• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2018.04.19 トリーター:戸倉

2018/04/19 子ガメの慌てっぷり!

アオウミガメの子ガメ(No.5)
アオウミガメの子ガメ(No.5)

今日は非常に天気が良く気持ちの良い日でしたよね!
でも、この時期、天気が良いと水槽やプールに生える「コケ」がぐんぐん勢いを増して、我々を悩ませます。
ウミガメプールも例外ではありません。
プールサイドから長いブラシで掃除をするのですが、取りきれないのです。
そこで今日は実際にスタッフがウミガメプールに潜水機材を背負って入り、
直接デッキブラシで掃除をしたところ・・・
アオウミガメの子ガメたちに、ある反応が見られたのでご紹介しますね。


現在、アオウミガメのプールには、大人のカメが5頭、子ガメが5頭泳いでいます。
そこに、潜水機材を背負ったダイバーが入った瞬間に、子ガメ5頭のみが一気に勢いよく泳ぎ出し、慌てふためいて、水面をバタバタ・・
まるで、5ヶ所同時に花火があがったかのような・・
(面白い光景だったので、急いでカメラを取りに戻ったのですが、写真は少し落ち着いちゃった感じ)

大人のカメたちは、全く動じず悠然と泳いでいます。
毎日の掃除で、デッキブラシは見慣れているはずですから、きっとぶくぶく泡の出る潜水機材の振動と、(ウエットスーツ着用による)見慣れない色の怪獣(人間)の侵入に驚いたのだと思います。


ダイバーが掃除をしながら徐々に移動をしていくと・・
「来るっ、来るっ、来たっ! 来たっ!! きった~!!!」とガラス面に向かって必死にバタバタ・・・
慌てているもんだから、もう前しか見えてないし、前には進めないし・・
もう逃げ場が無いので気絶しそうな慌てっぷり。(後ろには広々と逃げ場があるのに・・)

結局、途中でダイバーは掃除を中断し、
写真を撮っていた私が手を伸ばして子ガメの向きを後ろに反転させてリリース。
子ガメは一目散に散って行きました。


まあ、しばらくすると慣れて来た子ガメも悠々と泳ぎ始め、何事も無かったかのように、プールには、再びゆったり、まったりとした時間が流れ始めました。
中には、ダイバーに近付く子ガメも居たりして・・

でも、ウミガメは忘れやすい動物なので、何日か後に再びプールに入ると、同じように慌てふためくのではないかと、ひそかに楽しみにしています。(笑)

2013年9月に産まれた子ガメたちも、今年で5歳になります。
だいぶ大きく成長しましたが、まだまだこんな子どもっぽい一面を垣間見ることが出来るのは、ちょっと嬉しいような!

こんな子ガメたちは、ウミガメの浜辺で毎日ご覧いただけますので、ぜひ、会いに来てくださいね。

ウミガメの浜辺


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!