• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2020.09.13 トリーター:番長

2020/09/13 どこから来たの?(2020年 version)


昨年のちょうど今頃、同じタイトルでトリーター日誌を書きました。
なぜかというと・・・
それはずばり、季節来遊魚たちがやってくる時期になったからです!

簡単に言うと、季節来遊魚とは、初夏頃から黒潮に乗って日本の太平洋沿岸にやってくる南方に生息する魚の幼魚のことです。
冬になると水温が下がり、いなくなってしまうことから別名、死滅回遊魚とも言われます。

昨年はトビウオ、サザナミフグなどがやってきていましたが、今年はというと台風が少ないからかやってくる種類が少ない気がします・・・ 。
季節来遊魚の大本命と言えば、“えのすい”の季節来遊魚水槽にもいるチョウチョウウオ・ヤッコ・モンガラ系ですが、近くの漁港で私が狙うのは オニカマスです。


オニカマスの幼魚

オニカマスは大きくなると 全長 2mほどにもなる大型の魚食魚で、成魚は鋭い歯を持ち、その風貌はとても勇ましいです。
勇ましいのは見た目だけではありません。体内にはシガテラ毒という毒を持ち、そして性格も荒くて時にはダイバーを襲うこともあるそうです。
どうして私がこんなにもオニカマスに固執するかというと、ほんとに個人的で大した理由ではないのですが、学生時代にダイビングを始める時に危険な生物として紹介されて、とてもインパクトが強くて衝撃を受けたからです。(笑)
そしてこのオニカマスは「バラクーダ」とも呼ばれますが、その名前もまた印象的でなんだか心に残ってしまいました・・・。
初めてバラクーダの存在を知った時、一緒にダイビングを始めた友だちと、なんて生き物なんだと盛り上がって怖いもの見たさで見てみたいなんて言っていたのですが、残念ながら暖かい海に生息するので、この辺では簡単に見ることができませんでした。

そんなバラクーダがいたんです!こんなに近くに!
初めて見つけた時(先輩トリーターが教えてくれました)それはもうとても舞い上がってしまいました(笑)

そして今年は独り立ちして昨年と同様に漁港へ。
何回か見かけるものの沖に行ってしまったり、潜ってしまったりで採れず・・・ 。
しかしつい最近、やっと採ることができて相模湾キッズ水槽に現在展示しています!



見た目は地味ーかも知れませんが、成魚の姿を想像するとこんな風になるんだと不思議ですし、はるか遠い海からこの地にやってきたと思うとなんだか感慨深いです。
ぜひ、この機会にオニカマスを見てみてください。

ちなみに一緒に展示しているクロホシマンジュウダイは本来、マングローブ域などに生息する魚です。


この子たちも一体どこから来たんでしょうね~

関連日誌
2019/08/27 どこから来たの?

相模湾ゾーン


2020.09.12 トリーター:長野

2020/09/12 NEWパートナー!


みなさん、こんにちは。
新人トリーター 長野です。

以前のトリーター日誌で”同期“である子イルカの成長についてお話しさせていただきました。

そんな子イルカのビックニュースといえば、名前が「ミライ」に決まったことです!
早速、トリーターの間で子イルカを「ミライ」と呼び合い、より一層愛される存在になったと思います。
着々と成長するミライに負けない活躍をしていきたいです。

そこで、今回は「ミライ」の成長ではなく、新人トリーターの成長についてお話ししようと思います。

なんと!僕の初めてのパートナーが決まりました!

僕のパートナーは...カマイルカの「クロス」です。


「クロス」は今年で“えのすい”歴42年の大ベテラン。
1年目の新人トリーターからすると頭が上がりません。。。
トリーターとして駆け出しということもあり、「クロス」に伝えたいことが伝わらず、息が合わないことばかりですが、毎日のトレーニングを通じて「クロス」のことをもっと理解できるように向き合っていきたいです。

毎日、大ベテランの「クロス」とのトレーニングを通じて、イルカトレーナーの基本や“えのすい”トリーターの意義を学んでいます。

イルカトレーナーとして、そしてえのすいトリーターとして1人前になるために、1日1日を大事にしていきたいと思います!

次回のトリーター日誌では、「クロス」と新人トリーターの成長した姿についてもっとお話ししできるように頑張ります。

イルカショースタジアム


2020.09.11 トリーター:黒川

2020/09/11 かめらいぶ、9月も開催してます!

ウミガメショー「かめらいぶ」
ウミガメショー「かめらいぶ」

みなさん こんにちは!

