• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2019.06.07 トリーター:戸倉

2019/06/07 凸凹模様の正体とかくれんぼの仲間たち

黄丸の部分だけ凸凹(でこぼこ)
黄丸の部分だけ凸凹(でこぼこ)

今朝も、恒例の「朝の確認」のために各水槽を見回っていたところ、トロピカル水槽の中央の砂が、その部分だけ細かく凸凹(でこぼこ)になっていました。「何の跡?」と思ってしばらく見ていたら、砂に顔を突っ込んでいる「ハゼ」の姿がありました。


“ガッボッ”っと砂に顔を突っ込んで、口いっぱいに砂をくわえたら・・・


すました顔で、口をモゴモゴしながら、その砂をエラから出します。

これはいったい何をしているのか?と言うと・・・ごはんを食べているのです。
もちろん砂は食べません。
砂の中にある細かな有機物(餌)をエラで濾し取って、砂だけエラから捨てているのです。
「オトメハゼ」と言うハゼの仲間で、体長は10cm~15cmほど。
頭を突っ込んで、砂を濾し取って、また頭を突っ込んで・・・をひっきりなしに繰り返すことによって、頭を突っ込んだ「穴」と吐き捨てた「砂の山」が連続して細かな凸凹模様を作っていたのでした。

さて、その隣を見ると・・・
すっかり「かくれんぼ」をしているフグとエビがいます。


分かりますか?

30cmほどのサザナミフグとゾウリエビがいます。
みなさんは見つかりましたか?
答えは、↓の写真です。


向って右側がゾウリエビ。
左側がサザナミフグです。
ゾウリエビは、岩の隙間に隠れるようにしてじっとしています。
一方、サザナミフグはサンゴの後ろに隠れて、岩と同じような模様に変身しています。
もちろん両者とも、普通に泳いだり、歩いたりしている時もありますが・・・

このように、さまざまなキャラクターの生き物が各水槽にはたくさんいますので、
ぜひ、ひとつひとつの水槽をゆっくり・じっくり見て、発見してみてくださいね。

太平洋


2019.06.07 トリーター:岩崎

2019/06/07 今週のおすすめ

クロカムリクラゲ
クロカムリクラゲ

クロカムリクラゲ公開中!

※「クロカムリクラゲ」の展示は2019年6月12日をもって終了いたしました。

深海に生息するクラゲで、“えのすい”では2007年以来、12年ぶり2回目の展示です。
広島大学の豊潮丸の調査航海で、種子島沖の水深約800mから、プランクトンネットにより採集されました。
三角錐の傘に、触手を上の方に向けて浮遊する姿は、まるで宇宙船のようです。
発光するプランクトンを食べた時に、胃の中が光ると自分が目立ってしまうため、傘は濃い色をしていると考えられています。
深海調査船で目撃されることはありますが、生きた姿を水槽で見ることができるのは、かなり珍しいことです
クラゲサイエンスで展示していますので、お早めにご覧ください。
深海ではポピュラーながら、展示では貴重種「クロカムリクラゲ」を公開

続いては、えのすいのあじさい展示を紹介します。

海月の宇宙(そら)~あじさい~ ]では、あじさいバージョンのプロジェクションマッピングをご覧ください。
テーマ水槽では、[ 青い金魚と水草で魅せる「あじさい」 ]を展示中。
そして、環境水槽では[ 特別展示 海中のあじさい水槽 ]を公開中です。
6月といえばあじさいの花が美しい季節ですね!
期間限定のあじさい展示をお楽しみください。


テーマ水槽 青い金魚と水草で魅せる「あじさい」


特別展示 海中のあじさい水槽

最後は、6月の雨の日限定イベントです。

雨が降ったら“えのすい”へ行こう!

雨の日限定で、先着500名様にえのすいオリジナル傘マーカーシールをプレゼントしています。
今年はかわいいカワウソ親子のデザインです。
雨の日限定企画! 雨が降ったら“えのすい”へ行こう!

