• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2018.06.09 トリーター:伊藤

2018/06/08 今週のおすすめ

テーマ水槽
テーマ水槽

カエルたち
約1年ぶりにテーマ水槽を担当しました。今回は「水の生き物なのに空気中でも活動する「○ョピちゃん的」実在の生き物ということで、筆頭はカエルです。
赤ちゃんの頃は魚のように水中生活(オタマジャクシ)、やがて陸や浅い水辺で暮らすという、お馴染みですがよく考えるとすごい特徴を持っています。
すべて神奈川県下の同じ場所から連れてきました。
「アマガエル」は、だいぶ減ってはいますが、それでも町中でいちばん見かけますし、江の島でも鳴き声を聞くことがあります。
田んぼのレイアウトにしたのですが、やっぱりというか、壁にくっ付いてしまいますね。本種の高い張り付き能力を間近で見られると、プラスにとらえましょう。
趣味で稲作というか、イネを観葉していまして、レイアウトのイネは、玄米から発芽させたり、親戚の農家から芽出しをもらったりしました。
「トウキョウダルマガエル」はかなり減っており、県南部では、生息地がもう数地点しかいないのではないでしょうか。
護岸が減少の主因と言われますが、自然下で見ているとなかなかよじ登る能力が高く、護岸水路を流されても、垂れ下がる草や、コンクリートの継ぎ目をつかんで器用に登ります。
登れなくて田んぼに戻れない、というよりは、冬眠場所が足りなくなったことが関係していると想像しています。


そして「ヌマガエル」。今回の場所では初めて見つけてしまいました。
しまいました、というのは、本種はまず外来種だからです。
国内外来種、つまりは日本の別の場所(本種の場合、西日本以西が本来の生息地)から入ってきて、住み着いてしまったものです。
在来種の上2種とすみかの取り合いにならなければよいのですが。
種としては実に私好みの南国チックな見た目です。

ヨダレカケ
テーマ水槽その2です。陸で活動するギンポの仲間です。
ムツゴロウやトビハゼが主に泥底で活動するのに対し、本種は岩場で活動します。
自然下で本種を観察したことは残念ながらまだないのですが、近い種のタマカエルウオならあります。
学生時代、小笠原諸島で磯釣りをした時に、たくさんいました。
岩上を歩くたびに素早く波間に跳び去るのですが、釣り竿を持ってじっとしていると、また足元まで登ってきます。
ほぼ垂直な岩でも、巧みに登ります。
当時はなぜか釣り!釣り!で、本種にあまり興味を持たなかったのが悔やまれます。
また行きたいですが、1週間以上、休まないと無理ですので定年後かな。


ヒメギス属の一種
こちらは川魚のジャンプ水槽わきの小水槽に登場です。
初めて飼育する生き物であり、1週間ほどバックヤードでようす見していたのですが、いけそうなので展示しました。
黒っぽい色をした小さなキリギリスで、展示個体はまだ幼虫です。おそらく「ヒメギス」だと思っています。
湿り気のある湿地や、河川敷の草上に見られます。意外と住宅街にも見られる種ですが、警戒心が強く、逃げ足もはやいため、間近で見る機会は少ない昆虫です。
「虫の腹」が苦手でなければ、ぜひ近くでご覧いただき、芸術的な体のつくりを堪能してみてください。


コツメカワウソ
隠れ“ニホンカワウソ”ファンの私ですが、情けなくも自身の担当業務に追われ気味で、いまだにじっくりと見れていません。


対馬のカワウソについて、ユーラシアカワウソであり、雄2頭、雌1頭がいるらしいと、環境省から発表されました。
そういえば対馬にも20年ほど前に行ったことがあります。
ユーラシア大陸に最も近いため「何がいてもおかしくない」ワクワク感がありました。生物の調査はけっこう行われているようですが、私の印象では島の大部分が山!樹海!断崖!という感じなので、未踏査の場所は多かったのではないでしょうか。
カワウソの現在の分布が、きれいに日本の国境で途絶えているのが色々と考えさせられます(私個人は高知県や栃木県など国内に生き残っていて欲しいし、最後の目撃から50年経ってないのになぁ、と思っています)。
朝鮮半島と九州(今は対馬にいるわけですが)、樺太と北海道、隣接したここらはかつて陸続きであったはずで、共通した環境と生物相を持っていたはずです。
その中でカワウソばかりが、ということは、環境に対する接し方の違いが、カワウソの生活史を分断する「何か」を起こしてしまったのかと思わずにはおれません。
近い仲間のイタチやテンは減りつつもまだ棲めて、アメリカミンクなんかも帰化できてしまうわけなのですが。

最後に湿っぽくなりました。水陸両用「ズゴッ○的」珍生物たちにぜひ、会いに来てください。





見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!