• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2019.08.31 トリーター:八巻

2019/08/31 エビの眼が好き

写真1 トヤマエビの眼
写真1 トヤマエビの眼

生き物の眼をつぶさに観察したことはありますか? よーくみると、とても美しく、引き込まれる魅力があります。

目は口ほどにものを言う、ということわざもありますが、生き物の飼育においても眼を観察することはとても大切です。例えば魚について、眼が透き通ってきれいであることは健康であることを示すひとつの指標ですし、動きの少ないじっとしているような種でも、触れずとも眼を見れば、生きているか死んでいるか分かります。

一方で海の生き物の眼のつくりは多様です。魚やイカ・タコのなかまの眼は私たち人間とよく似ています。他にも、明暗だけを感じる眼をもつもの、そもそも眼がないものもいます。そんな中で特に私が好きなのは、甲殻類のエビやシャコの眼です(写真1)。甲殻類の眼は複眼といい、たくさんの小さなレンズが集まって構成されていて、一つのレンズでできている魚の眼とは構造が大きく異なります(写真2)。


写真2 魚の眼

写真はトヤマエビの眼ですが、格子状の模様がとてもきれいですね。格子に囲まれた枠一つ一つが小さなレンズというわけです。眼全体が格子状のはずですが、光の反射によって濃さが変わったり、一部だけ黒く塗られているように見えたり、表情があるようにも見えて面白いです。

実はこの眼の主、トヤマエビは近々展示に出す予定です(写真3)。魚名板(展示している生き物の名前が分かるように、生き物の写真と名前を表示する名札)用に写真を撮っている時、改めてエビの眼は綺麗だなぁと感じたので、今回は眼の話をしてみました。
展示生物の「眼」に注目して見ることで、また違った楽しみを発見できるかもしれません。


写真3 トヤマエビ


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!