• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2019.02.06 トリーター:伴野

2019/02/06 「パーシー」が残したもの

みなさん、こんにちは。
寒暖差が厳しいこの頃、体調にはお気を付けください。

バンドウイルカの「パーシー」が亡くなって早15日が過ぎました。
みなさまには、数多くのお花、お手紙、お写真をいただきました。
こんなにも多くの方々に成長を見守っていただいていたのだと改めて感謝しております。
人と遊ぶことが好きだった「パーシー」もきっと喜んでいると思います。
本当にありがとうございます。

トリーター一同も急な別れで、とても悲しかったですが、いつまでも悲しんではいられません。
「パーシー」が残してくれたものを後世につなげ、今後の鯨類飼育や研究に役立てていくことが飼育員の仕事です。

「パーシー」はえのすいにとって初めての貴重なデータを多く残してくれました。
今まで幼い子獣は体重測定や採血などができず、子獣がどのように成長していくかしっかりとは分かっていませんでした。

そこで産まれた後、親子がいろいろな検査に協力してくれるように今回、「パーシー」が産まれる前からお母さんの「シリアス」の出産、育児に向けたトレーニングを先輩トリーターと一緒に行ってきました。

結果、1才未満の子獣でも定期的な体重測定と採血を行うことができました。
これらのデータは今後、産まれてくる子獣の目標体重を設定する際の目安になったり、子獣の生存率向上にも役立つと考えています。

現在、私は「パーシー」が残してくれたデータを研究成果として発表するためにまとめている最中です。

データは集めるのが目的ではなく、それをまとめて今後に繋げることが大切だと「パーシー」が教えてくれました。

「パーシー」ありがとう。発表楽しみにしててね。


左からパーシー、シリアス

イルカショースタジアム


2019.02.05 トリーター:伊藤

2019/02/05 小さなシラスのその裏で


当館がカタクチイワシの繁殖展示に挑戦し始めてから約6年になります。私はその初期から携わっており、毎度デリケートなその扱いに苦慮したり、餌プランクトン(ワムシ)の謎の培養不振に悩まされたりしつつも、展示のリニューアルも何とか乗り越え、現在、2つあるシラス用展示水槽で飼育下7世のシラスをお見せできるところまで来ました。

さて、展示期間のごく短い間だけ、水槽が小さくなる現象にお気づきの方が、特に常連のお客さまの中におられると思います。この時期のからくりを種明かししちゃいましょう。

これ実は、もとある水槽の前の「手すり」というか「出窓」の部分に、小さな水槽を置いているのです。そう見えないように、デザイン板で化粧しているんです。なぜこんな手の込んだことをするのか。

それはズバリ、育成の仕切り直し時の展示補助のためです。
水槽内で育成を開始して75~90日ほど経ち、十分に育ちあがった暁には、それらを移動させて、新たに育成を開始します。その時期の卵やシラスをなんでわざわざ隠すのかと言えば、見せたくないわけではなく、「見えない」からです。
卵からふ化後数日までの仔魚は、透明にもほどがあるクリアーボディで、視力が裸眼1.0以上(でまだ老眼でもない)の私でも、よく目を凝らさないと見えません。さらにそこへ、餌プランクトンを入れようものなら、マヌー○どころかレム○ルで、もうまったく見えません。


生まれたてのシラス

と、いうわけで、肉眼でも無理なく観察できるようになる生後1週間目くらいまでは、仔魚を間近でお見せする別水槽を設置しているのです。
この水槽は、クラゲ飼育に使われるシュードクライゼル水槽を参考に特注したもので、片隅で泡をポコポコ出すと、中のシラスがゆっくりと円を描くように漂う設計になっています。また、この時期のシラス(前期仔魚と言います)をきちんと紹介したいという思いもあり、水槽横のモニターも使って、その特異な形や動きをお見せしています。

オタマジャクシのようなこの時期のシラスこそ、最もレアな姿であると言え、その展示のタイミングに当たった方は、ある意味特別感があると思って頂けると嬉しいです。

いまだに不測の事態に見舞われることも多いシラス育成展示、担当者一丸となり、善処してまいります。

相模湾ゾーン


2019.02.04 トリーター:富田

2019/02/04 モテペンギン

みなさんこんにちは! 2月のイベント・バレンタインにちなんで、今回はペンギンたちの恋のおはなしです。


マリーは21歳のメスのペンギンです。普段、名前を呼ぶとトリーターの所まで来てくれるのですが、ショー中はほぼ100%呼んでも来てくれません。そんなマリーが最近、とってもモテるんです!!


