• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2020.06.28 トリーター:長野

2020/06/28 期待の新人〇〇〇〇!


みなさん、初めまして。
新人トリーターの長野です。

4月よりえのすいトリーターとして新しくスタートを切りましたが、
“えのすい”は5月30日まで休館をいただいていました。
僕はみなさんにお会いする日を楽しみに、新しい環境の中で休館中も仕事をしていました。

今日は“成長”をテーマにいくつかお話ししたいと思います。
まずは、題目にある「期待の新人〇〇〇〇!」についてです。
みなさん、〇〇〇〇には何が入ると思いますか?
そうです!「期待の新人トリーター!」と言いたいところですがまだまだそんな自信もないので、
休館中に“えのすい”にやってきた(誕生した)「期待の新人子イルカ!」についてお話ししようと思います。
過去のトリーター日誌に何度も登場していますが、今回は新人トリーターだからこそ感じる事をお話しできればと思います。


子イルカは4月にブリーディングプールで誕生しました。
お気づきの方もいるかと思いますが、なんと!子イルカは僕と”同期”になります(勝手に言っています)。
僕の“同期”は、誕生したばかりの頃は母親の「シリアス」のそばをくっついて離れないよう必死に泳いでいました。
僕と同様にえのすいにやってきてまだ日は経っていませんが、“えのすい”で誕生して2ヵ月が経った現在では、1頭でプール内を泳ぎ、母親の「シリアス」がジャンプする姿を真似して小ジャンプをするまでに成長し、先輩トリーターのみなさんは厚い期待を寄せています。
同期の僕からしても、とても嬉しい成長です!

ここで“同期”の話だけでなく、少しだけ僕の成長についてもお話しさせていただきます。
徐々に様々な仕事を任せていただいており、今日は“母子観察”という仕事を紹介しようと思います。

“えのすい”再開後にご来館された方は、子イルカのいるブリーディングプールの前で何か書いているトリーターを見たことがあるかもしれません。


これは一日を通して、子イルカがどのような行動を行っているのかを観察しています。
子イルカがとる行動ひとつひとつにたくさんの“理由”があります。
ぜひみなさんにはその“理由”を考えて観察していただくと、面白い発見があると思いますので、トリーターになった気持ちで観察してみてはいかがでしょうか!

日に日に大きくなり、様々な行動をする子イルカを観察して“同期”の急成長を肌で感じ、僕も負けられないという気持ちになり、日々仕事に励んでいます。

一日でも早くみなさんの前でショーに出て、“同期”に負けない成長を見せられるように頑張りますので、新人トリーター長野と新人子イルカのことを今後ともよろしくお願いします!

イルカショースタジアム


2020.06.27 トリーター:角張

2020/06/27 そしらぬ顔して


“えのすい”に入って2番目の水槽、通称“じゃぶじゃぶ池”には「ウツボマンション」があります。
このウツボマンション、時々えのすい公式Twitterにも登場するのでご存じの方も多いかもしれませんが、日中はだいたい「密」の状態です。笑

ぎゅうぎゅうに詰まった状態でも、みんな何となく満足気な表情をしている気がして、ついついそのかわいさに足を止めて見入ってしまいます。

先日も出勤して朝の見回りをした時にウツボマンションに目をやると、見事なぎゅうぎゅう詰め!
アミウツボたちの中にサビウツボも一匹紛れていて相変わらずかわいいなぁと見ていると・・・


ん??
なんだか顔つきに違和感のある子がいるような・・・
ちょっと角度を変えて見てみるか・・・


あ!ウツボじゃない魚がまざってる!!(赤丸のところ)
ホシササノハベラだ!
あたかも「自分もウツボですよ~」と言っているかのよう。
思わずクスっとしてしまいました。

ベラの仲間も狭いところに入って休む習性があるので、夜のうちに入ったのかもしれないですね。
みなさんも“えのすい”にお越しの際は、ご自身と他のお客様との「密」を避けつつ、「密」なウツボマンションを観察してみてくださいね。
ウツボたち以外の魚がしれっと入居しているのを見られるかもしれませんよ。

