• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2018.04.24 トリーター:倉形

2018/04/24 最近の「ミサキ」と「ヨモギ」

ヨモギ
ヨモギ

みなさん、3月3日より展示しました「コツメカワウソ」はもうご覧になりましたか?

公開してから間もなく2ヶ月になりますが、日に日に環境に慣れてきた4頭のカワウソたち。中でもミサキとヨモギたち、日中は空中トンネルを行ったり来たり。時には、トンネルの途中にある透明な四角い箱(通称:中継地点)エリアで2頭仲良く昼寝をしていることがあり、時々お客さまから展示エリアにカワウソたちが居ないと話されているのを聞くことが有ります。
そのときは、すかさず「みなさんの頭上にいますよ!!」とお声掛けしています。すると、自分たちの頭上でしかも間近にいるのと寝ている(動かないため)ので、撮影ポイントとしても喜ばれています。


ミサキ


“空中トンネル”

また、ミサキはまだ1歳なのでエネルギーがあり余っているようで、起きている間は人間のこどもと一緒で常に遊んでいたいみたいで、私たちトリーターが入室すると傍に寄って来て、甘えるような声や仕草をしたりするだけでなく、ヨモギが気持ちよく寝ているのを邪魔したりと構って構ってと言わんばかりにちょっかいを掛けます。
ヨモギがあまりにも疲れているのか?イライラしているのか?分かりませんが、時々ヨモギとミサキの激しいじゃれ合いがプールの中で展開されます。一瞬その場面だけ見ると喧嘩しているかのように見えます。しかし、本気で喧嘩をしているのであれば、体中に噛まれた傷が出来ます。しかし、ミサキとヨモギの体には、一切傷痕有りません。

みなさん、もし水族館に来られてミサキとヨモギが激しくじゃれ合っている場面に遭遇しても、怪我をしていなければじっと彼らの行動を見守ってあげてください。また、ミサキの素早い身のこなしやヨモギの大らかな身構えなどなど、みなさんご自身の目でカワウソたち4頭それぞれの行動観察をして見てください。



2018.04.23 トリーター:岩崎

2018/04/23 ウミガメの浜辺は花盛り


「ちょとこーい!」「ちょとこーい!」
森の中からコジュケイの甲高い鳴き声。
きびすを返して、街を飛び交うツバメの夫婦。
「ふうっ!」と息をかけ、タンポポの綿毛を飛ばす子供たち。
路のツツジは満開で、ケヤキやイチョウの新緑は、風にゆられて眼を癒す。
気が付くと、ウミガメの浜辺は花盛り。

暖かい日が続いた今年の春は、季節が早送りで進んでいるように感じます。
ウミガメの浜辺では、ピンク色でかわいいハマヒルガオの花が咲き始めました。
一足早く咲き始めたハマエンドウの紫色の花や、コマツヨイグサの黄色い花、植栽のシャリンバイの白い花との共演は、春の大型連休にかけて見ごろを迎えそうです。
初夏の風を感じながら、のんびり泳ぐウミガメたちと合わせて、えのすいでゆったりとした時間をお過ごしください。

コジュケイは中国南部から、セイヨウタンポポはヨーロッパ、コマツヨイグサは北アメリカから、それぞれ1900年代始め頃、日本に入ってきた外来種。
100年かけて、季節を感じるまでにとけこんでしまった生命の逞しさ。
100年先は、いったいどんな風景が待っているのでしょうか?
日々変化していく自然を、しっかり見つめていきたいと想う春の一日でした。


ハマヒルガオ


ハマエンドウ


コマツヨイグサ


シャリンバイ



ウミガメの浜辺

ウミガメの浜辺


2018.04.22 トリーター:加登岡

2018/04/22 水中遊び


4月に入って気温がずいぶんと暖かくなってきました。
水に入るのがとても気持ちいい季節です。
トレーニングでも水の中によく入るようになりました(私が)。
そこで今回はそのトレーニングを少し紹介。

カマイルカの「セブン」と一緒に、水中で泳ぐトレーニングをしています。
「セブン」は元々人がプールに入ると驚いて逃げてしまうことが多い子でした。
最初から人が入ると驚いてしまうので、少しずつ馴らしていきます。
まずは足だけプールに入れて馴らす、次に足にフィンを付けて馴らす、腰まで入って馴らす、と段階を踏みました。
これらに馴れたらプールに全身入ってトレーニングです。

腰まで入るのは余裕そうだった「セブン」も、さすがに全身入り、水面で浮いていることには緊張したのか、細い目を見開いてこちらをじっと見ています。
驚いて逃げてしまう事はないのですが、落ち着かないようすです。
そこも少しずつ回数を重ねることで、幾分かは落ち着きました。

