• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2021.02.16 トリーター:長野

2021/02/16 動物を見る


みなさん、こんにちは。
近頃少しずつ暖かくなってきましたね。
徐々に夏が近づいて来ているようで私はとてもテンションが上がっています。
暖かくなると、外に出たいと思う気持ちが強くなると思いますが、今はお家でまったり過ごしましょう。
(私は、暇さえあれば家の水槽を眺めています。)

みなさん、お家での時間が長くなり、家族と一緒にいる時間が多くなったと思います。
そんな時に「あれ、母さん今日機嫌悪い。。。」や「お! 今日は父さん機嫌良さそう!」、「兄さんいつも以上にテンション高いな」など家にいて感じることが少なからずあると思います。

みなさんは何を見てそのように感じると思いますか?
会話している最中に感じることがあると思いますが、会話以外の時間での行動を見てその人の感情や状態を知ることが多くあると思います。
それだけではなく、その人の最近のブームを知る良い機会になると思います。
このような状態を見て、体調不良? なんかいいことあったのかな? と考えて話しかけたり、さまざまな対処をすると思います。

これは動物にも当てはまります。
動物と一対一で向き合っている時間は、その個体の体調や状態、調子などよくみています。それでも十分ですが、それ以外の時間に動物を見ることがとても大事であると思います。

フリーの時間にプールサイドに行くといつも「遊んで~」と寄ってくる個体が今日は寄ってこない。。こんな時はなにか原因があります。体調不良? 大きな怪我? いろいろな原因があると思います。
向き合っている時間以外でのフリーの自由な時間に動物たちがどのような行動をしているかを知っているだけで、個体の健康管理につながるのです。
それ以外にも、触ってもらうのが好き! 氷で遊ぶのが好き! といったフリーの自由の時間での遊びが、実際に一対一で向き合っている時間でも上手に使えると、よりこちらに集中してくれるなど良いことしかありません。

トリーターは動物を見る(観察する)ことが動物たちと接する上で本当は一番大切なことかもしれません。

ここで本日の日誌は終わろうと思いましたが、動物たちとのフリー時間での行動について一つ紹介します!(笑)


この2頭のバンドウイルカの名前は「ニコ」と「リン」(奥がニコ、手前がリンです)。
プールサイドを通るだけで、写真のように「氷頂戴!!」「遊んで~~!」と近寄ってきます。
作業が押していようが、氷をもっていなかろうがトリーターの姿を見ただけでものすごい勢いで泳いできます。(笑)
この愛くるしい行動にとても癒されています。
この2頭がものすごい勢いで泳いでこないだけで「あれ、ニコとリン来ない。。」と心配になるほどです。

ニコとリンのように動物たちは常にトリーターを見ています。
トリーターも動物たちのことを見る(観察する)ことを忘れてはいけないと教えられたと私は思います。
ほかにも面白い行動があればまた紹介したいと思います!

イルカショースタジアム


2021.02.15 トリーター:角張

2021/02/15 お気に入り大放出!!


えのすいトリーターに限らず、水族館や動物園の飼育員たちは自分の携帯やデジカメに担当生物などの秘蔵写真を持っています。持っているはずです。笑

今日は角張の最近撮ったお気に入り写真を大放出します!

まずはこちら。



宿直の夜の見回りの時に撮影したアマモ水槽です。
よく見るとアマモにヤドカリたちが群がっているのがわかりますか?
実はこれ、葉の表面についたコケを食べているんです!
昼間はなかなか存在に気付かれにくいヤドカリたちですが、夜になるとこんなふうに姿を見ることができます。


ヤドカリたちを水槽にたくさん仲間入りさせる前は、私たちが葉の表面をこすったりしてコケ掃除していたんですが、今はこの子たちのおかげで掃除知らずです。
いつもありがとう!

