• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2018.10.10 トリーター:富田

2018/10/10 夕方のペンギン事情

今日は一日の終わり、夕方の掃除中に見られるペンギンたちのようすをお伝えします。

掃除の終わりごろになると、プールで泳いでいたペンギンたちは陸に上がってみんな揃ってせっせと羽のお手入れをしています。


少しすると、それぞれペアとお気に入りの場所に休みにいくのですが、ペンギン舎の中央にある階段を上がった所がお気に入りのペアが何組かいます。


ただこの階段は一方通行なので、手前のペアが先に上がってしまうとその奥のペアはうまく手前のペアの圧をかわして自分の場所まで進んでいかなければいけません。

ホワイト(青白)はいちばん奥がお気に入りの場所ですが、


先に上ったトップ(青紫)が睨んで通せんぼしています。奥ではさらっと通過して行った仲良しのユメ(ピンク)が涼しい顔で待っています。

ホワイトはしばらく、上って睨まれて降りてを繰り返していましたが、


ペアのグーにつられトップが巣へ戻っていきました!!


いなくなった隙にホワイトはダッシュで通過します!


無事仲良しのユメと会えました。


ふとトップを見ると、ホワイトが通過していく姿を巣から見てるのが怖いです..。

という一連の流れをよく夕方の掃除の時間にやっています。(笑)

そしてこの階段の下、こんな攻防とは無縁の3羽。


いつも巣箱にぎゅうぎゅうに入ってます。

こんな感じで、掃除をしているところを見かけたらペンギンたちの行動を観察してみてください。結構面白いです。

ペンギン・アザラシ


2018.10.09 トリーター:岩崎

2018/10/09 子ガメたちすくすく成長中~2ヶ月目


8月4日生まれの子ガメたちの続報です。
孵化から2ヶ月が経過しました。

毎週火曜日に定期身体測定を実施しています。
本日の結果は、平均体重が102.4g、最重量は123.9gでした。
孵化直後の平均体重が22.0gだったので、体重比で5倍くらい成長したことになります。
甲羅が大きかったり、体に厚みがあったり、首が細かったりと、体型にかなりの差が出てきました。
大胆で積極的だったり、臆病でおとなしかったりと、性格にも違いがあるようです。
同じ遺伝子を持っているはずなのに、5頭それぞれの個性があっておもしろいです。
一回に100個以上の卵を産むことがあるウミガメは、個性があることで、環境の変化や生存競争を勝ち抜くことができる可能性を高めているのか?など、子ガメたちを観察しながら仮説を立てて楽しんでいます。

展示水槽では、流れに乗ってぱたぱた泳いだり、流木につかまってのんびり休んだりと、愛らしさはまだまだ健在です。
この先もそれぞれの個性を活かして、元気に成長してほしいと思います。

[ 2018/09/11 子ガメたちすくすく成長中 ]

ウミガメの浜辺


2018.10.09 トリーター:山本

2018/10/09 第101回目のクラゲの日


本日10月9日は、第101回目のクラゲの日でした! 99回、100回が終わり、特に節目というわけではないですが、いろいろな生き物が採れましたのでご紹介します!

10月9日(土)
気温:25.4℃
水温:22.2℃
風向:北北東 4.1m/s
潮汐:大潮(下げ)

「えのすいクラゲの日」では、いつも江の島にあるこの漁港で採集しています。えのすいからはちょっと離れているので、みんなで歩いて向かうのですが、クラゲ採集用の網を持った大人たちがゾロゾロと江の島の橋を渡るようすは、周りからちょっと不思議な目で見られてしまいます…(笑)
漁港についてからは、一斉にみんなでクラゲを採ります。20人くらいでおこないますので、そのとき漁港にいるクラゲを、普段よりも20倍詳しく見ることが出来るのです!! 今日のクラゲの日は、何度も参加してくださっているベテランの方々がたくさんいらっしゃったので、頼もしい限りでした…!
そして採れたクラゲはなぎさの体験学習館に持ち帰り、部屋の中で観察&種同定タイムです。