更にチャレンジをして水面ではなく、水中でのトレーニングに移りました。
「セブン」のことだから、これに馴れるのには時間がかかるだろうと思っていましたが、驚いてしまったのは最初だけで、次からは水中でも魚が貰えることが分かるとすぐに僕の前に来ます。
水中で胸鰭を掴んだりしても落ち着いているのです。


トリーターが陸上にいる時でも、「セブン」が緊張している時に身体を触ると嫌がって逃げてしまうので、これには驚きました。
これも繰り返しトレーニングしていると、今度は馴れすぎたのか顔をどんどん近づけてきます。
ぶつかってしまうのではないかという距離まで来るので、こっちが焦ってしまいます。


まだこの水中でのトレーニングは始まったばかりですが、カマイルカのプールで潜ったり浮いたりしているトリーターがいたら僕です。
水中では色んなトレーニングをしているのだな、と暖かく見守ってください。
また日誌の中で、写真を使ってトレーニングの経過を報告していきます。

イルカショースタジアム


2018.04.21 トリーター:伊藤

2018/04/21 そり残しチェック!


久々に当館にあの魚がやってきました。

ヒゲソリダイ

当館では、地先の漁師さんのご厚意により、漁獲物の一部を生きたままお取り置きいただき、水族館の展示生物として迎えています。
まずはバックヤードの薬浴水槽にて、傷などを癒してから、展示するのです。

お休み明けに薬浴水槽を見ると、前日に思わぬ魚が搬入されていて「おっ!」となることがあります。
ある日、通りすがりに水槽を上から見たトリーター数名が「コショウダイ入ったね」と言っていました。
コショウダイも漁師さんルートから搬入されることが少ない魚で、私が大好きな魚の一つです。
早速、私も見に行ってみると、確かに模様はコショウダイ。
でも、何だか、大きさの割に模様がくっきりし過ぎている気がして、違和感があります。
水槽の横にある小窓から見てみると、体形がコショウダイと違っていました。
図鑑で調べなおしてみたところ、久々のヒゲソリダイでした。

ところで、恥ずかしながら、今回初めて気づいたのですが、ヒゲソリダイ、ひげ生えていますね。
私たちでいうと、「そこそこの電動シェーバーでそった半日後」という感じです。
つい先日から湘南港水槽にて展示しています。
水槽の前面を泳いでいることが多いので、下あごの極短ひげを、ぜひ、確認してみてください。

新着生物
ヒゲダイが身だしなみを整えた?「ヒゲソリダイ」展示開始

相模湾ゾーン


2018.04.20 トリーター:城戸

2018/04/20 ペンギンの寝方


最近、お客さまから「ペンギンはどうやって寝るの?」と聞かれることが多くあります。
えのすいにいるフンボルトペンギンは、昼寝と夜寝る時とで少し寝方が違います。

昼寝をする時は、ほとんどのペンギンが立った状態で寝ます。人が立ったまま“うたた寝”する時のように、頭を下にたらして寝ることはほとんどなく、斜め上の方を向いているペンギンが多いです。

夜寝る時は、床にお腹をつけて寝ていることが多いです。
この姿は閉館間近にだけ見られるのですが、可愛い寝姿を見せてくれます。

私の好きな寝方は、翼を綺麗にお腹の下にしまう方法です!
この寝方をしているペンギンを見かけるとつい「可愛い!」と声が出てしまうくらいです。

他にも片足を投げだしていたり、両足とも投げだして寝ているペンギンもいます。

閉館間近に多く見られますが、昼にもまれにこういった寝方をしているペンギンがいるので、探してみてください。


じっとしているペンギンもじっくり観察してみると細かい動きが、それぞれ違うので、えのすいにいらした際は、是非注目してみてください!


「チョキ」

ペンギン・アザラシ


2018.04.19 トリーター:戸倉

2018/04/19 子ガメの慌てっぷり!

アオウミガメの子ガメ(No.5)
アオウミガメの子ガメ(No.5)

今日は非常に天気が良く気持ちの良い日でしたよね!
でも、この時期、天気が良いと水槽やプールに生える「コケ」がぐんぐん勢いを増して、我々を悩ませます。
ウミガメプールも例外ではありません。
プールサイドから長いブラシで掃除をするのですが、取りきれないのです。
そこで今日は実際にスタッフがウミガメプールに潜水機材を背負って入り、
直接デッキブラシで掃除をしたところ・・・
アオウミガメの子ガメたちに、ある反応が見られたのでご紹介しますね。


現在、アオウミガメのプールには、大人のカメが5頭、子ガメが5頭泳いでいます。
そこに、潜水機材を背負ったダイバーが入った瞬間に、子ガメ5頭のみが一気に勢いよく泳ぎ出し、慌てふためいて、水面をバタバタ・・
まるで、5ヶ所同時に花火があがったかのような・・
(面白い光景だったので、急いでカメラを取りに戻ったのですが、写真は少し落ち着いちゃった感じ)