そして、夜のアマモ水槽でもう一つ楽しみにしているのが・・・


赤丸のところ、わかりますでしょうか?笑
これはアミメハギが口でアマモにつかまって流されないようにしながら寝ているんです。
この姿、めちゃめちゃかわいくないですか? 角張のイチオシです。
ライトで照らしてしまったので眩しかったのか葉の後ろ側に隠れてしまいました。ごめんよー泣

お次はこちら。


開館前の大水槽の丸い覗き窓です。
ヒラニザのチルチルは朝だいたいここにいることが多いです。


こちらはシラスサイエンスの最初の水槽のナガレメイタガレイたちです。
反り返っているようすがかわいくてつい撮ってしまいました。反っている理由は謎です。笑

次の光景はご覧になったことがある方もいるのではないでしょうか。


お散歩トレーニング中のカピバラの「ヒナタ」です。
少しずつ距離を伸ばし、今はイルカショースタジアムの手前まで行けるようになりました! すごい!
富士山をバックに悠々とお散歩する姿がかっこいいです。

他にもトリーターでないとなかなか見られない、気付けない景色もたくさんあります。


駅水槽の落水掃除や


成長途中の赤い靴下を履いているようなビゼンクラゲに、春の足音を感じさせるカミクラゲの登場

生き物たちのようすで時間の経過や季節の変化を感じられることは本当にすてきなことだなぁと噛みしめている日々です。

トリーターでないと気付けない景色があるように、みなさんにしか気付けない景色がきっとあるはずです。
“えのすい”にいらした時には、そんなお気に入りの景色を見つけてもらえたらとってもうれしいです。そしてぜひご家族やお友達にも紹介してくださいね。
“えのすい”の、たーーーーーくさんの魅力をこれからも探していきましょう!

最後に、私の最近撮影したお気に入りの富士山です。
いつだって変わらない姿の富士山を見ると背筋がスッと伸びる気持ちになります。
これからも富士山のように変わらない魅力あふれる“えのすい”でありますように。


2021.02.14 トリーター:雨宮

2021/02/14 大先輩との練習


こんにちは!

今日は去年の夏ごろからコンビを組み始めたゴマフアザラシの「天洋1」と最近取り組んでいる事について紹介します。

最近「天洋1」と練習しているのは、プールの後方に移動して遊ぶことです!

どういうことかというと、いつもは


この位置で「天洋1」といろいろなことをして遊んでいますが、最近ではプールの後方に移動する練習をして、


この位置でも遊べるようになりました!!


初めはターゲットを使って「天洋1」に移動してねということを伝えていました。


移動はスムーズにできていたのですが、プールの後方に到着するとすぐにいつもの位置に戻ってしまうことがありました。でも、何度か練習を重ねるうちにだんだんプールの後方に留まってくれるようになりました。
今ではこのターゲット無しでもバッチリ後方へ移動して遊べます!


「天洋1」は目が見えていません。そのぶん、移動ひとつでも伝えるのが難しいなと思います。
でも耳や、髭での察知能力はすごく高いんです!!!
なので私がプールの後ろまでついてきてね、というのを伝えるときも、「天洋1」!!と呼んで声を使ったり、手を吻先にかざしたりして伝えていました。
伝わった瞬間は本当に嬉しいです。

今の課題はプール後方から上手に戻れるようになることです。
これからも“えのすい”歴大先輩の「天洋1」からたくさんのことを学ばせてもらおうと思います。
これからもよろしくね♪

イルカショースタジアム


2021.02.13 トリーター:山本

2021/02/13 春を告げる

カミクラゲ
カミクラゲ

歌ではなく、クラゲの話です!
「春を告げる」クラゲとして知られているカミクラゲが、今年も “えのすい” にやってきました。
もうご覧になられましたでしょうか。
本種はヒドロ虫類の中でもかなり大きく、肉眼でしっかりと見ることができます。
触手をぶわっと広げると、髪の毛のように見えるから「髪」クラゲ。
大きくなると、手のひらほどのサイズになり迫力があります。
もしかしたら、最近海で見つけた方もいるかもしれませんね。
このクラゲを見ると、春の始まりを感じます。ぼーっとしてたらそのうち桜が咲いて、どんどん暑くなってくるんだろうなー。

さてこのカミクラゲですが、毎年のように全国の海や水族館で見られる日本では特別珍しくないクラゲなのですが、謎多きクラゲでもあるのです。
まず、「ポリプ」の姿が知られていません。
実は、ポリプの姿が分かっていないクラゲは他にもたくさんいるのですが、こんなにも身近なクラゲのポリプがわからないのは不思議です。
また2018年に、カミクラゲは「きゅうり」の匂いがするという論文が出て話題になりました。
その話を聞くまではそんなこと思ったことなかったのですが、実際に嗅いでみると確かに「きゅうり」・・・ 。
いやほんと、思ったより がっつり「きゅうり」です。
このきゅうりの匂いとなる成分は特定されており、なんと「キュウリウオ科」に属する「鮎(アユ)」のものと同じだそうです。
そしてその物質は、昆虫に対する忌避活性や、病原性微生物に対する抗菌活性などが報告されており、もしかしたらカミクラゲの生体防御に関わっているかもしれないとのこと。
もし本当にそうだったら、とっても面白いですね!