いよいよ梅雨の季節到来ですが、雨の日もぜひ“えのすい”へ!
ご来場をお待ちしています。


2019.06.06 トリーター:小形

2019/06/06 あっという間の3年


私がペンギンの担当になって初めて見た雛の誕生は、ちょうど今から3年前のきょうでした。それも本当の親ではない、2羽のメスが子育てをしたペンギンでした。

この子の本当の親は子育て経験が未熟なため、代わりに子育て経験があるベテランのメスたちに育ててもらいました。

名前は「グット」。
本当の親である「グー」と「トップ」から名前を貰いました。

私にとっては何もかも見るのが初めてだったので、とても印象に残っている一羽です。
「グット」が孵化したのは日中だったので、その瞬間を間近で見ることができました。
生まれた翌日の体重はわずか89g。
とても小さいけれど、呼吸をするたびに体が上下に動くようすや、お腹が空くと力いっぱい鳴くようすに、力強い生命力を感じたのを覚えています。

あれから3年も経ったのか。
私も、もう3年以上ペンギンたちと携わっているんだな、としみじみ感じます。

今ではグットは、ペンギンたちの中でも特に目立つ存在にまで成長しました。まだまだ大人っぽさは微塵も感じませんが、好奇心が強く、毎日気になるものには興味津々で、飼育舎内を動き回っています。ずっと見ていても飽きないです。

他のペンギンを膝に乗せて抱っこしていると、やきもちを焼いているかのように「僕も!僕も!」と言った感じにすぐに飛んできます。それで抱っこしてあげると、満足気な表情をするんです。

やんちゃでいたずらっ子ですが、まだまだ甘えん坊なところもたくさんあり、素直に可愛いやつだな~と思ってしまいます。

これからは、今いるペンギンたちを引っ張っていけるような立派なオスに成長していってほしいですが、まだまだ先のことかな??
大人になるにつれて、もう甘えてきたりすることも無くなるのかな~と思うと少し寂しい感じもしますが、今はまだたくさん遊んで元気に育ってくれることを願っています。

グット、誕生日おめでとう!!


ペンギン・アザラシ


2019.06.04 トリーター:鷲見

2019/06/04 これなーんだ?

みなさん、こんにちは。
どんどん暑くなってきましたね! ウエットスーツの中はすごいことになってきています。

さてさて、みなさんこちらの写真をご覧ください。


問題です。このボールは、何に使うものでしょうか!
3択で選んでください!

1 ミナミアメリカオットセイ「セシ」の枕
2 加登岡トリーターのリフティング練習用ボール
3 カマイルカ「セブン」と「クロス」の遊び道具

正解は・・・3 カマイルカ「セブン」と「クロス」の遊び道具
です!

このボールはただのボールではありません!
海水を入れ、プールの中で沈むように作りました!

動物たちの生活が豊かになるように、おもちゃで遊んでもらうなど、
生活している場所に刺激を与えるのもトリーターの大切な仕事の一つです。

さてさて、どんな風に遊ぶのかは、実際見てからのお楽しみです!
とっても楽しそうに遊ぶので、ぜひ見に来てください!!

イルカショースタジアム


2019.06.03 トリーター:西川

2019/06/03 魚のお医者さんになれたかな?

みなさん、こんにちは! ちょうど1年前の6月に魚のお医者さんを目指していますという内容のトリーター日誌を書きました。(2018/06/15 目指すは魚のお医者さん
それからの一年で病気をした魚、ケガをした魚などさまざまな状態の魚たちを見てきて少し上達した感じがします。今回はその中でも現在行っているオオモンハタの治療についてお話しします。


この魚がオオモンハタです。相模湾大水槽にいたのですが誰かに噛まれて背中とお腹がえぐれてしまっていました(黄色いのはアクリノールという絆創膏のようなものです)。こうなってしまったのは今から約2ヶ月ほど前です。当時は餌も全く食べず、近付いたら全力で逃げる感じでした。
それから細菌の感染を予防するために毎日投薬を行い、1週間後からはミンチにした魚などを強制的に与えました。すると、その1ヶ月後には自分でアサリやオキアミなどの餌を食べるようになったんです。自分で食べるようになってからはみるみると傷も治っていき、近付いても逃げ回ることは無くなりました。


