• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 展示 > 新着生物

新着生物

群れでの展示はえのすい初、イボダイ展示中

展示開始日:2015年12月29日(火)~

イボダイ (疣鯛)

学名:Thais clavigera
英名:Pacific rudderfish
スズキ目 イボダイ科
採集場所:相模湾(小田原定置網)
展示場所:太平洋


ほぼグレー一色でお世辞にも派手とは言えない魚ですが、干物などでは大変美味しい魚です。特徴は鰓ぶたの横にある疣のような黒い斑点で、これが名前の由来にもなっています。
この辺りでは「エボダイ」とも呼ばれており、この時期は魚屋さんでもよく見かけます。
自然の海では群れで遊泳する魚ですが、今まで複数をうまく生かすことができず、少数での展示しかできませんでした。しかし、試行錯誤の上、今回初めて複数で群れでの展示ができました。

地味ですが、集まって泳ぐ姿は上品でとてもきれいですので、ぜひ見に来てください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

とってもありがたい?深海にすむエビ「千手蝦」

メンダコの生態解明への挑戦! お耳が生えた深海のアイドル「メンダコ」

センジュナマコやユメナマコと同じ仲間の深海ナマコ 「ヒメカンテンナマコ」展示開始

貴重な深海生物「ホネクイハナムシ」の累代繁殖個体を公開

マレーシアからやって来た根口クラゲの仲間。 「リクノリーザ・マライエンシス」えのすい初展示

「クリサオラ・プロカミア」えのすい初展示

愛らしい「フウセンウオ」がお目見え

相模湾産は初展示! 1科1属1種の珍魚チョウセンバカマ展示開始

イサキと名の付くハナダイの仲間 「アカイサキ」えのすい初展示!!

相模湾初記録! 大きな口と赤褐色の斑紋が特徴的な南方系ハタの仲間

イルカの別名を持つ大型回遊魚“シイラ”展示開始!

一世紀ぶり!オホーツク海で見つかった新種のクリオネ 「ダルマハダカカメガイ」えのすい初展示

鮮やかなトロピカルカラー「モンガラカワハギ」展示開始

深場にすむアジの仲間「オアカムロ」えのすい初展示!

おちょぼ口でクリっとした眼が愛らしい「ベニカワムキ」

冬が旬!「キンメダイ」展示中

群れでの展示はえのすい初、イボダイ展示中

真っ赤な体に大きな目「チカメキントキ」展示開始

えのすい初!なかなか市場に出回らない 知る人ぞ知る高級魚「アラ」展示公開中

バンドウイルカの「ミュー」が出産! 元気な赤ちゃんが誕生しました!

深海の高級魚「アブラボウズ」えのすい初展示!

長く平たい剣状の吻をもつ「ノコギリザメ」展示飼育開始

世界最大のダンゴムシのなかま 「ダイオウグソクムシ」(大王具足虫)の展示開始! ~深海にすみ体長45cmになるダンゴムシ~

硫化鉄の鱗を鎧のように身にまとった巻貝として 世界中で話題になった「ウロコフネタマガイ」 (俗称:スケーリーフット)、標本展示中!