• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 展示 > 新着生物

新着生物

甲羅の大きさが世界最大!
オーストラリアの巨大ガニ
「オーストラリアオオガニ」展示開始

展示開始日:2017年1月1日(祝・日)~3月12日(日)

オーストラリアオオガニ (タスマニアキングクラブ)

学名:Pseudocarcinus gigas
英名:Tasmanian giant crab
分類: 十脚目 イソオウギガニ科
分布: タスマニア島を含むオーストラリア南部周辺(水深20~200m)
体重 7.1kg、甲幅 28.7cm (2016年12月22日 計測)
展示場所: 深海Ⅰ(タカアシガニ水槽)


日本に生息するタカアシガニは脚を広げた大きさが3mを越え「世界最大のカニ」と言われますが、本種は『甲羅の大きさで世界最大』で、大きな個体では甲幅(甲羅の幅)が60cm、重さは15kgほどの大きさになるものもいます。


主に、オーストラリア南部の水深100~200mに生息していますが、水深20mほどの所でも見られるそうです。現地ではカニ籠漁などで食用として漁獲されており、さらに希少食材として世界にも流通しています。
巨大なハサミを持っていますが、性格はおとなしく、むやみに攻撃するようなことはありません。


このエントリーをはてなブックマークに追加

マレーシアからやって来た根口クラゲの仲間。 「リクノリーザ・マライエンシス」えのすい初展示

「クリサオラ・プロカミア」えのすい初展示

愛らしい「フウセンウオ」がお目見え

相模湾産は初展示! 1科1属1種の珍魚チョウセンバカマ展示開始

イサキと名の付くハナダイの仲間 「アカイサキ」えのすい初展示!!

甲羅の大きさが世界最大! オーストラリアの巨大ガニ 「オーストラリアオオガニ」展示開始

相模湾初記録! 大きな口と赤褐色の斑紋が特徴的な南方系ハタの仲間

イルカの別名を持つ大型回遊魚“シイラ”展示開始!

一世紀ぶり!オホーツク海で見つかった新種のクリオネ 「ダルマハダカカメガイ」えのすい初展示

鮮やかなトロピカルカラー「モンガラカワハギ」展示開始

深場にすむアジの仲間「オアカムロ」えのすい初展示!

太古の昔からほとんどその姿を変えず子孫を残してきた、 生きた化石「オウムガイ」展示

江の島に現れた巨大なワタリガニ「アミメノコギリガザミ」展示

おちょぼ口でクリっとした眼が愛らしい「ベニカワムキ」

冬が旬!「キンメダイ」展示中

群れでの展示はえのすい初、イボダイ展示中

真っ赤な体に大きな目「チカメキントキ」展示開始

えのすい初!なかなか市場に出回らない 知る人ぞ知る高級魚「アラ」展示公開中

バンドウイルカの「ミュー」が出産! 元気な赤ちゃんが誕生しました!

深海の高級魚「アブラボウズ」えのすい初展示!

長く平たい剣状の吻をもつ「ノコギリザメ」展示飼育開始

世界最大のダンゴムシのなかま 「ダイオウグソクムシ」(大王具足虫)の展示開始! ~深海にすみ体長45cmになるダンゴムシ~

硫化鉄の鱗を鎧のように身にまとった巻貝として 世界中で話題になった「ウロコフネタマガイ」 (俗称:スケーリーフット)、標本展示中!