• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2019.04.27 トリーター:北嶋

2019/04/27 平成はあと3日


大型連休がはじまりました。
今年は10日間! 長いですねー。
特別な大型連休です。
その理由が元号の改新です。
「平成」から「令和」へ。
そんな一大イベントの起きる今、テーマ水槽の4月テーマを「ありがとう、平成」でお届けしています。
[ テーマ水槽「ありがとう 平成」 ]

今回テーマ水槽をつくるにあたって苦労したことを書きます。

①キヌバリ探し
今上陛下がご研究されているハゼの仲間を3つの水槽で紹介することにしました。
たくさんいるハゼの仲間でどの種類を紹介するか。悩むところ。
でも、キヌバリは悩まず、ぜったい紹介したいハゼ、ナンバーワンでした!
なぜかというと、今上陛下のご著書の論文に旧・江の島水族館から提供したキヌバリを研究対象にしていることが書かれているからです。

が、3月はキヌバリが時期的にあまり見つからない。
冬には老成したキヌバリが江の島の海にいました。
早春、大きなキヌバリが産卵をして、生まれた赤ちゃんキヌバリは江の島の水深数メートルのところで群れて泳ぎます。
キヌバリを採集する手段としては、釣りか磯で探すしかありません。
3月は休みのたびに海に繰り出し探しました。
釣りはなんどか挑戦しました。が、あえなく失敗。
まだ寒い時期、低温のため活性が低い魚たちはあまり餌に食い付きません。
赤ちゃんには釣りの針は大きすぎるし、老成している個体はただでさえ食欲があまりありません。
そこで、潮のよく引く大潮の日は磯へ。
3月後半にようやく透明の小さな個体を数匹。4月の頭にやや大きめの個体を数匹。
見つけることができました。
あれから1ヵ月経ち、かなり成長しました。
現在、展示の個体はかなり立派です。


②「平成」の思い出写真探し
「平成」に話題になった生き物を4つの水槽を使って紹介しています。
ここで、えのすいの「平成」時代の写真をレイアウトに使用するため探しました。
昔の写真を選定するのには時間がかかりました。
これは過去の写真を眺めたことがある人は頷いてくれるとおもいますが、アルバムは危険ですね。
開くと面白くて終わりません。
当時を知っている人がいると思い出話も止まりません。
写真の量は果てしないし。
大変でしたが、いい経験でした。
えのすいの過去を垣間見ることができました。


「平成」は残り3日。
このテーマ水槽もあと3日。
まだの方、ぜひご覧ください。
ちなみに、思い出の写真は時々入れ替えています。(生き物がひっくり返したり埋めたりしてるけど)

テーマ水槽


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!