• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2019.08.16 トリーター:鈴木

2019/08/16 今週のおすすめ

フウセンウオ
フウセンウオ

こんにちは、鈴木です。
今週私からは二つおすすめさせて頂きます。

一つめはすでにお馴染みかも知れませんが、冷たい海のアイドルことフウセンウオです。

実は最近、今までのフウセンウオたちを新たなフウセンウオに入れ替えました。
新たに水槽にデビューをしたフウセンウオたちは、入れ替える前のフウセンウオ(2017年えのすい生まれ)を親に持つ、水族館生まれ飼育下3世のフウセンウオです。
2018年4~6月に複数のメスがこの水槽で産卵し、同年6~8月に孵化した1歳(2019年8月 現在)のフウセンウオたちです(以前に同水槽の小ケース内で展示していた世代です)。
まだ体色は鮮やかですが、あと半年くらい経つと、おそらく貫禄ある色と形になってくると思いますので、鮮やかな姿をご覧になりたい方はどうぞお早めにお越し下さい。
さらに、バックヤードでは令和生まれのフウセンウオも着々と成長しているので、これも近いうちにお披露目できればと考えております。

二つめはハリセンボンです。
この名前を聞くと、我々トリーターは二種の生物を思い浮かべます。
一種は、トゲトゲの可愛いフグ、もう一種はトゲトゲの可愛いカニです。
今回は後者です。

このハリセンボンは底曳網などで採集される深海性の小型のカニで、成長しても甲羅は1.5cm程度です。名前の通り、トゲトゲした体が特徴です。
フグの方のハリセンボンとは違い、こちらは針というよりは棘といった感じです。
ちなみにフグのハリセンボンの針は300本程度ですが、このカニの針(棘)は1000本くらいあるかもしれませんね・・。数えたことはありませんが。
タカアシガニと同じクモガニ類というグループに属しており、水槽でも蜘蛛のようにレイアウトのヤギ類にしがみ付いています。

このハリセンボンは、えのすいのどこにいるかと言うと、深海Ⅰ水槽の小ケースの中です。
しかも、このケースには前述した同じグループのタカアシガニの稚ガニもいるんですが、この2種、実は小さい時はとっても良く似ています(写真参照)。
脚を含め全体的に小さい方がハリセンボンですのでお間違いなく。


左:ハリセンボン 右:タカアシガニ稚ガニ



ハリセンボン


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!