ポリプが手に入らないということは、この時期にしか見ることができないということ。
“えのすい” に「春を告げる」カミクラゲは、クラゲサイエンスで展示中です。ぜひご覧ください。

クラゲサイエンス


2021.02.12 トリーター:池光

2021/02/12 最近の「ディラン」

オタリア「ディラン」
オタリア「ディラン」

オタリアの「ディラン」は最近少し太り気味。
ちなみに現在の体重は 105kg!!
「ディラン」はわかりやすい性格で、お腹がすいている時は魚を飲み物のように何本もまとめてゴクゴク飲み込みます。
でもお腹がいっぱいになると、目をぼーっとさせながら味わうかのようにゆっくり何回も噛んで食べるんです。
たまにぼーっとしすぎて、このまま眠るんじゃないかなと少し心配になる時もありますが、そんなふうにわかりやすい性格の「ディラン」がかわいいなと思っています♪
これからも魚をたくさん食べて大きく成長してほしいです!!

イルカショースタジアム


2021.02.11 トリーター:加登岡

2021/02/11 大事なパートナー

トロピカル水槽のコケ取り掃除
トロピカル水槽のコケ取り掃除

トリーターの仕事の1つとして、水槽のコケ取り掃除があります。
私が担当している太平洋の「トロピカル水槽」は光が強く、魚も沢山いてコケの栄養分が供給されて、コケにとっては最高の環境のようです。
そのため、毎日コケとの闘いです。
特に砂に茶色のコケが生えることが多いです。
砂の掃除としては、掃除機のような道具を使って、砂をかき混ぜて、ゴミだけを吸い出しています。
掃除機といってもお手製で、4Lの焼酎のボトルに塩ビパイプとホースを繋げて、サイフォンの原理で吸い出すのです(どなたかトリーターの中にお酒好きがいたようです)。


お手製掃除機

これで、砂のコケは綺麗にすることができます(といっても半日でコケが復活します)。
ただ、擬サンゴや擬岩についたコケに関してはとるのが大変です。
そこで、トリーターの大切なパートナーの登場です。
それはコケを食べてくれる魚たちです。

コケ取り部隊はインドカエルウオ、ヤエヤマギンポ、シマハギの 3種です。
魚名板にはいないのですが、せっせと擬サンゴを突いて、コケをとってくれています。
シマハギは泳いで水槽内を動き回ってツンツンと、ヤエヤマギンポとインドカエルウオは擬サンゴの間と間をちょろちょろと動き回って、止まってはハムっとコケを食べてくれています。
この子たちのおかけで、水槽の環境が保たれています。

人の手が届かないところはこういった生き物たちに活躍してもらっています。
ほかの水槽でもマガキガイなどのコケ取り部隊や、勝手に現れるイソギンチャクの除去にカゴカキダイなどが活躍してくれています。
そういった生き物たちにも協力してもらって水槽は維持されています。

特にカエルウオたちは見つけるのが難しいですが、よーく隙間を覗いてみてください。
きっと活躍している姿を見られるはずです。


シマハギ


ヤエヤマギンポ


インドカエルウオ

太平洋


2021.02.10 トリーター:白形

2021/02/10 日々成長


毎日のように動物と接していると大きくなったなと感じることはありませんが、写真を見返してみると見違えるように大きくたくましくなったのがわかります。

特にめざましい成長を遂げているのが、オタリアの「マルコム」とバンドウイルカの「ミライ」です。

まず「マルコム」から見ていきましょう。
これは2018年8月の写真です。


まだあどけなさが残っています。

そしてこれは今の「マルコム」。


立ち上がった時の高さはトリーターを超えそうです。
毎日10kg超の魚を吸い込むように食べ、2018年8月には61kgだった体重も今では134kgになっています。
吻も太く、オスらしさが少しずつあらわれてきました。