8月から始まったウミガメショー「かめらいぶ」はもうご覧いただけましたか?
このショーは、“えのすい”でくらしているアオウミガメ9頭を紹介しながら、ウミガメの生態についてのクイズ、トレーニング風景などご覧いただける、ウミガメもトリーターものんびりお送りするショーになっています。


私の最近のお気に入り、「エル」。
ごはんの時間になると1番に泳いできてくれます。
今日は自分の出す泡を一生懸命食べていました。
次回 MCの日に紹介したいな。

この「かめらいぶ」は夏の間限定かな?と思っていましたが、なんと!(おそらく)大好評につき、9月も期間延長してお送りしています!!

ショーを行う ウミガメの浜辺 が野外にあるため、雨が降ったら中止になってしまうのですが、不思議なことに7月の練習期間から、今まで一度も雨が降ったことが無いんです。
最近も、朝はザーザー降りだったのに、「かめらいぶ」の時間には止んでいたり、「かめらいぶ」が終わると同時に大雨になったり。
ウミガメ担当班の中に強烈な晴れ男、晴れ女がいるのでしょうか、、、
不思議です。

平日の 12時からスタートします。
ぜひ 「かめらいぶ」を見て、9頭の中からみなさんのお気に入りの1頭を見つけてくださいね!

ウミガメの浜辺


2020.09.10 トリーター:加登岡

2020/09/10 展示更新情報!


みなさんこんにちは。
ここでは「展示更新情報!」と勝手に題して、最近展示した生物を簡単にご紹介していきたいと思います。

今回は2020年9月7日(月)から「皇室ご一家の生物学ご研究」にて展示を開始した「ヌマチチブ」と「ドンコ」を紹介いたします。

ヌマチチブ

スズキ目ハゼ亜目ハゼ科
学名:Tridentiger brevispinis

ドンコ

スズキ目ハゼ亜目ドンコ科
学名:Odontobutis obscura

この2種類は日本国内の川に生息するハゼ亜目の仲間になります。そして、神奈川県内にも生息している種類です。ただ、ヌマチチブはもともと県内にいる種類ですが、ドンコに関しては国内外来種と考えられています。国内外来種とは日本にもともといるけれど、本来そこには生息していなかった種類が別の場所から移入されてしまったことです。ドンコの分布域は愛知県より西とされており、本来いなかったドンコがどこからか持ち込まれて増えているようです。

それぞれ、ドンコは中津川、ヌマチチブは引地川で採取しました。
採取した地点のそれぞれの環境は、中津川ではコカナダモが繁茂しており、底砂は目の細かい砂や石が多い印象でした。一方の引地川では水草はほとんどなく、丸い大きめの石がゴロゴロしていました。
今回の展示ではそんな環境を再現してみました。

ぜひこの機会にご覧ください。

皇室ご一家の生物学ご研究


2020.09.10 トリーター:池光

2020/09/10 ディランとマルコム


「ディラン」と「マルコム」はオタリアというアシカの仲間で、2頭とも4歳の男の子です。
小さい頃はよく2頭で仲良く遊んでいたのですが、成長するにつれてよくケンカするようになりました。
体の大きい「マルコム」に押され気味の「ディラン」、ケンカしなきゃいいのに隙があればちょっかいを出したりします。
一見仲が悪いと思うのですが、ある瞬間だけはとても仲良しなんです!!

それは眠る時!
日中どれだけケンカをしていても夜になるとぴったりとくっついて寝ます!
寝方にもいろいろあって、隣でくっついてる時もあれば1頭がもう1頭の上にきれいに重なって寝ている時もあります。
重たくないのかな?疲れないのかな?暑くないのかな?と毎日思うのですが、必ずくっついて寝るんです!
本当はものすごく仲が良いみたいです!!

イルカショースタジアム


2020.09.09 トリーター:藤田

2020/09/09 ウツボ好きトリーターのウツボの話 2

相模湾大水槽の丸窓から見たウツボ
相模湾大水槽の丸窓から見たウツボ

みなさんこんにちは。
いつの間にか8月が終わって9月になっていました。
少し涼しい日とまだまだ暑い日がありますが、引き続き体調管理にはしっかり気をつけなければいけないなと思います。

さて、前回のトリーター日誌で、「ウツボのお話をシリーズ化したいなとたくらんでいます」と書きましたが、快くOKをもらえました!
というわけで、しばしウツボのお話にお付き合いくださいませ。

ウツボは普段は岩の隙間などでじっとしていることが多い魚です。
そのウツボたちがいつもいる場所は、なんとなく個体ごとにお気に入りの巣穴があって、餌を探して動き回る夜間や、ペアを作る繁殖期を除いてあまり動かないものなのかと思っていました。
ですが、実は意外とそうでもないようです。
これは私が学生時代にフィールド調査で観察していたウツボの話ですが、ウツボは特定の場所にとどまっているとは限らず、かなり動き回っているようでした。

