• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2018.08.08 トリーター:杉村

2018/08/08 ダイオウグソクムシ・・・脱皮のその後

6月14日にえのすい初の脱皮が観察されたダイオウグソクムシは、残念ながら7月24日に斃死(へいし)しました。
[ 2018/06/14 えのすい初!! ダイオウグソクムシの脱皮を確認!! ]

今回は、斃死に至るまでの様子を記録しましたので、少しですが報告できればと思います。

脱皮後のダイオウグソクムシは、水槽の端に頭部を付けたままほとんど動くことはなく、時折、腹節にあるオール状の腹肢を盛んに動かす行動が観察されました。
脱皮をした新しい殻の観察をしていると、濃い肌色から徐々に色が薄くなり、薄い肌色へと変化していきました。


脱皮直後


10日後の殻

観察を続けてほぼ1か月後、初めて水槽内を移動する行動がありました。
何か新たな変化が起きるのか? もしくは、いよいよさらなる脱皮が始まるか?・・・と思いましたが、その後は特に変化は観察されず、7月24日、そのまま動きを止めてしまい、斃死が確認されました。
脱皮から斃死までの行動については、まだわからないことが多いため、今後、さまざまな資料と照らし合わせながら考察していきたいと思います。

脱皮後の新しい殻は柔らかいままで、その死因については不明です。
これまで確認されていないであろう完全脱皮を期待していましたが、非常に残念です。
ですが、これまで謎であったダイオウグソクムシの生態の一端を観察することができたことは良かったと考えています。
今後も、謎の多い深海のダイオウグソクムシについて、観察を続けていきたいと思います。

深海Ⅰ-JAMSTECとの共同研究-


2018.08.08 トリーター:遠山

2018/08/08 オタリアのマルコム


オタリアの「マルコム」が8月6日で無事に1歳を迎えました。おめでとう!マルコム!!

えのすいに来た当初は体重が50キロ、3ヶ月たつ今は60キロと、10キロも大きくなりました。最初は正直なところ、物覚えがあまり良くないな~って感じがしていましたが、今ではその思いを振り払うようにいろいろな事が少しずつではありますが、できるようになってきました。バイバイ、握手、おじぎ、回転、トレーナーに立つ、首振りなど細かい物も合わせると10個ぐらいの事を覚えることができています。

次の目標は採血をする事と体温測定をする事です。なんと相棒のディランは、もう採血も体温測定もできているので、それをマルコムでもできるようにしたいなと思っています。体温測定はある程度できているので、もう少しで完成です。
みなさん、マルコムの応援をお願いします。

イルカショースタジアム


2018.08.06 トリーター:小森

2018/08/06 夏の御供にヤマトのドヤ顏いかがですか?


1ヶ月ほど前から私がヤマトに対して行っている遊び?があります。
それは…
氷攻め!!!

氷の入ったバケツをヤマトの上に用意して…


ガラスを伝わせて一気にドババババ!


見事キャッチ!
すかさず横からミヤマが「ぼくにもやってーーーー!」と現れます。


いじわるして氷を一気に落としても…


踏ん張ってキャッチ!!!!(この写真で12個は抱えています)
よく見ると真横でミヤマもおこぼれを3個キャッチ。とても嬉しそうでした。


ドヤ!!!!!


すると「わたしもやりたい!!!!」と言わんばかりにミサキが登場。ガラスの向こうだから残念ながらミサキはできません。ミサキにはやったことが一度も無いので今度チャレンジしてみようかと思います。

ちなみに、バケツごとではなく1個ずつ手で投げると刺激が足りないのかすぐに飽きてしまうようです。ドバババ!と氷が降ってくるのがどうも好きみたいですね。
毎回ミヤマもおねだりしてくるのでやってあげるのですが、兄弟でもミヤマは上手くキャッチができずにすぐ諦めてしまうため、日々ヤマトに氷の雨を降らせています(写真でもミヤマは3個の氷をすぐに落としてしまい床で遊んでいます)。

そしてみなさん知っていましたか? アメリカ(のスポーツ界)では氷水は祝福を意味するそうですよ(氷水をかぶる行為が祝福を意味する、や、氷水自体が祝福を意味するなど、いろいろな意見があるようですが…)。
ヤマトが行っているのはただの遊びですが、もし良いことがあって祝福されたい方、元気づけられたい方がいましたらヤマトに会いに来てはいかがでしょうか?この暑い夏、ヤマトの遊ぶ姿を見て少しでも癒されたり、くすっと笑って元気になる人が増えればいいなぁと思いながら今日も楽しく氷をぶっかけようと思います。
みなさんぜひヤマトのドヤ顔を見に来てあげてくださいね!


