• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 展示 > 新着生物

新着生物

久々に展示成功。
魅惑のメタリックパープル「ミナミハタンポ」展示開始

展示開始日:2017年10月24日(火)~

ミナミハタンポ (南葉丹宝)

学名:Pempheris schwenkii
展示場所:相模湾ゾーン 季節来遊魚水槽


南日本の太平洋沿岸からインド、西太平洋にかけて広く分布しています。
大きな目と、紫色の鈍い金属光沢のある平たい体が目を引きます。
夜行性で、昼間は岩陰などで群れていることが多く、夜、活発に活動し浮遊性の小さなエビなどを食べ、成長すると全長 15cmほどになります。

動きはそれほど素早くないため、比較的容易に採集できますが、鱗が剥がれ、体の表面に擦り傷を負いやすく、これまでは長期飼育が難しい魚でした。
今回展示した個体は、採集時の網の素材を変えた事と採集後に手厚い手当を実施したところ傷が完治したので、展示に至りました。


春本番!おめで鯛「キダイ」を展示開始!

<展示終了> ポリプの時期を持たないクラゲ「ツヅミクラゲ」展示開始

硬そうな名前ですが、実はとても柔らかい 「ツノクラゲ」展示開始

ヒゲダイが身だしなみを整えた?「ヒゲソリダイ」展示開始

“蛇腹ホース”が動く!?「ミョウガガイ」

ポコポコ泳ぐかわいらしいクラゲ 「キャノンボールジェリー」展示開始

まるで福笑いのような顔「ダルマガレイ」展示開始

北の海のアイドル! “えのすい”生まれの「フウセンウオ」たち

冬のアイドル 小さなお団子みたいな魚「ダンゴウオ」展示開始

ベテラントリーターも見るのは初めて! 1属1種の珍魚「トビハタ」初展示

加茂水族館の協力により“えのすい”初展示 「リクノリーザ・ルサーナ」展示開始

“えのすい”生まれのトラザメの赤ちゃんと卵

オホーツク海で見つかった新種のクリオネ 「ダルマハダカカメガイ」展示!

冬の妖精「クリオネ」展示中!

久々に展示成功。 魅惑のメタリックパープル「ミナミハタンポ」展示開始

全ての脚に毛がフサフサ。 “すね毛ガニ”こと「トゲアシヒライソガニモドキ」展示開始

相模湾では珍種!「スジモヨウフグ」

相模川から再確認。ハサミにフサフサを持つ希少種 「タイワンヒライソモドキ」展示開始

巻貝ですが・・・ 伝説の大盗賊!? 変わった深海貝「クマサカガイ」展示

ユニークな顔立ちの「グソクムシの仲間」展示開始

念願の繁殖に成功! クラゲの人気種「ブルージェリー」繁殖個体を展示開始

謎に満ちた深海の白いウニ

珍しい相模湾産ジョーフィッシュ。 「アゴアマダイ」の展示を始めました。

バンドウイルカの「シリアス」が出産! 5月7日(日)、元気な赤ちゃんが誕生しました!

胸毛で育てたバクテリアを食べる「ゴエモンコシオリエビ」

貴重な深海生物「ホネクイハナムシ」の累代繁殖個体を公開

相模湾産は初展示! 1科1属1種の珍魚チョウセンバカマ展示開始

イサキと名の付くハナダイの仲間 「アカイサキ」えのすい初展示!!

相模湾初記録! 大きな口と赤褐色の斑紋が特徴的な南方系ハタの仲間

鮮やかなトロピカルカラー「モンガラカワハギ」展示開始