今日採れたクラゲはこちら↓
・オオタマウミヒドラ
・エイレネクラゲ
・ヒトツクラゲ
・ムシロガイの上のポリプ
・カブトクラゲ
・軟クラゲ目の不明クラゲ


最近では小さい「カラカサクラゲ」や「カブトクラゲ」などが出現し始め、すっかり夏が終わり、冬に向かっていくような感じがします。クラゲの日が終わった後、生産室でよーく探しましたら、コツブクラゲや謎の花クラゲ目のクラゲ、ちぎれたポリプなどを見つけることができました!


こちらはコツブクラゲ。その名の通り1ミリほどのクラゲです。


ちぎれて浮いていた何かのクラゲのポリプ。誰かの網に入ったんですね。
参加してくださったみなさま、ありがとうございました!

その他にもさまざまなプランクトンたちを観察することができました!
クラゲ採集をしていると、クラゲ以外にもたくさんの生き物に出会えます。夜光虫やカイアシ類、エビやカニの幼生、一見するとウニのように見える放散虫だったり、ワレカラの仲間だったり…本当にさまざまです。形がきれいだったり、動きが可愛かったり、魅力たっぷりな生き物たちでいっぱいなんですよ! ということで、今日はいくつかクラゲ以外の生き物もご紹介です!


クモヒトデの仲間。意外と動きが速いんです。


小さいカニの仲間。ちょこちょこ動きます。


小さいエビの仲間。たくさんの脚を動かして素早く移動します。


カイアシの仲間。「海のお米」と言われるほど、様々な生き物の餌となっている重要な生き物です。


放散虫の仲間。形がカッコイイです。

こうして改めて見てみると、クラゲ以外の生き物のことが全然わからない…! クラゲもまだまだですが、他の生き物のことも詳しくなって、みなさまにご紹介できたらいいなと思ったのでした。
ということで、毎月おこなっていますクラゲの日では、クラゲだけではなく本当にたくさんの生き物に出会うことができますので、興味がある方はぜひご参加ください! お待ちしております!

クラゲサイエンス


2018.10.08 トリーター:池光

2018/10/06 ディランのダンス


オタリアのディランは1歳の男の子。
1歳というとまだまだ子どもですよね?
この間、年上の女の子のヒミコと一緒に獣舎に入った時ヒミコのおっぱいを吸っていました。お母さんのおっぱいが恋しいのかな?

甘えん坊のディランのかわいい姿をみなさんに知ってもらえたらいいなと思って今ショーに出る練習をしています!

ディランは意外と怖いもの知らず?で行ったことのない場所に行くのは得意です!
なのでショーステージには驚くことなく行けました!
あとはショーで踊るダンスを覚えられればオッケー!!
最近はダンス一つ一つの動きもできて来たのでラジカセで音楽をかけて音に合わせて踊ってみることに!!
しかしここで心配が…
ディランは、と――ってものんびりな子なんです!
合図を出すと、これかな?って顔をしてから答えてくれたり、歩くスピードもゆっくりで…
きっと音に間に合わず遅れてしまうんだろうなと思っていました。(それもかわいいんですけどね♪)
しかし! 音をかけてみると意外や意外!音に乗れてました~~!!
結構合ってたよ!! すごいよディラン! かっこいい!!

まだ踊り慣れていないところがあるので練習を続けるのですが、ディランの姿を楽しみにしていてくださいね!!


2018.10.06 トリーター:小森

2018/10/06 休館日のカワウソたち

先日の台風24号の影響で10月1日、2日は休館日になっていました。
各所ではバタバタとした動きもありましたが、カワウソ舎自体は大きな被害もなかったため、この2日間はのんびりと作業をおこなっておりました。

一日を通して完全に静かな館内を体験するのは初めてだったカワウソたち。そんな彼らがどのように2日間を過ごしていたかを今回はお伝えしようと思います!