うおりゃぁぁぁぁぁ!


2018.08.05 トリーター:伊藤

2018/08/05 すごいカニがやってきた


その名はツブイボショウジンガニ。
先日、江の島の定置網が陸揚げ整備されたのですが、作業中の漁師さんから「漁具にカニがくっついていた」とのことで、譲っていただきました。
多くはオキナガレガニでしたが、その中に、見慣れないカニが混じっていました。
雰囲気はショウジンガニやトゲアシガニのようですが、何だか違います。
図鑑で調べてみると、イボショウジンガニという種だと分かりました。
私は初めて見たカニで、南方系の種ですが特段珍しくはないとのこと。
流れ藻や流木につかまって房総沖あたりまで漂流することもあるとのことで、定置網にくっ付いていても違和感ありません。

この後です。
展示解説を作るために、インターネットや手元の図鑑で簡単な特徴を調べていたところ、本種はよく似た別種がいることが分かりました。
ごくまれに日本近海でも採集されるらしいので、まあ、普通のイボショウジンガニだろうとは思いつつも、区別のポイントとなる体のパーツをチェックしてみましたら・・・
まさかの別種でした。

イボショウジンガニとの違いは非常に細かい部分でしたので、複数の人間でチェックしたうえで、ツブイボショウジンガニだと判断しました。
ということで、そろそろ恒例となってきました「小さくて地味だけど実は珍しいカニ」として展示開始しました。
相模湾キッズ水槽 左から3番目、テングニシの卵塊のところに入れています。
実は非常に獰猛で、複数で飼うと脚をもぎ合い、弱い方が食べられてしまうので、寂しいですが 1個体での展示です。
隠れて全身が見えないこともあります。どうか期待しすぎずに?小さなロマンを感じてください。


新着生物
珍種ガニ よくよく見たら超珍種「ツブイボショウジンガニ」展示開始



相模湾ゾーン


2018.08.03 トリーター:戸倉

2018/08/03 大きくなったかな?

アオウミガメの体重測定(一番重い子ガメ)
アオウミガメの体重測定(一番重い子ガメ)

先日、アオウミガメの子ガメのプロポーション測定を行いました。
子ガメと言っても 2013年 9月に産まれた子たちなので、今年で 5歳になります。
体重もだいぶ重くなってきたので、今までのように毎月測定・・ と言う訳にもいかず、今回は5月以来、約 3か月ぶりの測定となりました。

測定項目は「体重」「直甲長」「直甲幅」です。
「直甲長」と言うのは甲羅の縦の長さ、「直甲幅」は甲羅の横幅の長さです。
体重はご覧のように、BOXに入れて体重計から落ちないようにします。
みんな比較的おとなしく体重計に乗っていました!
ちなみに、ここまで運ぶのは“人力”です。

直甲長の測定


直甲長や直甲幅は、ご覧のような大きな『ノギス』で測定します。
6頭測定しているので、結果を報告しますと・・・

[体重]
 平均 24.56kg
 (最大個体: 29.2kg、最小個体: 20.6kg)
[直甲長]
 平均 56.2cm
 (最大個体: 60.5cm、最小個体: 61.6cm)
[直甲幅]
 平均 46.9cm
 (最大個体: 49.0cm、最小個体: 44.2cm)
でした。
同じ時に産まれた子でも、結構体重に差が出るもんですね!
(性格の違いでしょうか?)