大人のカメたちは、全く動じず悠然と泳いでいます。
毎日の掃除で、デッキブラシは見慣れているはずですから、きっとぶくぶく泡の出る潜水機材の振動と、(ウエットスーツ着用による)見慣れない色の怪獣(人間)の侵入に驚いたのだと思います。


ダイバーが掃除をしながら徐々に移動をしていくと・・
「来るっ、来るっ、来たっ! 来たっ!! きった~!!!」とガラス面に向かって必死にバタバタ・・・
慌てているもんだから、もう前しか見えてないし、前には進めないし・・
もう逃げ場が無いので気絶しそうな慌てっぷり。(後ろには広々と逃げ場があるのに・・)

結局、途中でダイバーは掃除を中断し、
写真を撮っていた私が手を伸ばして子ガメの向きを後ろに反転させてリリース。
子ガメは一目散に散って行きました。


まあ、しばらくすると慣れて来た子ガメも悠々と泳ぎ始め、何事も無かったかのように、プールには、再びゆったり、まったりとした時間が流れ始めました。
中には、ダイバーに近付く子ガメも居たりして・・

でも、ウミガメは忘れやすい動物なので、何日か後に再びプールに入ると、同じように慌てふためくのではないかと、ひそかに楽しみにしています。(笑)

2013年9月に産まれた子ガメたちも、今年で5歳になります。
だいぶ大きく成長しましたが、まだまだこんな子どもっぽい一面を垣間見ることが出来るのは、ちょっと嬉しいような!

こんな子ガメたちは、ウミガメの浜辺で毎日ご覧いただけますので、ぜひ、会いに来てくださいね。

ウミガメの浜辺


2018.04.18 トリーター:島森

2018/04/18 ビーナ、ショーに復活!!

ハナゴンドウ「ビーナ」
ハナゴンドウ「ビーナ」

少し前まで体調が優れず、しばらくショーをお休みしていたビーナ。つい先日、久しぶりにショーに参加しました。

お休みしている間、「ビーナのファンです」と言ってくださる方たちから、「ビーナがいないと淋しいです」「早く良くなるといいですね」などお声をかけて頂きました。みなさま、ありがとうございます。ビーナが帰ってきました!!

まだ復帰したばかりなので、少しずつジャンプなどにも参加していこうと考えている矢先…今日めっちゃジャンプしてしまいました(^^;

なぜジャンプをしていたのかというと、ビーナと一緒にみなさんの近くに行こうとしたんです。するとビーナはそんな気分じゃなかったのか、素直な気持ちを表現してくれました。思いっきり体の側面で水面を叩くジャンプを数回…。私の元へ戻ってきたかと思うと、すぐにその場で持っていた魚を口に出し入れして遊び始める…。私のことをなかなか見てくれない…(T_T)

全力で「嫌だ」を表現してくれました。
それと同時に、「もう元気になったよ」という声が聞こえてきた気がします(笑)

ビーナ、元気になってくれて嬉しいよ! でも、また体調崩さないようにゆっくりと少しずつ参加していこうね(^^)

きずな/kizuna


2018.04.17 トリーター:鈴木

2018/04/17 フウセンウオ 間もなく1歳になります


こんにちは、鈴木です。
今回もフウセンウオについて書かせて頂きます。

現在冷たい海の水槽に展示している、えのすい生まれで約200匹のフウセンウオが入った「幸せのフウセンウオの楽園(仮称)」(←もちろん非公式)ですが、現在もみなさまにご好評いただいており大変嬉しい限りです。
中には日々成長していく姿を楽しみに見てくれている方もいるようで、展示することができて本当に良かったと感じております。

新着生物
[ 冬のアイドル 小さなお団子みたいな魚「ダンゴウオ」展示開始 ]

さて、そんなえのすい生まれのフウセンウオたちは間もなくふ化から1年を迎え、1歳になります。
魚の種類によって大幅に違いますがフウセンウオの1歳は立派なおとなです。
個体差はありますが、そろそろ産卵もできそうな大きさです。

これからも成長がますます楽しみです\(^^)/

・・と同時に、お日様の力が増すこれからの季節、いよいよガラス面の結露との戦いが始まります・・。ああ、恐いです。水温5℃の結露がどの程度なのか、想像もつきません。
さていつまで展示が出来るのか・・。頑張ります・・。

もしフウセンウオをもっと知りたい方がいましたら、ぜひ私のフウセンウオ日誌のバックナンバーをご覧頂けたら幸いです。

[ 2018/03/15 フウセンウオ順調に成長中! ]
[ 2018/02/13 フウセウオの子どもたち展示までの道のり(長文注意!!) ]