アカシマシラヒゲエビやオトヒメエビなどのクリーナー生物のいる場所、イカの産卵ポイントになっている場所、U字溝などの頑丈な人工物のある場所など、さまざまな地点で調査日ごとに別個体のウツボが観察されることが多かったです。
また、台風などの影響で海底地形に変化があった場合もウツボの分布に変化がありました。

ちなみにウツボの個体識別は顔の模様の違いで行いました。




フィールドで観察されたウツボ

こんな感じでウツボの顔にはかなり個体差があります。
もちろん“えのすい”のウツボたちも同様に、個体ごとに顔の模様が異なります。

“えのすい”での生活が長いベテランのウツボたちは、日中は大水槽の底で休んでいることがほとんどです。
対して、まだ若いウツボは外からはほとんど見えないような場所によく隠れています。

大水槽の中でのウツボたちの行動にはどのようなものがあるのか、これからも観察を続けたいと思います。

みなさんもさまざまな角度からウツボをじっくり観察してみてください!

[2020/07/17 ウツボ好きトリーターのウツボの話]

相模湾ゾーン


2020.09.08 トリーター:島森

2020/09/08 ビーナの変化

ハナゴンドウ「ビーナ」、バンドウイルカ「サワ」、「ミュー」
ハナゴンドウ「ビーナ」、バンドウイルカ「サワ」、「ミュー」

ここ最近ハナゴンドウの「ビーナ」にはある変化がありました。

それは“えのすい”が休館しているころから。
今まではバンドウイルカたちのことが少し苦手で、「ミレニー」と「サワ」とだけ仲良く泳ぐ姿が見られていました。

休館中「ニコ」や「リン」と同じプールで過ごす時間がたくさんありました。
初めの頃は、「ニコ」や「リン」のことを少し警戒していましたが、すぐに追いかけあいっこができるほど仲良くなり始めました。今では朝来ると3頭で仲良く泳いでいることも多く、ガラス越しに覗くと3頭でこちらのようすを見に来てくれます。
「ビーナ」に仲良しのイルカが増えたことが嬉しくて、3頭でいるところを見るとホッコリした気持ちになります。

そして、「ニコ」と「リン」だけでなく「ミュー」や「マリン」とも、休館中に少しだけ距離が縮まったような気がします。最近は「マリン」といることはないですが、休館中一緒に過ごすことがあったんです。
一番驚いたのは、「ミュー」との距離感。今までは近くに来るだけで、少し後ろに下がってしまったり、離れていってしまったりと嫌がる行動が目立っていました。でも、今は違います。「ミュー」の横に落ち着いていられるように! ただし「ミュー」に怒られなければの話ですが(笑)
朝一緒に泳いでいることも増えたり、一緒にステージへ上がって来たりジャンプしたり。一緒に何かに挑戦できる時間が増えてきています(^^)

まだ仲良くなれていないのが「ルイ」。「ルイ」が近くを通る時、いつもチラッとようすをうかがっています。でも、なんとか仲良くなれないかなと考えていたある日の朝、「ルイ」・「ミレニー」・「サワ」親子の中に「ビーナ」も混ざって一緒に泳いでいたんです! 思わず二度見して、個体があってるか確認してしまいました。一緒に泳いでいるのを見たのは、残念ながらこの日だけ。

これからも少しずつみんなと距離を縮めながら、仲良く楽しく過ごしてもらえたらいいな☆

イルカショースタジアム


2020.09.07 トリーター:伊藤

2020/09/07 上陸カエルウオ見つけた!

カエルウオ
カエルウオ

カエルウオ。「エノシマエ」の学名を持つ江の島を代表する魚です。
当館では、相模湾ゾーン 沿岸水槽の一角で展示中です。

さてこの魚、その名の通り陸上をはねるのが得意だと言われています。
ただし、野外においてその行動を見せることはほとんどありません。
陸のある水槽で飼育していても同様です。
近い仲間のヨダレカケやタマカエルウオでは、波しぶきのかかる陸上での活動がよく見られます。
カエルウオがはねるようすを見るには、ちょっとかわいそうですが、陸上に置いてあげるのがてっとり早いです。
想像以上に巧みで、きちんと頭を上にして、自分のはねたい方向にぴょんぴょん逃げていきます。おそらく、よっぽど困った時用の能力なのかなと想像していました。

