2020年10月05日

えのすい初展示!
サンゴの仲間「シタザラクサビライシ」展示中

  • 展示開始日:2020年10月5日(月)~
  • シタザラクサビライシ
  • 学名:Fungia fungites
  • イシサンゴ目 クサビライシ科
    大きさ: 直径 約 15cm
  • 展示場所: 太平洋

太平洋からインド洋にかけて広く分布し、日本では沖縄で見られます。
比較的波の静かなサンゴ礁のへりの斜面や、サンゴ礁に囲まれた浅い場所に生息しています。
サンゴの仲間には、岩などにくっついて生活をする固着性の種類と、本種のように、成長すると固着せず、単体で海底などに転がっている種類とがあります。
中央に口があり、隔壁の間から触手を伸ばします。
また、固着していないため、波などでひっくり返されても自力でもとに戻ることができます。

本種は裏側に鋭く尖ったトゲがあることが特徴です。
夜になると触手をたくさん伸ばしますが、日中でも伸ばしていることがありますので、ぜひご覧ください。

※生物の状態によって、短期間の展示となる可能性があります。ご了承ください。

太平洋

RSS