• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2020.02.05 トリーター:黒川

2020/02/05 初めての展示変更

みなさん こんにちは! 最近は暖かい日が続いていますね!
こんな天気の日にウミガメの浜辺にいると、本当の浜辺でゴロゴロまったり過ごしたいな~なんて思います。

実は先日、水槽の展示変更を行いました!
今回はその時のお話です。

今回、新しく展示を始めたのは、インコハゼです。


インコハゼは体長 13~18センチのハゼで、マングローブが繁るサンゴ礁内湾の、マングローブや枝サンゴの根元などの奥に暮らしています。
日中は巣穴に潜んでいますが、夜になるとエビなどの甲殻類を襲って食べ、日本では、琉球列島で見ることができるそうです。

「あぁ~沖縄行きたいな~」なんて考えながら、早速せっせと水槽のレイアウトを作っていきます。

大きな流木を水槽の中に組んで、黒い石を置いて・・・
水槽が完成したので、Kトリーターにレイアウトを確認してもらったら、
「マングローブじゃなくて、河口(川の水が海に注ぎ込む場所)っぽい」
と言われてしまいました。ショック。
(ショックのあまり水槽の写真を撮り忘れました)

Kトリーターと、マングローブをイメージした水槽作りのスペシャリスト、Iトリーターにいろいろアドバイスをもらいながら、改めてレイアウトを作っていきます。

マングローブだから、ヒルギのような細めの枝やツタっぽい草木を使ったほうが雰囲気が出るよ!
底の砂の色と、石の色は合わせた方が自然だよ!
落ち葉なんか入れてもいいと思うな!
インコハゼが潜んでいるようすも再現できたらいいね!

などなど、アドバイスをもらい、改めて完成した水槽がこちら!


なんとなくマングローブの根元を表現できたのではないでしょうか?
組んだ石の間に隠れられるよう、少し隙間も作ってみました!
インコハゼも狙った通り、木や岩の隙間に隠れています。


水槽のレイアウトを作るときは、その生き物が生活している環境を作ることが第一歩だなぁと実感しました。

皇室ご一家の生物学ご研究


2020.02.04 トリーター:浦﨑

2020/02/04 初挑戦 2

みなさん、こんにちは
前回のトリーター日誌で、カマイルカの「クロス」と新しい種目の「尾鰭打ち」に挑戦していることをお伝えしました。
あれから約一か月、成果はというと、、、


まず、前回まではターゲットという長い棒で尾鰭を動かしてね~とヒントを出していたのですが、ヒント無しでも尾鰭を動かせるようになりました!
また、私の足の合図で尾鰭を動かすことも理解してくれました!


さらに、一枚目の写真では顔はこっちに向けてね~というヒントとして手でアピールしているのですが、最近は二枚目の写真のようにヒントなしでもできるように練習中です。
最初は「クロス」にも迷いが見られ、控えめに尾鰭を動かしていたのですが、今では自信を持って楽しそうに尾鰭で水しぶきをあげてくれることが増えてきました。

ただ、この尾鰭打ちの合図、「クロス」にとっては “頭を前後に振ってね” の合図に似ているみたいで時々間違えてしまいます。
「クロス」が迷うことなく、どうしたらわかりやすく伝えられるか現在奮闘中です。

次のトリーター日誌までに、私と「クロス」の成長をご報告できるよう頑張ります!

