• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2019.10.06 トリーター:小森

2019/10/06 彼らのヒゲのその後

約3ヶ月ぶりのトリーター日誌、何を書こうか迷いましたが、せっかくなので前回書いた内容( 2019/06/20 犯人は誰だ? )のその後のようすをお伝えしようかと思います。

プリティークリミナル「サクラ」によって失われてしまった「ヨモギ」、「ミサキ」、「カシワ」、「オモチ」のチャーミングなヒゲ。
犯人であることがバレてしまった「サクラ」は反省した(齧りブームが去った)ようで、あれ以来、みんなのヒゲを齧ることはやめたようです。

6月11日「ミサキ」


10月5日「ミサキ」

ちょっとわかりにくいのですが、特にあごの下が伸びてきています。
伸びてきている途中なので無精ヒゲのようになっています。かわいい女の子なのに!

6月11日「ヨモギ」

9月17日「ヨモギ」

前回は右側だけ少し齧られていたのですが、無事にきちんと伸びました。ただ…写真では分からない違和感がちょこっとあるのです…のちほど触れますね。

6月14日「カシワ」

10月5日「カシワ」

「カシワ」も所々伸びてきて無精ヒゲのようになっています。写真じゃ全然わからないですね…
皮肉なことに、「サクラ」がきれいに齧っていた時の方がヒゲが揃っていて男前でした。

6月14日「オモチ」

10月5日「オモチ」

「オモチ」がいちばんバランスよく伸びてきている気がします。

6月14日「サクラ」

10月5日「サクラ」

相変わらず1頭だけフサフサです。
みなさん、えのすいで正しいヒゲを持っているのはサクラだけなので、「コツメカワウソのヒゲは無精ヒゲ」と勘違いしないよう気を付けてくださいね!

さて、先ほど触れた違和感ですが、それは何かというと、「ヨモギ」のヒゲの本数なんです。
何となく、何となくですが、減ってきている気が…明らかになくなったのは左眼上部分です。

では、もしヒゲが本当に根元からなくなっているとしたら、一体どこへ…?

ということで、次の画像をご覧ください!


これは、なんと彼らのうんちから出て来たヒゲです(しかも、実際はもっとありますよ)。
誰のヒゲなの!!!!!!!

もう、これ、根元から食べられている証拠ですよね。結構な頻度でヒゲが出てくるのでちょっと心配です。
ただ、「ヨモギ」のヒゲである確証はありません。もちろん、「サクラ」が犯人である証拠もありません。でも私はこのヒゲは「ヨモギ」のものであり、犯人は「サクラ」である気がびんびんしています。真実はいかに…!(濡れ衣だったらごめんなさい「サクラ」)

ちなみに、8月26日にワシントン条約の締約国会議でコツメカワウソがCITESⅠに指定されましたが、指定されるとなんとこのヒゲを外に持ち出すこともできなくなるんですよ。
そんな貴重なヒゲを根元から引きちぎっているのはいったい誰なのでしょう…

…と聞くと、とても気になりませんか、CITESⅠ。唐突に出て来たけどCITESⅠって何!! と気になった方はぜひ調べてみてください!

それでは、今後もプリティークリミナル「サクラ」と愉快な仲間たちを宜しくお願いします!

カワウソ~木漏れ日のオアシス~


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!