まずはサン(赤黒)! 気づくと静かにマリーの横にいます。ただ、サンはメスから受け入れられやすいのか浮気癖があり、見るたびに違うメスといます。少し前からマリーもそのメンバーに加わりました...。


続いて、マーチ(白オレンジ)! アプローチするときは勢いがすごいです。マーチには仲良しのフク(赤青)がいるので、たまに手を出すとフクがかなり怒っています。


最後はグット(紫)! この中ではいちばん若い、3歳のペンギンです。まだ他のオスを真似ているだけだと思いますが、翼をパタパタと動かして求愛しています。


あと、もしかしたらこのようにグットの縄張りとマリーの縄張りが隣り合っているため、マリーと仲良くなってマリーの縄張りまで自分のものにする作戦なのでは?!との案も出ましたが、グットはそんな先のこと考えてないだろうなー。ということで、きっと違います。

なぜか最近若いオスたちからモテモテのマリー。プールを見るときは、ぜひペンギンたちの恋模様にも注目してみてください。

ペンギン・アザラシ


2019.02.03 トリーター:鈴木

2019/02/03 フウセンウオの子どもたちの成長記録


こんにちは、鈴木です。

昨年12月4日から展示を始めた、えのすい生まれ飼育下3世のフウセンウオの子どもたち、すくすく成長しております。
今日はこれまでの成長記録を少し。

2018年
12月4日 展示スタート!


12月15日 10日経過、まだ変わりませんねー。

12月26日 20日経過、うーん、まだ変わらないですねー。

2019年
1月4日 1か月経過、年が明けました! おっ、ちょっと変わってきたかな?

1月27日 1ヶ月半経過、あ、変わってきましたねー! だいぶ個体差が出てきました。

2月2日 約2か月経過、大きいのはどんどん大きくなってます。

分かりにくく微妙な成長録ですみません・・。

写真では分かりにくいですが、大きい個体はどんどん成長しています。
恐らくある時期からぐーんと大きくなりますよ。
これからも成長をお楽しみに!

太平洋


2019.02.01 トリーター:佐野

2019/02/01 スペシャルイベントいろいろ


ただいま屋根の修繕工事にともない、一部ご観覧エリアを閉鎖中です。イルカファンのみなさまには大変ご迷惑をお掛けしておりますが、この機会を利用して、現在館内各所でスペシャルイベントを開催中です。

相模湾大水槽、サメ、オオグソクムシは給餌をしながら、えのすいトリーターが解説をします。気になることがあれば聞いてみてください。
[ えのすいトリーターのたのしいおはなし 魚たちのごはん ]
[ えのすいトリーターのたのしいおはなし サメのごはん ]
[ えのすいトリーターのたのしいおはなし オオグソクムシのごはん ]

なぎさの体験学習館の2階では期間限定のタッチプールを開催中です。2月2日、3日は人気のクラゲ、2月4日~6日はエイが登場します。普段エイの触り心地の例えとして「なめこ」を挙げているのですが、なかなか信じてもらえないので、ぜひ優しく触って確かめてみてください。
[ 期間限定!タッチプール ~○○を触って観察!!~ ]


そして最後にカピバラごはんプレミアム体験。この期間限定で飼育エリアに入って間近でカピバラたちに給餌できます。ごきげんな時に聞こえる鳴き声はこれネズミの鳴き声?と疑うような音です。間近で息づかいを感じながらゆっくりあげて見てくださいね。1日2回、先着18名さまのプログラムになりますので、お早めにどうぞ。
[ カピバラのごはん プレミアム体験 ]


先日の櫻木トリーターの日誌にはアザラシのイベントを詳しく紹介していますので、そちらも併せてご覧ください。
[ 2019/01/30 アザラッSEA再開! ]


寒い日が続きますが、そのおかげで2階オーシャンデッキからは極上の富士山をご覧いただけます。一年でいちばん空気が澄むこの時期。植え込みに遊ぶメジロを愛でながら湘南海岸を散歩してみてはいかがでしょうか?