■10月1日
4頭とも、前日の強風であまり眠れていないのか、それとも館内が静かで気が緩んでいるのか、警戒心がゼロ。


給餌前はいつもだと走り回ってぴいぴい鳴いていますが、見てください、ミサキの眠そうな目。給餌前だというのにヨモギもこのポーズで数分固まったまま日向ぼっこをしています。
私もお客さまがいないのをいいことにカメラを構えたまま居座り続けていると…


唐突にうんちんぐスタイル! なんとも気持ちよさそうな顔! このあと軽快にぷりぷりしていました。
お掃除中は知恵の輪をプレゼント。ミサキに取られまいと必死に握りしめるヨモギです。


さあ、ミヤマとヤマトはと言いますと…
掃除するよー!と入るといつもなら面倒そうに起き出して協力をしてくれますが、この日は全く起きない!


まるでもっと寝かせて~と言っているかのような2頭。


反対側に回ってみてもまだ降りない!
そしてなんとも眠そうな顔。試しに少し待ってみましたが、また寝始めてしまったため強制的に降ろしてお掃除実行。
もちろんご飯を食べた後はすぐに寝てしまいました。

さて、再びミサキとヨモギ。業者さんが外で作業を始めると興味津々! 静かだから余計に作業音が響くのです。この写真、どうでしょう。私のお気に入りです。


興奮はしていませんでしたが、ただただじっと作業を見つめていました。まあ、この後すぐにまた寝てしまいましたが!

そしていつもより早く閉館作業。
もう寝ていいの!?とヤマトの喜びの体ふきふきの舞! 今日はぐっすり眠ってね、とカワウソ舎を後にしました。


■10月2日
やっぱり館内が静かだからか本日もカワウソたちは一日まったり。
入室しても一切動じません。むしろ、写真を撮っている私を萌え殺しにかかってきました。


写真じゃ伝わりにくいのですが、2頭でむぎゅーーーー!と抱き着き始めました。か、かわいい!!!!
しかもこのあと、ミサキがヨモギをむにむにし始め、衝撃(笑撃)の1枚も撮れました。


ヨモギの顔がチャウチャウに!!!!笑
旦那さまへの愛情表現が強すぎる困ったお嫁さんです。
せっかくなので鼻や手などいろいろな箇所のアップ写真も撮ってみましたが、長くなってしまうのでまたの機会に載せたいと思います。

一方、ミヤマとヤマト。
こちらものほほんとしています。いつもは氷を上げるときにじゃらじゃらと上から落としていますが、今回はフリースタイルにしてみました。


え、いいの?という感じに覗き込み…


バケツを倒して思い思いに氷を持って行きます。

遊んだ後は即座に寝始めて、そこからはやっぱり何をしようと動じない。
顔は向けているけれど目を開ける気はゼロです。(笑)


そして日中にこちらも衝撃(笑撃)の1枚が撮れました!


ぼ、菩薩さま!?
日差しがなんともいい具合に差し込んで、ついつい拝みたくなるような顔と雰囲気になっていました。
私は1人で作業していたのですが思わずゲラゲラ笑ってしまいました。

そんなこんなで終わった2日間。撮影総数は300枚ほど。(笑)
もちろん、きちんと仕事もしていましたよ! そして写真も厳選して保存している最中です。
やっぱり動物は見ていて飽きませんね。
3日からは無事営業を再開していますので、どうぞみなさまかわいいカワウソたちに会いに来てください(^^)


2018.10.05 トリーター:西川

2018/10/05 今週のおすすめ

アオリイカ
アオリイカ

だんだんと涼しくなってきて秋を感じますね。今週は台風25号が接近していますので、気を付けてお過ごし下さい。それでは、今週のおすすめ生物です!

