• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2019.11.04 トリーター:伴野

2019/11/04 ライラ夏の目標はいかに

みなさん、こんにちは!!
季節の変わり目、風邪を引かないようお気を付けください。
さて、前回の日誌でミナミアメリカオットセイ「ライラ」の夏の目標をご紹介しました。 2019/08/12 ライラ夏の目標

今回はその後どうなったかをご報告。

1 体温測定ができるようになる
前回、体温計を肛門から5cm程度挿入できるようになったとお伝えしましたが、今も5cm程度しか挿入できていません。なかなか検温器がその奥まで入らない! じわりじわりと挿入できる長さを伸ばしていこうと思います。

2 シシャモの切り身を食べられるようになる
これは120%達成しました!! しかもシシャモの切り身だけでなく、今まで食べられなかったサバやコマイまでスムーズに食べられるようになりました!! これは大きな進歩です。

切った魚やいろいろな魚種が食べられるようになることがなぜ大事なのか。例えばサンマしか食べない動物の場合、サンマが漁獲されなくなったら食べるものがなくなってしまいますね。これでは困ります。(つい先日、サンマが今季初大漁とニュースでやっていました。我が家ではサンマは100円を下回らないとなかなか手がでません。近所のスーパーでは158円…)。また、多くの魚種を食べてくれると体重の管理にも役立ちます。

では、なぜ切り身が必要なのか? それは個数を増やすためです。例えば、今日はたくさん練習したいなとか、今日はいっぱいショーに出演するぞと意気込んでいても魚が足りないとそれができなくなってしまいます。動物たちの献立は一頭一頭、体重の増減を見て決めているのでボリュームを変えることはできません。そこで、魚を切って個数を増やすことによって、たくさんショーに参加したりできます。いろいろな魚をいろいろな方法で食べてくれるとその個体の可能性が広がるんですね!
夏前まで、イカナゴ、シシャモ、マイワシをそのままでしか食べることが出来なかった「ライラ」ですが、だいぶ食の幅が広がりました。いい感じです。


右からサバ、コマイ、大マイワシ、小マイワシ、シシャモ、イカナゴ


アシカの献立

3 新しいダンスの練習
今秋からは無事に新ダンスを披露することができました。こちらはここには書かないのでぜひ見に来てください。

4 新たなパートナー「鷲見トリーター」とのショー参加
こちらもすでにデビューをしています。鷲見さんも「ライラ」も楽しそうで何よりです!

夏が終わりまた少し「ライラ」の成長を感じることができました。
次は冬の目標を決めなくては!
みなさんの座っている観客席などへ一緒に行けたら楽しそうだなぁ~
これからも「ライラ」の成長をお楽しみに!

イルカショースタジアム


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!