次に紹介するのは「ミライ」です。
これは2020年4月22日、誕生した翌日の授乳風景です。

 
小さな体で一生懸命にミルクを飲んでいました。

そしてこれは今の授乳風景。

 
見づらいですが、体がかなり大きくなったのがわかると思います。
今は魚とミルクの両方から栄養を摂り、2020年6月には55.5kgだった体重が113.7kgまで増えました。

まだまだ「シリアス(母親)」のお腹の下に入ることも多い甘えん坊ですが、自分でジャンプしてみたりビービー鳴いてアピールしたり、隣のプールに喧嘩をうったりと毎日私たちを楽しませてくれます。

たまーにこうやって写真を見返しながら、それぞれの個体の成長を噛みしめていきたいと思います。


2021.02.08 トリーター:田中

2021/02/08 動物たちとの向き合い方


みなさん こんにちは、トリーターの田中です。
トリーターになって 4年が経ちました。
早いです。早すぎます。

1年目は 仕事を覚えるのに必死
2年目、ちょっとトレーニングも作業も落ち着いてできるようになる
3年目・・・お?ちょっと私、できるようになってきた?いい感じ?
→ 調子に乗って失敗する
4年目・・・やっと視野が広がってきた

といった所です。
そしてトリーター歴 5年目がいよいよ始まる・・・・・・

最近、動物たちとの向き合い方を もういちどよく考えてみようと思っているのですが、イルカやアシカと接する時にいちばん心がけているのは 「動物たちにとって自分は刺激的で面白くてポジティブな存在」 になれているか?ということです。
トリーターによって動物への向き合い方は違います。
でもその向き合い方には理由があるし、パートナーである動物たちだってその日、その時のモチベーションは違います。
でも、どんな時もポジティブなパートナーが隣にいれば、ワクワクしたり安心感があってホッとしたり、信頼できるから少し怖いことでも勇気を出してチャレンジできたり・・・
トリーターと動物の関係ってこうかな?と改めて感じました。

イルカ・アシカショー「きずな/kizuna」を見たくても見に行けなくなった方もいらっしゃると思ったので、今回は動物たちへの向き合い方について書いてみました。
世の中まだまだ落ち着かない状況ですが、動物たちへの接し方はいつも変わりません。
また明日も頑張ります!

きずな/kizuna


2021.02.07 トリーター:伊藤

2021/02/07 多彩で混沌、漁港の生物


今回は、私が携わる湘南港水槽こと “海岸水槽「漁港(湘南港 藤沢市)」”について、語ってみたいと思います。

昔からのお客さまはご存じかも知れませんが、この水槽、以前は「流れ藻」水槽と呼ばれていたのです。
岩肌で育った海藻がちぎれて(自らはずれて?)水面を漂うと、サンマなどが産卵したり、小さな魚やエビカニが隠れ家としたり、それらを狙って大型の魚が寄り付いてきたりします。
そうした小さなユートピアを再現すべくスタートしたのです。

本物の流れ藻の管理は大変でした。
少しずつ朽ちていきますので、毎朝、底掃除が必要でした。
そして、思ったほどには、小魚が流れ藻に積極的には寄り付きませんでした。
それから数年間、海藻をイミテーションにしてみたり、大型の魚を展示してみたりと、時代時代の担当者による試行錯誤が続いていました。
私はその間、担当を外れており、深海やマングローブの展示を扱いながら遠目に見守っていました。
いざ、自分が主担当したらどうするかな、と妄想を巡らしながら。

そして今から6年前、ついにお鉢が回ってきたのです。
その時はシラス展示立ち上げ直後で、アマモ水槽の衰退も重なり、非常にセカセカしていたのを思い出します(当時、協働してくれた同僚の方々にはほんとに感謝です)。
その時に相談して踏み切ったのは、「流れ藻生態系の再現」からの撤退でした。
当時の状況では難しいと思ったからです。
その代わりに提案したのが現在の「湘南港」の再現なのです。

