• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2019.04.24 トリーター:倉形

2019/04/24 日々成長する3兄妹「カシワ・オモチ・サクラ」


コツメカワウソ「ミサキ・ヨモギ」の子どもが誕生してから早4ヶ月が経ちました。
誕生して約1ヶ月が経過したころ、初めて体重測定を行うことができました。この時、子3頭の平均体重が330gで、現在では3頭の平均体重は1550gまでになり、測定ができてから約3ヶ月で約4.7倍まで体重が増加しました。

毎朝、1回目のごはん(1日3回ごはんタイム)が終了後、少し休憩をしてから子の体重測定を行っています。もちろん両親も週1回月曜日に体重測定を行っています。

子の成長ぶりは、体重の増加だけではありません。動作やごはんの食べる量などもかなり変化が見られます。現在では、子3頭とも離乳ができているので、両親と同じアジの切身(当館では3枚おろしで背骨部分と皮を剥いだもの)を基本的に与え、おやつ程度にキャットフードを与えています。

親子一緒にごはんを与えていると先にごはんが終了した子が、特にミサキが食べている切身を狙って横取りしようとしてミサキに怒られたり、喧嘩になったりすることがあります。
ヨモギはどちらかというと子がまだ切身を食べ始めたころは、目の前にわざと切身を落とし与えていましたが、現在では子が目の前にいたとしても、よほど子が鳴き叫んだりした際は与えてしまうかもしれませんが、それ以外の状況ならばたとえ目の前にいる子に対しても、素知らぬ顔でヨモギは食べてしまいます。
その時の子たちのようすを見ている私としては、もう少しあげたいという気持ちになりますが、やはり健康管理をする上でごはんを与える量をコントロールすることがとても大切なことなので、ここは心を鬼にして与えることはありませが・・・。

また、子が単独でおもちゃで遊んでいる最中などを観察していると、その遊び方もなかなか試行錯誤しながら遊んでいます。例えば、おもちゃをプールに持ち込んで擬岩のすき間に入れてみたり、かじったり、咥えながら泳いだりしています。
それから、最近は三兄妹でもかなり激しく陸場や水中または巣穴の中でじゃれ合ったりしています。

これからもこの3頭の子どもたちの成長過程を観察することで、まだまだ未知のコツメカワウソたちの生態も分かってくるかと思います。
みなさんも子どもたちの日々の成長を見に来てください。


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!