• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2019.02.15 トリーター:北田

2019/02/15 今週のおすすめ


昨日くらいから鼻水とくしゃみが増えてきました。
花粉症到来? しばらく辛い日々が続きますね。
さて、今週のおすすめです。

深海トロール漁の「小さい」深海生物たち

小さい深海生物ほど、船上での苦労が伺えます。揺れている船上での、漁獲された深海生物の選別作業は船が弱いトリーターではすぐに酔ってしまいます。私も以前は1cmほどのウミグモを集めようとしたのですが、起き上がることもできず、情けない結果に終わりました…。
今の深海担当者はこの状況下でさらに活かす努力をしています。

アカツノチュウコシオリエビ


船上で見かけるのはオオコシオリエビが多いですが、良く見ていると違うコシオリエビも時々見つかります。個人的には、ハサミも威張りすぎず、バランスがとれた体つきでおすすめです。

ヤマトトックリウミグモ

細い体に内臓が収容できず、脚にまで及んでいるウミグモ。かっこいいと感じるかちょっと苦手と感じるかは大きく分かれそうですが、深海ってこんな形の生き物がたくさんいて欲しいです。

オーストンガニ

相模湾にゆかりのある生物学者アラン・オーストン博士の名前がついたカニです。オーストン博士の名前が付けられた生物は他にもオーストンフクロウニやミツクリザメ(学名:Mitsukurina owstoni)が有名です。
水槽ではじっと腰掛けているようにしていますので、この細い脚で歩いてる姿が見られたらラッキーかもしれません。
[ 新着生物 ちょっとオシャレな名前は、相模湾にゆかりのある博物学者から。「オーストンガニ」 ]

深海Ⅰ-JAMSTECとの共同研究-


2019.02.14 トリーター:遠山

2019/02/14 担当を変更しちゃいます!!!

オタリア「マルコム」
オタリア「マルコム」

タイトルの通り、アシカの担当替えを最近行いました。その中でオタリアの「マルコム」も私の担当から外れ、新しいトリーターに担当を任せることに!!!
私の先輩、櫻木トリーターに変更です!!!!

私の担当していた個体が櫻木に替わったのは「マルコム」が初めてではなく、ゴマフアザラシの「オガ」もそうでした。
まだ「マルコム」はイルカ・アシカショー「きずな/kizuna」に出られてないので当面の目標はショーに参加することです。

ここ最近は、振り向きのトレーニングを実施しています。
最初は、櫻木が持っているターゲットと呼ばれる棒を噛んで振り回してしまいトレーニングにならなかったのですが、今はターゲットを噛まずに落ち着いて出来るようになってきています。
ただ「マルコム」は若干怖がりな性格のため、ステージに出る際も誰かと一緒ではないと出てくれません。ですが、最近は少しずつ落ち着いてきているので担当の櫻木が頑張っている証拠です。
みなさん「マルコム」の応援をお願いしますね。




きずな/kizuna


2019.02.13 トリーター:樋口

2019/02/13 カピバラもヒーターの虜


みなさんこんにちは!
私を含むカピバラ担当はカピバラの世話、カピバラのごはん体験のお客さま対応などで誰かしら毎時間カピバラエリアに立っているのですが、いろんな声を耳にします。

今日はよく聞かれる質問をここでもお答えします。

Q. 深緑のトレーに入っているのは足湯に浸かっているの?
A. 置いてある深緑のトレーは足湯のように見えますがトイレです。個体によって違うようですが
当館のヒナタとココロはあの深緑のトレーでしかトイレをしません。(寝る時は別容器でもします)


Q. 左端の水場はお湯なの? 水なの?
A. カピバラのごはん実施時間は水、それ以外はお湯のことが多いです。
お湯>ごはんのときがあり、ごはんに目もくれずお湯につかってしまうこと(お風呂気持ち良いですもんねぇ)があるので、カピバラのごはんのとき以外にお湯に入ってもらうようにしています。


Q. 食べているのはニラ?
A. 多くの方にカピバラに与えている草をニラと間違われがちですが、ニラではありません。イタリアンライグラスというイネ科の植物です。主に牧草といわれているもので牛や馬が食べているものと同じです。


Q. 砂場から動かない。
A. 本来南米アマゾンに生息している生き物です。
砂場の上には現在、寒い冬を快適に過ごしてもらうためのヒーターがぶら下げてあります。
人間でいうコタツみたいなものですね。私たちがコタツから出られないように、コタツで寝てしまうように、コタツの魔の手から逃れられないのと同じで、カピバラもヒーターの虜なのです・・・! 夕方になると寝る用の小屋に帰りたくてもそもそ動き出すことが多いですので、動いているカピバラは夕方が狙い目かもです(あまり閉館間近ですと小屋に入ってしまっていることがあるので注意!)。