アオリイカ
こちらは今週から展示が始まったばかりの新展示です。
スラッとしていて透き通った体はとても綺麗です。ホームページ内の新着生物情報にも載っているのでそちらも見てみてください!
大きくなると40㎝ほどになりますが展示しているのは10㎝ほどの子どもです。アオリイカは成長期のこの時期にたくさんご飯を食べて、1日に最大で1.8㎜も大きくなるので、これまで子どもサイズで展示できたことはあまりありませんでした。
成長速度が速いので小さなアオリイカを見られるのは今のうちだけです、すぐに大きくなってしまうのでお早めにご覧ください!
[ 体色を自在に操る小魚ハンター「アオリイカ」展示開始 ]

金魚
10月1日からハロウィンと金魚を掛け合わせた鮮やかなテーマ水槽となっています!
金魚の品種はたくさんあり、色や形、動き方などが多様でずっと見ていても飽きがこない水槽となっています。ハロウィンにちなんだ展示となっているので解説文も合わせてお楽しみください。
[ テーマ水槽 「ハッピーハロウィン 金魚の場合」 ]


リュウキン


2018.10.05 トリーター:角張

2018/10/05 似ているようで違います

アマクサクラゲ
アマクサクラゲ

10月に入ってどこからか金木犀の香りもしだしましたね。
「すっかり秋だな~」と思っていたら、また今週末も台風…
どうか被害があまり出ませんように…

さて、クラゲの9月は終わりましたが、引き続きみなさんにクラゲたちの魅力をご紹介していますよ。
えのすいでは、40種類以上のクラゲたちが展示水槽に登場しています。
バラエティ豊かな色や形、大きさをしていますが、なかには見た目が似ているクラゲたちもいて、お客さまから「これさっきと同じクラゲじゃない?」と言われてしまうことも…
そんな言葉を聞くと、「同じじゃないんだよー!」と心の中で叫んでいます(泣)

例えば、大きめのクラゲではアマクサクラゲとアトランティックシーネットルでしょうか。
どちらも白っぽくて半透明な体に、長い口腕と触手を持っています。確かに似ている。

ですが、よーく見てみると見た目の違いがわかりますよ!

アマクサクラゲは、天草地方で見られたことから名付けられた、本州中部以南に生息するクラゲです。
触手と傘の真ん中のあたりにつぶつぶとしたもの(刺胞塊)があるのが特徴的で、色がうすい橙色の個体もいます。
毒は強いとされていて、私も以前刺されたことがあるのですが、確かに痛かったです。


アマクサクラゲ(クラゲサイエンス)

アトランティックシーネットルは、その名の通り大西洋に生息しているクラゲです。
アマクサクラゲのように傘や口腕に目立った刺胞塊はありませんが、口腕の付け根が赤く色づく個体がいることがあります。
白い体に一部うっすらと赤色が入っているようすがきれいで、私はついついじーっとみてしまいます。


アトランティックシーネットル(クラゲファンタジーホール)

アマクサクラゲはクラゲサイエンス、アトランティックシーネットルはクラゲファンタジーホールに登場していますので、ぜひじっくり近づいて観察して、見分けてみてくださいね。

3連休お待ちしております!!!


2018.10.04 トリーター:松崎

2018/10/04 「ビーナ」と!

ハナゴンドウ「ビーナ」
ハナゴンドウ「ビーナ」

最近の私はと言うと・・・
「ビーナ」とコンビを組んでショー参加するようになりました。
「ビーナ」は、みなさんもご存知のように性格がのんびり、マイペース、気分屋さんです。
だから、息を合わせるのがとーっても難しいんです!

ですが、久し振りに一緒に遊んでいると「ビーナ」なりにではありますが張り切ってジャンプなどに応じてくれています。

バンドウイルカたちに比べて、不器用に体を動かす姿が可愛い「ビーナ」♪
お客さまに喜んでもらえているのは「水吹き」という種目です。
口から水をピューっと出す種目なのですが、バンドウイルカたちに比べると地味に水しぶきがあがります。
その差がいいんですよね!!