相模湾ゾーン


2020.06.26 トリーター:森田

2020/06/26 「サワ」のジャンプ


コロナの影響で休館していた“えのすい”も、営業を再開してもうすぐ 1ヵ月が経とうとしています。
イルカショースタジアムでは、いつもとは違う少し短いミニライブをみなさんにお届けしていますが、短い中でもみなさんに濃く伝えられたらと日々考えています。
その中でも見てもらいたいのが、バンドウイルカの「サワ」の前方宙返り!
お母さんの「ルイ」やお姉ちゃんの「ミレニー」と違って高さはちょっと低いんですが、でも一生懸命飛んでいる姿がすごく愛らしいです。
また、飛ぶ場所にも注目してください。
「ルイ」や「ミレニー」はプールの左側で飛ぶのに対して、「サワ」はプールの真ん中で綺麗に飛びます。
飛ぶ場所で「サワ」だと確認できるので、みなさんもすぐに気づくと思います。
ただ、これで満足はしていません。
最後の大技「複数頭での前方宙返り」を、いつかみなさんにお見せできたらいいなぁと思っています。

イルカショースタジアム


2020.06.25 トリーター:櫻井

2020/06/25 カワイトヒキクラゲの成長日誌 第二話

6月25日
6月25日

前回は、成長しきったカワイトヒキクラゲについてお話をしました。
ちょうど本日、新しい、若い個体に入れ替えましたので、今後の成長などを追ってお伝えしていければと思います。
ただいま3個体の収容で、今はまだとても寂しい感じがしますが、みるみる成長していきますので、すぐに狭くならないか3個体でも不安です。ゆくゆくはもっと大きな水槽にお引越しするか、単独飼育になるでしょう。


展示初日

この新しいカワイトヒキクラゲは、5月26日に遊離した個体です。その頃にはもう、5月末の開館が決まっていました。老衰したカワイトヒキクラゲにもう少し展示水槽で頑張ってもらって、その間に驚異的なスピードで成長してバトンタッチできるかどうか、ぎりぎりのタイミングで出てきてくれたのです。
小さい頃のカワイトヒキクラゲの成長は驚異的です。休み明けに出てくると、傘径が1.5倍くらいになってるし、糸状の付属器も10センチくらい伸びています。この成長を見守るのが本当に楽しくて嬉しくて、そのために会社に行っているようなものです。飼育員冥利に尽きますね。


餌をあげるとすぐに口から取り込みます


5分ほどで胃が満タンです

一週間おきくらいに成長日誌を載せられればと思いますので、楽しみにしていてくださいね。次にご紹介する時には付属器が伸び始めていると思います。ではまた第三話で。

クラゲサイエンス


2020.06.25 トリーター:鷲見

2020/06/24 爪切りできるかな、、、?


こんにちは。
突然ですが、みなさんの苦手なことはありますか?
注射や高いところや、様々だと思います。
苦手ではなくでも初めてやることは、特にドキドキしますよね?でもやってみたら意外に平気だった!ということもあるかもしれません。
実は、最近アザラシの「ココ」と初めてのことに挑戦しています。
それは、爪切りです。

アザラシの爪、見たことありますか?
アザラシは岩につかまったり、登ったりする際、爪が自然に削れていくこともあるようなのですが、「ココ」の爪は違いました。
左の前肢の爪が伸びている。。
そこで、どこかにひっかかったり、割れてしまわないように、爪切りをすることにしました。

ですが、最初は前肢を触ろうとすると、前肢を隠してしまったり、どこかへ行ってしまうこともありました。前肢を触られるのは少し苦手みたいでした。
まずは前肢を触っても驚かないように、少しだけ、一瞬触る練習を繰り返し、最近は左前肢を持っても驚かなくなりました。触られても怖くないことがだんだん伝わってきたみたいです。良かった!

急がず、焦らず、「ココ」が驚かないように、少しずつ一緒に練習していきたいと思います。

みなさん、「ココ」の初めての爪切りができるよう、どうぞ見守っていてください!


「ココ」の左前肢にご注目!