治療開始から2カ月後には腹側の傷はほとんど見えなくなり、背側ももう少しで皮膚が完全に出来上がるところまできました。
よし、もう完治する! と思っていたのですが、今朝水槽を見てみるとなんと横たわっているじゃありませんか!
なぜ?と思い良く見てみると、尾鰭の先端が少し傷ついていて呼吸が苦しそうだし色も薄いし、さらに目の色が若干濁ってる!


おお、、これは、、、と思い淡水浴(海水魚をカルキを抜いた水道水に浸けること)を行いました。この結果、やっぱり! 大量の寄生虫が出てきました。


ベネデニア属の寄生虫です。生きている時は透明で発見しづらいのですが、死亡すると白化するので観察しやすいです。
いやぁそれにしても大量でした、鰓にも寄生していたと思うので息苦しかったでしょうね。
現在は別の水槽へ移し、様子を見ていますが、餌を食べずたまに横向きになってしまう状態です。油断大敵、完全に油断していました。このオオモンハタには魚病の知識をいろいろと教わりました。
もう一度相模湾大水槽で元気に泳いでいる姿を見せてほしいです。まだまだ未熟ですが、みなさんに良い結果を伝えられるように頑張ります!


2019.06.02 トリーター:富田

2019/06/02 こそ練

最近、ペンギンたちと練習し始めたことがあります。
「ペンギンの飼育舎の裏の通路(バックヤード)に出ること」です。
始めはいつもと違う場所に出ることに緊張気味でしたが、だんだん呼ぶと数羽が自分で飼育舎から出てきてくれるようになりました。




通路に出てくると、私たちの指示に合わせてみんなでぞろぞろと移動してくれます。
この練習中にも個々の性格が出るので、常に1番前でみんなを引っ張る「グット」と「コハク」、後ろで少し遅れてサボり気味な「サン」・・・ などそれぞれです。

練習が終わって帰るときは、順番待ちをして中に入っていきます。
写真では分かりにくいですが、みんなそそくさと帰っていくようすが可愛いです。


ペンギン・アザラシ


2019.06.01 トリーター:山本

2019/06/01 深海のロマン! クロカムリクラゲ展示中!

※「クロカムリクラゲ」の展示は2019年6月12日をもって終了いたしました。

深海ファン、クラゲファンをうならせる、激レアなクラゲが“えのすい”にやってきました! その名も「クロカムリクラゲ」!
Aトリーターが広島大学の実習船で航海に行き、種子島の東にある深さ800mのポイントから、採集してきてくれました。深海に分布し、生きている姿はめったに見ることができません。私も動いている姿は初めて見ました! 大興奮です。暴走しそうな気持ちをおさえながらこの日誌を書いています。
このクラゲを展示するにあたり、生態などをちょっと詳しく調べてみましたのでご紹介します!


クロカムリクラゲは、日本海と北極海域をのぞいた全世界の海に分布しているそうです。鉢虫綱、冠クラゲ目、クロカムリクラゲ科に属しています。広い目で見れば、ミズクラゲやアカクラゲ、タコクラゲなどと同じグループ(例えるなら、人とウサギくらいの違いでしょうか)に入りますが、その体の形は独特です。

「平衡器」という重力を感じる器官が4個あり、その間には太い触手が3本ずつ、計12本生えています(展示している個体は1本切れてしまったようで、11本です)。
泳ぐときには、触手を傘頂方向に向けて泳ぎます。
傘は透明なのですが、胃の部分が赤いです。なぜかというと、深海には、餌をおびき寄せたり、敵を驚かせたりするために発光する生き物がたくさんいるのですが、クロカムリクラゲが他の生物を捕食した時、その生き物が胃の中でぱーっと光ってしまうと、暗闇で目立ってしまい、他の大きな生き物に襲われてしまいます。それを防ぐため、深海の環境では見え辛い赤色をしていると考えられています。
そしてこのクラゲも、自ら「発光する」という特徴を持っています。クロカムリクラゲが発光するのは、敵を撃退するためと考えられています。クロカムリクラゲが他の生き物に捕食されそうな時に発光し、さらに他の大きな生き物をおびき寄せ、敵を撃退するという場面が観察されたことがあるそうです。

