• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2013.11.08 トリーター:加登岡

2013/11/08 温もり

オキゴンドウ「セーラー」の胸ビレ
オキゴンドウ「セーラー」の胸ビレ

段々と寒い季節になってきました。
手先がすぐに冷えてしまう私は寒くなるにつれ、指の感覚が麻痺していきます。
そんな時に手を温める方法が3つあります。

まずはお湯に手をつける
これは一番手っ取り早いですね。

次に手をぶんぶん振る
血液の流れをよくして、指先まで血が巡るようにします。

最後はイルカの鰭を触る
この方法はトリーターにしかできない暖の取り方です。

よくお客様にイルカの体は冷たいのでは、と言われますが、鯨類は恒温動物なので私達と同じ体温があります。
しかし水中で暮らすイルカ達は、常に体温よりも低い環境にさらされているため、熱が水に奪われてしまう危険性があります。
そこで、体温が奪われないような体の仕組みをもっています。
その仕組みとは、断熱材代わりに厚い脂肪層を持つことです。この脂肪により水中に熱が奪われないようになっています。
しかし、今度は熱が逃げにくくなってしまいます。
イルカ達は泳ぐことで熱が発生します。私達も運動をしたら体が暑くなりますよね?
暑くなったら服を脱げば、涼しくなりますが、イルカ達はこの分厚い脂肪をコートのように脱ぐことが出来ません。その為、熱を逃がす仕組みが必要となります。
その熱を逃がす仕組みが鰭にあります。
体は分厚い脂肪で覆われていますが、鰭は薄く、なおかつ血管が多く集まっています。この鰭から熱を逃がすのです。
熱が逃げているため、鰭を触るととても温かいのです。

冬場は手を温めようとショーの出番まで、イルカの鰭を撫でて暖をとります。
イルカ達も体を撫でてもらうのが好きなので、お互い利益があります(笑)。
そんなトリーター限定の暖の取り方を、皆様にも体験していただける機会があります。
それが、イルカと握手です!!
皆さんもこのプログラムに参加して是非、イルカの温もりを感じてみてください。
握手する時は是非手を冷やしておいてくださいね。

イルカと握手


このエントリーをはてなブックマークに追加
見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!