ペンギン・アザラシ


2020.06.23 トリーター:加登岡

2020/06/23 続・次の新展示に向けて


みなさん、こんにちは。
戸倉トリーターが5月15日に、トリーター日誌で「次の新展示に向けて」と書いたので、その後をお伝えしたいと思います。

新展示で目指したものは沖縄の水深の浅い場所の再現です。
まずはどんな生物がいるのかを調べました。
(かなり昔になりますが、個人で沖縄に行ったときに、スキューバダイビングや磯遊びをしたので、その記憶を思い出しながら展示を考えました。まだ大学1年生の頃・・・もう10年以上も前か・・・)。

その時に一番衝撃を受けたのはカクレクマノミとイソギンチャクがなんと、膝ほどの深さの浅い所にいたことです。
その当時はもっと深い場所で、タンクを背負って潜らないと見られないと思っていたので、印象に残っています。
そんな環境を再現できれば良いなと考えました。


カクレクマノミと隠れ家になったハタゴイソギンチャク

まず、飼育する生物をどうするか考えたときに、魚よりも無脊椎動物を多く入れようということになりました。
そのため、新展示前にいた魚たちは違う水槽に引越しとなりました(バックヤードを経て、現在はトロピカル水槽にいます)。
ただ、前の水槽から変わらぬ生物も。
こやつらは岩崎トリータ-の捕獲大作戦から逃げ切った猛者たちです。

ムラサメモンガラやイトマンクロユリハゼ、ホンソメワケベラの3種は隠れるのが上手です。そのため今でも悠々と水槽を泳いでいます。ただ、この3種類も沖縄に生息しているので問題なし。
新たに仲間入りしたのはカワテブクロやアカミシキリ、ハタゴイソギンチャクなどの無脊椎動物。魚はこちらも隠れるのが上手なフタイロカエルウオなどです。


隠れ家を選んでいるフタイロカエルウオ

隠れ上手が集まってしまった感じもしますが、一番隠れるのが上手いのはナマコの仲間で、リュウキュウフジナマコです。
こちらも新たに入った仲間ですが、水槽に入れてから約1カ月たって、私がお目にかかれたのは3回だけ…
本当は解説版で紹介したかったのですが、写真も撮れない状況です。
栗色のトゲトゲしたナマコなので見つけられたらラッキーかも。

沖縄をイメージしたら隠れる生物が多くなってしまいましたが、カクレクマノミがいる水槽が目印ですので、ぜひ探してみてください。


PS.
前回の日誌で作製したサメの顎が完成しました。乾燥したら思った以上に顎が開いてしまいました。もう少し固定をしっかりすればよかったかなと反省です。次回は入れ歯洗浄剤を使ってみようと思います。


コロザメの顎標本

太平洋


2020.06.22 トリーター:濱田

2020/06/22 本からの学び


こんにちは!
新人トリーターの濱田です!

僕は今まで、文頭はこのフレーズを使ってきたのですが、遂に自分より新人が入社してきたので、新人トリーターと名乗るのは今回が最後となります・・・ 泣

少し寂しい気持ちもありますが、いつまでもフレッシュな気持ちを忘れずに、日々過ごしていきたいと思います!!


今回は本を読んで勉強したことを書きます!
テレビを消して、携帯を放置して、読書をする時間にハマりつつある今日この頃。
読んだのは「猫のクリッカートレーニング」という、15年程前に出版された本です。

「クリッカーを使うことで、1日のほんのわずかな時間、3~4分であっても変化をもたらし、お互いに今まで想像もできなかった程のより良いコミュニケーションや、理解と尊敬が生まれます。」

「学ぶことを学ぶ」

多くは語りませんが、読んで良かったなと思える本でした!
みなさんも読んでみてはいかがでしょうか?


何とか現場に活かせるように頑張ります!


最後は換羽が始まったフンボルトペンギンの「ユメ」と、換羽が終わった「ホワイト」です!


年に一度のビッグイベント「換羽」が始まりました!
全身の羽が抜けて、生えかわります!
ボサボサでぽっちゃりで動かないペンギンがお好きな方は最高の時期ですよ!

ペンギン・アザラシ


2020.06.21 トリーター:藤田

2020/06/21 はじめまして!