太平洋


2018.04.16 トリーター:西谷

2018/04/16 ルシアの白内障手術

ミナミアメリカオットセイ「ルシア」
ミナミアメリカオットセイ「ルシア」

昨年10月にミナミアメリカオットセイ「ルシア」の白内障手術をしたので報告します。

白内障というのは、眼の中にあるレンズが何らかの理由で白くなり、視力が落ちてしまう病気です。歳をとってからなる病気だと思われがちですが、アシカやアザラシでは若くして発症してしまうこともよくあります。ルシアもまだ7歳と若かったのですが、両眼ともレンズが真っ白になってしまいほとんど視力がない状態でした。


まだまだ今後長い人生が待っている「ルシア」。このままでは視力を失ったまま過ごすことになってしまう・・・。そこで、全身麻酔をして白内障の手術を行うことにしたのです。
えのすいでは館内でアシカの眼の手術、ましてや全身麻酔も行ったことがなかったので準備はてんてこ舞い。手術予定のだいぶ前から眼科専門の獣医師の先生方に検診にきていただいて手術計画を立てたり、アシカ麻酔に精通した他の水族館の獣医師に手術当日来ていただいたりと、少しずつ進めていきました。
そして迎えた本番、4時間以上かかった手術は無事に終了し、次の日からは毎日何度も目薬をしながら回復を待ちました。

手術の次の日はあまり眼を開けなかった「ルシア」。本当に見えるようになるのかな・・・と私たちトリーターは不安でした。しかし手術3日後、なんと目の前で出したサインに反応するではありませんか。
その後は毎日毎日少しずつ視力が回復して行きました。今では10m以上離れたところからのサインにも反応できるようになっています。

そして、手術から3ヵ月後の今年1月、無事にショー復帰も果たしました!

今回たくさんの獣医師に協力していただいたお陰で手術も無事に終わりました。眼が見えるようになっていきいきとしている「ルシア」の姿をみて、この手術が成功して本当によかったなあと実感しています。


特訓中

実は今秘密の特訓中の「ルシア」・・・。
何をしているところでしょうか・・・ 完成したらお披露目しますね!

今回はオペという大仕事だったのですが、小さいことでも動物たちが快適に暮らせるよう、これからもたくさん治療していきたいと思います!


イルカショースタジアム


2018.04.15 トリーター:杉村

2018/04/15 深海lで、飼育研究開始!!


4月3日よりJAMSTECの東北海洋生態系調査研究船「新青丸」に乗船して、小笠原海域の水深 1,270~1,300mの熱水噴出域より、飼育研究用にシチヨウシンカイヒバリガイという深海性の二枚貝(パエリアなどに使われる「ムール貝」に近い仲間)をサンプリングしてきました。

この二枚貝は、体内のえらの組織中にバクテリアを共生させています。
この共生バクテリアは、熱水噴出孔より噴出する熱水に含まれている硫化水素を利用してエネルギーを産出するという特徴を持っていて、シチヨウシンカイヒバリガイはこの共生バクテリアからエネルギーを得る、というとても不思議な生態をしています。
ですが、その共生バクテリアやシチヨウシンカイヒバリガイ自身の生態に関する詳細な情報は少なく、その未知の生態を探るため飼育研究を行っています。

“えのすい”では、これまでに開発してきた深海生物の飼育技術を使用して、飼育水槽内に疑似的に深海の熱水噴出域のように硫化水素を発生させ、シチヨウシンカイビバリガイを長期に飼育を行いながら、どのような行動をとるのかや体内の共生バクテリアにどのような変化が生じるなどを JAMSTECの研究者の皆さんと一緒に研究しています。

※深海には簡単にいくことはできませんし、現在の技術では深海の現場で実験や研究を行うことはできません。
ですから、陸上の飼育水槽で長期的に飼育しながら研究することは、とても大切なことなのです。 

深海Ⅰ~JAMSTECとの共同研究~の中央の丸い窓から飼育研究中の水槽を見ることができます。


深海は光が届かない世界なので、刺激を減らすために普段は照明を暗くしていますが、1日に何度か照明を点けて生物の観察や水質の測定(飼育水中の水温、硫化水素濃度、水素イオン濃度など)、掃除などを行っています。
もし、展示コーナーの丸窓が明るくなっていたら覗いてみてください。きっと研究しているようすが見られると思います。
2年ほど前に同じ海域からサンプリングしたシチヨウシンカイヒバリガイは、長期飼育のようすを既に公開しています。
時々貝から長細い足を伸ばして、水槽の壁面に糸(足糸)を付けているようすが観察できます。
※ただ、とっても・・・・・・ゆっくりです。
じっくり観察していると、ちょっと気になる存在になるかもしれませんよ!!

関連航海採集日誌
2018年4月3日~4月6日 伊豆諸島海域調査航海

深海Ⅰ-JAMSTECとの共同研究-


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!