• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 展示 > 新着生物

新着生物

オホーツク海で見つかった新種のクリオネ
「ダルマハダカカメガイ」展示!

展示開始日:2017/12/15(金)~

ダルマハダカカメガイ (達磨裸亀貝)

学名:Clione okhotensis
採集場所:北海道網走のオホーツク海沿岸
展示場所:クラゲサイエンス


「ダルマハダカカメガイ」は、クリオネの仲間としては1902年の「ナンキョクハダカカメガイ」の発見以来、約一世紀ぶりの新種として2016年に日本人により報告されたものです。
北海道のオホーツク海沿岸で見つかったため、オホーツク海にちなんで学名は「クリオネ・オホーテンシス」と名づけられました。この発見により、クリオネ属は全部で 4種になりました。

体長は約 8mmでずんぐりして全体が赤く、体の大きさに対する翼足(翼のような部分)の大きさがハダカカメガイと比較すると小さいのが特徴です。
また、バッカルコーンと呼ばれる触手が短く、餌を食べる際にはハダカカメガイと異なりバッカルコーンを使用しません。
餌から出る化学物質を感じると、粘液を出して餌を探します。

※ダルマハダカカメガイは巻貝の仲間です。

※短期間の展示となる可能性があります。ご了承ください。


成魚は人を襲うことも。「バラクーダの幼魚」展示開始

白くて巨大なハサミが目立つ「ハクセンシオマネキ」展示開始

泳ぐ姿は海の中のツバメ!?

謎多き深海の発光するナマコ「ハゲナマコ属の一種」

「ウミガメの浜辺」でアオウミガメの子が生まれました。 8月20日(月)より 子ガメの展示を開始!

珍種ガニ よくよく見たら超珍種 「ツブイボショウジンガニ」展示開始

隠れた高級魚「メダイ」展示開始

海の中にもハチがブンブン?

鬼に金棒!?「オニカナガシラ」初展示

鋭い目つきと真っ赤な指先「クシテガニ」展示開始

春本番!おめで鯛「キダイ」を展示開始!

ヒゲダイが身だしなみを整えた?「ヒゲソリダイ」展示開始

“蛇腹ホース”が動く!?「ミョウガガイ」

ポコポコ泳ぐかわいらしいクラゲ 「キャノンボールジェリー」展示開始

北の海のアイドル! “えのすい”生まれの「フウセンウオ」たち

冬のアイドル 小さなお団子みたいな魚「ダンゴウオ」展示開始

ベテラントリーターも見るのは初めて! 1属1種の珍魚「トビハタ」初展示

加茂水族館の協力により“えのすい”初展示 「リクノリーザ・ルサーナ」展示開始

“えのすい”生まれのトラザメの赤ちゃんと卵

オホーツク海で見つかった新種のクリオネ 「ダルマハダカカメガイ」展示!

冬の妖精「クリオネ」展示中!

久々に展示成功。 魅惑のメタリックパープル「ミナミハタンポ」展示開始

全ての脚に毛がフサフサ。 “すね毛ガニ”こと「トゲアシヒライソガニモドキ」展示開始

相模湾では珍種!「スジモヨウフグ」

相模川から再確認。ハサミにフサフサを持つ希少種 「タイワンヒライソモドキ」展示開始

巻貝ですが・・・ 伝説の大盗賊!? 変わった深海貝「クマサカガイ」展示

謎に満ちた深海の白いウニ

珍しい相模湾産ジョーフィッシュ。 「アゴアマダイ」の展示を始めました。

胸毛で育てたバクテリアを食べる「ゴエモンコシオリエビ」

貴重な深海生物「ホネクイハナムシ」の累代繁殖個体を公開