• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2016.12.26 トリーター:大内

2016/12/26 年の瀬ショッキング

ハナゴンドウ「ビーナ」
ハナゴンドウ「ビーナ」

皆さん、年の瀬をいかがお過ごしでしょうか?
前回のトリーター日誌が今年書く最後のものだと思い、1年を振り返ってみたのですが、うっかりこの年末にもトリーター日誌を書くことになった大内です。すっかり今年はもう終わったものと思い、書こうと思っていたネタを前回の日誌で使い切ってしまいました。そして何かおもしろいネタはないか?と探したんですが、おもしろいと思われるネタが全くありません。まことに申し訳ありません。さんざん考えましたがで2016年のネタは出し尽くしたので来年の抱負を・・・とまでも思いましたが、本日26日ちょっと私なりにショックな出来事が起きたことを書きます。

本日、ハナゴンドウのビーナの体長測定を実施したんです。どうやって体長測定をやっているかというとビーナの尾鰭を持って頭の先と尾鰭が分かれている部分に角材を当てて、目印を付けます。その目印をメジャーで計測して体長を測るんです。この測定法としてビーナの尾鰭を持つことが大前提なんです。

今日体長測定を実施するにあたってビーナの尾鰭を保持しようとして合図を出しました。それに応えてくれてビーナがゆっくり横向きに進ん行き、あともう少しで尾鰭に手がかかるというところで


よっ!


というかんじで尾鰭を手の届かないところに避けたんです。

またまた、ビーナさんふざけ過ぎですよ。

と思いながらもう1度合図を出しまたゆっくりとビーナが横に進みはじめビーナの尾鰭をあともう少しで触れるというところで


ほっ!


というかんじで今度は尾鰭を沈めたんです。


また~、ちょっといい加減にしてよ~


そう思い、3度目の正直だからもう尾鰭を持たせてくれるはずと思ったのがあまかったです。その後もなかなか尾鰭を持たせてもらえず、四苦八苦してようやく尾鰭を持たせてもらい、体長測定ができたんです。


なかなか尾鰭を持たせてももらえないということはビーナに信頼されてないということです。もしくは弄ばれているだけなのか...。どちらにせよまだまだビーナとの信頼関係が足りてないと思われるので、来年の抱負としてビーナとの信頼関係を深めて、どんな時でも1回で尾鰭が持てるように頑張りたいと思います。


残すところ2016年もあとわずか、皆さん良いお年をお過ごしください。

イルカショースタジアム


このエントリーをはてなブックマークに追加
見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!