そんな「ビーナ」の頭にトレーニング中に、トンボが一生懸命とまろうとしていました。
「ビーナ」の頭は丸くてツルツルです。
なかなかトンボはとまれずバタバタでした。
それに気付かない「ビーナ」は私の方を見て「何?」という感じで集中してくれています。

その姿がとても面白くて笑ってしまいました。

その後トンボは「ビーナ」の口の方へ移動していき・・・
キャー!!
みなさんのご想像にお任せします。

時々ミラクルなことをやって笑わせてくれる「ビーナ」にぜひ会いにきてくださーい♪

イルカショースタジアム


2018.10.03 トリーター:今井

2018/10/03 秋に金魚展をしてしまいました!


10月のテーマ水槽は、毎年ハロウィンにちなんだ展示となっておりますが、今年は金魚でそれを演出してみました。

一般に金魚展とされるイベントは春や夏に行われますが、春にはオスがメスを追い掛け回して展示水槽内がハチャメチャになったり、夏にはいつでも大丈夫と高を括っていた品種が入手困難になったりで結構大変なんです。

ところが、金魚問屋さんには秋ぐらいから面白い品種が出回って来たりして、「あの時にお客さまにご覧いただきたかったな~!」と悔やまれる事が良くありました。

また、せっかくなら普段目にすることが無いような姿かたちの個体をご覧頂きたい思いもありました。

そこで、今までのストレス解消?とまでは行きませんが、ちょっとした驚愕をともなってご覧いただけるような、小さなモンスターともとれる金魚を集めてみました。みなさまのお越しをお待ちしております。

「あ、それ、深海魚ではありませんよ、金魚ですから、残念!」

なお、私の力だけでは到底集めることのできない貴重な金魚の調達にご協力いただきました名古屋のNさんに厚く御礼申し上げます。

[ テーマ水槽 「ハッピーハロウィン 金魚の場合」 ]

テーマ水槽


2018.10.02 トリーター:鷲見

2018/10/02 本日休館日!

みなさんこんにちは。
一昨日はすごい台風でしたね。。みなさん大丈夫でしたか?
えのすいはというと、、、大丈夫じゃありませんでしたね。みなさま急遽休館になってしまい申し訳ありません。
ですが、動物たちは元気です!!
今日は休館中のえのすいをレポートしちゃいます!!

まずは朝! 普段ならお客さまがいらっしゃる時間ですが、いつもとは違う静けさに動物たちも何か感じ取っているでしょうか。
まず、ショースタジアムのいちばん奥、ブリーディングプールのイルカたちはというと、、いつもと変わらず「パーシー」が「シリアス」に甘えていました。
写真は「シリアス」のお乳を飲んでいるようすです。まだまだ甘え盛りですね。いっぱい飲んで大きくなってねー。


さてさて、お昼ごろにはショープールでいつもはできない遊びが始まりました!!
水が当たる感触が気持ちいいのか、イルカたちが当てて欲しい身体の部分を出してきます。
お腹をみせたり、口を開けたり、いろんな遊び方があるようです。



他にもアシカたちがステージに出て遊んだり、いつもはできないような練習をしたり、
ショーがなくてもあっという間に夕方になってしまいました。

そして、夕方のカマイルカたちはというと、、まだ閉館時間ではないですが最後の給餌が終わっているのですでにお休み状態です。
プール底でゆっくり休んでいました。早いなー。
自然界のイルカたちは自分の身を守るために泳ぎながら寝るといわれていますが、えのすいのイルカたちは、沈んでいたり、水面に浮いて寝ていたりします。安心しているんですかね。


さあ、明日からは通常営業いたします。
2日間パワーを蓄積したので、動物もトリーターも張り切っています!
愛嬌あるメンバーにぜひぜひ会いにきてください!

イルカショースタジアム


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!