• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2018.12.17 トリーター:岩崎

2018/12/17 ソウシハギ


先日ソウシハギが話題になりました。
カワハギに似ていますが、内臓に猛毒を蓄えている場合があるので、注意が必要です。

体の表面は全体的に黒い水玉模様で、きれいな青い線や点が入っていることで、近縁種のカワハギの仲間と見分けることができます。
ほうきのような大きな尾びれと、上向きに開いた口に、鋭く尖った歯があることも特徴的です。
この鋭い歯で削ぎ取って食べることができるので、サンゴのような姿で硬い、イワスナギンチャクの仲間を食べることができます。
このイワスナギンチャクの仲間に、猛毒パリトキシ様の毒性があって、ソウシハギはこの毒を内臓に蓄える性質があるようです。

何でも食べる雑食性の魚で、釣り餌も食べに来ることがあります。
筋肉には毒性が無いとされていて、沖縄では身が食用にされることもあるそうです。
食べ物由来の毒なので、内臓の毒性も個体差や地域差があるようです。
ただ、さばく時に内臓を傷つけて身に毒がまわる危険性や、同じ性質の毒を蓄えるアオブダイやハコフグなどでは、筋肉にも毒を蓄えている例があることから、釣れた時にはより安全を見越して食べない方が無難でしょう。

ソウシハギの主な生息域は、沖縄や奄美地方、本州では九州南部から四国、紀伊半島より南の暖かい海域です。
大きな個体は80~100cmくらいにまで成長するので、カワハギの仲間では大型の種類です。
15~30cmくらいの幼魚は、黒潮に乗って北上して、毎年夏から秋にかけて相模湾や房総半島にも現れます。
また、対馬暖流に乗って日本海側を北上し、ごくまれに北海道でも見つかることがあります。
大きな木の葉のような形をした扁平な体つきと、ほうきのような大きな尾びれは、海藻や流木などといっしょに、海面を漂うことに適しているようです。
海流を利用した長旅に適した体の形なので、ソウシハギが好む海水温が高い季節は、全国的に出会う可能性がある魚といえます。

ソウシハギは、猛毒があるからといって悪い魚ではありません。
鋭く尖った歯に注意が必要ですが、触っても大丈夫です。
模様がきれいで、泳ぐ姿はとてもユニークでかわいい魚なので、むやみに嫌ったり、雑に扱ったりしないようにしていただければと思います。

※「ソウシハギ」の展示は本日現在、行っておりません。


2018.12.17 トリーター:寺沢

2018/12/17 熱血獣医!寺沢塾後記

小学生のみなさん
事前課題発表、すばらしかったです。
私の想像を超えていました。中には、3分近い内容をすべて暗記して発表をされた方もいました。超音波検査のプローブに関する回答で、「非侵襲性」という単語を使い、私からのその意味を問う、答えも正しかったです。
普通、この言葉を知っている小学生はいません。
日大の鯉江先生から、大学生のプレゼンより、みなさんの方が素晴らしいとのお言葉でした。
恐るべし、小学生パワー!

中学生のみなさん
やっぱり、小学生よりも中学生の方が、血液塗沫標本の作り方は、とても上手でした。
今回の血液はバンドウイルカ、「ルイ」の血液で、君たちにとっては、標本としてと言うよりも、記念品としての価値の方が高いかもしれません。
もし、顕微鏡で見たい方は、1,000倍で油浸にして鏡顕してください。油浸とはオイルを対物レンズとスライドグラスの間に満たす方法です。
でも、せっかくの記念品が油でベタベタになってしまうので、油浸にする必要のない、400倍でも見れます。

保護者のみなさま
我が子の晴れ舞台から締め出して、誠に申し訳ありませんでした。
小5の某さんは、お父さんは酒を飲み過ぎてお母さんと喧嘩する、と饒舌に語ってくれました。
なぜ、彼女はそんな話をしたのでしょうか?
標本をアルコール固定したからでしょうか?
耳の痛い話です。

最後に、

中2女子某さん、小5女子某さん
獣医になる夢、ぜひ叶えてください。

塾長より

中萬学院グループ 2018年度「えのすい海の学校」inなぎさの体験学習館


2018.12.16 トリーター:城戸

2018/12/16 「ユメ」の挑戦


こんにちは。今日はフンボルトペンギンの「ユメ」についてお話します。

ユメは「ホワイト」という雄と番になろうとしている最中です。
交尾行動も見られようになり、繁殖に期待を寄せていました。

昨年は、産卵の傾向である「体重の増加」はみられましたが、産卵はしませんでした。
しかし、今年は産卵しました!!!