バックナンバー
2019/12/26 初挑戦



イルカショースタジアム


2020.02.03 トリーター:西川

2020/02/03 てんてこまいの初テーマ

テーマ水槽「バレンタイン~生き物たちに学ぶ愛の伝え方~」
テーマ水槽「バレンタイン~生き物たちに学ぶ愛の伝え方~」

このところの感染症のニュース、気になりますね。
やはり手洗いをしっかりして口元にウイルスを近づけないことが大切なようです。
みなさんも体にはお気を付けください。

さて、1月14日からテーマ水槽では「魚たちの愛」をテーマに水槽展示をしています。
私が初めて担当するテーマ水槽でグッピーやアメフラシ、キンギョハナダイなどを展示しているのですが、実はキンギョハナダイの水槽で病気が出てしまって困ってるんです。
現在、これだ!という原因が分かっていません。これが病気の原因かな?と予想して治療を試みます。
それで効果があれば良いのですが、ない場合は別の原因を予測してまた違う治療法を試すことになります。
今回はその予想がなかなかヒットせず、キンギョハナダイに大きな負担をかけてしまいました。
今は少し回復してエサも食べますが、臆病になってしまっていてレイアウトに隠れてしまうことが多いです。
キンギョハナダイの病気に困惑している私へ追い打ちをかけるように、水槽にびっしりとコケが生え始め、ハイクラゲもたくさん現れるようになりました。


ハイクラゲ

ハイクラゲは意図して展示しているわけではないのですが、小さくてかわいらしいので、ぜひ近くで見てみてください。
まるで星のようで、つい星座を探してしまいます。

初テーマは常にハラハラした気持ちで、てんてこまいな状態ですが、みなさんによりよい水槽をお見せできるように頑張ります。
私のテーマ水槽は3月1日までですので、ぜひ見に来てくださいね。

テーマ水槽


2020.02.02 トリーター:橋本

2020/02/02 夢中になる存在

バンドウイルカ「ルイ」
バンドウイルカ「ルイ」

良いお天気の日が続いていますね!
まだまだ寒いですが、日中のイルカ・アシカショー「きずな/kizuna」のショー中には「お水かけて~!」なんて声もいただけるようになってきました!

そうそう!
私事ですが、バンドウイルカの「ルイ」と一緒に先月ショーデビューをすることができました!
「ルイ」は大ベテランなのでショーに慣れているのですが、私は周りが全く見えておらず、たまにしか会話に参加できません。笑
余裕がなく、視野もとっても狭いです。
なので、ショーを見てくださっているみなさんのお顔を見ることが出来ないのがとても残念です。
ですが「ルイ」がジャンプをしたり、水しぶきを上げた時、たくさんの歓声や「可愛い~」という声が聞こえてきた時は本当に嬉しいです!

さてそんな私の最近の悩みは、「ルイ」が私に集中してくれていない時があることです。
これはとっても悲しいことですね・・・
何よりも私が『「ルイ」に楽しいと思ってもらえていない』ってことだからです。

私に夢中になってくれているか、それとも他へ遊びに行きたい気持ちがあるのかは、どんな様子からわかるのか・・・
そんな「ルイ」の気持ちはまだまだわからないことだらけです。
ですが、先輩トリーターにも教えてもらったことで、「ルイ」と付き合うなかでとても大切にいていることがあります。

それは目をよく見ること。
目をしっかり合わせることです。

最初は私の目の前にいれば、注目してくれていると思ってました。
それでも合図を出すとうまくいかない時があります。
このときは、ただ前にいてくれているだけで気持ちはどこか他にあるんです。
これって「ルイ」にとって一番つまらないことですよね。

例えるなら、学校の授業中に窓の外をちらちら見てしまう生徒・・・ ってところですかね?
席には座っているけれども、心ここにあらずです。
やっぱりこの子もつまらないから集中できないわけですし、何よりもただただ苦痛な時間ですよね。
一方で苦手科目であっても、時間があっという間に過ぎてしまうようなそんな授業をしてくれた先生っていませんでしたか?
「ルイ」にも得意なこともあれば苦手なこともあります。
でもどんなときでも「ルイ」には楽しい時間を過ごしてもらいたいんです!