2019.02.12 トリーター:池光

2019/02/12 ディランとマルコムの遊びの時間

ディランとマルコムはオタリアの男の子! 1才ですがすでに体重は約70㎏もあります!
いろんなことに興味を持つディランとマルコム! 好きな遊びがそれぞれあるようでマルコムはプールに入るのがお気に入り♪


ちなみにディランはプールに入るのが苦手なようでまだ1回も入ったことがありません。
いつも覗くだけ…


ディランのこの日のお気に入りは部屋に入ること♪
たまにマルコムも入ってくるのですがそうするとディランは「僕の場所だよ!」という感じで追い返しています。見張りも欠かしません!




一緒に遊んでよくケンカもしていますが夜寝る時はかならず体をくっくけて寝るかわいらしい2頭です♪♪

イルカショースタジアム


2019.02.11 トリーター:今井

2019/02/11 少しずつ華やかに

オオカミウオ水槽
オオカミウオ水槽

サンゴ礁などの暖かい海の水中はよく紹介されますが、冷たい海でもコンブ類の海中林、ウニやイソギンチャクの大群生などダイナミックな景観が時々紹介されることがあります。
寒々としたイメージとは打って変わって、色とりどりの付着生物の群落が醸し出す、華やかな雰囲気に驚かされます。

当館の太平洋の冷たい海の水槽でも、少しずつその華やかさを増していくような試験をしていますが、今回はイソギンチャク類のご紹介をいたします。
オオカミウオ水槽の岩肌にイソギンチャクを付着させる時は、予めくっ付き難い素材の容器に、くっ付き易い小型の石を入れておき、イソギンチャクがくっ付いた物から岩棚に移していきます。
イソギンチャク類は吸盤状の足盤でしっかりとくっ付いていますが、それで歩き回ることも出来ますので、岩棚に降りた時点で不自然な石は取り除いてしまいます。
ただ、イソギンチャクを水槽に入れるということは、イソギンチャクの大きさを元に、オオカミウオ等の大きさを、お客さまに無意識に伝えてしまう要素となりますので、上手く展示しないと幻想的な雰囲気を壊してしまいます。
現在、餌はアミエビをピンセットで触手にくっ付けて与えています。

オオイボイソギンチャク


東北から北海道の浅い海に生息します。
大きさは8cmほどで、レンガ色の体側には粒々の吸盤をもち、小石などをくっ付けて身を守っています。


イボイソギンチャク

能登半島から北の日本海の深場に生息します。
大きさ5cmほどで白色の体側に小さな疣が縦に並びます、触手の先端は淡い蛍光色の黄色に染まります。


ヒダベリイソギンチャク

寒流域の浅い海に生息します。
口の周りが広がり、細かい触手の列がひだ状になっています。
15cm位の大きさになります。

太平洋


2019.02.10 トリーター:小森

2019/02/10 カワウソ恋愛事情

2月はバレンタイン、人間界でいう恋の季節です。
12月に子どもが生まれたばかりのコツメカワウソの「ヨモギ」と「ミサキ」のカップルですが、よく来場されたお子さまから 『「ミサキ」たちはいつ結婚したの?』 と聞かれます。
「ミサキ」たち、当館にきたのは2018年2月26日でしたが、お見合いをさせたのは翌日の2月27日でした。
そのときから相性は抜群でしたので、しいて言うならば2月27日でしょうか?


2018年2月27日、お見合い直後の写真

しかも実は「ヨモギ」の出身はチェコなので、国際結婚でもあるのです!

人間だと日本人よりも外国の方々のほうが愛情表現が強くわかりやすいですが、「ヨモギ」は日本での生活が長いためかどちらかというとお侍さん気質のような気がします。
「ミサキ」に子どもを押し付けられても(「ヨモギ」が巣箱を出ようとすると、「ヨモギ」に子どもを乗せて自分が遊びに出たりするんです・・・!)、帰ってこない嫁を待ち続け、巣箱でご飯も食べずに待っていても、水を飲みに行きたいのに巣箱から出させてもらえなくても、(恐らく)文句を言うことなく耐えています。


こんな「ヨモギ」ですが、「ヨモギ」の目の前で「ミサキ」が私たちに愛嬌を振りまくと、 『お前! 俺の嫁に何をしている!!』 と一気に駆け寄り噛み付いてくるのです。
なんと嫉妬深い男!
たまらず毎回 『待って、濡れ衣!近づいてきたのは「ミサキ」だよ!』 とまるで浮気男のような台詞を叫んでいます。
嫁に尽くす「ヨモギ」。すごい愛情ですね。
彼氏募集中!という方がいましたら、「ヨモギ」気質な男性を探してみるのはいかがでしょうか?