現在は、12月14日に産卵した卵を「ユメ」が巣の中で温めています。
「ユメ」は今まで卵を温めた経験がなく、ちゃんと温められるか不安な部分がありましたが、今のところは大丈夫そうです。
しかし、「ユメ」が回りを警戒していて、少し近くで動くだけでも巣から真剣な表情で外のようすを伺っています。
ここまで「ユメ」が警戒態勢になっているのは見たことがなかったので、それだけ初めての抱卵は大変なのだなと実感しました。
因みにベテランになってくると、警戒はもちろんしていますが、少しのことでは動じず、私たちが巣の中を覗いても、湯たんぽ代わりのように卵を抱きながら寝ているペンギンもいます。

そして、この「ユメ」の挑戦には、相方の「ホワイト」の協力も必要です。
フンボルトペンギンは雄と雌が交代で約40日、卵を温め、その後の子育ても協力して行っていきます。

しかし、今のところ「ホワイト」と「ユメ」が温める係を交代する素振りはありません。
もう少しようすをみて、「ホワイト」が卵を温められるよう手助けをしていくつもりです。

嬉しい報告が出来るよう、ペンギンと一緒に頑張っていくので、ぜひ暖かく見守ってください☆

ペンギン・アザラシ


2018.12.15 トリーター:山本

2018/12/15 江の島のフウリンクラゲ


寒い寒い… 一気に寒くなりましたね。先日、今年一年を表す漢字が発表されておりましたが、みなさんはどんな一年でしたでしょうか。
私にとってこの一年は、漢字で表すと「管」でした。なぜかというと、今年一年さまざまなクラゲに関わりましたが、その中でも特に「管(クダ)クラゲ」と呼ばれるクラゲたちが、私の視野を広げ、さまざまなことを教えてくれたからです。

管クラゲとは「ヒドロ虫綱管クラゲ目」に属するクラゲたちのことで、私の大好きな「カツオノエボシ」や、ちょっと前に展示していた「ボウズニラ」、えのすいクラゲの日では常連の「ヒトツクラゲ」などが属しています。
一見すると、クラゲとは思えないような形のものが多く、その生活史も複雑です。飼育が難しいので長期展示ができず、馴染みのない方もいるかもしれませんね。
そんな管クラゲたちには、今年一年大変お世話になりましたので、感謝をこめて、私の今年最後の日誌もちょっと前に江の島でとれた管クラゲのご紹介です。


12月4日、いつものように江の島でとってきたクラゲを観察していると、小さな小さな管クラゲの幼生を見つけました。種類は全くわかりません。なんかカツオノエボシの幼生に似ているねーと、クラゲチームで騒いでいたら、一日経つとこんな形に…!↓


大きさは0.8㎜ほどです。この時点で、泳鐘(オレンジの丸のところ)という泳ぐ専門の部分ができていますので、カツオノエボシではないことが分かりました。一日でこんなにも体の形が変わってしまうんですね…! すごい!
次の日観察してみると、さらに形を変えていました↓


昨日と全然違う! もうまったく何クラゲか分かりません。大きさは1㎜ほどになりました。
そして2日後…こんな形になっていました↓ 動画でどうぞ


大きさは1.5㎜ほど。まさかこんな形になるとは…! この外見から、恐らくこのクラゲは「フウリンクラゲ」の仲間であると考えられます。
フウリンクラゲって素敵な名前ですよね。一度完璧な状態で採集された個体を見たことがあるのですが、丸くて透明でとってもきれいなクラゲでした(表紙の写真のクラゲです)。育てないと絶対にわからなかったなー。
江の島でクラゲを採集していると、多くの幼体のクラゲが採集されますが、実は大体の種類が判別できません。そんな時は、育ててからようやく種を判断するのですが、今回はまさにこのパターンです。
残念ながらこの成長したフウリンクラゲ(?)は、溶けていなくなってしまいましたが、私たちに驚きの成長過程や飼育方法、管クラゲという生きものの面白さを改めて教えてくれたのでした。

