• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2019.02.28 トリーター:倉形

2019/02/28 コツメカワウソ「子ども3頭」と「両親」の近況

「ヨモギ」寝顔
「ヨモギ」寝顔

昨年12月21・22日に「ミサキ」が出産してから早いもので2ヶ月が経過しました。おかげさまで子3頭も順調に成長し、今では体重も650g以上になってきました。

子の成長とともに両親も育児が大変になっています。
もともとお母さんのミサキは体重が3000gぐらい。お父さんのヨモギは体重が4000gぐらいのため、子を何かのタイミングで移動させるとなると子の首辺りを咥えて移動させるので、お父さんのヨモギは体格もがっしりとしているのと顎の力もあるので、まだ何とか子を移動させられます。しかしお母さんのミサキは小柄でヨモギと比べると顎の力も弱いため、子を咥えて移動する際、子を引きずったり、何度も咥え直したりと体力が凄く必要となります。

しかし、最近は子ども自身もかなり行動力があるため、両親に頼らずいろいろと展示舎内を探索したり、興味があるものに対しては恐々近づいたりと、かなり巣箱からの出入りを繰り返すようになりました。
両親とともに子どもたちも岩場からプール底へ行き、一家団らんを楽しんだりしている姿を来場されたみなさんの目の前でもお見せするまでになって来ました。

みなさんがヨモギ・ミサキたち家族を優しく温かく見守っていただいているからこそ、リラックスしたようすを見せているのだと私たち担当者は感じております。
今後とも来場されヨモギ・ミサキたちの一家団らんをご覧になる場合、また写真撮影される際は優しく、温かい気持ちで観察していただきますと更なる「コツメカワウソ一家」の新たなる行動を目の当たりにすることができるかも知れません。

また、来場されたタイミングにコツメカワウソたちが巣箱で寝てしまっていることが多々あります。コツメカワウソはもともと一日の大半を寝て過ごす動物でもあります。寝てしまっているコツメカワウソのようすなどが知りたい方は、担当トリーターに聞いてみてください。

姿が見えない場合は、ほぼ100%巣箱内で寝ているときです。静かに優しく巣箱から出てくるまで観察して見てください。巣箱から出てくるようすをじっくり観察すると、ヨモギが大きな口を開けてあくびをしているようすや、ミサキの寝ぼけ眼、子どもの愛らしい行動などなどを見ることができるかも知れません。
ぜひ、コツメカワウソたち家族に会いに来てください。

カワウソ~木漏れ日のオアシス~


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!