いずれも過酷な深海を生き抜くための特徴なのですね、かっこいい…! 展示している個体が光るところはまだ見られていませんが、そのうち何かの拍子に光ったりするのでしょうか。

さて、このクロカムリクラゲですが、驚くことにLurefjorden(ノルウェーにあるフィヨルド)というところで得られたサンプルを元に、生活史が解明されています。沿岸域のクラゲでも解明されていないものが多いのに、外洋の、しかも深海のクラゲの生活史が解明されているのは本当にすごいです…。
どうやらこのクラゲはポリプ世代を持たず、卵が直接クラゲに育つようです。“えのすい”でも観察することができたらなあ…。

また、実験室で観察された結果、あらゆる刺激に対する感度が、体の各部分でかなりの違いがあるという報告がありました。それに加え、触手の先端に比べて、根本側の方は筋肉が発達しているそうです。
これらの特徴が、深海という過酷な環境で餌を捕まえる成功率を上げているんだそうです。機能的。まさに深海のロマン。
調べれば調べるほど興味深い情報が出てきます。

つらつらと勢いで書きましたが、とにかく実物を見ていただきたい! きっと他のクラゲたちにはない迫力を感じられると思います。恐らく、生きている姿を見ることができるのは、“えのすい”だけなのではないでしょうか!
いつまで展示できるか分かりませんので、気になる方は今のうちに、ぜひぜひぜひぜひ御覧ください!

[ 深海ではポピュラーながら、展示では貴重種「クロカムリクラゲ」を公開 ]

クラゲサイエンス


2019.06.01 トリーター:角張

2019/06/01 ついに発売・・・!

みなさん!
ついに!
待望の「アレ」が商品化されましたよ!!!

「アレ」とは何かと言いますと・・・

クラゲ柄の傘です!!

以前、私がトリーター日誌( 2018/06/27 この季節、手放せないもの )で手作りのミズクラゲ傘を紹介したところ、なんと! このたび! 商品化して館内のショップで発売することになりました!!(「えのすいクラゲアンブレラ」という名前です)

とってもとってもうれしいです!!!

商品化に携わってくださった、物販担当の方、デザイン担当の方、みなさん本当にありがとうございます!!

では、さっそくどんな感じか見ていきましょう♪


クラゲ好きなら思わずニヤッとしてしまいますよね?(笑)
個人的には右の傘の中から見上げたアングルがお気に入りです。
クラゲの傘に透けて空が見えるのがきれいですよー!
クラゲの傘の下に入って泳いでいるような気分になれます。

みんなで使えば雨の日にミズクラゲの群れが現れて楽しくなりそうだなぁと思っています。
クラゲ好きの方も、普通の傘じゃ物足りないという方も、みなさんぜひ“えのすい”のショップで手に取ってみてくださいね!!
絶対ですよ!!(笑)

最後に、今回の撮影協力もYトリーターでした! ありがとうございました!