イルカの視野は 300~330度あると言われています。
そう、向きを変えずにほぼ真後ろまで見ることができるんです。
なので誘惑もたくさん。笑
そんな中でも、「ルイ」が夢中になるような・・・、
そんな存在になっていきたいです(^^)

きずな/kizuna


2020.02.01 トリーター:番長

2020/02/01 大水槽の隠れアイドル

今日から2月! 新年が来たと思ったらあっという間に1か月経っていてびっくりしています…。私事ですが先日、ダイビングショーの「フィンズ」に合格して(“えのすい”ではショーに出るために演出家の先生に合格をもらわなければなりません)ますます大水槽に入る機会が増えてきました。
そこで今回は大水槽の私の中でのアイドル的存在を紹介したいと思います!


みなさん見かけたことはありますか? そうです、「チョウチョウウオ」です。
このチョウチョウウオは実は2か月前くらいから大水槽にいて、写真では1匹ですが本当は2匹いて、仲良く泳いでる姿をよく見かけます。そんな姿が仲睦まじくて見つけるとついほっこりとしてしまいます。

大水槽は魚が多く、新しく魚たちを入れても次の日にはいなくなってる…。なんてこともあります。特にチョウチョウウオ系は病気にかかりやすいので、このチョウチョウウオを入れた時も大丈夫かなとそわそわしていました。外から見ても結構見えないところにいることも多いので、いなくなっちゃったかななんて思う日もありましたが今日もしっかり元気に泳いでいました。2匹ともちゃんといましたよ。

ちなみによく丸い窓の近く、正面から見たら奥の方にいます。
ぜひ、探してみてください! んーでもなかなか、見つからない…。そんな時は「フィンズ」でリクエストしてみてください! ダイバーがきっとバッチリ映してくれるはずです。

フィンズ


2020.01.31 トリーター:岩崎

2020/01/31 逗子沖オオタカ根・ツブ根に潜る!

シラコダイ
シラコダイ

野外調査に必要な潜水技術のトレーニングのため、逗子沖のオオタカ根とツブ根のポイントに潜りました。
冬場の野外潜水に欠かせない、ドライスーツを使いこなすことが、主なトレーニング内容。
全身が濡れるウェットスーツには、毎日のダイビングショーや水槽掃除で慣れているのですが、防水機能を持つドライスーツは、久しぶりの着用でした。

ご協力いただいたのは、逗子・葉山ダイビングリゾートさん。
経験豊富なベテランインストラクターさんのご指導で、ドライスーツの機能、水中での操作方法、適正なウェイト、緊急時の対処方法、機材の管理方法など、基礎から応用までしっかりと学び直すことができました。

ウェットスーツと違って、服を着たまま潜れるのがドライスーツの強み。
断熱効果が高い空気の層を利用して、冷たい真冬の海でも快適に潜ることができます。
トレーニングで学んだ知識と経験を、冬場の潜水調査で活用したいと思います。

“えのすい”では、逗子沖の海中環境を再現した水槽を、展示公開しています。
今回のトレーニングで、モデルである逗子沖のオオタカ根とツブ根に潜れたことは、相模湾の奥深さを再確認する貴重な機会となりました。
空気消費量が多い、水深25m前後のやや深いポイントなので、それぞれ30~40分程度の潜水時間でしたが、十分な最新情報を得ることができました。

オオタカ根では、黄サンゴやヤギ類の周りを群れ泳ぐ、キンギョハナダイやスズメダイ、上手に隠れるクダゴンベやカエルアンコウの仲間、岩の上を這(は)うウミウシの仲間などを観察することができました。

ツブ根では、生息域の最北端といわれるオノミチキサンゴや、季節来遊魚のシテンヤッコ、タテジマキンチャクダイの幼魚や、ヤギ類に擬態しているゴルゴニアンシュリンプなどを観察することができました。

南岸低気圧が通過した直後だったので、若干浮遊物が多かったものの、それでも透明度は10m以上。
その他にも、頭上をきらきら光りながら泳ぐカタクチイワシの群れ、岩場に横たわるウツボ、岩の間を泳ぐキンチャクダイやシラコダイなど、たくさんの魚たちを観察することができました。