2019.02.01 トリーター:山本

2019/02/01 今週のおすすめ

アンドンクラゲ
アンドンクラゲ

2019年が始まって早一ヶ月が経ってしまいました。江の島ではミズクラゲのエフィラが採れ始め、そろそろ春のクラゲであるシミコクラゲやカミクラゲも来るんじゃないかなーとワクワクしている最近でございます。
世間ではインフルエンザが流行っておりますね。みなさまお気をつけて。
それでは、今週のおすすめです。

アンドンクラゲ
季節外れの登場です。アンドンクラゲは、夏に海で大量発生し、刺されたことがある方もいるのではないでしょうか。そのため、やや憎まれがちなクラゲですが、クラゲの中でも光を受容する器官がとても発達していたり、泳ぐスピードが抜群に早かったりと、機能的で格好いい魅力を持ったクラゲです。
クラゲ生産室にいるポリプからクラゲが遊離し、ようやくセンチ単位の見られる大きさになりました。めでたい!
2018年の夏は、あまりアンドンクラゲが発生せず(どうやら他の地域でも異例の少なさだったようです…。)展示期間も短かったので、見逃した方もいるのではないでしょうか。
いま展示している個体は、自然界だとだいたい7月くらいに発生するサイズの可愛いものです。大きくなるといいな。しばらく展示できるように頑張りますので、ぜひこの機会にご覧ください。

ドフラインクラゲ


伊勢湾からやってきました。このクラゲが海に出てくると「春が来たなー」と、季節が一周したことを感じます。
1904年にドイツの動物学者フランツ・ドフライン博士が相模湾で発見した標本を、新種として記載したクラゲで、そこから名前が付けられたそうです。そのため、相模湾には縁のあるクラゲなのですが、ここ最近あまり見られないそうです…。他の海域には結構いるのになー…。ぜひとも江の島産のドフラインクラゲを見てみたいものです。

フィロリーザ・プンクタータ

インドネシアからやってきました。タコクラゲに似ているこのクラゲ、和名は「ナンヨウタコクラゲ」といいます。「根口クラゲ目」というグループに属しており、何といってもぽふぽふとせわしなく泳ぐ姿がかわいらしいです。
また、本種はどんどん大きくなるらしく、いま展示しているサイズよりももっとずっと大きくなるそうです。確かに、毎日なんとなく…大きくなっている…ような気がします!(笑) これからの成長にご期待ください!

江の島にいるクラゲだけではなく、日本中、世界中のクラゲたちを見ることができるのが当館の魅力です。クラゲたちと共にみなさまのご来場をお待ちしております!

クラゲサイエンス


2019.01.31 トリーター:小谷野

2019/01/31 タコ 隠れ身の術

突然ですが、クイズです。
こちらの2枚の写真。上にはメンダコが、下はヒョウモンダコがそれぞれ1匹ずついます。さて、いったいどこに隠れているでしょうか?



見つかりましたか?
メンダコは砂をかぶって隠れ、ヒョウモンダコは貝殻の下に隠れています。
体の柔らかいタコは、うまく隠れないと天敵に食べられてしまう危険がありますので、隠れるイコール命を守ることに繋がります。また、隠れ身の術はえさを食べるときにも有効で、相手に気づかれにくくすることにも役立っています。

正解はこちら。


 
次回も楽しみにしていてくださいね!


2019.01.30 トリーター:櫻木

2019/01/30 アザラッSEA再開!


アザラシパフォーマンス「アザラッSEA」が2月6日までの短い期間ではありますが再開いたしました。
ずんぐりと丸みを帯びた体型のアザラシたちがイルカに負けず劣らず?のハイジャンプやスピンジャンプ、さらには後方宙返りなどを披露してくれます。見に来てくれたお客さまにアザラシってこんなに機敏に動けるのかと驚いてもらえるようにさまざまな種目を練習してきました。

私のおすすめはオガ(オス)の後方宙返り&バタフライ、ワカ(メス)のスピンジャンプ、ココ(メス)のココ枕です。
後方宙返りやスピンジャンプは何となく想像がつくかも知れませんがココ枕とは如何に?と思った方。気になるようでしたらぜひ見に来てください。ただし、毎回お見せするとも限らず、滅多に行わないココ枕。遠山トリーターに催促すれば見せてくれるかも知れないので、私からも催促しておきます。