2019.06.01 トリーター:足立

2019/05/31 黒冠水母


5月30日まで、調査航海に出ておりました。
広島県の呉港から、那覇までの往復だったのですが、10数か所の観測点で、ドレッジやプランクトンネットによる生物採集や、砂や泥の採集を行いました。
水族館から乗り込んだからには、採集された生物を何としてでも水槽で展示したいという、貪欲な気持ちを密かに持ちながら、毎回の調査に臨んでいました。
航海最後の採集で、「それ」は上がってきました。
船内でキープする時間が短ければ短いほど、展示できる可能性は高くなります。
ラッキーでした。
プランクトンネットで上げてきた採集生物を回収していた研究者から、「足立さーんっ」と大声で呼ばれ、行って見てみると、深海性のクラゲの代表ともいえる「クロカムリクラゲ」でした。
しかもしかも、擦れも少なく、大きさもソフトボール大(←この種にしてはかなり大きなサイズ)!
「うわーっ、すごいっ、どうしようー」と、私にしては大きな声でわめきながら、顔は笑いながら、予想外のサイズだったので、入りきらないことが分かった容器を一回り大きなものに取り換えるために船内を走り回りました。
しかし、私の真の仕事はむしろここからで、まずは生きた状態で、水族館に搬入しなければなりません。
下船するまでの間に、繰り返し水を変え、下船後も、冷蔵の宅配便に願いを込めて、発送しました。
31日の朝、届いた宅配便を恐る恐る開けて、しばらくようすを見るも、嗚呼、動かない。
ため息をつきながら、まあ、仕方がないかと、残念ながら死着だったことをお世話になった乗船研究者のみなさんにご報告しました。
標本にしよう、と、もう一度袋の中を覗いてみると、ブワーンと拍動するではありませんか!
「うわ!生きてたーっ」すぐに低温の水槽をセットし、展示に向けての準備を始めました。
明日の朝、まだ生きていたら、展示する!!(たぶんイケる!)

クラゲサイエンス


2019.05.31 トリーター:岩崎

2019/05/31 相模湾旬の魚図鑑 2nd Season その5


梅雨の季節目前の今回は、相模湾大水槽の主役ともいえるマイワシ( Sardinops melanostictus )を紹介します。

マイワシは、日本各地の沿岸生息するもっとも身近な魚で、体に黒い点模様が7個前後並んでいることから、別名ナナツボシともいわれています。
水産資源としても重要な魚で、おそらくマイワシを食べたことがない方は、ほとんどいないのではないでしょうか。
仔魚や稚魚のシラスやカエリ、生の刺身から、煮干しやめざし、煮もの焼き物、揚げ物など、各地の郷土料理の材料として、あらゆる方法で食されています。

旬の季節は各地で違いますが、秋から冬と、梅雨の季節から初夏にかけて、脂が乗っておいしいといわれています。
最大で30cmくらいまで成長しますが、20cmを超えるような、丸々太って脂が乗りきったマイワシは“トロイワシ”と呼ばれ、高級魚として扱われています。

マイワシの舌の上でトロリととける身と脂の旨みは、マグロにも負けないおいしさです。
目がきれいで体に張りがあり、頭が小さく見える個体を選んで食べてみてください。
栄養満点でおすすめです。

イワシは漢字で「鰯」と書きます。
漁獲してから鮮度が落ちやすくて、他の魚に狙われて食べられてしまうことから、魚偏に弱いという字があてられたといわれています。

相模湾大水槽でも実際の海と同じように、大型の魚に襲われて食べられてしまうことがあります。
しかし、マイワシもただ食べられているだけではありません。
多数の眼で監視しながら、変幻自在に動ける群れを形成することで、襲ってくる魚を攪乱して、狙いを定められにくくしています。
食べられてからも、剝がれやすい鱗がきらきら舞うことで、襲ってくる魚を混乱させます。
省エネルギーで活動できる群れに、雄・雌が多数で暮らすことで、成熟した個体同士がいつでも繁殖して、効率的に子孫を残していく戦略で、海の中をたくましく生きぬいています。

マイワシは、口の中に入る物をエラで濾しとって食べていますので、プランクトンだけではなく、他の魚が放卵した卵も積極的に食べているようです。
海の中では、マグロをはじめとした大型魚の卵をたくさん食べていると思われるので、生存競争でも他の魚に負けておらず、お互いに支え合って生きていると言えます。

相模湾大水槽では、約8,000尾のマイワシの群れを展示しています。
海の底にいるような気持ちで、きらきらと命輝くマイワシの群れをご覧ください。

[ 2019/04/29 相模湾旬の魚図鑑 2nd Season その4 ]

相模湾ゾーン


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!