• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 展示 > 新着生物

新着生物

群れでの展示はえのすい初、イボダイ展示中

展示開始日:2015年12月29日(火)~

イボダイ (疣鯛)

学名:Thais clavigera
英名:Pacific rudderfish
スズキ目 イボダイ科
採集場所:相模湾(小田原定置網)
展示場所:太平洋


ほぼグレー一色でお世辞にも派手とは言えない魚ですが、干物などでは大変美味しい魚です。特徴は鰓ぶたの横にある疣のような黒い斑点で、これが名前の由来にもなっています。
この辺りでは「エボダイ」とも呼ばれており、この時期は魚屋さんでもよく見かけます。
自然の海では群れで遊泳する魚ですが、今まで複数をうまく生かすことができず、少数での展示しかできませんでした。しかし、試行錯誤の上、今回初めて複数で群れでの展示ができました。

地味ですが、集まって泳ぐ姿は上品でとてもきれいですので、ぜひ見に来てください。


青く美しい危険なデンキクラゲ 「カツオノエボシ」展示中

育ててみたら思わぬ珍種 「オシャレコショウダイ」展示開始

えのすいトリーターが釣り上げました! 黄色の模様が美しい「ヒメハナダイ」展示中

丸くてかわいいキラキラきれいなアジの仲間 「マルコバン」展示中

新江ノ島水族館初 人工授精でバンドウイルカの赤ちゃん誕生!

歩きづらそうな、長い脚が魅力的な深海のカニ 「ヒラアシクモガニ」

平家の怨念? イズヘイケガニ

超貴重!ジャグジー付き海底温泉にくらす 「タイワンホウキガニ」展示開始

ノドグロと呼ばれるいわずと知れた高級魚、 「アカムツ」初展示!!

ハサミの先がひづめの形「ヒヅメガニ」展示開始

発光する深海のナマコ「ハゲナマコ」

大きな頭にブヨブヨな体の“ヤマトコブシカジカ”

クリッとした眼が愛らしい“ヨコスジクロゲンゲ”

“ボタンエビ”と呼ばれているけど、“ボタンエビ”じゃない?! 「トヤマエビ」展示開始

背中の大きなトゲは怪獣のよう!? “ゴジラエビ”と呼ばれる「イバラモエビ」展示開始

透明なストローから顔を出す姿がかわいい 「ナナテイソメ科の一種」

“えのすい”の注目の的!「マトウダイ」展示開始

えのすい初! 細くて赤くて何だか違和感「ハチビキ」の幼魚、展示開始

江の島に深海魚「リュウグウノツカイ」現る リュウグウノツカイの標本公開

おめでたい「ホテイウオ」を展示開始

おさかな界の真っ赤なルビー「ホウセキキントキ」展示開始

イワシの名を持つ和製レインボーこと「トウゴロウイワシ」展示開始

釣り師の憧れGT 「ロウニンアジ」展示開始

白くて巨大なハサミが目立つ「ハクセンシオマネキ」展示開始

隠れた高級魚「メダイ」展示開始

鬼に金棒!?「オニカナガシラ」初展示

春本番!おめで鯛「キダイ」を展示開始!

ヒゲダイが身だしなみを整えた?「ヒゲソリダイ」展示開始

ポコポコ泳ぐかわいらしいクラゲ 「キャノンボールジェリー」展示開始

北の海のアイドル! “えのすい”生まれの「フウセンウオ」たち