• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2017.03.13 トリーター:戸倉

2017/03/13 今朝のトゲトゲと毎月の検査

ネズミフグ(うしろ姿)
ネズミフグ(うしろ姿)

いつものように、朝の見回りをしていたところ、潮溜り(タイドプール)水槽=通称「じゃぶじゃぶ池」でトゲトゲの塊がいました。
すぐに「ネズミフグ」だと分かったのですが、このように膨らんでいる姿を見る事、ましてや写真に撮れるチャンスはなかなか無く、元に戻る前に慌てて撮りました(写真 上)。
こうしてうしろ姿から胸鰭を耳として見ると・・・
なるほど!“ネズミっぽい!”(名前の由来は諸説あると思いますが・・)

そして、前から見たのが下の写真です。

ネズミフグ(斜め前から)

名前にフグとありますが、フグ目ハリセンボン科ですから、みなさん良くご存じのハリセンボンに近い仲間になります。
何かにびっくりしたのか?
威嚇していたのか?
は分かりませんが、ごくまれにこのような姿を見る事が出来ます。
ネズミフグ(横から)
   
でも、あれよあれよと言う間に、元の姿に戻ってしまいました。
徐々に棘が倒れて、元の姿に戻ったネズミフグ

私が見つけて元の姿になるまで、1分程の出来事でしたが、もしかしたらみなさんも、そんな姿を見る事ができるかもしれませんよ。
(ネズミフグは、入口から2つ目の水槽にいます。)


そして、本日はウミガメたちの「採血と超音波診断の日」でした。
この検査は、毎月第3月曜日に行っているのですが、今月は20日が祝日なので、1週間前倒しをして今朝(13日)に実施しました。
アカウミガメの採血
   
採血と言っても、イルカやアシカのようにハズバンダリートレーニングを施していないので、暴れないように人力で保定しての採血となります。
ちなみにウミガメの場合は頸部から採血をします。
検査項目は他の動物と変わりありませんが、毎月データを得る事によって、その個体それぞれのデータ変化を確認する事ができます。
アオウミガメの超音波診断

超音波診断は「メス」だけ行います。
と言うのは「卵」があるかどうかを確認するためです。
繁殖を目指す上で「卵」の確認は重要で、きちんと交尾されているか、卵の発生具合はどうか、など野生個体では簡単に得る事のできないデータを取得できるのではないかと推測しています。
この場合、後肢の付け根前部に超音波のプローブ(探触子)をあてて検査します。

当館ではアオウミガメの繁殖経験はありますが、超音波診断を並行して実施していなかったので、他園館から情報をいただきながら手探りで進めている状態です。
えのすい生まれのウミガメが更に増えれば良いのですが・・・。

相模湾ゾーン


このエントリーをはてなブックマークに追加
見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!