来年はどんなクラゲたちに出会えるかな。
クラゲのみなさま、今年もお世話になりました。来年もよろしく。

クラゲサイエンス


2018.12.14 トリーター:笠川

2018/12/14 今週のおすすめ

アイブリ
アイブリ

アイブリ

名前にブリとありますが、ブリではありません。アイブリです。一属一種の珍種です。群れる魚ではないので、まとまって入ることはあまりありません。私も最初、アイブリと聞いても魚の姿が出てきませんでした。
今回の個体はまだ若い個体のようで縞模様があります。顔もなんだかとぼけた感じで、可愛らしいなと個人的には思います。きっちりと入っていない横縞もいい味を出しています。
ちなみに魚の縞模様は頭を上にしてみるので、アイブリは横縞です。今イチオシですので、ぜひご覧ください。そして、せっかくなので、ぜひ名前も覚えてあげてください。
[ 名前はブリでもブリじゃない。一属一種の珍種「アイブリ」展示開始! ]

キャノンボールジェリー

現在放映されているGoogleさんのCMで出てくるクラゲがこのキャノンボールです。ポコポコと泳ぐ姿が可愛らしいですよね。現在、小さめの個体がたくさん入っています。
このキャノンボール、クラゲの柔らかくて軟弱という概念を覆しています。硬いです。かなりしっかりしています。すくいあげても、ペチャッとなりません。形をしっかりとキープしています。
毎日エフィラが出ているので、裏でたくさん育てています。今や定番種になりつつあります。オススメです。


キャノンボールジェリー


2018.12.14 トリーター:遠山

2018/12/14 血液、とったぞぉ~~!!

針をさす!!
針をさす!!

やりました! タイトルにもあるように血がとれました!!!
日ごろから私が実施しているゴマフアザラシの『ココ』の採血トレーニングでやっと血がとれました。後ろ足をちょっと触るだけでブンブン振っていたのがウソのようです。


血が出てきた!!


とれたぞ!!

これで基本的な健康管理である体重測定、体温測定、採血ができるようになりました。『ココ』ほんまありがとうね。私のいろいろな経験からですが、ここまでできると、あとはレントゲンや、超音波(エコー)検査も『ココ』ならできるはずです。

以前にもこのトリーター日誌でお伝えしましたが、できないことができるようになると本当に嬉しいです。動物との信頼関係があると痛みを伴う採血も私たちと一緒にできるようになります。これだけに満足せず、今も新しい健康管理のトレーニングを実施しています。私も今までの経験上でできたことがないですし、えのすいでも初となります。完成すればまたトリーター日誌にもアップしようと思っていますので楽しみにしていてください。

ペンギン・アザラシ


2018.12.13 トリーター:伊藤

2018/12/13 リュウグウノツカイを見た朝


みなさまこんにちは。
突然ですが、今朝早くに突然電話が鳴りまして、飛び起きました。
こういう場合、水槽が割れちゃったとか、停電だとか、ついダークな方に考えてしまうのですが、今朝は違いました。超朗報です。

江の島定置網の漁師さんから第一声「生きたリュウグウノツカイが採れたよ!」

これはすぐに行かねばなりません。しかし、私の家から会社までどう頑張っても30分はかかります。こんな時は、当直者頼み。
水族館では、こういう時?のために、何名か職員が泊まり込んでいるのです。今宵はイルカ担当の池光トリーター。急いで電話で起こし(当直者も寝ている時間なのです)、市場に直行してもらいました。

その後、ドタバタと水族館に到着すると、すでに魚は搬入されていました。残念ながら、魚体の後ろの方が切れてしまっていましたが、まだ生きています。状態は良いとは言えませんが、そもそも、本種の生きている挙動自体、見るのが初めてですので、大興奮です。
例えば、鰓ブタはバフバフと動かしながら、口はほとんど閉じっぱなしだったり、鰭の動きはカワハギやギムナルクスのように滑らかに波打たせる、といったところです。元気に海で暮らしていた時の動きを想像することができます。

