• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2016.12.11 トリーター:角張

2016/12/11 ひかるくらげ

カブトクラゲ
カブトクラゲ

みなさんこんにちは!
クリスマスまであと2週間となりました。
江の島シーキャンドル(展望灯台)も夜にはイルミネーションが点灯し、帰り道についつい眺めてしまいます。

さて、えのすいも館内各所がクリスマス仕様になっていたり、イベントも開催していますが、今日はイルミネーションに負けないくらい素敵に光るクラゲたちをご紹介しましょう!

クシクラゲの仲間
クラゲサイエンスにて、「カブトクラゲ」「ウリクラゲ」「カンパナウリクラゲ」「シンカイウリクラゲ」の4種類を展示しています。


ウリクラゲ


カンパナウリクラゲ


シンカイウリクラゲ

この仲間は、体の表面にある、櫛板(くしいた)と呼ばれる細かな繊毛を動かして泳いでします。
櫛板が波打つように動き、そこに光が当たると反射してキラキラと光ります。
自ら発光しているわけではないんですが、虹色に光るようすはとってもきれいです!!
水槽に近づいてじっくりと観察するのがおすすめです。

オワンクラゲ
こちらは今上陛下のご研究にて展示しています。
2008年のノーベル化学賞で一躍有名になったオワンクラゲは、体内に緑色に発光する蛍光タンパク質を持っています。
紫外線に反応して発光するので、普段の展示方法だと多くのクラゲと同じように透明なのですが・・・

現在、ブラックライトを設置して緑色の発光をみなさんにもご覧いただけるようになっています!!


オワンクラゲ

光るのはクラゲの傘の縁なので、ぼんやりとした緑の光の輪がきれいですよ。
こちらも水槽に近づいて観察してください。

クシクラゲの仲間に比べて、オワンクラゲの方が目立たないのか、発光展示をしていることに気付かれにくいようなので、この日誌を読んだ方は、ぜひとも!オワンクラゲにも注目してください!! 笑

クラゲサイエンス


このエントリーをはてなブックマークに追加
見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!