• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 展示 > 新着生物

新着生物

珍しい相模湾産ジョーフィッシュ。
「アゴアマダイ」の展示を始めました。

展示開始日:2017年6月2日(金)~

アゴアマダイ

学名:Opistognathus hopkinsi
スズキ目 アゴアマダイ科
体長 約 10cm
採集場所:相模灘西部(真鶴半島沖) 水深 70~80m
展示場所:相模湾ゾーン 相模湾キッズ水槽


アゴアマダイの仲間は、世界中の暖かい海に分布します。
海底に巣穴を掘り、そこから出入りしたり、顔だけを覗かせるひょうきんな動きから、特にダイバーの間で人気があり、英語でJawfish (ジョーフィッシュ:顎の魚) の名前で親しまれています。

今回、展示したアゴアマダイは、サンゴ礁の浅い海にくらす他のアゴアマダイ科と比べると大変稀な種です。
その理由として、

死ぬと体色がすぐにあせてしまう。

生息水深が 50m以上で、人が手軽に潜水することができない深場にすんでいる。

などが挙げられます。
これらのことから、近年まで生きている姿がほとんど記録されたことがなく、謎に包まれていました。

今回、神奈川県湯河原町の遊漁船「天恵丸」さんより、真鶴半島沖の水深 70~80mで釣られた1個体を譲り受けました。
バックヤードで傷の治療など展示の準備をしていたところ、巣作りや摂餌が見られるようになったので、このたび展示の運びとなりました。
生きている姿を見ること自体が大変貴重なこの魚を、ぜひご覧ください。

※生物の状態により、短期間の展示となる可能性があります。
※本種の生態から、巣穴に潜って見えなくなっている時があります。予めご了承ください。





“えのすい”の注目の的!「マトウダイ」展示開始

「アマエビ」と呼ばれる、赤くておいしい深海エビ!! 「ホッコクアカエビ」

市松模様がユニークな相模川産「ヒナハゼ」展示開始

前に進める豆ころパンチ「マメコブシガニ」展示開始

5億年の時を生きる“生きた化石”「トリノアシ」展示

えのすい初! 細くて赤くて何だか違和感「ハチビキ」の幼魚、展示開始

江の島に深海魚「リュウグウノツカイ」現る リュウグウノツカイの標本公開

夜中に出歩く怪力蟹「イボイワオウギガニ」展示開始

おめでたい「ホテイウオ」を展示開始

茹でてないのに真っ赤。 原始的なカニ「アサヒガニ」展示開始

おさかな界の真っ赤なルビー「ホウセキキントキ」展示開始

まるでトカゲ?ワニ?ヘビ? 爬虫類のような魚「マエソ」展示開始

イワシの名を持つ和製レインボーこと「トウゴロウイワシ」展示開始

岩登りが好きな黒い触手のナマコ 「クロエリナマコ」えのすい初展示

釣り師の憧れGT 「ロウニンアジ」展示開始

白くて巨大なハサミが目立つ「ハクセンシオマネキ」展示開始

珍種ガニ よくよく見たら超珍種 「ツブイボショウジンガニ」展示開始

隠れた高級魚「メダイ」展示開始

海の中にもハチがブンブン?

鬼に金棒!?「オニカナガシラ」初展示

春本番!おめで鯛「キダイ」を展示開始!

ヒゲダイが身だしなみを整えた?「ヒゲソリダイ」展示開始

ポコポコ泳ぐかわいらしいクラゲ 「キャノンボールジェリー」展示開始

北の海のアイドル! “えのすい”生まれの「フウセンウオ」たち

ベテラントリーターも見るのは初めて! 1属1種の珍魚「トビハタ」初展示

加茂水族館の協力により“えのすい”初展示 「リクノリーザ・ルサーナ」展示開始

謎に満ちた深海の白いウニ

珍しい相模湾産ジョーフィッシュ。 「アゴアマダイ」の展示を始めました。

胸毛で育てたバクテリアを食べる「ゴエモンコシオリエビ」

貴重な深海生物「ホネクイハナムシ」の累代繁殖個体を公開