• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2018.09.20 トリーター:石川

2018/09/20 ひと夏の経験・・・ペンギン~カワウソ~カピバラ


今年は何かと忙しい日々が続き、気が付けば初秋を迎えるころになっています。

今までペンギンを担当していましたが、3月3日からコツメカワウソも担当し、7月14日からはカピバラも担当するという久しく複数種の飼育管理を行うことはしていなかったので、忙しいですが、まったく違う生物を飼育するという素敵な時間を過ごすことができました。

入社当時にはゴマフアザラシ、オタリア、トドの担当に合わせてカリフォルニアアシカ、オットセイ、フンボルトペンギン、ケープペンギン、イワトビペンギン、コツメカワウソ、ラッコまでの飼育管理に従事しており、複数種に関わることはさほど珍しいことではありませんでした。ここまで経験して思うのは担当として従事するのであれば1種もしくは2、3種をじっくり飼育する方が、生物的な面も飼育者側の面も良いようには思います。
今回鳥の仲間、イタチの仲間、齧歯目の仲間とまったく違う形態、生態を持つ生物に接することができたのはとても勉強になりました。
また、これに伴って新たなトリーターと仕事ができることも大きな勉強になりました。

ペンギンは今までいちばん長く携わっているのですが、当館で托卵以外での自然繁殖が見られなくなってから、もう7年が過ぎ、現在携わっているトリーターも親が育てる自然育雛を見たことがありません。今育っている雛も托卵による育雛です。まだまだペンギンも人も勉強しないといけません。


カワウソは4頭いますが性格は4匹4色、トリーターも5人5色、ある時はカワウソと一緒に取組み、ある時はカワウソの攻撃をかわしながら徐々にえのすいカワウソワールドを作り上げています。
以前飼育していたカワウソのときは感じなかったのですが、とにかくパワフルです。大型犬用の噛みついてよいおもちゃもカワウソに渡すと噛み砕かれてしまうのです。カワウソってこんなに顎強かったかな?とちょっとびっくりしています。

そしてすでに8月いっぱいで任を解かれてしまいましたが、カピバラ! これまで生きた魚などを捕まえる捕食者を飼育してきましたが、彼らは完全な草食獣です。どうしても世界最大のネズミの仲間とうたってしまうのですが、ネズミは雑食です、肉も食べるんです。でもカピバラは完全な草食です。南アメリカに生息する齧歯目の仲間ではそういった種類が多く生息しているそうです。ネズミの仲間というよりはモルモットの仲間という方が私的にはしっくりきます。
カピバラの所に居ると良く聞こえるのが、「どこを見ているのかわからない」といわれる方が多いことです。草食獣ですから、片目で180°くらいのエリアを網羅しているようなのでほぼ360°を警戒しつつ、気になるところもしっかり見ているという感じなのです。


思春期的なお年頃の2頭、雄のココロはヒナタをよく追いかけたくなってしまいます。好きだけど上手に好きって言えない中学生みたい・・・追いかけすぎると、ヒナタが警戒しすぎてしまいます。この時はトリーターがちょっとココロに「コラッ!」という視線を向けます。するとココロは「ヤベっ怒られる・・・」とトリーターの動向をじーっと見て、もう怒っていないかどうかようすを伺っています。もちろん360°を警戒しつつです。すぐに追いかけるのを止めるときもありますが、時々しつこくアプローチし続けるときもあります。そんな時何度かココロを注意するとココロも分かっているようで、20m位離れていても、こちらの動きを察知して衝動を押さえたりすることもあります。別に狙っているわけではないのですが、草食獣の気の配り方には感銘しました。
また、のんびりしたように見えますが、本気を出せば柵も飛び越えられるほど跳躍力もあるそうです!
今回オープンから8月いっぱいまで25年以上前に一緒に鯨類を担当していたトリーターとカピバラを担当したのですが、トリーターの中でも様々な生物に見聞が深く、今回もいろいろと教えてもらうことができました。

新たな仲間たち、そして今までいる仲間たちこれからのえのすいを築いていく仲間たちをぜひよろしくお願いします。


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!