残念ながら、日が昇るころには絶命してしまったのですが、今後、綺麗な標本などに仕上げて、深海コーナーなどでお見せできればと考えております。




以上、展示のない話題だけだとアレなので、いくつか別の話題も書きたいです。

担当している相模湾ゾーンに新生物がいくつか登場しています。
川魚のジャンプ水槽にソウギョ、湘南港水槽にマダコ(再登場)、相模湾キッズ水槽にアサヒガニ、そしてシラスサイエンスです。

真ん中で新たに育成を始めた個体たちは全て、飼育下7世です。昨年の今頃に生まれた飼育下6世たちが成魚になり、ついに卵を産んでくれたのです。相変わらず育成に苦労がつきまといますが、元気に育つようすをお見せしたいところです。


マダコ


アサヒガニ


シラスサイエンス

相模湾ゾーン


2018.12.12 トリーター:島森

2018/12/12 普段のようす

屋内獣舎内での普段のようす。
何気なく覗くと、いろんな格好で休んだり寝ていたりしています。今回はその一部をお届け。

め~っちゃリラックスしていたり。


ルシアの最近のブームスタイル。

変な格好で寝ている個体がいたり。


ちなみに、手前アポロ、奥がライラ。
こんな風に、各々の好きな休み方や寝方があるのはおもしろいですよね。
覗いた時に見つけると、ほっこりします(^^)
みなさんに実際には見てもらえないので、今度また写真が撮れたらお届けしようと思います。お楽しみに♪

イルカショースタジアム


2018.12.11 トリーター:鈴木

2018/12/11 飼育下三世のフウセンウオ展示スタート!


こんにちは、鈴木です。
ひさびさにフウセンウオの話です。

超低温水槽ゆえに懸念していた夏場の冷却問題も何とか乗り越え、結露については大変ご迷惑をかけつつもみなさまの暖かさに支えられ・・(詳しくは 過去の日誌 をご覧ください)、あれよあれよという間に展示を始めて、来月で1年になります。

いつも、この展示を応援してくださってくれるみなさま、誠にありがとうございます。
さて、今回は大変うれしいご報告です。

今月12月4日より、えのすい生まれ飼育下三世のフウセンウオの展示をスタートしました!
この水槽で展示している(えのすい生まれの)フウセンウオたちの産卵が今年4月頃から始まり、6月~8月に孵化し、バックヤードで大切に飼育しておりました( 過去の日誌 参照)。


そして、このたび、稚魚用ケースで飼育できるまでの大きさに成長しましたので展示に至りました。

念願の親子の展示が叶い、本当にうれしいです。
良く食べ、日々大きくなっているので、ぜひ(いちばん可愛い?)今のサイズの子どもたちを、どうぞお早めに見に来てくださいね!


[ 北の海のアイドル!“えのすい”生まれの「フウセンウオ」たち ]

太平洋


2018.12.10 トリーター:富田

2018/12/10 雛成長記録 7

(大きいですがいちばん手前が雛です)
(大きいですがいちばん手前が雛です)

みなさんこんにちは!
今回は前回の日誌に引き続き雛のようすをお伝えします!
じつは今日から展示プールの仕切られたいちばん右側の場所で、泳ぎの練習を始めました!

はじめはきょろきょろしていましたが、自ら入水!


はじめての展示プールは思ったよりも深くて慌てたのか、一瞬で陸に上がってきました(笑)。上から見ている育ての親のルビー(赤のタグ)、冷静です。


その後も自分で泳いで上がって、大人にちょっかいを出して、を繰り返して楽しそうにしていました。


今日は短い時間だけでしたが、今後も続けていくのでタイミングが合えば展示プールで泳いでいる雛が見られるかもしれません! 模様で簡単に見分けられるので、ぜひ探してみてくださいね!

[ 2018/08/12 雛成長記録 ]
[ 2018/08/24 雛成長記録 2 ]
[ 2018/08/28 雛成長記録 3 ]
[ 2018/09/08 雛成長記録 4 ]
[ 2018/09/16 雛成長記録 5 ]
[ 2018/11/28 雛成長記録 6 ]

ペンギン・アザラシ


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!