• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 展示 > 新着生物

新着生物

初の長期飼育に期待大!ヤマトカマス展示開始!

展示開始日:2020年6月27日(土)~

ヤマトカマス (大和魳)

学名:Sphyraena japonica
英名:Japanese barracuda
スズキ目 カマス科
全長: 約 15cm(2020年6月現在)、大きくなると約 35cm
採集場所: 真鶴(釣り採集)
展示場所: 相模湾ゾーン 沿岸水槽


日本各地の沿岸域に分布し、群れをつくって生活します。
国内で食用となるカマス類は主にアカカマスとヤマトカマスで、“本カマス”と呼ばれるアカカマスに比べ、身に水分が多いことから本種は“水カマス”と呼ばれます。

“えのすい”では、数年前から飼育の難しいこの2種の飼育にチャレンジしてきました。両者は一見よく似ていますが、これまで長期飼育に成功したのはアカカマスだけで、ヤマトカマスは餌付けすらうまくいきませんでした。これは、アカカマスに比べ、鱗が細かく擦れに非常に弱いことや警戒心が強いことなどが考えられます。
また、今までカマス類の入手は全て定置網でとれた成魚(約30cm)のみでしたが、今回、初めての釣りによる採集のため擦れが少なく、さらに若魚(15㎝)ということで水槽に慣れるのも早く、早々に餌付けにも成功しました。


えのすい初展示 岩陰に潜むサンゴの悪魔「タナバタウオ」展示開始

初の長期飼育に期待大!ヤマトカマス展示開始!

大群で水面をおおう「オヨギピンノ」展示開始

もうすぐ七夕!星に願いを!! 「シモフリタナバタウオ」展示中

風とともに現れるブルードラゴン

海面を漂う銀貨「ギンカクラゲ」展示中

沖縄からやってきた海の守備職人? 「カワテブクロ」展示中

青く美しい危険なデンキクラゲ 「カツオノエボシ」展示中

天狗?ユニコーン? 額に角を持つ魚「ヒメテングハギ」展示中

育ててみたら思わぬ珍種 「オシャレコショウダイ」展示開始

北の海のニューアイドル!! 「コンペイトウ」登場!

えのすいトリーターが釣り上げました! 黄色の模様が美しい「ヒメハナダイ」展示中

丸くてかわいいキラキラきれいなアジの仲間 「マルコバン」展示中

新江ノ島水族館初 人工授精でバンドウイルカの赤ちゃん誕生!

平家の怨念? イズヘイケガニ

超貴重!ジャグジー付き海底温泉にくらす 「タイワンホウキガニ」展示開始

ノドグロと呼ばれるいわずと知れた高級魚、 「アカムツ」初展示!!

ハサミの先がひづめの形「ヒヅメガニ」展示開始

発光する深海のナマコ「ハゲナマコ」

大きな頭にブヨブヨな体の“ヤマトコブシカジカ”

クリッとした眼が愛らしい“ヨコスジクロゲンゲ”

背中の大きなトゲは怪獣のよう!? “ゴジラエビ”と呼ばれる「イバラモエビ」展示開始

透明なストローから顔を出す姿がかわいい 「ナナテイソメ科の一種」

“えのすい”の注目の的!「マトウダイ」展示開始

えのすい初! 細くて赤くて何だか違和感「ハチビキ」の幼魚、展示開始

江の島に深海魚「リュウグウノツカイ」現る リュウグウノツカイの標本公開

おめでたい「ホテイウオ」を展示開始

おさかな界の真っ赤なルビー「ホウセキキントキ」展示開始

釣り師の憧れGT 「ロウニンアジ」展示開始

白くて巨大なハサミが目立つ「ハクセンシオマネキ」展示開始