• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2019.08.25 トリーター:笠川

2019/08/25 何、食べた?

ミズクラゲ
ミズクラゲ

つい先日まで、胃腸炎で苦しんでいました。
ということで、胃について書きます。

私が担当しているクラゲの胃はどこにあるかというと、傘の上のほうにあります。
しかも、ほとんどのクラゲは、傘が透明や半透明であるため、胃がスケスケの丸見えです。
つまり、何を食べたかが一目瞭然なのです。

狙い目は、開館してすぐが、見るチャンスです。
朝、いろいろな餌をあげることが多いので、午前中ならまだ胃の中にごはんが残っている可能性が高いです。
ほとんどのクラゲには、アルテミア(ブラインシュリンプ)という動物プランクトンを与えています。
アルテミアはオレンジ色をしているので、食べたクラゲの胃はオレンジ色になります。
わかりやすいクラゲが、ミズクラゲです。
ミズクラゲの傘の上の四つ葉のクローバーのように見える箇所の内側が胃なので、オレンジ色のクローバーになります。
つまり、白っぽいままの状態であれば、ごはんを食べていない。
オレンジ色の状態であれば、ごはんを食べたということです。
わかりやすいですね。

その他だと、ハブクラゲには、生シラスをあげているので、四角い傘の上にまるまるシラスがいます。
食べられたシラスと目が合うかもしれません。


ハブクラゲ

ハナガサクラゲには、殻をむいたアマエビをカットしたものをあげています。
白い大きな塊のように見えます。


ハナガサクラゲ

また、シーネットルなど、触手の長いクラゲたちの胃を見てみると、白い小さな破片や透明な寒天のようなものが見えるかもしれません。
白い破片の正体は、カキのミンチの破片です。こんなものもあげているのです。
透明な寒天のようなものは、ミズクラゲを刻んだものになります。
結構、クラゲを食べるクラゲ、多いです。

クラゲは、魚のようにごはんを食べには来ないので、このように胃の中にちゃんと入っているかでエサ食いを見ます。
スケスケのおかげで、非常にわかりやすいです。

クラゲファンタジーホール


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!