で・・
5月から比べるとどうだったのか?と言うと・・・

体重では平均で 0.29kgの減。
直甲長では平均で 0.7cmの増。
直甲幅では平均で 0.4cmの増。

数字の上では増減が出ますが、ほんの僅かな差でした。
ほぼ横這いと言っても良いと思います。
ウミガメたちは甲羅の大きさこそ減る事はめったにありませんが、体重の場合は、このような増減を繰り返しながら徐々に大きく成長をしていくようです。

ウミガメの浜辺


2018.08.03 トリーター:北田

2018/08/03 今週のおすすめ

トロピカル水槽
トロピカル水槽

イベントのオススメ

8月も暑くなりそうですね。えのすいは8月も夜8時まで営業しておりますので、夕方からでもゆっくりご覧いただけます。
昼とは異なった魚たちのようすを観察してみましょう。
例えば、夜のトロピカル水槽では、枝サンゴの間に魚たちが隠れていますよ。

さて、8月の次は9月です。9月は9(ク)ラゲのイベント盛りだくさん。
しかも、今年はクラゲファンタジーホールが開設されて30年と記念すべき年です。
ちょっと懐かしい人気企画も募集が始まりましたので、ぜひ9月のイベントをチェックしてみてください。

えのすいクラゲカフェ4 「クラゲの不思議」
えのすいクラゲカフェは2013年の4月に第1回目を行ない、これまで初代クラゲクラゲトリーター、ベニクラゲの先生、海の手配師をお招きしました。
だいぶ間が開きましたが、第4回目は北里大学の三宅先生です。
旧・江の島水族館時代からのお付き合いですので、みんなでこの30年間を振り返ろうと思っています。

えのすいクラゲ検定FUTURE
えのすいクラゲ検定は3年ぶりになります。
今回はプラヌラ級(初級)とエフィラ級(上級)の2種類です。
当時エフィラ級を受けていた一人が今年クラゲトリーターとなり、今気合を入れて問題を作っています。
気合が入っている分、難しくなるかな?

クラゲの日以外にもクラゲの夜間採集親子でクラゲ採集えのすいバックヤードツアー「クラゲ編」も開催いたします。
9月のクラゲ企画、ご参加待ちしております。

9月のイベント
事前募集イベント


2018.08.02 トリーター:池光

2018/08/02 オタリアのディラン


ディランはオタリアの男の子。
動きがゆったりしていて、いつも癒しオーラが出ています。
そんなディランは“えのすい”に来てもう少しで3ヶ月がたちます!
そして先日誕生日を迎えて1歳になりました!!
(ちなみに誕生日は7月29日でした!)
1歳ですが体重はもう60kg!
毎日4kg以上の魚を食べてどんどん大きくなっています!
今はあどけない表情をしているんですが成長するにつれて顔が大人っぽく変わったりするのでどんな風に成長していくか今からとても楽しみです!!
できることが増えたらみなさんの前に行く機会も増えるかもしれないので楽しみにしていてください!
成長見守ってあげてくださいね♪

イルカショースタジアム


2018.08.01 トリーター:角張

2018/08/01 今夜はサカナNight、見とかナイト!

ナイトダイビングショー 「今夜はサカナNight」
ナイトダイビングショー 「今夜はサカナNight」

今日から8月。
お子さんや学生さんはすっかり夏休みモードでしょうか。
うらやましい限りです・・・(笑)
大人のみなさんもお盆までもう少しですよ・・・!

さて、えのすいでは「えのすいワンダーアクアリウム2018」を開催中です。
今しか見られないイベントが目白押し!
今日はその中から、えのすい初のナイトダイビングショー「今夜はサカナNight」をご紹介します。

「今夜はサカナNight」は日中のダイビングショーとは一味違いますよ。
暗くなって夜の姿になった相模湾大水槽に水中カメラを持ったダイバーが潜って、夜の生き物たちのようすを観察していきます。

夜になると大水槽の生き物たちは、寝たり、休んだり、はたまた夜行性の生き物は活発になり始めたり…昼とは違った表情を見せてくれます。
水中カメラのライトも、眩しすぎないように昼よりもちょこっと暗くしています。
まるで夜の海に潜水艇で探検に出かけているような気分になれますよ。

そして「今夜はサカナNight」最大の見どころは、ショーの後半。
何が起きるかは見てからのお楽しみということにしておきましょう(笑)
ヒントは夜行性の生き物が主役になります。

Sトリーター、ショー制作チームのHさんと一緒にどんなショーにしていくかミーティングとリハーサルを繰り返し、無事に夏を迎えることができました。ホッとしています。
頼もしい先輩方とショーの立ち上げに携わることができ、良い経験をさせていただきました。
でも、立ち上げることがゴールではなく、私たちも全力で楽しんで、みなさんに楽しんでいただくことが大切です!

