• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2018.07.15 トリーター:小形

2018/07/15 子育てはシフト制!?


みなさんこんにちは!!
暑い日が続いていますね。

さて、先日の富田トリーターの日誌[ 2018/07/04 生まれました! ]にもありましたが、6月末に生まれた雛が順調に成長していますので、今日は雛のようすをお伝えします♪

フンボルトペンギンの雛は、産まれたときはだいたい80グラムぐらいの大きさで、手に乗るぐらいの小ささです。しかし7月13日に体重測定をした際には、800グラムまで大きく成長していました!! 2週間で約10倍にも大きくなったと考えると驚きです。

最近はいろんなことに興味を持ち始めたのか、巣の前をたわしで掃除していると、その手の動きに合わせて首を振って一生懸命追いかけています。
起きている時間も多くなり、親ペンギンに餌をねだる時は、飼育舎の外まで声が聞こえるぐらい大きな声で鳴くようになりました。

今この雛を育てているのは「ルビー」と「サニー」です。この2羽は、雛の実の親ではありませんが、とても子育てが上手なので、ベテランの2羽に代わりに育ててもらっています。ルビーとサニーは、過去に「フク」と「グット」も育て上げたベテランペンギンたちです。

ルビーとサニーのようすを見ていて、さすがだなと感心したことがありました。ここ3日間ほど、ルビーだけが雛に餌を与えて、サニーは餌を与えない期間が続いていました。サニーも雛にしっかり餌を与えてほしいなぁ、、と少し心配していましたが、自分たちで順番を決めているのか、今日はサニーが一日雛に餌を与えたり世話をしていました。一方ルビーはというと、久しぶりに羽を伸ばして、長い時間水浴びをしたり、巣の外でお昼寝したりしていました。私たちには分からないですが、なんらかの意思疎通を図っているんだろうなと感じた出来事でした。
明日はまたルビーが子育ての順番になるのか、引き続きサニーが子育てをするのか分かりませんが、私たちも協力しながら、無事に大きく育ってくれることを願っています。

↓まるで家族写真のような一枚


ペンギン・アザラシ


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!