みなさんこんにちは。
新人トリーターの藤田です。
今年の 4月から新しくえのすいトリーターに仲間入りして、何事も勉強の毎日です。
営業再開してから約 3週間が経ち、活気ある“えのすい”にもようやく慣れてきました。
(入社していきなり臨時休館真っ只中というある意味レアな経験をしました・・・。)

初めてのトリーター日誌なので、私の好きな生き物について紹介したいと思います。
私はウツボがとっても大好きで、学生時代には自宅でウツボを飼育したり、卒業論文のテーマもウツボにして、海に潜ってウツボの観察をしたりしていました。

“えのすい”にもたくさんの種類のウツボが暮らしていますが、中でも一番のお気に入りは「ウツボ」です。


体長に対して小さな頭で、大きな口とつぶらな瞳がとっても可愛いですよね。
口の中まで模様があってとてもきれいなので、近くで口をパクパクさせているウツボがいたらぜひ見てみてください。
体をくねらせ悠々と泳ぎ、ストンと着地する瞬間も好きなので、大水槽を眺めているときにウツボが泳ぎだすとつい見入ってしまいそうになります。
休館中に初めて大水槽に潜水したのですが、間近で見るウツボの可愛さにメロメロになっていました。

ウツボについて語りだすと止まらなくなってしまうので、このあたりまでにしようと思います。
みなさんもいろんなウツボを観察してお気に入りのウツボを見つけてみてください。

これから、先輩トリーターの持っている知識をたくさん吸収して、いろいろな経験を積んでいきたいと思います。
よろしくお願いします!

相模湾ゾーン


2020.06.20 トリーター:田中

2020/06/20 ベテランイルカと・・・


みなさんこんにちは!
えのすいトリーターの田中です。
今日はカマイルカの「クロス」のことを紹介します!

「クロス」の担当になったのは、私がトリーターになったばかりの 3年前。
「クロス」は現在えのすい歴 42年目の大ベテランです。
真面目で新人トリーターの教育係のような存在で、どんな風に合図を出せば応えてくれるのか。
応えてくれなかったときは何がダメだったか、どうすれば伝わるのか。
と色んなことを考えさせられます。

そんな「クロス」と 2019年 4月からコンビを組み始めた浦﨑トリーター。負けず嫌いで泣き虫なところがよく似ています。(笑)

カマイルカたちはショーには出演していません。
ショーが終わると、メインプールに向かって左側のカマイルカがくらすサブプールで、トレーニングや遊びの時間をとっています。
間近でトリーターとカマイルカたちのコミュニケーションの取り方を見ることができます。

最初は緊張していた浦﨑トリーターも、今では「クロス」と意思疎通できているかのようにとても良い時間を作っています。


私もまだまだ勉強中ですが、心強い後輩トリーターと一緒になって、「クロス」の今後のことを考えていきたいです。

イルカショースタジアム


2020.06.18 トリーター:城戸

2020/06/18 親離れ

左からフクの雛、キクの2番目の雛、キクの1番目の雛
左からフクの雛、キクの2番目の雛、キクの1番目の雛

こんにちは。
6月10日の小形トリーターの日誌で紹介した雛3羽の続報です。

それぞれの親から分けて、雛3羽で生活を始めました。
だいたい緊張していて、3羽で固まって動いていますが、フクの雛が約1か月年上なので、たまに末っ子のキクの2番目の雛を突くことも・・・

小形トリーターの日誌では、みなさまから見えるところにいると報告しましたが・・・今は裏の見えないところで、私たちの手から魚を食べる練習中です。

フクの雛は一足先に行っていたので、だいぶ人から食べる意識になっていますが、キクの1番目の雛は、大暴れです。こんなに攻撃されたことは過去になかったような・・・。
だけど、魚を飲み込むことはとっても上手です。
キクの2番目の雛はおとなしく、敵対心がなく不意に私たちに近付いてくることもあります。しかし、魚を飲み込むことがあまり上手ではありません。

同じ親から生まれても、育ての親が違うせいか、こんなに小さい時から性格が違うのかと驚きました。
毎日少しずつペンギン達との距離を短くし、早くみなさまに1つ大人の階段を上った雛たちをお見せしたいです。

ペンギン・アザラシ


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!