• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2018.05.09 トリーター:遠山

2018/05/09 新しい仲間がやってきました

子どもたちの父親と触れ合う
子どもたちの父親と触れ合う

私がえのすいに入社して、もうすぐ3年になろうとしています。このあいだ入社したと思ったら、もう3年もたつなんて。時が流れるのはあっという間ですね。

さて、私は入社した当初からえのすいで鰭脚類の繁殖を成功させるという強い気持ちがありました。それには意味があります。
残念ながら新江ノ島水族館となった2004年から、鰭脚類の繁殖に成功していなかったからです。そのため、2016年にはミナミアメリカオットセイの「アポロ」と「ライラ」。そして2017年にはゴマフアザラシの「ココ」を搬入し、繁殖グループを形成するような取り組みを始めました。そして私の中で特に力を入れたいと思ったのがオタリアの繁殖です。

えのすいには4頭のオタリアが生活していますが、全てメスです。繁殖できるメスがいるのに肝心なオスがいません。そのため、ここ2年間は国内の水族館に協力していただきいろいろと情報をもらったり、繁殖のためのブリーディングローンなど検討できないかなどいろいろな交渉もしましたが、残念ながら当館にオスを搬入することができませんでした。

もう無理なのかなと諦めかけていたときに、上司から「スペインの水族館で産まれたオスをえのすいに連れて来れるかもしれない!」と。夢のような話でした。
早速私たちはスペインの水族館を訪問し、実際に産まれたオスのオタリアを見せてもらい、その子どもたちの父親と触れ合いもさせてもらいました。

約半年近くかけていろいろな交渉をした結果、5月9日、スペインの水族館スタッフと一緒に無事2頭のオスのオタリアが当館にやってきました。「マルコム」と「ディラン」です。スペインの水族館で名づけられた名前です。
旧江の島水族館からオタリアの飼育経験はありますが、未だに繁殖は成功していません。この「ディラン」と「マルコム」が近い将来、えのすいで繁殖してくれることを私は心から願っています。
私の挑戦は、まだまだ止まりません。今後も応援をよろしくお願いします。


左が「ディラン」右が「マルコム」


子どもたち


子どものオタリア

イルカショースタジアム





見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!