「湘南港」は江の島内の北東岸、前の東京オリンピックの時に造成された港です。
沖合が砂地でありながら、南岸には大規模な岩礁があり、北からは栄養分豊富な境川の水が供給されます。
それもあり、人工環境でありながら、生物はなかなかに豊富です。
さらに面白いのが、漁師さんの活動が生物相に影響を与えていることです。
当館では、何十年も前から湘南港の漁師さんと関わり、展示生物をもらったり、船に乗せてもらって調査をお手伝いいただいたりしてきました。
港の周りには、自然にすみ着いた生物の他に、漁師さんの漁獲物がカゴや船倉にキープされていたり、漁獲を免れた「食用に適さない」カニやヒトデがすみ着いていたりします。
港内での潜水調査を考えたこともありましたが、安全の面から現時点で実現していません。
が、きっとこんな感じになっているだろう、という想像を巡らせて再現したのが、現在の展示です。

この時の水槽のリニューアルは、業者の追加工事を伴わない、私たちの手作りでした。
展示なので強調したりディフォルメしたりはありますし、レイアウト面で作りが甘いところもありますが、目指した展示の特色を記してみたいと思います。

全体の雰囲気
ちょうど季節来遊魚の水槽あたりから展示が見えてくることを想定しました。


目線を踏まえて、展示に近づくと見えない水面部分にレイアウトを盛り込んでいます。
コンクリートに見立てたパーツをあえて斜めに設置したり、漁具をしこたま設置しました。
「ああ、あと 5つ後ろの展示は漁港なんだな」とこの時点で刷り込ませていただくわけです。

水中レイアウト
漁業感を出すべく、底にはあえて人工護岸が朽ちたようなコンクリート欠片を岩とともに設置し、水面には全面アクリル張りに改造した漁師カゴに、ウニやカニを入れて展示しました。



当時はちょうど「発見の小窓・小さな地球」水槽がオミットされた時期で、小さな生き物を個別に出せる水槽が不足していたので、レイアウトと展示スペースを両立するナイスアイデアだと思いました。
が・・・ 位置が高すぎてお子さまには見づらいという欠点があり、未だ改善の余地ありです。より面白い見せ方を工夫していきたいと思います。

展示生物の構成
上述の通り、漁港ならではのコンタミ感、「完全な自然ではない」という「違和感ある現実」の再現を目指しました。
コンセプト的にいろいろな種を展示できるため、仲間内では他水槽で展示しづらくなった魚の受け入れ先としても重宝されます。

主役
そんな感じでいろいろいる中から、あえて主役を上げるなら、イセエビです。
サザエ、トラフグと並ぶキングオブ・漁獲種。
以前の日誌でも書いたのですが、イセエビほど、「知名度と展示効果」に反して「展示する側の評価が低い」種はいないと思っています。
展示スタート後も上司から「イセエビを減らしては?」と言われることがありましたが、むしろもっと目立たせたいくらいでした。
お客さまの「あっイセエビだ!見て見て」という声を聞いて、一安心したものです。
実は彼らが本領を発揮するのは夜です。(今は難しいですが)ナイトツアーで見ていただくと、昼間隠れていた個体もみんな出てきて、眼をギラつかせながらワキワキ活動しています。


本水槽は現在、相和設備工業株式会社さまに展示スポンサーとなっていただいております。


トリッキーでありながらまぎれもない漁港の現実の「展示として強調再現」に携わった者としては、恥ずかしながらもちょっとうれしいのです。
世間が平常運転になったら、またぜひ、多くの方々に見にきていただけたらと思っております。

相模湾ゾーン


2021.02.06 トリーター:伴野

2021/02/06 メンバー紹介 2

ミナミアメリカオットセイ「セシ」と(2019年12月)
ミナミアメリカオットセイ「セシ」と(2019年12月)

みなさんこんにちは!
今日は、2020年9月に書いたトリーター日誌の番外編です。
前回の日誌では、私が担当として普段コンビを組んでいる動物たちをご紹介したのですが、何名かのお客さまに「楽しかったです。」や、「ほかの子の紹介もお願いします。」と言った嬉しいお言葉をいただいたので続編を書きます。

本日ご紹介するのは 私が担当ではないのですが、ショーの中でコンビを組んだり、以前コンビを組んでいたメンバーたちです。

それではいきましょう!!


