ! 水槽上部のミストが幻感満載でミステリアス。水槽内の雰囲気が金メダル。

エントリー№5 魚達のテーマパーク
明るくて楽しそう! 90cm水槽だけど入って遊びたくなります。博物館でテーマパークを再現する妙に金メダル。

投票は既に終了しており、コンテスト結果は2月19日(月)より発表予定です。優秀賞を取るのはどこのチームか、これはもう私には想像もつきません。
結果発表前の土日に来場される方も、結果が出た後に来場される方も、自分なりの優秀賞を探してみてください。本当にどの水槽も金メダルです。

[ 第7回 えのすい主催 水槽コンテスト作品展 ]


このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.02.15 トリーター:戸倉

2018/02/15 気になる視線と水槽メンテナンス

ババガレイ
ババガレイ

今朝は小田急線のダイヤが乱れ、いつもより遅く水族館に到着したので、少し慌てながら水槽の見回りをしていると、何か強烈な視線と白い塊が目に飛び込んできました。 

見ると・・・ん?? ババガレイ?

そうです。上半身を持ち上げて、目線を高くして水槽の外を覗きこんでいたのです。
両サイドのヒレ(エンガワ)の部分を上手に曲げてバランスをとっています!
何か水槽の外が気になったのでしょうか? 
私が顔を近付けると更に上半身を持ち上げて目線を高くしてきます。
その内、何かに納得したのか?上半身を下げて、いつもの“平べったい姿”に戻ってしまいました。
急いで見回っていた私に「少し落ち着きなさいよ!」と結果的に教えてくれたのかな?と思える時間でした。

このカレイはもう5年以上飼育されており、時々このように“人間っぽい”行動を取ることがあるようです。
現在、オオカミウオの水槽に同居していますので、ちょっと覗いてみてください。
目が合っちゃうかもよ??


水族館では開館までに行わなければならないことが山のようにありますが、今日は(たまたま撮った)その一部をスナップ写真でご紹介しましょう。


「今上陛下のご研究」(掃除中)

「今上陛下のご研究」には、小さな水槽がたくさん並んでいます。
陛下がご研究をされております「ハゼ」の仲間と、秋篠宮殿下がご研究をされております「ナマズ」の仲間を展示させて頂いておりますが、ちょうど覗きやすい高さにしてあるので、逆に汚れも目立ってしまい、掃除が欠かせません。


テーマ水槽(展示替え中)

「テーマ水槽」はシーズンごとにテーマを変え、そのテーマに沿った展示をするようにしています。
(時々???な時もありますが、ご容赦ください。)
ちょうど昨日で“バレンタイン”が終わりましたので、本日から一部“ホワイトデー”にちなんだ展示に切り替えているところです。
[ テーマ水槽「恋する“えのすい”」 ]


相模湾大水槽(底砂掃除中)

「相模湾大水槽」は毎日ガラス面の掃除などを行いますが、週に一度は底砂の掃除を行っています。
岩や砂利の隙間に落ちた魚たちの食べ残しをそのままにしておくと、水質を悪くしてしまうので、定期的に大きな掃除機のような物で吸い取ります。
(手作りの掃除機ですが、けっこう力が要ります。)

あっ、ちなみにこの写真は作業の通りすがりに私が撮った物で、決してサボっていた訳ではありません。


このように、お客さまをお迎えする前には水槽掃除の他にも、館内の各所で掃除や準備・整備が行われています。水族館に来られたお客さまが快適に過ごせるように万全の準備をして、みなさまのお越しをお待ちしております。


このエントリーをはてなブックマークに追加
見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!