ところが先日、本種が上陸している現場をついに見ることがかないました。
江の島で調査をしていた際、岩に空いた穴を何気なくのぞき込んだら、たたずんでいました。


本種がこういった穴に入ったり、穴の中で卵を産む習性を持つことはよく知られていますが、驚いたのはその高さ。水面から 50cmほども高い位置(潮間帯中部)です。


卵を守っているかどうかは分かりませんでしたが、私が何度ものぞいたり、フラッシュをたいて撮影しても逃げなかったことから、よほどこの場所に執着があったものと思われました。
あえて、半乾きのこの場所にたたずんでいた、ということになると思います。

水中に比べて、時間によって陸上化するこういう場所は、外敵が少ないのかもしれません。
近い仲間のイダテンギンポなどでは、このように陸上化するカキの群れの隙間に産卵する習性があるので、もしかするとカエルウオも同様なのかもしれません。興味深い場面でした。

コロナ禍中は野外にもあまり出られませんでしたが、生物のナマの姿を見られるのは、やはり楽しいです。

相模湾ゾーン


2020.09.06 トリーター:櫻木

2020/09/06 トリーターもトレーニング


イルカ・アシカショー「きずな/kizuna」の数ある見せ場の中の一つに、トリーターの高飛び込みからの水中種目があります。
ただ今、この種目を会得するべく練習にチャレンジしているトリーターたちがいます。
本日もショーの合間に飛び込み練習。
飛び込み台は水面から4m、そこに立っていると目線の高さも加わり、6m弱の高さとなります。


慣れてしまえば、大したことないのですが、やり始めはやはり恐怖心が勝るようです。
それもそのはず、4mの高さといえば下手に飛び込めば怪我もしてしまいます。
また、より高いバンジージャンプと比べても、高飛び込みは入水するということにも恐怖心が伴います。
高さに慣れるべく、半分の高さのジャンプ台から練習し、今では 4mからも飛び込めるようになってきたチャレンジメンバーたち。
彼、彼女らがいつか本番で宙を舞う日も近いはず。
練習を見かけたら、緊張しているであろうから、温かく見守ってあげてください。

きずな/kizuna


2020.09.05 トリーター:山本

2020/09/05 9月テーマ水槽


始まりました、9月テーマ水槽。「クラゲの9月」として、江の島周辺に出現するクラゲたちをご紹介しています。その内容と見どころをざっと紹介します。

カツオノエボシとギンカクラゲの標本展示


1か月間、温度調整がかなり難しい場所での展示ですので、標本にさせていただきました。ちょっと珍しい黄色のギンカクラゲもいます。標本となっても美しい姿をぜひご覧ください。
ギンカクラゲに関しては、生きているものをクラゲサイエンスでも展示中。カツオノエボシも採れ次第展示する予定です。
標本だけではなく、今年撮れたお気に入りの写真も飾ってあります。今年やや話題となったアオミノウミウシなどの写真も必見です。

採集方法やこれまで採れたクラゲたちの紹介


こちらは写真での紹介です。普段耳にしないような、かなりマニアックなクラゲたちを紹介しています。また、2018年度の採集結果を表にした「クラゲカレンダー」も作りました。「江の島の周りには、こんなにたくさんのクラゲがいるんだなー」と感じていただければ幸いです。

江の島で毎年出現するクラゲ
こちらは生きているものを展示しています。個人的には「エダアシ・カギノテクラゲ」の混合水槽が気に入っています。


広ーい水槽の中に、3㎜くらいのエダアシクラゲ(黄色い〇)が数えきれないほどにいっぱい入っています。うじゃうじゃ感を出せるように毎日少しずつ追加していますので、後半どうなるのか楽しみです。
また、カギノテクラゲも少しですが入っています。かなり分かりにくいところに移動していることもあるので、見つけられたらすごいです。

今回のテーマの目玉「毎日採集朝どれクラゲ」

9月1日から30日までの間、毎日江の島に行き、採れたクラゲを展示します。つまり日替わりの展示です。
これは…正直とーっても大変なのですが、私が一番やってみたかったことでもありますので、今回チャレンジしてみました。多分クラゲが一匹も採れない日もありますが、可能な限り頑張ります。土砂降りでも行きます。台風の日は…さすがにちょっと…。
毎日その日の朝に採れたクラゲを展示しますので、よりリアルな江の島のクラゲを体感できると思います。
ただ、1㎜くらいのクラゲも一緒に入れますので、全部ちゃんと見るのは難しいかも知れません…。それは、今後工夫してどうにかご紹介できたらなと思います。
ちなみに今日の結果はこんな感じ。

もちろんこのパネルも内容は日替わりですので、その日の採集者次第です。それぞれ自由にふんわり書いていきますので、こちらもお楽しみに~。

さて、ざっとご紹介してきましたが、何となく雰囲気は伝わりましたでしょうか。まだまだ9月は始まったばかり。2020年のクラゲ月を、一緒に全力で楽しんでいきましょう。

テーマ水槽





見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!