• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2020.01.25 トリーター:戸倉

2020/01/25 イヌザメの引っ越し!

イヌザメを捕まえるためにサメ水槽に潜る北嶋トリーター
イヌザメを捕まえるためにサメ水槽に潜る北嶋トリーター

先日(20日)、サメ水槽にいる「イヌザメ」を相模湾大水槽に一部引っ越しいたしました。
サメ水槽には、7匹のイヌザメがいたので、その半分の3匹を移動させました。
イヌザメは、名前から分かる通り、2年前の“戌年:いぬ年”の時にみなさんにご覧いただきました。
その時は、子ザメだったので下の写真の様に白と黒の模様がハッキリとして、犬種で言えば○○テリアのような愛嬌(あいきょう)のある顔で人気がありました。


イヌザメの幼魚 体長:25cmほど

その後、干支の展示も終わり、バックヤードで飼育しておりましたが、当然、徐々に大きくなり、ついにサメ水槽にデビューを果たしました!


サメ水槽にいるイヌザメ(まだ縞模様が微かに残っています。)

しかし・・・他のサメたちが目立つのと、イヌザメたちが比較的水槽の右端によってしまうため、あまり存在を知られないまま、サメ水槽内でも順調に大きく成長していきました。
「相模川ふれあい科学館アクアリウムさがみはら」で展示していたイヌザメも加わっているので、大きな者で1.5mほどの個体が7匹もいると、さすがに存在感が出てきたため、相模湾大水槽に半分の3匹を引っ越しさせる事になったのです。

そこで、冒頭の写真になるのですが、ダイバーが捕獲のために網を持って潜ります。


捕獲した個体を樽に入れます。


樽を台車に乗せて素早く運搬します。


階段を運びやすくシート状担架に移します。


階段を大水槽の3階まで運びます。

一緒に運んでいるトリーターは大下さんです。 
ご存じの方も多いと思いますが、私も大下トリーターも元海獣類担当でした。主に鯨類の輸送なども2人で行っていましたが、それに比べると「なんと軽い事でしょう!」  でも、一つの命ですから慎重に運ぶ事は、怠る訳にはいきません。 


相模湾大水槽に無事リリースできました。

大水槽にリリースした直後から水槽の底のほうに消えて行き、その後5日間が経過しましたが、元気にしているのか?心配になり所々探していたのですが、大きな水槽で隠れ家も多いのでなかなか見当たりません。

で・・本日ついに1匹見つけました!


大水槽裏の丸窓

大水槽裏の丸窓の岩組の中に“明らかにイヌザメとわかる身体の部位”を確認する事ができました。


大水槽裏の丸窓

黒っぽい個体は「ネコザメ」で、白っぽい個体が「イヌザメ」です。
仲良く岩組に隠れておりますが、お腹が空いたらきっと出てきてくれるでしょう。
みなさんも、かくれんぼをしているイヌザメを、相模湾大水槽で探してみてください。3匹いますから・・・ 

相模湾ゾーン


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!