• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2019.06.07 トリーター:戸倉

2019/06/07 凸凹模様の正体とかくれんぼの仲間たち

黄丸の部分だけ凸凹(でこぼこ)
黄丸の部分だけ凸凹(でこぼこ)

今朝も、恒例の「朝の確認」のために各水槽を見回っていたところ、トロピカル水槽の中央の砂が、その部分だけ細かく凸凹(でこぼこ)になっていました。「何の跡?」と思ってしばらく見ていたら、砂に顔を突っ込んでいる「ハゼ」の姿がありました。


“ガッボッ”っと砂に顔を突っ込んで、口いっぱいに砂をくわえたら・・・


すました顔で、口をモゴモゴしながら、その砂をエラから出します。

これはいったい何をしているのか?と言うと・・・ごはんを食べているのです。
もちろん砂は食べません。
砂の中にある細かな有機物(餌)をエラで濾し取って、砂だけエラから捨てているのです。
「オトメハゼ」と言うハゼの仲間で、体長は10cm~15cmほど。
頭を突っ込んで、砂を濾し取って、また頭を突っ込んで・・・をひっきりなしに繰り返すことによって、頭を突っ込んだ「穴」と吐き捨てた「砂の山」が連続して細かな凸凹模様を作っていたのでした。

さて、その隣を見ると・・・
すっかり「かくれんぼ」をしているフグとエビがいます。


分かりますか?

30cmほどのサザナミフグとゾウリエビがいます。
みなさんは見つかりましたか?
答えは、↓の写真です。


向って右側がゾウリエビ。
左側がサザナミフグです。
ゾウリエビは、岩の隙間に隠れるようにしてじっとしています。
一方、サザナミフグはサンゴの後ろに隠れて、岩と同じような模様に変身しています。
もちろん両者とも、普通に泳いだり、歩いたりしている時もありますが・・・

このように、さまざまなキャラクターの生き物が各水槽にはたくさんいますので、
ぜひ、ひとつひとつの水槽をゆっくり・じっくり見て、発見してみてくださいね。

太平洋


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!