では、「アザラッSEA」でお会いしましょう。お待ちしています。

[ アザラシパフォーマンス「アザラッSEA」 ]

ペンギン・アザラシ


2019.01.29 トリーター:岩崎

2019/01/28 相模湾旬の魚図鑑 2nd Season その1


今年最初に紹介する魚は、2019年の干支の動物“イノシシ”にちなんで、コトヒキ(Terapon jarbua)です。
コトヒキは、黒潮や対馬暖流の影響がある日本各地の沿岸域や河口域で見られる魚です。
銀白色の体に弓のように湾曲した黒い縞模様があることが特徴で、この体の模様がイノシシの子どもに似ていることから、地方によってはイノコ(猪の子)と呼ばれています。
3~15cmくらいの稚魚や幼魚は、河川の影響がある栄養豊富な内湾の汽水域を好んで生活しています。
東京湾や相模湾では、春先から秋口にかけて波打ち際を大きな群れで泳ぐ姿が見られます。
えのすいでは、相模湾大水槽の浅瀬、通称じゃぶじゃぶ池でコトヒキを展示していますので、ご覧ください。

さて、東京湾の干潟育ちの私にとって、コトヒキは子どもの頃から親しんできた身近な魚です。
しかし、稚魚や幼魚しか見たことが無かったので、てっきり15cm程度までの小型な魚であると思い込んでいました。
ところが、20代になって沖縄県の西表島を訪れた際、船着き場や河口域で夜釣りをしたところ、それまで見たこともなかった25~30cmくらいの立派なコトヒキがたくさん釣れて、びっくりしました。
調べてみたところ、イサキの仲間であるコトヒキは、最大40cmくらいまで成長する魚だったのです。

関東地方では食用としては馴染みの薄いコトヒキですが、南日本では塩焼きやフライなどの食材として親しまれていることもわかりました。
塩焼きにして食べてみましたが、身離れの良い白身に、あっさりとした旨みと甘みがあっておいしかったです。
成魚を入手した際には食べてみてください。

コトヒキは、西表島ではサメたちにも人気の魚のようで、釣り上げている最中に、かなりの確率でサメたちに横取りされてしまいました。
ネムリブカやレモンザメといった肉食性のサメたちは、夜な夜なサンゴ礁や河口域をうごめいてコトヒキを含めた小魚たちを貪り食べているようなのです。
その捕食圧はかなりのものなのではないかと感じる迫力でした。

「コトヒキは、稚魚や幼魚の間の暖かい季節は、比較的天敵の少ない温帯域の内湾で過ごして、成長すると本来の生息域である南日本や亜熱帯の海へ戻っていく回遊魚なのではないか?」

サメのすさまじい捕食圧、東京湾や相模湾であまりにも堂々と大群で生活している稚魚や幼魚の姿、関東地方では見られない成魚が、南日本で見られることから、コトヒキの生存戦略についてこのような仮説を立てるに至りました。
広い海のどこかには、黒潮に逆らって南の海へと通じるチャンネルがあるのでしょうか?
あくまで仮設ですが、水温が下がる秋の終わりにかけて、いっせいに南の海へと帰っていくコトヒキの群れを想像するとわくわくしてしまいます。
季節来遊魚と呼ばれるその他の熱帯魚たちも、そのチャンネルを利用しているかも・・・?
新春の初夢は止まりません。

[ 2018/12/29 相模湾旬の魚図鑑 その12 トラフグ ]

相模湾ゾーン


2019.01.28 トリーター:城戸

2019/01/28 トップです!!


最近、午前中のペンギンショーの後によくお客さまに「あの壁に向いて動かないペンギンはすねてるの?」と聞かれます。

横をペンギンたちが通っているにもかかわらず、ほぼ動かず壁を眺めているペンギン。
確かにこれは気になります!

しかし、安心してください。この場合いちばん多いのは「お昼寝中」なので・・・

最近は「あのペンギン・・・」と言われるのはだいたいトップです。
トップの縄張りは、階段で登っていった岩の上なので、目立つし、ペアのグーは、ショーに参加していていないことが多いので、1羽でぽつんと立っているので、余計目立つのかもしれません。

トップは翼に青と紫の目印をつけています。えのすいに来たら、トップがお昼寝していないかチェックしてみてください。

ペンギン・アザラシ


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!