重たい機材を背負って、特殊なトレーニングを積まなくても、潜水事故の危険もなく、誰でも気軽に海中散歩を体験ができるのが、水族館の醍醐味(だいごみ)です。
できるだけリアルな相模湾を再現できるように、情報をアップデートしながら、展示内容を充実させていきたいと思います。


クダゴンベ


ハナオトメウミウシ


アオウミウシ


ゴルゴニアンシュリンプ


オノミチキサンゴ


海中を進む番長トリーター


ドライスーツの浮力調整をする番長トリーター


ウツボが遠くから見つめていた・・・


冷たい北風に吹かれる


暖かくて甘い紅茶で一息


船上にてバディの番長トリーターと


2020.01.30 トリーター:城戸

2020/01/30 愛称募集中!


現在、フンボルトペンギンの子どもの愛称を募集しています。
えのすいでは、愛称で呼ぶと近づいて来るように教えているので、愛称はとっても重要です。

できればあまり長い愛称じゃないほうが嬉しいです。なぜなら、呼ぶときに長いとなかなか伝わらないことが多いからです。
慣れてきてしまうと最初の2文字だけに反応し、違うペンギンの名前の時に来てしまうことがあります。なので、できれば短めでお願いします☆

あとは、顔をじっくり見て素敵な愛称をつけてください。

ちなみに、とっても遊ぶのが好きな活発なペンギンです。
生い立ちは、産みの親と育ての親が違います。
産みの親は「フク」(母親)「マーチ」(父親)です。
この2羽は子育てをしたことがありません。本来なら子育てもやらなければうまくならないので2羽に任せるところですが、父親のマーチは豊橋総合動植物公園よりお婿さんに来てもらったということもあり、どうしても、マーチの子どもが欲しかったので、子育てが上手な「ハク」と「セサミ」に託すことにしました。
ハクとセサミはメス同士ですが、うまく2羽で協力して子育てをしてくれました。

ハクもセサミも他に子どもはいますが、せっかく丈夫に育ててくれたので、ハクとセサミにちなんだ愛称もいいなぁと思ったり、フクとマーチの初めての子どもなので、関係がある愛称がいいかなぁと悩んだりしています。どんな名前がつくか今から楽しみです。

フンボルトペンギンの寿命は約25年といわれています。
この間、呼ばれ続ける愛称です。
ぜひ“えのすい”に遊びにきて、じっくり顔を見ていただき、素敵な愛称をつけてください。

[ フンボルトペンギン 愛称募集 ]

ペンギン・アザラシ


2020.01.29 トリーター:岩崎

2020/01/29 相模湾旬の魚図鑑 3rd season その1

ヒラメ
ヒラメ

2020年最初に紹介するのはヒラメ( Paralichthys olivaceus )です。
ヒラメは、日本各地沿岸の水深10~200mの砂地に生息しています。
水底に隠れやすい平べったい体形に、鋭い歯を持つ大きな口が特徴で、100㎝くらいにまで成長します。

内臓があるお腹を下向きにして、左側に頭があるのがヒラメ、右側に頭があるのがカレイ。
ヒラメとカレイは生息環境が似ているので、同じような体形をしていますが、体の向きでおよそ見分けることができます。
また、水底のゴカイの仲間や甲殻類を食べるカレイは、下向きでおちょぼ口のとぼけた顔であるのに対して、魚食性のヒラメは、大きい口に鋭い歯がギラリと並んだ強面な顔をしています。

タイやヒラメが舞い踊る。
昔話にも登場するくらいなじみのある魚ですが、高級感がありすぎて、なかなか口にする機会が少ないかもしれません。
特に冬が旬のヒラメは、“寒ビラメ”と呼ばれて、この時期高値で取引されています。
バランス良くうま味が詰まった上品な白身は、刺身や煮つけ、ムニエルなどがおすすめです。
縁側と呼ばれるヒレを動かす筋肉は、コラーゲンたっぷりのコリコリとした食感で、すしネタとしても人気です。