そんな頼もしい「ヨモギ」に「ミサキ」も頼り切っているのか、「ヨモギ」が出て行くと必ずついていきます。
普段はいいように使っているのに肝心なところで甘えることを忘れないなんて、とても小悪魔な女ですね。ひえー。


さぁ、そんなカップルのお子さまですが、本日もすくすく成長中です。
目も完全に開き、たまに巣箱から脱走も試みています!
うんちとおしっこも生後49日目の2月6日に自分でできるようになりました!


ただ、みなさまの前に出てくるにはもう少し時間がかかりそうです。
親たちの警戒心も少し和らいではきましたが、まだ完全には解けていません。

しかしここ数日、子どもを外の世界に慣れさせているのか、3頭とも巣箱から出している時間が唐突に訪れるようになり、その時間も少しずつ長くなってきました。
突然親たちによるお披露目タイムがやってくるため、その場に居合わせたお客さまはラッキーですよ!


水に投げ込むことも増えてきました。自力排泄を促すための一環?という意見も出ています。
見かけてもご安心くださいね。


さて、このように時々出てくるようにはなりましたが、注意していただきたいのが、そのときに一気に駆け寄ってしまったり、大人数でカメラを構えてしまったりすると、親がびっくりして子どもを守ろうとすぐに巣箱に戻してしまいます。

子どもを見かけた際には静かに近寄り、驚かせないよう見守ってあげてください。
そうすれば子どもも外の世界を堪能でき、みなさまも1秒でも長く姿を見ることができますよ!

お見せしたい写真がたくさんあり毎回トリーター日誌が長くなってしまいます。すみません。
ですが懲りずに最後にかわいらしい動画を2本お届け!笑





カワウソが見えづらい期間がまだまだ続きますが、子どもたちが外の世界に慣れるまで、また、親の警戒心が解けるまではどうぞご理解、ご協力の程よろしくお願いいたします。


2019.02.09 トリーター:岩崎

2019/02/09 バレンタイン ~恋して“えのすい”


2月14日はバレンタインデーです。
ただいまテーマ水槽では、チョコレートやエンゼルにちなんだ生き物や、大切な人と一緒に見たくなるような可愛らしい生き物たちを紹介しています。

チョコレートギフトがテーマの水槽では、バレンタインデーに欠かせないチョコレートカラーの魚、 チョコレートグラミー を展示しています。
チョコレートグラミーは、東南アジア原産の熱帯魚で、実は口の中で卵を守るマウスブリーダー。
尖り気味の小さな口でどのように守るのか?とても不思議な感じがする魚です。


チョコレートグラミー

モクズショイ はカニの仲間で、かぎ状の毛に海藻の切れ端や海綿などを付けて、全身をカモフラージュする性質があります。
マジックテープのように何でも身に付けてくれるので、子どもの日には鯉のぼりや兜、クリスマスには、トナカイやサンタクロース、そして今回のバレンタインではチョコレートやお花を運んでもらっています。
モクズショイは、海の中でも積極的に自分で飾り付けをするのではなく、動いている内に触れた物を、自然とくっ付けていく性質のようです。
テーマ水槽にピッタリのありがたいキャラクターなので、モクズショイには、さまざまなシーズンに登場してもらっています。
つい・・・あれも・・・これも・・・こんなものも!?
いろいろ付けすぎてごめんなさい!


モクズショイ

恋のエンゼルがテーマの水槽では、恋を成功に導く天使のような生き物を紹介しています。
エンゼルフィッシュ は、ドレスをまとった天使のような魚です。
ペアで産卵場所を守る性質があって、美しい長いヒレを使って、卵に新鮮な水を送り続けます。


エンゼルフィッシュ

ニシキベラ はカラフルな色彩の魚で、英名をキューピッドラスといいます。
エンゼルやキューピットにちなんだ魚たちが、みなさんの恋を応援してくれるはずです。


ニシキベラ

ハッピーバレンタインがテーマの水槽では、大切な人と一緒に見たくなるような可愛らしい生き物たちを紹介しています。
カラフルな尾ビレをヒラヒラ動かして泳ぐ グッピー や、蛍光色の青と赤のラインが美しい ネオンテトライソギンチャク とたわむれる クマノミの仲間 など、この機会にじっくりと観察してみてください。


グッピー


ネオンテトラ


ハナビラクマノミ

オーソドックスですが、やっぱり綺麗で不思議だなと思います。

レイアウト全体は、愛や友情を表すカラフルな薔薇の花でまとめました。
テーマ水槽「バレンタイン~恋して“えのすい”」は2月14日まで。
みなさん、えのすいで楽しいバレンタインをお過ごしくださいね!

