• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 展示 > 新着生物

新着生物

相模湾産は初展示!
1科1属1種の珍魚チョウセンバカマ展示開始

展示開始日:2017年1月8日(日)~

チョウセンバカマ

学名:Banjos banjos
採集場所:相模湾
展示場所:相模湾ゾーン(沿岸水槽)


南日本から東シナ海、オーストラリアにかけての水深50m~400mの深場に生息し、相模湾ではごく稀に定置網などに入るようです。
別名「トゲナガイサキ」とも呼ばれます。漢字では「朝鮮袴」と書き、李朝の時代に日本へ派遣された役人の衣装に似ていることからこの名がつけられたと言われています。
英名は、形がギターに似た弦楽器のバンジョーに似ていることからバンジョーフィッシュと呼ばれ、学名もそれにちなんでつけられました。
幼魚にはカゴガキダイのようにくっきりとした縦じま模様がありますが、成長すると横じまに変わり、徐々に模様が薄くなります。
魚類の中で種類の多いハゼ科は210属、1950種もいますが、チョウセンバカマ科は1属1種しかいない珍魚です。

今回の個体は江の島の釣船で偶然釣れたものをいただき、展示に至りました。
えのすいでの展示は、2009年に沖縄県産の個体を展示して以来、8年ぶりとなります。


体色を自在に操る小魚ハンター「アオリイカ」展示開始

緑がかった黄金色 ドラゴンのような風貌のシイラ(幼魚)展示開始

青い斑紋が浮かび上がる 美しい猛毒ダコ「ヒョウモンダコ」展示中

成魚は人を襲うことも。「バラクーダの幼魚」展示開始

白くて巨大なハサミが目立つ「ハクセンシオマネキ」展示開始

泳ぐ姿は海の中のツバメ!?

謎多き深海の発光するナマコ「ハゲナマコ属の一種」

「ウミガメの浜辺」でアオウミガメの子が生まれました。 8月20日(月)より 子ガメの展示を開始!

珍種ガニ よくよく見たら超珍種 「ツブイボショウジンガニ」展示開始

隠れた高級魚「メダイ」展示開始

海の中にもハチがブンブン?

鬼に金棒!?「オニカナガシラ」初展示

春本番!おめで鯛「キダイ」を展示開始!

ヒゲダイが身だしなみを整えた?「ヒゲソリダイ」展示開始

“蛇腹ホース”が動く!?「ミョウガガイ」

ポコポコ泳ぐかわいらしいクラゲ 「キャノンボールジェリー」展示開始

北の海のアイドル! “えのすい”生まれの「フウセンウオ」たち

冬のアイドル 小さなお団子みたいな魚「ダンゴウオ」展示開始

ベテラントリーターも見るのは初めて! 1属1種の珍魚「トビハタ」初展示

加茂水族館の協力により“えのすい”初展示 「リクノリーザ・ルサーナ」展示開始

“えのすい”生まれのトラザメの赤ちゃんと卵

冬の妖精「クリオネ」展示中!

相模湾では珍種!「スジモヨウフグ」

巻貝ですが・・・ 伝説の大盗賊!? 変わった深海貝「クマサカガイ」展示

謎に満ちた深海の白いウニ

珍しい相模湾産ジョーフィッシュ。 「アゴアマダイ」の展示を始めました。

胸毛で育てたバクテリアを食べる「ゴエモンコシオリエビ」

貴重な深海生物「ホネクイハナムシ」の累代繁殖個体を公開

相模湾産は初展示! 1科1属1種の珍魚チョウセンバカマ展示開始

イサキと名の付くハナダイの仲間 「アカイサキ」えのすい初展示!!