養殖技術が進歩して、種苗生産された稚魚の放流も行われている相模湾では、少しずつ資源が回復傾向にあるようです。
定置網や刺し網で漁獲される他、冬場は生餌を使った船釣りや、江ノ島近くの海岸では、ルアー釣りの対象魚としても人気です。

冬の味覚“寒ビラメ”。
なんとか入手して、たっぷり味わいたいですね。

なんとなく砂地にじっとして、通りがかる魚を待ち伏せするタイプのイメージが強いヒラメですが、驚くほど積極的に水面近くの小魚に襲い掛かかります。
また、砂地近くの岩礁でダイビングをしていると、岩の上で待ち構えて獲物を狙うヒラメの姿をよく見かけます。

貪欲なハンターの一面を持つヒラメ。
えのすいでは、相模湾大水槽で展示しています。
忍者のように隠れているので、見つけることがかなり困難な魚の一つですが、水底をじっくりと探してみてください。

相模湾ゾーン


2020.01.29 トリーター:唐亀

2020/01/29 季節来遊魚水槽のホンソメワケベラ

季節来遊魚水槽
季節来遊魚水槽

魚類チームの水槽群への基本的な給餌は、月曜、水曜、金曜の3回行っています。それ以外に補助的に、午前と午後に冷凍ブラインシュリンプや冷凍赤虫等をあげています。特に幼魚やチョウチョウウオ等は食溜めできませんから、ちょこちょこ与えないと痩せてしまったりします。

チョウチョウウオといえば季節来遊魚水槽がメインです。この水槽はたいへん背の高い水槽で、給餌を行う際には脚立を使って行います。冷凍ブラインシュリンプをスポイトで少しずつ与えるのですが・・・。

私の癖でこの水槽に給餌をしていると、右の膝を水槽につけるような体勢になります。その時、あることに気が付きました。ホンソメワケベラが私の膝にケンカを売っているのです。

ホンソメワケベラは他の魚の体表をクリーニングすることで有名ですが、そんなにやんわりとした感じではなく、噛みつこうとしているような荒いタックルをしてくるのです。
離すとブラインシュリンプを食べに行くのですが、また水槽に膝をつけるとアタックしてくるのです。左の膝では試したことはありませんが、これはいったいどのような心境なのでしょうかね。


2020.01.28 トリーター:島森

2020/01/28 ビーナとも挑戦中!!


ゴマフアザラシの「オガ」と超音波検査の練習をしていることは前回書いたので、ご存じの方も多いかと思います。
[ 2019/12/22 あれからのオガ ]

実はこの超音波検査の練習、ハナゴンドウの「ビーナ」とも練習をしているんです。

ビーナは超音波の音に対しては問題なかったんですが、横臥(おうが)姿勢(体を横向きにした姿勢)がちょっと苦手というか、警戒をしていて顔から胸辺りまでしか横向きになれなかったんです。

なんで横臥姿勢になることを警戒しているのかというと、周りのイルカたちに攻撃された時、尾鰭(おびれ)までプカプカ浮いている状態でいるとすぐに逃げられないからです。ビーナはよく周りのイルカに八つ当たりをされてしまうことが多いので…人に対して警戒をするというより、周りのイルカたちに警戒するといった感じなんです。

そこで、落ち着いて横臥姿勢を保っていられるように練習をしようとビーナと松崎トリーターと共に現在奮闘中であります。周りのイルカたちが落ち着いている時はなんとかきれいな横臥姿勢でいられるようになってきました。
最近は2分程この姿勢を維持できたんですよ!!素晴らしい(^^)

でも、「我が道を行く」性格のビーナはいつやりたくないスイッチが入るかわからない。
このスイッチが入ってしまうと全然前へ進めなくなってしまうので、スイッチが押されないよう少しずつ少しずつ練習を重ねています。

ビーナにも長生きしてもらいたい。なにかあった時にすぐに診察ができるようになりたいんです。一緒に頑張ろうね、ビーナ☆

ちなみに、ビーナはえのすいへ来て今月で32年が経ったんですよ♪

イルカショースタジアム


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!