• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 展示 > 新着生物

新着生物

8つのパドルで上手に泳ぐ
「オオヒライソガニ」展示開始!

展示開始日:2020年12月5日(土)~

オオヒライソガニ (大平磯蟹)

学名:Varuna litterata
英名:Peregrine crab
十脚目 モクズガニ科 
大きさ: 2~3cm (大きくなると: 5cm)
採集場所: 酒匂川 
展示場所: 相模湾ゾーン 相模湾キッズ水槽


千葉県および新潟県より南のインド洋、西太平洋に広く分布します。
川の下流域やそれにつながる水路などで見られますが、海を漂う流れ藻などについて長距離を移動することから、英名では Peregrine crab(さまようカニ)と呼ばれます。
茶色い体はヒライソガニというよりはモクズガニに似ていますが、ハサミに毛がありません。
歩脚の先が広がり、毛がたくさん生えているところを櫂のように使って上手に泳いだり、砂をかいて潜ることから、パドルクラブの別名もあります。


ところで、本種には非常によく似たタイワンオオヒライソガニ(Varuna yui)という別種がおり、2種類が同じ水域で見つかることもあります。
これらを正確に区別するためには、成長した雄の甲らやお腹のパーツを細かく見比べる必要があり、メスや幼体では区別が難しいです。
ということで、展示個体は、もしかするとタイワンオオヒライソガニである可能性もあります。

海外では食用にする地域もありますが、日本ではなじみの薄いマニアックなカニです。
なかなか生きた姿を見られる機会はありませんので、カニファンの方、お早めにどうぞ。

※短期間の展示となる可能性があります。ご了承ください。


その姿、まさにニンジャ!「ヒョウモンダコ」展示開始!

自由自在に岸壁を走る「ミナミイワガニ」展示開始!

カラフルなチビ団子 ダンゴウオ(団子魚)展示開始!

8つのパドルで上手に泳ぐ 「オオヒライソガニ」展示開始!

えのすい初展示「キンメモドキ」展示中

うさ耳姿がかわいい珍種のクラゲ 江の島沖の「コトクラゲ」

あなたはどっちの柄が好き? オスとメスで柄が違う「ヤイトヤッコ」展示中

知る人ぞ知る稀種「レンテンヤッコ」 えのすい初展示開始

マングローブの忍者、相模川に現る 「フタバカクガニ」展示開始

キュウリみたい? でも硬いサンゴの仲間「キュウリイシ」展示中

えのすい初展示! サンゴの仲間「シタザラクサビライシ」展示中

希少な巨大魚!!「オオニベ」初展示

成魚と幼魚でこんなに違う! この時期だけ見られる「アオブダイの幼魚」展示開始

怪しく鮮やかなヤドカリを相模湾で発見! 「ベニワモンヤドカリ」展示開始

上皇陛下もご研究された 「オキナワハゼ属の一種」展示中

えのすい初展示! 巨大になるイソギンチャク 「アラビアハタゴイソギンチャク」展示中

星に願いを!! 「シモフリタナバタウオ」展示中

沖縄からやってきた海の守備職人? 「カワテブクロ」展示中

天狗?ユニコーン? 額に角を持つ魚「ヒメテングハギ」展示中

北の海のニューアイドル!! 「コンペイトウ」登場!

えのすいトリーターが釣り上げました! 黄色の模様が美しい「ヒメハナダイ」展示中

丸くてかわいいキラキラきれいなアジの仲間 「マルコバン」展示中

新江ノ島水族館初 人工授精でバンドウイルカの赤ちゃん誕生!

ノドグロと呼ばれるいわずと知れた高級魚、 「アカムツ」初展示!!

ハサミの先がひづめの形「ヒヅメガニ」展示開始

大きな頭にブヨブヨな体の“ヤマトコブシカジカ”

クリッとした眼が愛らしい“ヨコスジクロゲンゲ”

背中の大きなトゲは怪獣のよう!? “ゴジラエビ”と呼ばれる「イバラモエビ」

透明なストローから顔を出す姿がかわいい 「ナナテイソメ科の一種」

えのすい初! 細くて赤くて何だか違和感「ハチビキ」の幼魚、展示開始