テーマ水槽


2019.02.08 トリーター:鷲見

2019/02/08 「これだ~れだ?」

みなさん、2月ももうすぐ中旬、寒い冬ももう少しです!
早く春になってほしいですねー。暖かくなってほしいです。本当に。

さてさて、みなさん、突然ですが、クイズです。
これは誰でしょう?


眼が真ん丸で、くるっとカールしたヒゲ。

正解は、「トトロ」です!

みなさん、「トトロ」のことをご存知ですか?
オタリアという種類のアシカの仲間で、今年で26歳になります。
ヒトの年齢でいうと、もう立派なおばあちゃんです。
私がえのすいトリーターになって、初めて鰭脚類で担当したのが「トトロ」で、本当に動物の接し方をたくさん教えてくれています。

さてさて、もう一問クイズです!

「トトロ」はこの写真を撮るまであることをしていました。
さて、あることとはいったいなんでしょうか?
ヒントはこちらの写真!普段のトトロの姿です。


正解は、寝てましたーー!
アシカたちは寝る時は陸に上がって寝ます。
そのため寝ているときは、体の毛が乾いて、茶色になることがあるんです。
寝ているときに上撮影したから写真です。


顔の周りが茶色になると、印象が全然違いますよね。

みなさんもアシカたちの体毛の色に注目してみて、
ぜひその前にどんなことをしていたか想像してみてください。

「トトロ」おやすみー。いい夢みてね。

イルカショースタジアム


2019.02.08 トリーター:笠川

2019/02/08 今週のおすすめ

ボラ
ボラ

地味だけど、面白い生き物はたくさんいます。色や模様のあるものに目が行きがちですが、ぜひ、目を止めてみてください。きっと、隠れた魅力に気が付けるはずです。

まず、手始めに、私からボラをおすすめします。

いろいろな水槽にいますが、相模湾大水槽では、水面で口をパクパクさせながら泳いでいる魚がボラです。可愛らしいです。このパクパクで水面がきれいになっています。

実はこのボラ、よく河口などで群れていたり、ジャンプしていたりするので、みなさんももしかしたら目にしている魚かもしれません。また、カラスミは、このボラの卵巣です。そして、ボラは出世魚(オボコ→イナッコ→スバシリ→イナ→ボラ→トド)になります。

意外に身近な魚であるボラなのに、その姿がすぐ思い浮かばない人のほうが多いかもしれません。この機会に、ぜひ、じっくり眺めてみてください。
トロピカル水槽にいるオニボラもおススメです。胸鰭が黒いのが特徴です。


オニボラ

朝、よく目にすることが多いのですが、トロピカル水槽にいるトビエイたちが、隅の底で一列になっていることがあります。なんだかかわいらしい光景です。タイミングが合えば、見ることができるかもしれません。
トビエイたちは、泳いでいる姿もかわいらしいので、ぜひゆっくり観察してみてください。


トビエイ


2019.02.07 トリーター:角張

2019/02/07 ついつい気になる

カゴカキダイ
カゴカキダイ

このところ日によって気温差が激しいですね。
土曜日には雪の予報も…
みなさん体調には気を付けてくださいね。

さて、今日は最近私が気になって仕方ない生き物をご紹介します。

それは、今上陛下のご研究、キイロサンゴハゼの水槽にいる「カゴカキダイ」!

黄色と黒の縞模様に、くりくりとした目がとってもかわいらしい魚です。
相模湾大水槽などにも暮らしているのに、どうしてわざわざ紹介しているのかというと、
この展示にいるカゴカキダイは、まだ小さい子どもの姿なんです!

もともとカゴカキダイは好きな魚ですが、あの小ささの個体を見たのは初めてで、一目ぼれしました(笑)
えのすいにやってきた当初よりもふた周りくらい大きく成長していますが、まだまだ小さく、だいたい3cmくらいです。(ちなみに大人は15~20cmくらいに成長します)

動きが速いので写真を撮ろうにも、スマホで挑戦するとどうしてもぶれてしまいます…
今朝もうまく撮れなかったので、結局LivePhoto機能に頼ってしまいました(笑)


本人撮影の写真

諦めずにこれからもシャッターチャンスを狙っていこうと思います!

相模湾大水槽のカゴカキダイたちも群れになって泳ぐ姿がとっても素敵なので、ぜひ子どもと大人、両方のカゴカキダイたちに注目してみてくださいね。

ダイビングショー「フィンズ」でのリクエストもお待ちしていますよ!!

今上陛下のご研究コーナー


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!