• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 展示 > 新着生物

新着生物

貴重な深海生物「ホネクイハナムシ」の累代繁殖個体を公開

展示開始日:2017年3月1日(水)~

ホネクイハナムシ

学名:Osedax japonicus
多毛綱 ケヤリムシ目 シボグリヌム科
展示場所:深海l~JAMSTECとの共同研究~


ホネクイハナムシ(学名: Osedax japonicus)は、2006年に鹿児島県野間岬沖で採集された個体をもとに種の記載がなされました。現在、累代繁殖が可能なホネクイハナムシ類は本種のみです。

ホネクイハナムシ類(俗称:ゾンビワーム)は2004年に初めてカリフォルニア沖の鯨骨から発見・報告された Osedax 属の動物です。
ゴカイを含む多毛類のなかまで、現在世界で11種類(未記載種を含めると約30種)が報告されていますが、いずれも海底に沈んだ鯨骨から発見されています。
Osedax はラテン語で“骨をむさぼり食う者”という意味で、名前のとおり、体の一部(樹根状栄養体部、通称“根”)から酸や消化酵素を分泌することで骨を溶かし、根から栄養を吸収しつつ、その内部に入り込みます。
体内に共生する細菌もホネクイハナムシ類の栄養獲得に関与していると考えられていますが、詳しいことはまだわかっていません。
また実験的にさまざまな脊椎動物の骨を海底に設置した結果、鯨骨だけではなく、豚骨や魚の骨にも付着して生きられることがわかっています。
メスは40mmほどで、分泌した薄いゲル状の棲管の中に収まっています。一方、オスは顕微鏡サイズ(約0.5mm)の矮雄(雌雄異体の動物で、メスに比べて著しく小型なオス)で、オスがメスの体に付着することによって、受精します。棲管の外側に粘液を分泌し、その粘液中に産卵し、幼生になるまでは粘液中で発生します。
受精卵は発生して幼生になると繊毛を使って泳ぎ、新たな骨に付着すると変態して成体になります。

公開を開始したホネクイハナムシは、2012年にJAMSTEC 宮本教生研究員らにより鹿児島県野間岬沖の水深225mで採集され、JAMSTECとの共同研究のために、2016年10月より当館で飼育を開始した個体が繁殖したものです。
宮本研究員より技術指導を受け、当館での累代繁殖の方法が確立されたため、このたび公開に至りました。現在当館では繁殖を行いながら、飼育方法の改善や水温と生存期間の関係などの研究を進めています。
※2006年2月に当館で公開したOsedax sp.とは別種となります。


新江ノ島水族館では、2004年より国立研究開発法人海洋研究開発機構(以下 JAMSTEC)と共同で深海生物の長期飼育方法に関する研究開発を行っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

とってもありがたい?深海にすむエビ「千手蝦」

メンダコの生態解明への挑戦! お耳が生えた深海のアイドル「メンダコ」

センジュナマコやユメナマコと同じ仲間の深海ナマコ 「ヒメカンテンナマコ」展示開始

貴重な深海生物「ホネクイハナムシ」の累代繁殖個体を公開

マレーシアからやって来た根口クラゲの仲間。 「リクノリーザ・マライエンシス」えのすい初展示

「クリサオラ・プロカミア」えのすい初展示

愛らしい「フウセンウオ」がお目見え

相模湾産は初展示! 1科1属1種の珍魚チョウセンバカマ展示開始

イサキと名の付くハナダイの仲間 「アカイサキ」えのすい初展示!!

相模湾初記録! 大きな口と赤褐色の斑紋が特徴的な南方系ハタの仲間

イルカの別名を持つ大型回遊魚“シイラ”展示開始!

一世紀ぶり!オホーツク海で見つかった新種のクリオネ 「ダルマハダカカメガイ」えのすい初展示

鮮やかなトロピカルカラー「モンガラカワハギ」展示開始

深場にすむアジの仲間「オアカムロ」えのすい初展示!

おちょぼ口でクリっとした眼が愛らしい「ベニカワムキ」

冬が旬!「キンメダイ」展示中

群れでの展示はえのすい初、イボダイ展示中

真っ赤な体に大きな目「チカメキントキ」展示開始

えのすい初!なかなか市場に出回らない 知る人ぞ知る高級魚「アラ」展示公開中

バンドウイルカの「ミュー」が出産! 元気な赤ちゃんが誕生しました!

深海の高級魚「アブラボウズ」えのすい初展示!

長く平たい剣状の吻をもつ「ノコギリザメ」展示飼育開始

世界最大のダンゴムシのなかま 「ダイオウグソクムシ」(大王具足虫)の展示開始! ~深海にすみ体長45cmになるダンゴムシ~

硫化鉄の鱗を鎧のように身にまとった巻貝として 世界中で話題になった「ウロコフネタマガイ」 (俗称:スケーリーフット)、標本展示中!