エントリーNo.1
バンドウイルカ「ミレニー」


2000年6月7日 誕生
母 : ルイ
父 : パル(現在鴨川シーワールドで生活中)
体重: 197.0kg
色白小柄な体が特徴。
吻先やお腹の色が薄いピンク色をしている。
新人トリーターは「ルイ」、「サワ」、「ミレニー」親子の識別が難しい(当時の私は、特に「ルイ」と「ミレニー」が難しかった・・・)。
両目の上に眉毛のような模様がある。新人伴野トリーターの見分け方は「ピンク眉毛ちゃん」。
動きの切れやスピードは “えのすい”No.1!
いろんなジャンプを飛ぶことができ、水しぶきの量も No.1!!
“えのすい”のエース。
ステージの上にある氷を回収するが一番上手。
私がトリーターになって初めて担当した動物。
入社当時、M田トリーターが尾鰭打ちの合図をだすと、
「バババババババッッ!! !! !! !! !! !! !! !! !! !!」 すごい勢い。
伴野トリーターが尾鰭打ちの合図を出すと、
「チャプチャプチャプ・・・ 」 それ水面打ってる?
「ミレニー」とアクリル面を走る時は本気のダッシュ。


エントリーNo.2
バンドウイルカ「マリン」

2002年7月15日 誕生
母 : シリアス
父 : パル(現在鴨川シーワールドで生活中)
体重: 239.0kg
えのすい1の頭脳派。だけど実はサマーソルトも飛べちゃう。
吻先が黄色い。目がちょっと腫れぼったい。
背鰭が少し欠けている(海賊みたいだなぁ)。
新人伴野トリーターの見分け方は「黄色い海賊ちゃん」
以前、2年間くらい?コンビを組んでいた。
考えることが好きで、集中している時の「マリン」のポテンシャルはすごい。
本当によくトリーターの細かな動きまで観察している。
弟(ミライ)の面倒見が良い。


エントリーNo.3
バンドウイルカ「ミライ」

2020年4月21日 誕生
母 : シリアス
父 : ダン(下関市立しものせき水族館・海響館)
体重: 113.7kg
ブリーディングプールで「シリアス」や「マリン」と生活中。
えのすい史上初、生後3日でプールの移動ができるようになる!
(トリーター一同 : こりゃ、大物になる気がするぜ)
遊ぶの大好き。遊んでいるとよく音を出す。
最近は吻先で水しぶきをあげるのにハマっている。
トリーターの想像以上のペースで体が成長中!
(こりゃ、体も大物になる気がするぜ)
魚も、もう食べてます。最近はもっとちょうだいモードだが、ハイペースで成長しているので少し給餌量はセーブ中。
“えのすい”の明るい「未来」への希望。


エントリーNo.4
オタリア「マミ」

1998年3月17日に“えのすい”にやってきました。
体重: 87.9kg
えのすいアシカたちのエース。
プールを使っての空中回転ジャンプができる。
逆立ちの安定感も抜群。会いに行くとだいたい、頭をプールに突っ込みお尻だけ水上にでている。(なんでいつもその格好?)
私が初めて一緒にショーでコンビを組んだアシカ。
(オーディション、付き合ってくれてありがとう!!)
最近は以前に比べて動きが少しゆっくりになったかな?
でもまだまだ元気いっぱい。興奮するとガオと鳴く。


エントリーNo.5
ミナミアメリカオットセイ「セシ」

2013年1月21日に“えのすい”にやってきました。
体重: 36.1kg
べっぴんさん。可愛い系というよりは美人系。
すらりとした鼻先と大きい目が特徴。
声がとても高い。
トリーターと立って一緒に歩くのが一番上手。
エレベーターに乗れちゃいます。
高いところが好き。


いかがでしたでしょうか。
前回の日誌とあわせてご紹介していないメンバーもまだまだいます。
全頭紹介できるように動物たちの観察を続けて行くのでお楽しみに!
最後に、マミの写真を撮影しに行った時のひとコマ。


何をしているんだ・・・
(現マミ担当者一同。)
マミ逆立ち さすがだよ。

本日はこの辺で!!

バックナンバー
2020/09/28 メンバー紹介!!

イルカショースタジアム


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!