ショーも生き物のようなものですから、その日の生き物たちの気分とショー担当のトリーターの組み合わせ次第でそれぞれのカラーが出ます。
みなさんぜひリピーターになってくださいね(笑)

昼も夜もたっぷり楽しめる夏のえのすいでお待ちしています!
夜の相模湾大水槽でお会いしましょう!!

[ ナイトダイビングショー 「今夜はサカナNight」 ]

相模湾ゾーン


2018.07.31 トリーター:岩崎

2018/07/31 相模湾旬の魚図鑑 その7 スズキ

スズキ
スズキ

魚のグループの中で最大勢力の、1万種以上が含まれているスズキ目。
大きな口と目、頑丈そうなエラ蓋、鋭い背びれにメタリックなボディ。
スズキ目 スズキ科 スズキ属 スズキ(Lateolabrax japonicus
スズキは、“魚の中の魚”といった存在と言えるのではないでしょうか。
出世魚としても有名で、関東地方では30cm位までをセイゴ、50cm位までをフッコ、それ以上大きくなるとスズキと呼ばれ、100cm位にまで成長します。

スズキは沿岸の河口域に生息して、春から夏にかけては、積極的に餌を求めて回遊します。
小魚や甲殻類を追って河川を遡ることもあり、塩分濃度の低い汽水や淡水にまで進出します。
相模川や、境川、引地川などの影響を受ける江の島周辺は、相模湾の中でもスズキが多く生息している場所で、定置網でたくさん漁獲されています。
“エラ洗い”と呼ばれる、口とエラ蓋を大きく開けた激しいジャンプで釣り人に挑んでくることから、釣りの対象魚としても人気があります。

スズキは白身魚の代表格といえる魚で、くせが少ない味と口どけは、和風の焼物や煮つけでも、洋風の揚げ物やムニエルでもおいしく食べられます。
刺身は“洗い”と呼ばれる氷水で余分な脂を落として身を引きしめる処理で、さっぱりプリッとした食感が味わえることから、食欲が落ちた夏に食べたい魚としておすすめです。

相模湾大水槽では、中層付近や半トンネルの窓周辺を悠々と泳いでいます。
同じ仲間でスズキよりも尾の部分が太くて、体高があるヒラスズキ(Lateolabrax latus)もいます。
ヒラスズキは、塩分濃度の高い外洋の磯や根の周りを回遊して、餌をつかまえています。
ヒラスズキの方が漁獲量は少ないのですが、味はスズキよりも上であると言われていることから、貴重な点でも人気があります。
体型を見るとすぐにわかりますので、スズキとヒラスズキをじっくり見比べてみてください。


ヒラスズキ

バックナンバー
2018/01/30 相模湾旬の魚図鑑 その1 マダイ
2018/02/21 相模湾旬の魚図鑑 その2 キンメダイ
2018/03/30 相模湾旬の魚図鑑 その3 メバル
2018/04/28 相模湾旬の魚図鑑 その4 カサゴ
2018/05/30 相模湾旬の魚図鑑 その5 マアジ
2018/06/29 相模湾旬の魚図鑑 その6 イサキ

相模湾ゾーン


2018.07.29 トリーター:今井

2018/07/29 「さかなのもぐもぐプール」オープン!


今夏オープンした「カピバラ~陽だまりの草原~」に、カピバラと共に登場した「さかなのもぐもぐプール」。
イルカショースタジアム地階の「タッチプール」では、お客さまが積極的に生き物に触れていただくのに対して、「さかなのもぐもぐプール」では、魚たちから触れてくるのを楽しんでいただくようになっています。

展示魚は、南米産シクリッド(ジュルパリ等)と、ウグイを中心としたコイ科の魚たちです。
魚のごはん(ガチャガチャにて販売)をのせた手の平を水に沈めると、我先にと這い上がって食べに来ます。
魚たちは、手の平にのっても大丈夫だと思っていますので、何尾のせられるか挑戦してみてください!


ウグイ

現在のところ、魚たちがお腹を壊さないように、休憩(魚のごはんを与えることが出来ない時間帯)時間を設けていますので、その際にはお近くのスタッフにお尋ねください。

さかなのもぐもぐプール





見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!